HOME > 資産運用サポート

資産運⽤サポート

ファミリーオフィスドットコムの資産運⽤

「超保守的に資産を守りながら増やしていく」を徹底的にサポートするのが当社の資産運⽤サポートスタイルです。

超保守的な資産管理にとってのリスクとは、短期的な資産価値の変動ではありません。本当のリスクとは、現実的に定めた将来の目標を達成できないことです。

したがって、最⼤の⽬標は、正しい資産配分や⽅針を徹底することで運⽤リスクを極限まで減少させることです。結果、資産は⾃然に無理することなく⻑期的に形成されていきます。

富裕層の資産運⽤をサポートしてきた⾦融エキスパートが、資産配分や景気動向などについてアドバイスさせていただきます。当社の資産運⽤アドバイスは、有価証券などの価値の分析を提供することなく、投資ポートフォリオにおける資産配分やリスクの排除を徹底的にお伝えし超保守的に守っていくことを⽬的としています。

資産形成のための資産運用についてご相談

資産形成のための資産運用についてご相談

相談内容 ご相談者の職業は、いわゆるプロフェッショナルと呼ばれる職種の方で、40代前半の男性からの相談です。この方は、現在の総資産のほとんどが金融資産(預金、金融商品、保険)です。高額所得の見返りとして日々多忙で、そのため手間暇のかかる投資は避けています。その結果、キャッシュリッチと呼ばれている状態になっています。家族構成は、奥様とお子様2人の4人家族です。承継する事業はないため、今回は資産運用についての相談となります。  相談者ご自身が、現在考えているのは、 ・金融の担当から薦められた投資があまりうまく行っていない・投資に対して割ける時間があまりない・不動産などへの投資に振り分ける手間暇はないので金融商品が希望・精神的にも肉体的にもハードなので将来に向けて腰を据えて資産形成をしたい などでした。 主な資産は、本人名義の預金がおおよそ1億円、ご自宅が1億円、ローンなしです。最近では、いろいろな金融機関から提案型を受けているけども、希望としては、子供の教育と年数回のレジャーにはできるだけお金を振り分けられるようにはしたいというものでした。 結論として、以下のように取り組みを行うことになりました。 解決案 資産運用 年齢も若く、これからの年収額も高いことから、コア・サテライト運用という考え方をご説明しました。プロフェッショナルとして、いずれ独立や開業にいたる可能性もあるため、コアの基本戦略は資産を鉄壁に守りつつ、サテライトで年齢が若い分だけは少し高いリスクをとっていただき、全体のリスクをきちんとコントロールしながら行うことにしました。 資産運用でリスクを抑える方法は、長期の国際分散投資に加え、安全資産とリスク資産の資産配分比率が最も影響が大きいことをお伝えし、相談者の希望を合わせた保守的に行うための資産配分比率をアドバイスさせていただきました。この内容を携えて、今後ご自身で金融機関と相談しながら運用を開始していただきました。経済状況の変化を踏まえた適切な資産配分(アセットアロケーション)については、今後も当社が随時アドバイスをお伝えしサポートしていきます。 保険 現在加入している保険は、エキスパートの分析により明らかに不適な契約内容であることが分かりました。その旨をご自身の担当の方に伝えて、保険の見直しは行うことをおすすめしました。  資産管理会社 資産管理会社を設立することで、課題がいくつか解決できることがあることはお伝えし、設立することになりました。 まとめ このように相談内容によっては、年齢がことなれば資産を守る上でのリスク許容度が異なります。また、資産管理会社は有効になることが多いように感じます。相談時にご自身では想定していなかった対策も世の中には数多くありますので、幅広に情報を集め判断することがとても大事なポイントになります。

view more

事例紹介

金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談

金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決内容2.1 いただいた質問の概要2.2 解決案3 まとめ 相談内容 資産のほと …

40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談

40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 FIREの資産管理サポート2.1 ファミリーミッションステートメントの作成2.2 …

現在保有している資産内で将来を送るための資産管理と運用についての相談

現在保有している資産内で将来を送るための資産管理と運用についての相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決までの流れ3 まとめ 相談内容 私は、定年退職を数年後に控えていますが、今まで …

資産運用のプロセスについて相談

資産運用のプロセスについて相談

[ 目次 ]1 相談内容2 資産運用のプロセス2.1 1)現在の資産構成を把握する2.2 2)今後の生活にかか …

資産形成のための資産運用についてご相談

資産形成のための資産運用についてご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 資産運用2.2 保険2.3 資産管理会社3 まとめ 相談内容 ご相談 …

将来に備えた資産管理と運用についての相談

将来に備えた資産管理と運用についての相談

[ 目次 ]1 相談内容1.1 自宅用の不動産1.2 資産運用2 まとめ 相談内容 相談者は、現在50代の有職 …

エキスパート

ファミリーオフィスの資産管理

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …