HOME > 事例紹介 > 資産運用のプロセスについて相談
資産運用のプロセスについて相談

資産運用のプロセスについて相談

相談内容

40代前半の男性からのご相談です。家族構成は、お奥様と3人のお子様の5人家族です。さて、今回は、資産活用期における進め方(プロセス)をどすべきかというご相談でした。実は、この方は不動産売却により約1.2億円の現預金を保有されています。どこかで不動産売却の情報を聞きつけた金融機関から提案等を受けているようですが、正直なところ「あまり的を得ていない提案」が続き、自分で資産運用を始めることを決断されたそうです。

そこで、資産運用における進め方(プロセス)に関する質問があり以下の回答をさせていただきました。

資産運用のプロセス

1)現在の資産構成を把握する

とても教科書的で初歩的に感じるかもしれませんが、現時点で現預金、有価証券、その他資産がいくらあるかを確認する必要があります。

2)今後の生活にかかるコスト(費用)を把握する

今後のキャッシュフローを大まかで構わないので作成する必要があります。特に、大きな金額の支出は把握しておく必要があります。また、教育費は特に人により大きく異なるため、ある程度詳細まで把握しておくことが大切です。

3)いつまでその投資資金を必要とするか

この1.2億円の資金は、ご自身の夫婦の代で使い切るのか、お子様の代に渡していくのか。渡していくのであれば、いくら残してあげるのか。など、とても曖昧になっていることが多いため、資産形成期から活用期に移行するのが40代と早いご家族の場合は、この点を早めに決めることが重要です。

運用のプロセスが決まると何%の期待リターンで運用すべきかが見えてくる

最適なポートフォリオを見つけるために

これらのプロセスを踏むことで、初めて1.2億円の資産を何%の「期待リターン」で運用する必要があるかを把握することができます。この期待リターンを把握することで、このリターンを達成できる「最適なポートフォリオ」を見つけることができるようになります。

最適なポートフォリオは最小リスクのポートフォリオ

最適なポートフォリオというと、世間のイメージでは「運用を達成してくれそうなポートフォリオ」という感じかもしれません。しかし、伝統的な運用手法においては、「現実的に将来達成できる目標金額が実際には達成できなくなる」というリスクを最小化することです。決して、短期的な価格変動や単年度のパフォーマンスに一喜一憂するものとは正反対です。

最小リスクが自分にリスク許容度とマッチしているか

いくら最小化したリスクとはいえ、そのリスクがその人に合致するとは決して断言できません。そのため、長期投資で資産を形成する以上は、最小のリスクが自分にマッチしているかを判断して行く必要があります。それが、ポートフォリオにおけるリスク(標準偏差:年間の価格変動率)をしっかり把握し、数字として判断することが必要になります。

まとめ

このようなプロセスを踏んで初めてアセットアロケーションと呼ばれる自分に適した資産配分を決定することができます。このプロセスを省いてしまうと、景況感が良い金融市場の場合問題がないのですが、〇〇ショックなどと呼ばれる数年に一回訪れる相場の急変時に資産を大きく失うことがあります。

以上のことから、今回は自分に適したアロケーション(資産配分割合)までをアドバイスさせせていただきました。自分に適した「リスク・リターン」を把握して、ご自身でポートフォリオを管理されています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談

金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決内容2.1 いただいた質問の概要2.2 解決案3 まとめ 相談内容 資産のほと …

40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談

40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 FIREの資産管理サポート2.1 ファミリーミッションステートメントの作成2.2 …

現在保有している資産内で将来を送るための資産管理と運用についての相談

現在保有している資産内で将来を送るための資産管理と運用についての相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決までの流れ3 まとめ 相談内容 私は、定年退職を数年後に控えていますが、今まで …

資産形成のための資産運用についてご相談

資産形成のための資産運用についてご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 資産運用2.2 保険2.3 資産管理会社3 まとめ 相談内容 ご相談 …

将来に備えた資産管理と運用についての相談

将来に備えた資産管理と運用についての相談

[ 目次 ]1 相談内容1.1 自宅用の不動産1.2 資産運用2 まとめ 相談内容 相談者は、現在50代の有職 …

生前対策コンサルティングと資産運用についてのご相談

生前対策コンサルティングと資産運用についてのご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 自社株対策2.2 資産管理会社設立2.3 資産運用2.4 不動産を活 …

不動産所有法人の設立について

不動産所有法人の設立について

先日ご相談を受けた不動産所有法人の設立に関するお話です。 その方は、収益不動産を複数所有しています。不動産所有 …

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について(2)

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について(2)

前回に続いてご実家で所有していた土地を売約した資金のことで追加の相談とご報告をいただきました。まずは、前回の家 …

自分で創業した会社を売却した後の資産運用について

自分で創業した会社を売却した後の資産運用について

昨年、ご自身で創業した会社を売却した方からのご相談をいただきました。売却額は約3億円で、手数料や税金を差し引い …

変動金利の上昇に備えた金投資

変動金利の上昇に備えた金投資

相談者は、家業として投資用不動産を複数所有しています。家業ということもあり、元々保有していた不動産だけでなく、 …

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について

ご実家が所有されていた土地が再開発の対象になり市場価値より高く売れてまとまったお金が入った方からのご相談です。 …

外貨投資についての注意点

外貨投資についての注意点

現在、定年後の生活を送っている方からの質問です。退職後は、ご両親から相続した資産に加え、ご自身で貯蓄をした資金 …

ヘッジファンドを資産運用に活用するべきか?

ヘッジファンドを資産運用に活用するべきか?

[ 目次 ]1 ヘッジファンドでの運用提案2 ヘッジファンドとは3 リーマンショックでは4 ヘッジファンドで一 …

スイスの口座の維持について

スイスの口座の維持について

相談者は、数年前からスイスの銀行に口座をもっています。最初の担当者とは相性も良く安心して口座の管理を任せていま …

資産運用でのレバレッジ投資について

資産運用でのレバレッジ投資について

相談者は、資産運用を検討しており金融機関に相談に行かれたそうです。「日中仕事をしているため投資を考える時間があ …