HOME > 事例紹介 > 金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談
金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談

金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談

相談内容

資産のほとんどを現預金で保有していますが、そのことで複数の金融機関から多くのご提案を受けています。その提案の中から、もし本当に良いものがあれば運用をスタートしたいと考え始めています。

しかし、どの会社の提案内容が良いのか、また、私自身が正しく理解しているか不安です。

家族からは、「大手の提案だから大丈夫だと思う」、「分からないなら投資しない方が良い」、「今ではなくていつか投資をすれればいいんじゃないか」、と言われましたが、やはり資産運用は必要だと思っているので、運用を始める前に今疑問に思っていることだけでも解決したいので相談しました。

解決内容

いただいた質問の概要

1)長期運用について
分散投資で株式、債券、金、不動産などに分けることが王道だと聞きますがそれは本当なのでしょうか。それとも、金融機関が儲けることを目的に広めていることではないでしょうか。さらに、現金で持ち続けることは本当にリスクなのでしょうか?

2)低金利について
いまは低金利ですが、数年以内に金利が上がってくるのではないかと思っています。現在、低金利なので高格付け社債や国債は金利が低いので、金利が高いハイイールド債券への投資を勧められていますが、正しい情報を知りたいです。

・そもそも金利が上昇した時に損はしませんか?
・いまは低格付けの会社でも倒産は少ないのですが、倒産が増えてきたらこの債券はどうなりますか?
・ハイイールド債券へ投資するリスクを知りたい

3)米国のREIT
米国のREITに興味があります。現物の不動産は管理が大変なので、REITかREITの投資信託への投資を検討していますが、株式や債券と比較するとどれぐらいのリスクがあるのでしょうか。

4)米国株での資産運用について
S&P500が米国の代表指数で長期で運用するのであれば良いとよく聞きますがそれは本当なのでしょうか。また、コロナ後からかなりアメリカ株が上がっていますが、これは行き過ぎなのか、どのようなことを判断材料にこれから運用していけば良いのか教えて欲しい。

解決案

プレミアムファミリーオフィス のオーダーメイドプランへ相談があり、今疑問に思っていることだけに絞り説明をして欲しいというご要望でした。また、関西方面に在住で時間に限りがある方でしたので、事前の質問に対して答える1時間のスポット型オンライン・コンサルティング形式で解決することになりました。

1)から4)の質問に回答しながら、長期運用で資産を年率6~8%で築く正しい資産配分、自分でできる資産運用と管理の方法などを加えながら説明していきました。

また、早めに質疑応答が終わり少し時間がありましたので、その場で仕組債券への投資、プラチナへの投資、金への投資など追加の質問にお答えして全ての疑問を解決してもらいました。

まとめ

ご面談中、何度もコメントされていたのが、「中立なアドバイスが欲しいけれど得られないので相談した」というものでした。なかなか、中立なアドバイスが得られていないようです。

また、分析の結果、その方へ提案されている商品の手数料は高く、今回の面談で、支払うはずだった販売手数料だけでも相談費用を大きく上回るコスト削減できることが分かりました。

しかも仕組債券の販売側の取り分は5%を超えるようなもので投資家が得られる期待リターンは低く、明らかにリスクとリターンが見合わない提案を受けていることもわかりました。同じ特徴の投資商品でも手数料の安い商品はたくさんあるのでご自身で探す方法をお伝えして、コストを抑えた運用をアドバイスさせていただきました。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談

40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 FIREの資産管理サポート2.1 ファミリーミッションステートメントの作成2.2 …

現在保有している資産内で将来を送るための資産管理と運用についての相談

現在保有している資産内で将来を送るための資産管理と運用についての相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決までの流れ3 まとめ 相談内容 私は、定年退職を数年後に控えていますが、今まで …

資産運用のプロセスについて相談

資産運用のプロセスについて相談

[ 目次 ]1 相談内容2 資産運用のプロセス2.1 1)現在の資産構成を把握する2.2 2)今後の生活にかか …

事業承継のための相続評価対策が裏目になる可能性があったケース

事業承継のための相続評価対策が裏目になる可能性があったケース

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 不動産の評価下げ2.2 信託を活用した対策3 まとめ 相談内容  会 …

後継者のいないオーナーによる事業承継について

後継者のいないオーナーによる事業承継について

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 会社売却2.2 信託を活用した対策2.3 資産運用3 まとめ 相談内 …

資産形成のための資産運用についてご相談

資産形成のための資産運用についてご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 資産運用2.2 保険2.3 資産管理会社3 まとめ 相談内容 ご相談 …

海外VISAを活用したお子様の教育とご家族の資産形成

海外VISAを活用したお子様の教育とご家族の資産形成

相談内容 40代後半の夫婦からのご相談です。お子さん二人の教育と家族での永住も含め検討されています。ただし、海 …

将来に備えた資産管理と運用についての相談

将来に備えた資産管理と運用についての相談

[ 目次 ]1 相談内容1.1 自宅用の不動産1.2 資産運用2 まとめ 相談内容 相談者は、現在50代の有職 …

生前対策コンサルティングと資産運用についてのご相談

生前対策コンサルティングと資産運用についてのご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 自社株対策2.2 資産管理会社設立2.3 資産運用2.4 不動産を活 …

不動産所有法人の設立について

不動産所有法人の設立について

先日ご相談を受けた不動産所有法人の設立に関するお話です。 その方は、収益不動産を複数所有しています。不動産所有 …

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について(2)

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について(2)

前回に続いてご実家で所有していた土地を売約した資金のことで追加の相談とご報告をいただきました。まずは、前回の家 …

自分で創業した会社を売却した後の資産運用について

自分で創業した会社を売却した後の資産運用について

昨年、ご自身で創業した会社を売却した方からのご相談をいただきました。売却額は約3億円で、手数料や税金を差し引い …

変動金利の上昇に備えた金投資

変動金利の上昇に備えた金投資

相談者は、家業として投資用不動産を複数所有しています。家業ということもあり、元々保有していた不動産だけでなく、 …

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について

ご実家が所有されていた土地が再開発の対象になり市場価値より高く売れてまとまったお金が入った方からのご相談です。 …

外貨投資についての注意点

外貨投資についての注意点

現在、定年後の生活を送っている方からの質問です。退職後は、ご両親から相続した資産に加え、ご自身で貯蓄をした資金 …