HOME > 事例紹介 > 40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談
40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談

40代でFIRE(早期リタイア)の資産運用についてのご相談

相談内容

現在40代で早期リタイアをして子供の教育を兼ねて海外に永住したいと考えています。不動産投資と資産運用で早期リタイアができる資産を保有することができました。今回、早期リタイアの一番の理由は、子供が海外の教育方針に慣れており今後も海外の教育を継続したいということです。

ただし、海外への移住となると就業による定期的な収入が見込めないことを前提として考える必要があるかと思います。今ある資金をフルに活用して住宅の購入、教育資金の確保、生活資金の確保、運用資金の確保、保険の加入、相続対策などのプランを立てておく資産管理が必要になると思うので、確実に全てを実現できるようにアドバイスとサポートを希望しています。

FIREの資産管理サポート

最近、特に増えてきている相談です。資産形成の手段が多様化したこともあり、若くして資産を形成される方が多くいます。資産形成と資産管理では行うべきことが異なることから相談が増えています。今回は、プレミアムファミリーオフィス にお問い合わせをいただき、まずは無料相談でお話をお聞きしました。その後、以下のサポートを行なっています。

ファミリーミッションステートメントの作成

私たちが資産管理に長年関わってきて感じることは、資産管理の目的が明確な方は、対策も明確になりやすいということです。今回のご相談も、目的が明確で対策も作成しやすいその典型的な例です。ファミリーオフィス における資産管理では、明確な目標設定「ファミリーミッションステートメント(目的)」のが不可欠です。まずは、ファミリーミッションステートメントを作成し、目的のセッティングを行いました。

資産管理のゴールセッティング

次に、資産運用です。現在の資産運用は、ETFや投資信託を中心にコストを意識しご自身でしっかりと分析されたポートフォリオ運用でした。私たちは、資産配分(アセットアロケーション)がその方のゴールセッティングに合致しているかを分析することで資産形成をサポートしていますので、まずは、この相談者の現在の資産額と将来の生活キャッシュフローを総合的に分析することから始めます。生活資金、教育資金のキャッシュアウトを加味しつつ、資産運用に方針に反映させていきます。

分析の結果、現在のポートフォリオは少しリスク・リターンの設定が高いということをお伝えし、最も保守的で目標が達成可能な資産配分をアドバイスさせていただきました。年齢的に長期での運用が可能であるため、リスクを最大限抑えたポートフォリオで年率6%程度の期待リターン設定を行いました。

また、コア・アセットとサテライト・アセット(運用)という運用方針を導入してプラスアルファーでの運用益を目指す場合のポイントをお伝えしつつ、運用サポートを継続させていただいています。

不動産や保険などの資産管理

将来のキャッシュフローに目処がついたことで、次に、海外の永住地での自宅購入の上限金額、保険の補償額などを決め流ことが出来ました。資産運用額の確保を軸にしてプランを構築していくことがポイントで、段階的に不動産の購入、保険、そして最後に相続対策で進めていけば、おおよその生涯プランが確定できます。

ここで必要になってくるのは、移住先における金融機関の選定と融資機能などを活用するプラン策定です。この段階で検討して、必要に応じて使い分けていきます。現地では、金融機関や担当者により手数料や融資条件が大きく異なってきますので、交渉のサポートで良い条件を引き出すことが重要です。さらに、海外移住するのであれば、保険は国内の保険と現地の保険を比較して検討します。国によりますが条件等が大きく異なるケースがほとんどです。

VISA・居住・教育

通常、海外への移住や永住には、VISAや永住権の取得が必要になります。今回は、投資を行うことで取得できるVISAの申請を行うことにしました。VISAの申請では、申請の手軽さを優先して取得すると、その後、お子様の進学先の選定などに制限等がある場合や、現地での投資に対する制限などがある場合があるため、正しい情報収集と最適なVISAの選択が必要になります。

海外の住居は、まずは、賃貸と購入の条件等を調べるところからスタートし相続のことも念頭においた所有者名義等を考えて検討していきます。次に、必要であれば現地のブローカーの選定を行いますが、トラブルの多い作業です。ここでは、エキスパートなどのネットワークを駆使して実績のある候補を見つけていきます。しっかりとした人選が重要です。

海外における教育は、現地校の選定における情報の収集と事前の準備等を行いますが、ここでは、学校側が提供する情報や口コミには、バイアスのかかった情報も多いので正しい情報収集を行なっていきます。正しい情報を元に学校の選定を行い、目指している学校にいくためのステップを踏んでいきます。サマースクールへの参加や、入学の空き枠がない場合は、他の学校に進学しつつ空き枠を待機するなどの方法も検討します。現地で入学に協力してくれるパートナーを見つけることも重要なポイントです。入学しやすいところを進めてくるアドバイザーも多いため、慎重に検討を進める必要があります。

まとめ

このように資産管理における重要なポイントは、最重要項目を先に固め、その他の重要項目を段階的に進めて行くプランニングで進めることが重要です。今回のケースは、依頼者の課題解決へ取り組む意識がとても高く、資産運用の枠組みを決める段階からスムーズに進んでいます。軸となる最重要の項目への目処がつけば、他の項目のやるべき時期が明確になるので、ご家族へ移住の時期や入学の時期などの目処を共有することができ、心理的に楽に進めていけます。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談

金融機関から受けている提案に対して中立な分析が欲しいというご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決内容2.1 いただいた質問の概要2.2 解決案3 まとめ 相談内容 資産のほと …

現在保有している資産内で将来を送るための資産管理と運用についての相談

現在保有している資産内で将来を送るための資産管理と運用についての相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決までの流れ3 まとめ 相談内容 私は、定年退職を数年後に控えていますが、今まで …

資産運用のプロセスについて相談

資産運用のプロセスについて相談

[ 目次 ]1 相談内容2 資産運用のプロセス2.1 1)現在の資産構成を把握する2.2 2)今後の生活にかか …

事業承継のための相続評価対策が裏目になる可能性があったケース

事業承継のための相続評価対策が裏目になる可能性があったケース

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 不動産の評価下げ2.2 信託を活用した対策3 まとめ 相談内容  会 …

後継者のいないオーナーによる事業承継について

後継者のいないオーナーによる事業承継について

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 会社売却2.2 信託を活用した対策2.3 資産運用3 まとめ 相談内 …

資産形成のための資産運用についてご相談

資産形成のための資産運用についてご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 資産運用2.2 保険2.3 資産管理会社3 まとめ 相談内容 ご相談 …

海外VISAを活用したお子様の教育とご家族の資産形成

海外VISAを活用したお子様の教育とご家族の資産形成

相談内容 40代後半の夫婦からのご相談です。お子さん二人の教育と家族での永住も含め検討されています。ただし、海 …

将来に備えた資産管理と運用についての相談

将来に備えた資産管理と運用についての相談

[ 目次 ]1 相談内容1.1 自宅用の不動産1.2 資産運用2 まとめ 相談内容 相談者は、現在50代の有職 …

生前対策コンサルティングと資産運用についてのご相談

生前対策コンサルティングと資産運用についてのご相談

[ 目次 ]1 相談内容2 解決案2.1 自社株対策2.2 資産管理会社設立2.3 資産運用2.4 不動産を活 …

不動産所有法人の設立について

不動産所有法人の設立について

先日ご相談を受けた不動産所有法人の設立に関するお話です。 その方は、収益不動産を複数所有しています。不動産所有 …

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について(2)

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について(2)

前回に続いてご実家で所有していた土地を売約した資金のことで追加の相談とご報告をいただきました。まずは、前回の家 …

自分で創業した会社を売却した後の資産運用について

自分で創業した会社を売却した後の資産運用について

昨年、ご自身で創業した会社を売却した方からのご相談をいただきました。売却額は約3億円で、手数料や税金を差し引い …

変動金利の上昇に備えた金投資

変動金利の上昇に備えた金投資

相談者は、家業として投資用不動産を複数所有しています。家業ということもあり、元々保有していた不動産だけでなく、 …

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について

実家が所有していた土地が再開発の対象になり売約した資金の使い方について

ご実家が所有されていた土地が再開発の対象になり市場価値より高く売れてまとまったお金が入った方からのご相談です。 …

外貨投資についての注意点

外貨投資についての注意点

現在、定年後の生活を送っている方からの質問です。退職後は、ご両親から相続した資産に加え、ご自身で貯蓄をした資金 …