相続税非課税枠の生命保険。受取人を誰にするのが一番得なのか。

相続税非課税枠の生命保険。受取人を誰にするのが一番得なのか。

「相続税対策として生命保険に加入しておくとお得ですよ!」

という話を聞いたことがあるでしょうか?

これは、亡くなる前に持っている現金で生命保険に加入しておくと、相続の時に節税になるという話です。

では、この場合受取人を誰にするのが一番お得かご存じでしょうか?実は受取人を誰にするのかによって、得をすることもあれば損をすることもあります。

そこで本日は、相続税非課税枠の生命保険金について、その仕組みやお得な加入方法について解説していきます。

そもそも、相続税非課税枠の生命保険金とは

亡くなった方が生命保険に加入していた場合、その生命保険金は相続財産に含まれません。

なぜなら、生命保険金は保険契約に基づき受取人が受け取るものであるため、亡くなった方でなく受取人の固有の権利であると民法上考えられているからです。

生命保険金については、遺産の分割を巡る話し合いなどの対象にはなりません。

しかし、この制度を最大限活用して持っている現金をすべて生命保険にされてしまっては、相続税の徴収が大幅に減ってしまうため、相続税法ではこの生命保険金を「みなし相続財産」として相続財産に含めることにしています。

生命保険金の非課税枠

いくら相続税の徴収のためとはいえ、もともとは相続財産でないと決められているのですから、生命保険金の全額を課税対象とするのは少し酷です。

そのため、亡くなった方が加入していた生命保険を受け取った場合には、以下の非課税枠が設けられています。

  • 生命保険金の非課税枠=法定相続人の数×500万円

たとえば法定相続人が3人の場合であれば、3人のうち誰が受け取ったとしても、受け取った生命保険金が1,500万円以下であればまったく相続税が課税されないわけです。

受取人によって差が出るのか

生命保険金の受取人は、法定相続人であれば誰であっても非課税枠をフルに使うことができます。

誰が受取人になっても一見差はないように思うかもしれませんが、実はまったくちがいます。誰を受取人にするかで、損になる場合も特になる場合もあるのです。

次章では、損になる場合と特になる場合について検証してみます。

受取人にして損になる人・得になる人

相続税非課税枠を活用した生命保険金の受取人は、得になる人と損になる人がいます。最初に結論からお話しすると、以下のようになります。

  • 配偶者・・・少しだけ得になります
  • 孫・・・・・損をします
  • 子供・・・・かなり得をします

ではどうしてこのようになるのかを、少し掘り下げて考えてみましょう。

配偶者が受取人になった場合

亡くなった方の配偶者には、配偶者の税額軽減という制度があります。

配偶者の相続分が1億6千万円と法定相続分のどちらか多いほうを超えない限り、相続税がいっさい課税されないのです。配偶者に限っては、自分が相続する財産が1億6千万円以下であれば相続税を支払う必要がありません。

また、相続財産が全部で100億円あったとしても、配偶者の相続分が法定相続分の50億円を超えなければ、配偶者に関しては相続税を支払う必要がないわけです。

このように、配偶者は他の相続人と比べて非常に優遇されているため、実際には配偶者が相続税を支払うケースはあまりありません。

生命保険金の非課税枠を配偶者が使ってもお得であることには変わりないものの、他の相続人にこの権利を譲ってあげた方が全体で見ればお得になるわけです。

孫が受取人になった場合

子供がいるのに1世代飛び越えて孫を生命保険金の受取人にした場合、生命保険金の非課税枠を使うことはできません。生命保険金の非課税枠を使うことができるのは、受取人が法定相続人である場合に限られているからです。

また、法定相続人でない孫が生命保険金を受け取った場合、相続税が2割加算されることになります。

さらに、孫が生命保険金を受け取ると、孫も相続で遺産を受け取った人物となるため、亡くなる前3年以内に孫に行われた贈与まで無効になってしまいます。

このように、孫を生命保険金の受取人にしてしまうと、大損をすることになってしまいます。

子供が受取人になる場合

子供が生命保険金の受取人になると、非課税枠を存分に活用することができるだけでなく、この制度を上手に活用すれば、「父から子供」「母から子供」の2度にわたって非課税で財産の一部を子供へ財産を移動させることができます。

また、相続財産が多ければ多いほど税率は高くなるため、非課税枠の活用による節税率も高くなります。

まとめ

相続税における生命保険の非課税枠をご存じの方は多いと思いますが、受取人を誰にするのが得なのかまでご存じの方は少ないのではないでしょうか?

生命保険の受取人は通常配偶者がなるケースが多いですが、このように相続税との関係を考えた場合には配偶者ではなく子供にしておいた方が圧倒的にお得です。

もちろん配偶者でも子供でも、どちらもお得になることには変わりありませんが、特別な事情がない限り孫にするのは止めておいた方が良いでしょう。

相続に関する情報は、数多くありますが、不確実なままで対策を進めると後ほど後悔することもありますので、正しい情報をもとに進めていきましょう。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

本日は、月曜日から株式市場を大きく揺るがしている、 エバーグランデ(中国恒大集団)の今後の見通しについて見てい …

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

今月1番のビックイベントと言っても過言ではない9月21~22日のFOMC。さらに、その後に開かれるパウエル議長 …

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

アメリカから見た外国人投資家が、7月に米国株を売り越しています。今回は、その背景を分析し、現在の米国株式市場の …

おすすめ記事