ファミリーオフィスについて解説!歴史や展望、種類なども紹介

ファミリーオフィスについて解説!歴史や展望、種類なども紹介

最近では、資産家たちとの会合、企業や金融機関からの案内などで、「ファミリーオフィス」という言葉を耳にした経験がある方も徐々に多くなっているようです。

また、最近の注目度の高まりから「親交のある資産家仲間がすでにファミリーオフィスを導入している」というケースも増えてきています。

ファミリーオフィスとは、資産家一族を取り巻く多種多様な問題を解決すべく導入されるプライベートな組織のことです。一族の所有する資産の保全・運用・承継を望む資産家を手助けする組織であるため、ファミリーオフィスについて知っておいて損はないでしょう。

そこで今回は、ファミリーオフィスの概要を、歴史・展望(未来)・種類といった側面からわかりやすく紹介していきます。

ファミリーオフィスとは

ファミリーオフィスとは、資産家一族を取り巻く多種多様な問題を解決すべく導入されるプライベートな組織・専属チームのことです。とりわけ大きな役割としては、資産の保全・運用・承継による、資産家一族の永続的繁栄のサポートが挙げられます。

ファミリーオフィスの主な構成員は、資産規模や家族構成や今後の課題などを包括的に分析し、投資、税務、法務、不動産などについて専門家として助言を行うエキスパート、それらの意見をまとめ一貫性のある計画や戦略にまとめるゲートキーパー的役割を担うウェルスマネージャーたちです。これらのスタッフ・専門家たちが、一族の資産に関する企画部門・財務部門を担当しながら、総合的にマネジメントを行い、最適な資産の保全や投資判断を行うのが「ファミリーオフィス」です。

ファミリーオフィスの歴史

ファミリーオフィスの歴史は深く、諸説あるものの、6世紀頃のヨーロッパにまで起源を遡ることができます。19世紀に入ると、カーネギー・ヴァンダービルト・ロックフェラーといったアメリカの名高い資産家たちがこぞって注目し、ファミリーオフィスを導入しています。

現在はアメリカ・スイスを中心に、欧米諸国で広く活用されている状況です。その一方、これまでの日本では、ニーズの少なさや専門家集めの難しさなどを理由に、ファミリーオフィスの文化はそれほど浸透してきませんでした。

ファミリーオフィスの展望(未来)

近年は多くの専門会社・金融機関が、日本の資本家向けにファミリーオフィスを導入する態勢を整えつつあります。この流れを促進させる一因となっているのが、税引き後の資産価値低下と事業承継問題の深刻化です。

現在の世界を見渡すと、日本に限らず世界における潮流として、資産や所得に関する税が増税傾向にあります。そのため、3代に渡る資産継承がとても難しくなりつつあり、税引き後の資産価値を維持・拡大できるニーズが広がりつつあります。

また、現在、日本では少子高齢化による後継者不足が問題となっており、スムーズな事業承継が妨げられています。この問題は家族経営を行う経営者・資産家にも等しく降り掛かっており、事業承継を無事に済ませるべくファミリーオフィスを活用するという選択肢の注目度が高まっている状況です。

サポート会社のサービス範囲の拡大・サービス自体の充実化などが進むごとに、今後は日本におけるファミリーオフィスの利用率も上昇していくものと見られます。

ファミリーオフィスの種類

最後に、ファミリーオフィスの主な種類を紹介します。

ファミリーオフィスの種類主な特徴
シングルタイプ・資産規模100億円以上の資産家一族が
 財産管理を目的に設立する専属の組織
・一族内のトラブルや資産管理の複雑な諸問題を
 独自に解決できる
マルチクライアントタイプ・資産規模50億〜100億円ほどの資産家一族が対象
・専属ではなく複数の資産家一族を顧客としている
・役割や機能はシングルタイプと相違なし
コマーシャルタイプ・資産規模10億〜50億円ほどの資産家一族が対象
・専門会社・プライベートバンク・金融機関
・会計事務所などがサービスを提供する
・顧客となる資産家は、これらの外部業者から
 サービスの提供を受けるという仕組み

現在、日本での活用が目立っているのは、コマーシャルタイプのファミリーオフィスです。ファミリーオフィスの導入を検討する際は、自身の一族の資産規模に応じた種類を選ぶ必要があります。

ただし、上記一覧からも分かるように導入への金額のハードルは高く、ファミリーオフィスが広く認識・活用されるようになるためには、そのハードを利便性の高い水準まで引き下げる取り組みが必要だといえます。

まとめ

従来の日本ではそれほど浸透していなかったファミリーオフィスですが、近年は事業承継の円滑化をはじめさまざまなニーズを満たすサービスとして注目度が高まっています。

とはいえ、現状では馴染みが薄いサービスであるため、ファミリーオフィスの導入を検討する際には自分に何をもたらすのかを慎重に判断しなければなりません。

「ファミリーオフィスの導入についてもっと詳しく知りたい」「自分が導入する場合のメリット・デメリットにはどのようなものがあるか知りたい」という経営者・資産家の方は、ぜひファミリーオフィスドットコムにご相談ください。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

今週は注目を集めるGAFAMの決算発表が集中してあります。 先週まで、アメリカの企業決算は総じて中身が良く、S …

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

毎月1回発表されるバンクオブアメリカのファンドマネージャー調査で、2000年以降、債券に対して最も弱気な状況で …

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

米国イールドカーブに、 ツイストフラットニング(金利が横になる状態)が現れました。 これは、10月16日と18 …

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

おすすめ記事