米国株式関係者が注目する、長期金利上昇の次のテーマ【3/22 今週のマーケット見通し】

米国株式関係者が注目する、長期金利上昇の次のテーマ【3/22 今週のマーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

初めに

皆さんこんにちは。ファミリーオフィスドットコムです。本日は、3月22日月曜日。今週の見通しをお伝えします

今日は、米国関係者の注目する、長期金利の次のテーマについてお話します。先週一週間、アメリカFOMCと、日本の日銀政策決定会合と、中央銀行ウィークといえるほど、中央銀行の政策決定会合に注目が集まりました。今後、どういったテーマを中心に株式市場が動いていくのか、先読みしていきます。

一週間の振り返り

まずは、一週間の振り返りです。何と言っても、FOMC。とても大きなイベントでしたが、大きなサプライズはありませんでした。事前にコンセンサスが固まっていたこともあり、大きな波乱はありませんでしたが、ただ、予想通り、長期金利に対する言及なく、長期金利に関しては、ある程度マーケットに任せる状況になっています。今後も引き続き、金利が急速に上がっていく場合には、要注意です。

具体的には、年内2%までの金利上昇は、マーケット関係者が織り込んでいます。しかし、夏場にかけていきなり2%まで上昇するようなスピード感が出た場合は、市場は織り込んでいませんので、その場合は、波乱要因となりますので、金利については引き続いて注目が必要です。

同時に発表があると言われていた、SLR。これは、銀行の自己資本に関する規制で、銀行の持つ国債や預金を、リスク資産として0として見る特例措置です。今月31日末までで、延長なしということが発表されました。その内容については、後ほどご説明しますが、今後、いくつか注意が必要となります。

3つ目は、日銀の金融政策決定会合。日経新聞に2日前から、事前情報がリークされており、マーケットはある程度織り込んでいました。サプライズがあったとすれば、日経のETFから、トピックスだけに絞りこむということに、そこまでかということでしょうか。今後、日経が少し変わりにくく、トピックスが変わりやすい傾向は、出てくるかと思われます。

ただ、これも予想されていたところもありますので、それほど大きなサプライズではありません。株価全体の中での、お金のローテンションですから、大きな問題はないとも思います。

4つ目は、リート。年間の購入額は変更されませんでしたが、各銘柄、リートに対して10%以上日銀が保有することを避けることになりました。今、日銀は9%ほど保有している銘柄もありますので、そういったところには、資金流入が細ってくるとして、一部嫌がる動きもあるかとは思われます。ですが、ある程度日銀が買ってくることも、想定しづらい状況です。あまり影響はないでしょう。

日銀や、FOMCに注目が集まる中、経済指標でいくつか、すごく強いものがありました。ニューヨーク連銀、フィラデルフィアの、製造業景況指数です。特に、フィラデルフィア連銀景況指数(フィリー)は、とても強い数字が出ています。経済がすごく回復していることが、改めて確認できます。特に、雇用、製造の注文が強く、今後の経済運営に、勇気の持てる内容になっています。

実は、ニューヨーク連銀、フィラデルフィア連銀の景況感指標というのは、来月、4月1日に発表されるISM製造業指数の、先行指標といわれていますので、恐らく、この数字がすごく強く出ることが、予測されます。ISM製造業指数は、SP500との連動率が非常に高いことから、株価がプラスになると予想されています。

一方、芳しくない経済指標もありました。小売売上高、鉱工業生産、住宅着工。この3つは、よくありませんでした。寒波のせいだと説明されていますが、それが事実かどうかの追跡は必要ですが、評価通り寒波が原因でしょうから、注意しながら見る程度でいいでしょう。

一週間、皆さん身構えていたかと思いますが、大きな波乱なく進みました。金利状況に今後も注目しつつも、経済状況を見ていく必要があるというのが、結論です。

今週の注目イベント

続いて、注目イベントです。月・火曜日に中古住宅、新築住宅の販売件数が発表されます。こちら、寒波等、様々な影響から大幅な下落の見通しになりますが、中身をしっかりと見る必要があります。こちらについては、後ほどお話します

また、今週は、連銀総裁たちが、多くの場所でコメントをします。月~水で、パウエル議長が、いろいろな場所で議会証言等、証言を行いますので注目が集まっています。イエレン財務長官も水曜日にコメントします。一応、FMCが開かれたばかりなので、その内容から大きくずれることは無いと思われますが、ある程度の注目は必要でしょう。

木曜日は、7年債の入札が行われます。前回は、7年債でケチがつき、金利上昇につながりました。こちらも、無事に通過すると思われますが、一応、数字の確認は必要です。

金曜日、PCコアデフレーターが発表されます。こちらの指標は、FRBが注目しています。予想を上回るインフレ率が確認できた場合は、マーケットがざわついてくるでしょう。利上げが早くなる可能性も高いですので、この数字は、しっかりと確認する必要があります。

さて、今後のテーマ探しについてです。1月~3月は、アメリカの金利が急激に上昇してきました。そこから、株価のPER評価が下がったり、ハイテク株、グロース株からバリュー株に資金がシフトしたりと、いろいろなことが起こりました。そのテーマも、織り込み通り、金利が年内2%の上昇に巡行するように進めば、落ち着いてきます。

今後のテーマについて

では、次のテーマは何になるのか。目につくものは2つあります。

1つ目は、金融市場における重要なポイントでもある、30年の住宅ローン固定金利と、住宅価格指標です。

米国30年住宅ローン金利とケースシラー指数

緑のチャートは、ケースシラー。全国の住宅価格の平均です。前年比での価格上昇率を表すものです。青は、30年の住宅ローン金利。赤は、30年国債の金利です。

まずは、赤い線から見ていきます。昨年の夏をピークに、金利が下げ止まり、そこから大きく上昇しています。特に数か月、30年金利の上昇は激しく、金利がこれからも上がっていくと想定されます。

アメリカの30年金利が上がってくると、恐らく、少し遅れながら住宅ローン固定金利も上がってくると思われます。そこから、住宅ローンの借り換えが進まず、新しい住宅を買う意欲が減退することも想定されます。結果として、緑のケースシラー、昨年対比での価格上昇率は、10%を超えています。これはリーマンショック以降でも1回ありましたが、あまりにも速いペースですから、この価格上昇率に少しブレーキがかかる可能性があると考えています。

アメリカGDPにおける、住宅の直接投資は、およそ4%~5%と言われています。ですが、間接的には、家具や車を買うという波及効果もあるため、耐久財消費への影響もすごく大きいです。つまり、価格上昇率が下がってくることがあれば、アメリカGDPへの影響も十分に考えられます。

30年金利の上昇が、30年の住宅ローン固定金利に影響し、ケースシラーの価格指標で前年比での上昇が収まってきた場合、GDPへの直接の影響と同時に、70%を占める消費への間接的な影響も懸念されますので、予想よりも経済減速に影響するかもしれません。住宅ローン金利は、これから注目が必要です。

SLRの延期なしの影響は?

2つ目です。こちらのほうに、私はより強い問題意識を持っています。SLRの延長なしという決定がなされたことについて、事前に織り込んでいたとのニュースがありますが、私の知る限りでは、多くの人間が延長と予想していました。一部で外国債が大きく売られているので、ヘッジをかけようという話もありますが、延長なしの決定が、それなりの衝撃を与えた可能性もあります。営業日である今月までの8日間、SLRの影響が金利にどのように影響するか、これから注目する必要があります。影響の有無については、現段階で結論を出すことはできないでしょう。

ただし、金利以上に問題なのは、今回SLRの延長をしないよう、FRBに書簡を送っていた民主党左派のエリザベス・オーレンの4人の上院議員です。銀行への利益供与の停止を求めていたことが、もし原因で延長なしが決定されたのであれば、今後大きな影響を与えるとの考えが、ニューヨーク在住の金融家たちを中心に、広がっています。

オーレンさんたちにより、延長なしが決定されたら、なぜ大きな影響を与えることになるのか。実は、オーレンさんたちは、これから増税し、GAFAへの規制をかけようとする勢力です。もし、オーレンさんがSLRの延長なしの原因だったとすれば、今後増税の流れが加速したり、GAFAを規制したりするでしょう。

増税は、企業の業績、EPSを押し下げることになります。GAFAを解体したり、一部を分けるよう言われたりすることで、企業の業績に影響することも考えられます。

こういったことが、これからテーマになりやすくなっている可能性がありますので、注意が必要かと思います。

急進左派が一番重要視しているのは?

さらに深読みします。急進左派が求める一番の肝は、人権問題です。中国の人権問題を、アメリカ国内で問題視しようという流れがとても強いのです。今回のブリンケン国務長官による、アンカレッジ(米中2×2会合)。そこですごく、熱い問題となりました。冒頭から、アメリカは中国に対して、人権問題をどうにかするよう強く求めた結果、普通は挨拶で終わるものが、40分~50分、言い合いになったと、報道されています。

もし、SLRが急進左派の影響により決定されたのであれば、法人税の増税と、GAFA解体だけではなく、人権問題を解決するまで、中国と相容れないと言うかもしれません。そうなれば、当然、米中との貿易摩擦等の問題が出てきます。

ですから、今後中国とアメリカの関係が悪化し、GDPの影響が出て来るということも、是非覚えておいてください。

米中摩擦は半導体摩擦にまで及ぶ可能性

さらに、半導体の奪い合いという問題も、出てくるかもしれません。ブルーバードに出ていたことですが、米中の対立の中で、半導体不足が問題になっています。今年、半導体が不足したことで、自動車業界で約610億ドル、7兆円ほどの売り上げ減があると言われています。

半導体は、中国が15%、アメリカが12%。43%を製造している韓国と台湾の半導体を、奪い合っています。今回も、米中との間で、韓国と台湾の奪い合いという、混とんとした状況も想定されます。

米中の経済問題や、住宅指標によるGDPへの影響へと、これからテーマが移ってきます。これらをしっかりと見ながら、リスク管理をしていければと思います。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

今週は注目を集めるGAFAMの決算発表が集中してあります。 先週まで、アメリカの企業決算は総じて中身が良く、S …

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

毎月1回発表されるバンクオブアメリカのファンドマネージャー調査で、2000年以降、債券に対して最も弱気な状況で …

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

米国イールドカーブに、 ツイストフラットニング(金利が横になる状態)が現れました。 これは、10月16日と18 …

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

おすすめ記事