米国株下落。理由を総点検【4/21 今週の中間チェック】

米国株下落。理由を総点検【4/21 今週の中間チェック】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

はじめに

皆さん、こんにちは。ファミリーオフィスドットコムです。本日は、4月21日水曜日、今週の中間チェックをお伝えします。

月曜日、火曜日と、アメリカの株が下落基調に入り、約2%近く下がっています。今後、この流れが続くのか?、数か月後の影響はどうなるのか?、今回変化した相場内容から、考えていきます。

米国株下落の理由①-需給-

先週金曜日までと、月・火では、少しマーケットの雰囲気が変わってきています。低金利が続いているにもかかわらず株が下がり、金価格が上昇していたりと、今までの状況とは変化してきている背景は何か、見てみましょう。

1つ目は、株価式市場における需給の悪化です。ブルームバーグによると、S&P500の空売りが時価総額の1.6%と、17年ぶりの低水準になったとのことです。つまり、値段が下がったときに買い戻す、買戻しの割合が非常に低くなっている、下がった局面において、買い方がいなくなってしまっているということが、浮き彫りになりました。今後株価が下がることを警戒し、ポジションを整理しようとする動きが見られるのではないでしょうか。

2つ目は、マージンデッドです。個人投資家は、投資を行う際、銀行から借り入れていますが、これが前年比50%を超えて増えると、危険水準と言われています。1年間で50%以上借り入れが増えるというのは、ITバブルやリーマンショックのときに見られた動きなのですが、先月末の数字では、70%を超えていることが分かりました。既に、リーマンショック前の水準を上回り、ITバブルを匹敵する水準に近づいています。急激に株価が上がり、その分投資家が買い急いできた、買い方優勢の動きだということです。

売った後に買い戻す売り方が少なくなっている一方、買い方が中心になっているということで、下がったときには、利益確定を急ぐ性向がありますので、もし、株価が下がる傾向が続けば、前回までの調整よりも、より深くなる可能性があるということが、分かります。

米国株下落の理由②-経済見通し-

次に、経済見通しの観点です。ワクチンへの過剰の期待が、少し剝落してきています。変異主の若年層に対する感染力が、非常に強いと判ってきていますが、世界のコロナワクチンを、未成年・学生がなかなか接種できない状況になっています。ワクチンの普及しない層に広がる変異種が、経済活動の足かせになる可能性が大きくなってきています。日本においても、学校閉鎖の話も出てきていますので、経済が回復基調から、足踏み状態に入ってくると、マーケットでは懸念されています。

さらに、CNNニュースによると、アメリカの国務省が、世界の80%の国々に、渡航中止勧告を出したということです。自国でワクチンが普及しても、全世界でワクチンが普及し、コロナ渦以前の状態に戻るというのは、相当先だということが、改めて理解されました。そういった意味では、GDPやいろいろな統計で、満点回答に近かったものについて、同じ状態が続くのか、今が経済のピークとなるのではないかという懸念が台頭し、この2日間、株価で調整が見られたようです。

米国株下落の理由-金融政策-

次に、金融政策についてです。テーパリング開始時期に関して、JPモルガンのレポートでは、今年夏場頃からテーパリングがスタートするのではないかと、提示しています。テーパリングがスタートすると、マーケットにどのような反応が見られるか分かりませんが、開始前には、警戒する動きは出てくるでしょう。需給関係から見ても、余計な下落を避けるため、ポジションを早めに閉じようとする動きも出てきます。そのことも、株価に影響を与えています。

今週の中間チェック-米国株下落の理由-財政政策-

次に、財政政策です。ブルームバーグ等でもニュースになっていますが、2.15兆ドルのバイデン政権による、インフラ投資案が出てきている一方、共和党の上院議員が出そうとしている対抗案は、6000億ドル規模にしかならないとのことです。マーケットは2.2兆ドル規模を期待していましたが、6000億ドルとの差がどこまで縮まるのか、縮まらないのかと疑心暗鬼になり、株価調整につながったのではないかと考えられます

今週の中間チェック-金融市場の反応-

これらの状況を踏まえて、金融市場の反応は少し異なったものになっています。まず、1つ目10年金利は3月の1.76%という高値から、1.56%まで下がっています。通常であれば、株価にとって歓迎すべき状況になりますが、ハイパーグロースGAFAMの株は、低調に推移しています。つまり、金利が上がったことで、PERの高さが正当化できないという調整が、2月まで起こった局面だとすれば、今回は金利が下がって、GAFAMが下がるということは、バリエーションが高い、PERが高いことによる、株価の下落ではない、他の本質的な下落に関わっているのではないかということが、過程として見えてきます。

そして、2つ目です。経済指標が好調にもかかわらず、景気敏感株は下落しています。内需に強かったり、国内経済の回復に強かったりする銘柄も下がってきているということは、経済の先行きに対しても、少し疑念が出てきている、もしくは、それを先に織り込みすぎたということが、今回言えるのではないでしょうか。

3つ目です。先週までは金利が低下することにより、株が上昇するという傾向があったのですが、金利が低下したことについては、日本の機関投資家、GPIFも含めて、年度末に向けて債権を処分していた中で、今回はそこにCTAというヘッジファンドが乗って、買い戻した中で、金利が下がりました。この金利低下を受けて、株価を買っている人が多かったのですが、今回は、株安になったことで、債券へお金が向かい、金利が低下するリスクオフの流れになっている可能性があります。もちろん、CTA等が買い戻している可能性もありますが、数日浮くようであれば、さらに金利が低下するリスクオフになってくると、金利が低下し、株価も下がる流れになる可能性も出てくるとのチェックが、必要になります。

さらに4つ目です。金の価格がじわじわと上がってきています。実質金利がマイナスになっている幅は、ほぼ変わらずに推移していますので、この状況で金が上がってくるということは、金に対するリスクオフのお金が入ってきていると、疑ったほうがいいでしょう。

そして、5つ目のポイントは、リスクパリティの動きが出始めているのではないかということです。S&P500は4月に入り、5.3%の上昇ですが、アメリカ10年国債債券価格は、1.12%の上昇にとどまっていまっていて、葯4%、パフォーマンスにギャップが出ています。そうなると、リスクパリティというのは、機関投資家の持っているポートフルの中で、株式の価値がどんどん上がってくるということは、元々持つべき%、例えば、25%を超えてくるような、全体の中に占めるですね、そうなってくる中で、上昇しているから株の割合が多くなってくると、その中で、VIXが上がってくるようなことがあると、株式の割合が増えている分だけ、価格変動の要因が増えてくることを意味します。ということは、VIXが上がってきた中においては、株価は減らさなければならない、株式の割合を減らさなければならないとして、債権に振り分けるリスクパリティの動きが、金利の動きや、株の動きから、見られているのかもしれないということになっています。

2009年以降、リスクパリティ戦略というのは、リーマンショックの反省も踏まえて、中心になっていますので、こういった調整が続くのではないかと考えています。

まとめ

全体の総括です。2月の株価の調整は、金利上昇に伴うPER評価を下げる、バリエーションが改めてなされた結果としての、株価調整でした。今回は、経済の先行きを見通しすぎた反動であったり、もしくはバリエーションが高いことに対する、高値警戒感からの売りであったり、リスクオフの動きであったり、ワクチンの問題だったりと、様々な意味での、リスクオフの流れでの株価の下落だった可能性があります。

今はPERの評価が、S&P500で、22.8倍~23倍ぐらいの間で収まっていますが、低金利状態下でリスクオフとなれば、PER20倍程度まで下がってくることが考えられます2017年以降の平均値、17.9倍までは下がらないにしても、20倍程度までの調整があり得ると考えれば、今の1株当たり176.9ドル×PER20倍=3,538ポイントとなり、現行水準から、15%程度の調整が起こりうるということです。そこまでの下落になるか、今後の状況を見ていく必要がありますが、今の段階では、予兆が見えてきています。

機関投資家は、全体のポジションの株に対する割合を、少し落としてきますので、個人投資家の皆さんも、株価が下がる可能性があるときには、ポジションを全体的に、少しスリムにすることで、下落局面に備えることが、基本になるかと思います。

ただし、金融相場がまだまだ続くだろうとも思いますので、調整はポジションを軽くすることで乗り越えていけば、この後の上昇局面も、しっかり上が取れる形になります。リスク管理としては、まず、ポジション調整を検討して見ていい状況が2日続いているということを、お伝えします。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

今週は注目を集めるGAFAMの決算発表が集中してあります。 先週まで、アメリカの企業決算は総じて中身が良く、S …

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

毎月1回発表されるバンクオブアメリカのファンドマネージャー調査で、2000年以降、債券に対して最も弱気な状況で …

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

米国イールドカーブに、 ツイストフラットニング(金利が横になる状態)が現れました。 これは、10月16日と18 …

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

おすすめ記事