賢明なる資産運用(2)〜株式と債券のポートフォリオは2021年以降も健在であるのか?〜

賢明なる資産運用(2)〜株式と債券のポートフォリオは2021年以降も健在であるのか?〜

新型コロナ感染の拡大に伴い世界的な金融緩和が2020年より始まり、2021年に入り徐々に積極的な金融緩和から正常化に向けた動きがスタートし始めています。たった一年で金融市場を取り巻く環境は日々変化しています。

このような時代に、伝統的な株式と債券に分散投資を行う資産運用、例えば、株式50%、債券50%のポートフォリオなどは今後あまり効果がないのではないか。株式のみへの投資で十分ではないかといった疑問を抱いた投資家もいたのではないでしょうか。確かに、2021年以降は金利上昇による債券価格の下落に対する懸念が再燃する可能性はあり、やはり、債券に求められているは株式投資のリスクを補完しうるか否かが重要になってきます。

分散効果と資産価値の変動幅の抑制効果

代表的なETFで分析(ACWIとIGOV)

今回、債券と株式への分散効果について、以下の2つのETFを使います。
ACWI。iシェアーズ MSCI ACWI ETF。先進国および新興国の大型および中型株式で構成される指数と同等の成果を目指す。
IGOV。iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF。米国を除く先進国の国債で構成される指数と同等の投資成果を目指す。

パフォーマンス(トータルリターン)

さて、まずは以下のチャートを見て分かる通り、2010年以降、「世界株式100%」への投資が圧倒的にパフォーマンスが良くなっていることが分かります。

世界株式100%は、年率10.15%、
世界株式50%、世界債券50%は、年率5.9%のパフォーマンスになっています。

青:ACWI100%
赤:ACWI50%、IGOV50%

ポートフォリオの安定性

一方で、ポートフォリオの価格の変動という観点に移すと、やはり分散効果がある「株式50%、債券50%」に軍配が上がります。

最大下落率は、
「世界株式100%」は、-21.90%、
「世界株式50%、世界債券50%」は、-12.19%になっており、分散による価格耐久性の効果が確認できます。

また、リスク(価格変動)は、
「世界株式100%」は、年率14.62%、
「世界株式50%、世界債券50%」は、年率9.4%とブレ幅が小さく、分散効果によるリスクの軽減が確認できます。

青:ACWI100%
赤:ACWI50%、IGOV50%

米国株との相関係数

ポートフォリオ運用における重要な要素として株式とポートフォリオの相関関係があります。これは、世界的に株価が調整している、特に世界一位の経済大国である米国の株式市場が大きく下落した際に、どの程度、株価とポートフォリオが連動して下落をするのかを測るものです。

米国株S&P500との相関関係は、
「世界株式100%」は0.96、
「世界株式50%、世界債券50%」は0.85
と共に米国S&P500と相関はたかいものの、やはり債券を組み入れたポートフォリオは、株式100%よりも連動性は低いことが確認できました。つまり、世界的に株価が下落する場合、債券を組み入れたポートフォリオが強度が高いということを証明しています。

これからの見通し

おそらく今後数年にわたって、市場のボラティリティは高まると予想されます。積極的な金融緩和策が縮小され、正常化に向かうことでしょう。そして、インフレ率も徐々に上昇し、金利も上昇して、通常の経済運営になるはずです。

しかし、一方で、世界的に進んでいるIT化、技術的な革新、人口や国力の変化などは、多くの不確実性を伴います。明確に将来を予測することはそれほど容易なことではありません。そのため、賢明な資産運用を目指すほとんどの投資家にとっては、株式100%のリスクを相殺する手段として、債券やコモディティなどの資産の変動幅を抑える「自分に適した」ポートフォリオを構築することがきわめて重要になります。

ご案内
当社では、ご自身で資産管理を行う無料サービスをご提供しています。是非、みなさまの「賢明なる資産運用」のサポートとしてご利用ください。
https://fa3ily-office.com/self_familyoffice/

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事