賢明なる資産運用(3)〜分散投資で一番大事なこと〜

賢明なる資産運用(3)〜分散投資で一番大事なこと〜

分散投資の重要性についての説明は、投資に興味がある人は必ず一度は聞いたことがあるはずです。「分散することでリスクを低くする」ということだけが理解され、実際には、どのように自分の投資に活かしていくべきか、あまり知られていません。本日はその点をお伝えしていきます。

分散投資を正しく行うには

分散投資の効果は、複数の資産クラス(例えば、株式、債券、通貨、コモディティ、不動産など)に投資をして初めて得られるものです。もちろん、複数の個別銘柄に分散をしてもそれなりの分散効果が得られることはありますが、実際に全体相場が悪化した時は、総じて値下がりをすることがあります。

相関係数

複数の資産クラスに分散することは、リスクを分散することになり、リスクを軽減することができるようになります。ただし、分散の際に注意をしなければいけないのは、それぞれの資産が持つ価格変動が互いに連動しない(専門的には相関係数が低い)相関関係の組わせと、その資産の持つ価格変動(標準偏差=リスク)をコントロールした組み合わせを行う必要があります。

いままでこの点を考慮せずにポートフォリオを作ってきた方は、是非、早めに各資産の相関係数をインターネット、もしくは、金融機関の担当者に問い合わせてみてください。それを参考に配分を見直してみてはいかがでしょうか。

リスクを配分してリスクを抑えるという考え方

資産を適切に配分をしてポートフォリオを作ることをアセットアロケーションといいます。私も今まで多くの資産配分について相談を受けてきましたが、その多くが「期待リターン」、つまり、どの程度将来リターンを期待したいのでどのように配分をすべきでしょうかというものです。例えば、年間8%で運用したいなど。

しかし、期待リターンを優先的に考えたポートフォリオは、リスクが自ずと大きくなりがちです。その結果、将来の目標金額を達成できなくなる「リスク」が高まると理解しておくことが一番大事なポイントです。私たちのような長期投資家は、短期の価格変動はリスクと考えず、将来の目標額が達成できないことをリスクと定義しています。

このような意識を持つことで、自ずと高いリスクは回避しリスクをコントロールした判断が行えるようになってきます。また、金融機関の担当者にその旨を伝えることができるようになります。

では、具体的にどのようにしてリスクを下げるかといいますと、例えば、米国株式は年間±12%の変動幅(リスク)があるとします。一方で、米国債は±6%のリスクとします。

もし、株式だけを100%保有しているとすると年間12%程度、期待していたリターンを上下するような投資になります。一方、株式50%、債券50%に分散することで期待できるリターンはその分散の分だけ下がるものの、リスクは±8%まで軽減することができるようになります。つまり、年間で想定していたリターンに対する誤差を低くすることで、将来の達成をより確実にすることが分散投資の本当の効果になります。

まとめ

分散投資は、長期で資産形成をする最適な手段とされています。ただし、正しい分散投資を行うためには、「相関係数」「リスクを配分する」という2点をまずは理解しそれを実現するために、自分でポートフォリを組むか、その旨を金融機関の担当者へ相談するだけでも、今での提案とは大きく異なってくると思います。

ご案内
当社では、ご自身でポートフォリオの構築と管理を行うための無料動画を配信しています。是非、ご利用ください。
https://fa3ily-office.com/self_familyoffice/

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

世界の富裕層が必ず金(ゴールド)をポートフォリオに組み入れる理由

世界の富裕層が必ず金(ゴールド)をポートフォリオに組み入れる理由

金は古くから価値の尺度として用いられてきた資産であり、現代においても重要な役割を果たしています。そして、世界の …

【第8回】半導体銘柄への投資戦略 〜生成AIが切り拓く未来〜注目セクターと企業の動向を徹底分析

【第8回】半導体銘柄への投資戦略 〜生成AIが切り拓く未来〜注目セクターと企業の動向を徹底分析

近年、人工知能(AI)技術の急速な発展により、生成AIが注目を集めています。生成AIとは、大量のデータを学習し …

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

【米国株】‌‌下落が続く米国株は、今回も普通の調整か、それともまだまだ下落が続くのか。【4/22 マーケット見通し】

【米国株】‌‌下落が続く米国株は、今回も普通の調整か、それともまだまだ下落が続くのか。【4/22 マーケット見通し】

本日はテーマは米国株です。先週は、米国株で下落が続きました。今回の下落も、通常の調整なのか、それとも、まだまだ …

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

1990年6月以来、34年ぶりの1ドル=154円台に到達した力強い動きが続く米ドル円の今後の見通しは? [ 目 …

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格が再び上昇傾向にあり、米国を中心にインフレ再燃への懸念が高まっています。2022年後半から下落傾向にあ …

【米国株】‌‌米大手金融機関が決算悪化。今後への影響が大きそうだと思われる理由。【4/15 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米大手金融機関が決算悪化。今後への影響が大きそうだと思われる理由。【4/15 マーケット見通し】

12日からアメリカの決算発表がスタートし、アメリカのJPモルガン、シティグループ、ウェルズ・ファーゴなど大手金 …

おすすめ記事