【米国株】米国GDP、AMAZON決算が今後の株式市場へ与える影響について

【米国株】米国GDP、AMAZON決算が今後の株式市場へ与える影響について

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

7月29日に発表された、アメリカ4-6月期GDPとAmazon4-6月期の決算が、予想を下回る内容でした。今後の米国株価にどのような影響があるのか、その影響度合いなどを分析していきたいと思います。

アメリカ4-6月期GDPについて

昨日発表されたアメリカGDPは、4-6月期、市場予想で8.5%増ということでした。今、アメリカにお金が大量に入ってきている背景にある、アメリカの高い成長力を期待する向きがあり、若干GDPに関しては下振れする可能性があるとマーケットも予測していたところはありました。

ですが、ふたを開けてみると、年換算で6.5%という形で、2%近く下回ることになりました。とはいえ、19年4月の第4四半期に比べると堅調になっているので、問題はないという向きもあります。

今後GDPはどうなるのか

GDPは年換算で6.5%となっていますが、内容を細かく見ていきます。図表右のように、アメリカ経済の7割を占める個人消費は、11.8%近く増加している状況になります。かなり強い状況です。

サービスやビジネスインベストメントが強くなっている一方で、サプライチェーンの制約もあり、政府支出や住宅、在庫が抑制された形になってきています。そちらはピンクで表示しているように、マイナスの要因となっています。そういったこともあり、予想の8.5%を2%近く下回る内容になっています。

ただし、図表左のように、GDP量では基本的にパンデミック前の状態を回復していることで、これからも強いのではないかと予想する向きもあります。7月29日の株価は、この発表を受けた後も堅調に推移しています。

ただ、よくよく考えてみると、ワクチン接種が進んで経済活動が再開しています。そして、政府支援もあるということで消費者はお金を潤沢に持っていますから、外食、サービス、旅行にお金を回していています。4-6月期が5.1%も増えていることを考えると、これが持続するのかについては、少し疑問を持つべきだと思います。

第2四半期の貯蓄率は、10.9%まで下がっています。第1四半期、1-3月の20.8%から下がってきています。政府の支援があり、失業給付に対する上乗せがあり、現金が積みあがって消費に回ったという状況が徐々に解消されてきている状況なので、8.5%を6.5%に下回ったという状況が一過性のものなのかどうなのかは、マーケットは少し疑問に思っていると思っていただいていいかと思います。

アメリカが株価を大きくけん引してきた大きな理由として、世界に先立ってコロナから立ち直り、経済の大きな成長を実現しているというバックグラウンドがありました。それがぐらついてきているというのが、背景にあるのかもしれません。

大手金融機関GDP見通し下方修正

次に、ゴールドマン・サックスの出している来年以降の経済見通しです。赤がコンセンサスに対して、紺がゴールドマン・サックスとなります。来年の夏場以降、コンセンサスを下回る成長を予測しているということです。

来週以降、こういった金融大手のGDP見通しの下方修正が続くようであれば、アメリカ一強が少しぐずついてくる可能性があると考えるべきだと、個人的には考えています。

Amazon決算発表について

昨日、Amazonの決算発表がありました。引け後の時間外に発表されて、結果として株価が5%近く下がっています。その背景は、第2四半期4-6月期の売上などが市場予想を下回ったということになっています。

Amazon自体は、こういった予想を下回ることはかなり少ない状況になっています。しかも、今後の見通しについても鈍化すると言っています。7-9月期の予想としては、前年比での売上が27%の予想に対して、16%も下がると言っています。

コメントの中にもありましたが、インターネットの販売がこれから鈍化してくる可能性があります。それは、コロナ感染が落ち着いたことで外出自粛が解け、外出で消費を行うことで、自宅でインターネットを通じて購入する行動が予想よりも早く少なくなってきているので、Amazonの業績見通しが少し鈍化すると言っているのです。

外に行って消費する量が増えれば、GDP全体としてはいい状況が保てます。ですが実際には、Amazonの消費も減り、外への消費も減ります。その根本にあるのは、個人の貯蓄率であったり、財政支援であったり、そういったものが徐々に鈍化してきているということがあります。

であれば、GDPの予想値が少しずつ下がってくるということが、来週以降十分に材料として出てくる可能性があると考えても、おかしくないでしょう。30日以降のマーケットは、少し注目が必要になってきます。

また、今まで以上に来週以降の決算発表の中身を精査する動きが出てきます。好決算を連発しても、株価が少し上がりにくい状況に、今回のAmazonの発表によってなった可能性があると、しっかりと考えておく必要があるかと思います。

例えば、来週以降の決算ですごくいい内容が出たのに株価が重いということは、企業決算が出ているものよりも、マーケット全体に対して少し鈍化を見込んでいると考えていただければと思います。

EPS見通しを維持できるか?

こちらは、FACT SETのEPS見通しです。米国S&P500のプライスを青線、12カ月先のS&P500のEPS予想値を書いています。2020年コロナショック前の水準を大きく上回り、EPSの成長率が支えています。

今、EPS予想の中心は、2021~2022年度の12カ月先で、210ドル程度を予測していますが、この上昇率が今回のAmazon決算発表などにより鈍化してくることがあれば、かなりの影響があると思ってください。

かつ、改めて確認をしたいと思いますが、GAFAMで時価総額5兆ドルを超えています。これは米国株式市場全体の8分の1に相当します。S&P500の中でも20%を占めていますし、ナスダック100に関しても45%をGAFAMが占めていることを考えると、Amazonというのはあくまでも1企業であるものの、全体に対する今回の決算発表のインパクトは大きいのです。

ちょうど同日、GDPの経済発表見通しもありました。中身を見ると、個人消費が支えているものの、個人消費を支えていたバックグラウンドの貯蓄率、政府支援などは徐々に解けてきています。

一方で、住宅価格の高騰は続いていて、インフレ懸念もまだ残っています。そのような状況において、株を強く買っていくような材料がどれだけ出てくるのかを、来週以降探ってくることになるでしょう。

終わりに

来週以降、例えばインフラ法案がきれいに通っていくなどのプラス材料が積み重なっていったり、企業決算が実績として4-6月が良く、7-9月期もかなりいい数字が出てきたりすれば、状況は変わってくるでしょう。ただ、今起こっている状況としては、少し重たさを残しているということを踏まえて、今後のマーケットを見ていただければと思います。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

本日は、月曜日から株式市場を大きく揺るがしている、 エバーグランデ(中国恒大集団)の今後の見通しについて見てい …

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

今月1番のビックイベントと言っても過言ではない9月21~22日のFOMC。さらに、その後に開かれるパウエル議長 …

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

アメリカから見た外国人投資家が、7月に米国株を売り越しています。今回は、その背景を分析し、現在の米国株式市場の …

おすすめ記事