中国の経済指標が減速。中国株ETF(FXI)、新興国ETF(VWO)への投資タイミングについて

中国の経済指標が減速。中国株ETF(FXI)、新興国ETF(VWO)への投資タイミングについて

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

8月16日月曜日発表された中国経済指標の内容があまり良くありませんでした。経済の先行き不安や中国株価が下落が懸念される状況になってきました。

今回は、現在中国株、もしくは新興国のETFをお持ちの方はどうすればいいのか、また、これから押し目として投資をするタイミングなのかと考えている方も多いのではないかと思います。中国は世界で2番目の経済大国ですので、米国株とセットで持っている方がどうすればいいのかについてもお伝えしたいと思います。

中国の景気減速が鮮明に

こちらは、ブルームバーグの記事から取り上げたものになります。

7月小売売上高は前年同月比8.5%増。伸びてはいるものの、市場予想の10.9%を大きく下回っています。6月が12.1%増だったことを考えると、かなり減速感が出てきています。

また、中国は工業大国です。その工業生産も前年同月比6.4%と予想の7.9%を下回っています。固定資産投資や失業率も内容が悪くなっていますので、中国経済の減速感が強まっています。

中国経済が減速することで、株価がどうなるのかと不安に思う方も多いのではないでしょうか?

中国株は”Sell”の対象へ

こちらはバンクオブアメリカの資料で、今後の取引について機関投資家に確認したものになります。濃い青が今年8月、薄い青が7月を指しています。どういう投資を行いたいかを表したものですので、傍線が長いほどやりたい人が多いことになります。

一番上の米国テクノロジー株を見ると、買いたい人が7月の25%から8月は45%に増えていることが確認できます。赤丸部分からは、短期中国株を空売りしたい人が増えてきていることが読み取れるとお考え下さい。

7月時点では0だったのが、8月に入って売りたいと考える人がこれだけ増えているのです。経済指標の悪化に伴い、中国株を売ろうとする機関投資家が増えていることが分かります。

今後の株価下落の要因は?

こちらは、投資家が今後の下落要因になると考えるものについてです。インフレ、テーパリングが上位に入る中、5番目に中国の政策変換が入っています。

7月はこちらを挙げる割合が0%だったことを考えると、中国株の空売り同様、8月になって急に台頭してきたと言えます。

今まで懸念されていることが具体化してきていることになりますので、中国株を持ち続けていいのかと考える方も多いのではないでしょうか。

中国株ETF【FXI】

次に、単独保有よりも持ちやすい中国株ETFのうち、FXIのチャートを確認します。2004年10月5日以来の2005年12月以来を見ると、リーマンショック前に大きく上昇し、リーマンショックで下落、その後は緩やかに成長しています。

世界一成長率の高い国なので、株価が大きく上がっていますから、中国株を今持っている方も多いでしょう。今年に入ってから大きく株価が調整していますから、買ってみたいと考える方もいるかもしれません。

FXI、ETFの中身について

次に、ポートフォリオの特徴です。PERが13.51倍と、米国S&P500の23倍と比べ半分程度と安く見積もられています。純資産倍率(PBR)は米国S&P500が4.7倍に対してPBR1.67倍と、持っている純資産に対して評価が低くなっています。

チャートが下がり、PER・PBRも安く見積もられていることから、投資チャンスと思う方も多いかもしれません。

ただ、ETF上位の銘柄にはアリババが8.95%、テンセントが7.75%と今一番話題になっているものが15~16%も入っています。今後このETFは厳しいのではないかとも思われます。

とはいえ、2022年成長率も6%を超えてくると予想されるように、アメリカよりも成長率が高く、2027~2028年には米国GDPに追いつくと言われるほどの大国です。今後の経済成長を考えれば、中国ETFを手放すべきというよりも、どういうリスク管理をしていくべきかを見ていきたいと思います。

FXIのリスクヘッジにはIEFが最適

IEFは米国7~10年国債を集めたもので、株に対するリスクヘッジに使えるとして重宝されています。今回、中国株に米国債を併せたのは、過去30年の相関関係を調べると、中国株が下がったときに上がる資産は米国債とアメリカドルぐらいで、他は正相関だからです。中国ETFを保有していて、値下がりを売却以外の方法で防ぎたいと考えた場合、逆相関のものを組み入れることが最適ですので、IEFを取り入れました。

IEFを取り入れたものとFXIのみを比較すると、FXIのみの青線は激しい動きをしています。一方、FXI50%、IEF50%の赤線はかなり安定感が増しています。2015年~2021年のリターンは、FXIのみが7.11%、50%ずつだと7.16%と、債券を組み入れた方がいいリターンになっています。

リスクは組み合わせたものが12.61%に対し、FXI単独が25.48%ですので、組み合わせるとリスクは半減し、リターンはわずかに上回ることになります。今後中国株を保有し続けたい方は、米国債をうまく組み合わせることで、リスクを抑えてリターンを維持できると言えます。

その背景には、逆相関のものを組み入れていることがあると覚えておいてください。

さらに、IEFを組み入れたポートフォリオは、中国株とS&P500よりも連動性がなくなります。もし中国株もS&P500の両方を持っているなら、債券を組み入れることでポートフォリオをより強固にできるのです。

Sortino Ratioの数字が大きいのは下落のときに強いことを指しますので、債券を入れたポートフォリオの方が下落に強いことが分かります。さらに、Max.D、年間の最も下落する点も34.67%までコントロールできることが確認できます。

ここから、中国株をお持ちの方は米国債ETFをうまく組み合わせることで、下落局面に備えられることが分かります。

FXIとIEFの組み合わせはS&P500との相性がいい

次に、FXI50%とS&P500のETFであるSPYを50%ずつ入れた青線と、FXI25%、IEF25%、SPYを50%というポートフォリオ赤線を比較しました。

すると、リターンはほぼ同じなものの、リスクが約7%近く軽減できると確認できます。下落に対する強さを表すSortino Ratioも、圧倒的にFXI、IEF、SPYを組み合わせたものが強いことが分かります。

ここから、中国の経済指標や先行きが不安定になってきている状況下では、S&P500も中国株も持っている場合、米国債を入れることで、ポートフォリオを強固にできることが分かります。

新興国株と中国株の相関性は高い

次に、こちらはEM(Emerging Markets)、DM(Emerging Markets)、つまり新興国と先進国を比べた場合、株価はどちらが割安に見られるかを表したものになります。

チャート下部の-34.2%というのは、先進国に比べ新興国の株価が安く見積もられている状態を指します。2004年、2008年、2012~2016年の新興国の評価が-30%になっている状態というのは、この後新興国の株が大きく上昇していくので、今が買い時とするレポートをよく見かけます。

しかし、皆さんに知っていただきたいことがあります。

新興国の株式を集めたETF、VWOというものがあります。VWOとFXI、中国の50銘柄を集めた大型株ETFを比較すると、中国株の下落が新興国の株の下落に先行することが分かります。新興国株と中国株の相関は82%程度なので、かなり高い相関となります。

その観点からすると、中国株の先行き見通しが悪い以上、新興国株は割安で放置されているものの、中国株につられて新興国株が下がる可能性がありますので、新たに新興国、中国株をポートフォリオに加えるのは、リスクが高いと言えます。購入を検討している方は、こちらのチャートを見ながら判断していただきたいと思います。

今日のまとめ

既に中国株、新興国の株を持っている方は、IEFが逆相関なので、最もポートフォリオを強固にしてくれます。ぜひ、米国債をうまく組み合わせることを検討してみてください。

また、米国株のS&P500と中国株を持っている方も、米国債を組み入れることでリスクがヘッジできることが分かりました。そちらも併せてご検討ください。

さらに、新興国の株は割安だから買いのタイミングだと考えている方は、新興国株に先行する中国株が下がっていくという情報がありますので、慎重に判断いただければと思います。

こういったことを参考にしていただきながら、買った方がいいと推奨されているものも冷静に分析し、投資判断をしていただければと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】景気先行指数が悪化。いつ株価に影響を与えるか?

【米国株】景気先行指数が悪化。いつ株価に影響を与えるか?

23日、カンファレンスボードによる景気先行指数(LEI)が発表されました。今後の先行きを見通すものとして注目さ …

【米国株】もし、米国がディスインフレになった場合に有望な株式セクターは?【1/23 マーケット見通し】

【米国株】もし、米国がディスインフレになった場合に有望な株式セクターは?【1/23 マーケット見通し】

2023年がディスインフレーションになればというテーマで、本日はお伝えします。ディスインフレーションとは、金融 …

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

今週は、企業業績の悪化や経済指標の軟化の発表を受け、株価が下落しています。最近のマーケットコメントでは、今の株 …

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

本日は、米国のハイイールド債券を取り上げます。ハイイールド債券は炭鉱のカナリアと呼ばれ、下がるようであれば株式 …

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

今年に入り、株式市場が徐々に上昇をしています。今後も上昇が続くのかどうかが、皆さんの関心事だと思います。では、 …

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

1月6日の雇用統計、ISM非製造業指数を受け、3~5月の利上げ停止の期待が高まった結果、株価が上昇しています。 …

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

今週に入り、米国の株式市場の方向感はあまり定まっていない印象です。一方、マーケットでは警戒感が高まっている印象 …

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

本日は、2023年の米国株式市場のボトム時期について考えてみますが、リセッションに入った場合を想定していますの …

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

今年もいよいよ終わりに近づき、23年の投資戦略を立てている方も多いのではないかと思います。今年、22年に関しま …

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

20日、日銀の金融政策決定会合が開かれ、大きなサプライズとなりました。日本の長期金利の誘導目標を±0.25%か …

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

本日のテーマは、15日に開催されたFOMCです。市場予想よりもタカ派的な内容と評価されていますが、その日はあま …

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

今、マーケットでは2023年のリセッション入りが懸念されています。14日に開かれるFOMCにおいて、マーケット …

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

12月FOMCが、13~14日に開催されます。0.5%の金融引き下は、マーケットのコンセンサスなので、恐らく間 …

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

先日、米国で金融関連のカンファレンスが開かれました。ウォールストリートの重鎮と言われるような金融大手のCEOが …

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

今年も12月に入りました。金融機関各社から、2023年のS&P500の年末予想が出てきました。本日は、 …

おすすめ記事