最近注目されているファミリーオフィスとは

最近注目されているファミリーオフィスとは

最近注目されているファミリーオフィスとは、「中世欧州で王の財産管理を執事が手掛けたのが起源とされる。近代的な形態としては、19世紀半ばに米国でロックフェラー家など富裕財閥が一家の資産を管理するために専門家による組織を設けた。」(日経新聞社2021.4.25より引用)とされています。

ファミリーオフィス誕生については諸説は色々とあるようですが、いずれにしろ富裕層が抱えるような複雑な問題を専門家により解決する組織を「ファミリーオフィス」と定義されています。

ファミリーオフィスのチームメンバー

ファミリーオフィスとは、世界の富裕層の多くが、活用している資産を守るための専属チーム組織です。こちらの図をご覧ください。ここには、エキスパートと、ウェルスマネージャーという、2つの役割を持った人間がいます。

エキスパートとウェルスマネージャー

エキスパートというのは、家族や資産に関する問題や、やるべきことについて、包括的に分析しながら、専門性を前面に出して、課題を解決しようとするのが役割です。例えば、弁護士、資産運用に関する人、信託、不動産、海外進出、金融関係、事業承継、教育、税理士といった、多くの専門性を持った方が含まれます。

そして、いろいろな専門性のある意見を、取りまとめて実行に移していく、方向性や計画を立てる人のことを、ウェルスマネージャーといいます。皆さんの持つ、専門分野の意見を集約し、やるべき順番を決めて、実行する、ハブのような役割を果たします。このような体制を、ファミリーオフィスと言っています。

これだけ聞くと、すごく大げさに感じるとか、私には関係ないと思う方もいるかと思います。しかし、このチーム体制は、世界の富裕層の資産管理において、しっかりと資産を守ってきたという実績があり、皆さんに是非使っていただきたいものになります。

一番のメリットはリスクの排除

このようなチーム体制を作る、一番のメリットは、徹底的にリスクの排除ができることです。資産管理においては、本来は正しい取引さえしていれば、大きな損失や、大きな失敗は回避できはずなのですが、単独の判断では、リスクを徹底的に排除できないこともあり、このことがチーム体制の一番の特徴です。

ファミリーオフィスの全体像

実際の運営体制

では、実際にどういった形で運用していくのか、説明します。こちらは、全体像になります。皆さんが位置するのは、ファミリーオフィスの部分です。右側には、ファミリーオフィスのチーム体制が書かれています。その上には、ファミリーミッション・ステートメント。下には、資産管理の手段であるアセット・プランニング、エステート・プランニング、ファミリー・プランニングがあります。

最強の資産管理

是非、みなさんに知っていただきたいのは、この体制、形自体が、資産を守るうえで、最強だということです。ファミリーオフィスを組織運営するゴールは、この形を作り、資産を守っていくことです。無意識に、こういった形で資産管理を行っている方は、恐らく資産管理がうまくいっているはずです。しかし、多くの方はこの体制が整っていないために、いろいろな問題に巻き込まれると考えられます。

本来はファミリーオフィスの優れたところは、いろいろな戦略や、エキスパートや、ウェルスマネージャーが考えるようなことが吟味されて、各プランニング、手段に落としていって、実行されていくというフローがあることです。しかし、多くの資産管理では、このフローが存在せずに、各プランニングから出てくる案件や、提案を、そのまま自分で吸い上げて実行するため、スクリーニング(仕分け)する機能が働かず、いろいろなトラブルが起こってしまいます。

各プランニングを進めるために、ファミリーオフィスのような体制で、明確な判断を下せる体制づくりが、資産を守っていくために不可欠だといえます。

次回は、ファミリーミッション・ステートメントの作成の仕方をお伝えします。

この内容は、セフルファミリーオフィス(無料)にて動画で視聴できます。実際の資産管理の方法を先に知りたい方は、動画のご視聴ください。
https://fa3ily-office.com/self_familyoffice/

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

27日、ザラ場中S&P500が直近高値から20%以上下落し、ベアマーケット相場入りと盛り上がりました。 …

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

19日も米株式市場は3指標そろって下落しました。前日の5%ほどではありませんでしたが、下落トレンドが続くという …

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

17日、米株式市場が上昇しました。17日は小売売上高、鉱工業生産、パウエル議長のコメントと、かなり注目度の高い …

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

13日、インフレの懸念が少し後退したということもあり、若干の金利低下と大きく株高になりました。特にNASDAQ …

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

今週PPI、CPIという物価に関する重要な指標が発表されました。この結果は皆さんもご存知だと思います。CPIが …

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

今月に入っての最注目材料といっても過言ではない、アメリカのCPI、消費者物価指数の発表が日本時間の夜9時半に発 …

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

5月6日雇用統計が発表されました。内容を受けてマーケットは賃金インフレ懸念で、FRBが再びタカ派となり、前回0 …

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

4日にFOMCが開催されました。その後のパウエル議長の記者会見において0.75%の利上げは考えておらず、0.5 …

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

先週1週間で、メガテック企業と呼ばれる大手ハイテク企業の決算発表が出揃いました。ご存知の通りまちまちではありま …

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

4月26日、NASDAQが4%近く大きく下落をしています。そして年初来安値を更新しています。3月に付けた安値を …

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

今週一番の注目点は、米メガテック企業の企業決算です。メガテック企業以外もかなり多くの企業決算が予定されています …

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

この1週間、株価があまり堅調ではありません。 3月の年初来安値を目指すようなトレンドになっているのではないかと …

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

先週から米10年長期金利が大きく上昇してきています。19日は2.9%を超え、ゴールドマン・サックスの年末予想2 …

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

アメリカの決算発表がいよいよスタートしました。前半戦は金融機関の発表となります。金融機関の今期決算内容は、債券 …

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

JPモルガンの決算発表が始まり、いよいよ本格化する決算内容について取り上げたいと思います。 その前に、注目材料 …

おすすめ記事