米国株、期待頼りの危うさ

米国株、期待頼りの危うさ

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

8月19日木曜日まで週間で1%以上も下げていた米国株式市場が、20日金曜日から上昇、リスクオンに転じ増田。その背景は、期待先行に頼る「いいとこ通り相場」と言えます。

期待先行で上げる相場は、その期待が裏切られた時にマイナスの大きなインパクトになります。ということでどのような期待が背景となり上昇しいるのか分析したいと思います。

リスクオンまでの流れ

8月20日以降、S&P500もナスダックも上昇に転じました。それまでの1週間で約1%近くの下げからプラス1%まで上昇していますから、おおよそ2%近く上昇したことになります。

このように株が上がっている理由は二つあります。一つ目は、8月20日~23日の3日間は、コロナ拡大による影響が拡大しテーパリングが先送りになるのではないかという期待による株高でした。

二つ目の8月24日からは、ワクチンのFDAでの承認によるコロナ収束、それによる経済の拡大期待からの株高と、コロナ拡大とコロナ収束という、相反する材料で相場を形成しています。このように、いいところだけを取ってマーケットが上がっていく状態は、すごく危ういといえます。

しかも、モメンタムトレーダーといわれる、相場の流れだけでトレードする、長期の投資と真逆で動きだけに反応するトレーダーたちによる相場といえます。そういった意味では、今は期待により形成された不安定な相場といえます。

カプラン総裁の発言について

さて、20日に反転のきっかけとなった、ダラス連銀カプラン総裁によるコメントですすが、「感染力の強いデルタ株の感染が広がることが、自分自身の経済政策見通しについて、多少考え方を調整することもあり得る」、つまり、利上げを主張しているカプラン総裁としては、利上げを少し先延ばしする可能性も状況によってはありえると言っています。

ただし、従来の自分の予想通りに進めば、テーパリングの縮小を9月に発表し、10月から開始することを考えているということです。ただ、感染力が強いデルタ変異株の動向に注意が必要、次回9月下旬まで1カ月あるので、その状況を見ていくとしています。

総裁はこのように可能性についてコメントしただけなのですが、マーケットは大方のFOMCメンバーが先行きを懸念してテーパリングを先送りするのではと織り込みました。

カプラン総裁の発言後の株価

左のチャートは黒がS&P500、青がナスダックとなります。カプランさんの発表後、株価がグンと上がっています。

そこまでカプラン総裁の発言が影響があったかというと、カプラン総裁はタカ派よりというスコアで2番目です。とはいえ、2021年は今年投票権を持っていません。投票権を持っていないけれど、タカ派の人間が少しハト派よりな発言をしたことで、彼以上のタカ派ではない人たちは、当然先送りしてくれるのではないかと期待し、低金利の継続を期待して株式に資金が流入している状況になりました。

ここで注意すべきなのは、コロナの影響が大きいから、経済の状況に悪影響が続けば、テーパリングは少し後ろにずれる可能性があると言っただけだということです。決して今の状況でそう判断していると言っているわけではありません。このように低金利政策継続への期待感が株価を押し上げている状況が20日~23日でした。

ファイザー製ワクチンのFDA承認

さらに、8月23日にファイザー製ワクチンが米FDAから正式に承認を受けました。今までは緊急事態ということで、FDAの承認を受けていなかった状態で摂取が進んでいるという状況でした。少し驚きです。これは、アメリカで伸び悩む接種者数をさらに増やすために、FDAが承認し、安心感を提供して接種率を高めていこうという目的のようです。

これにより、大企業、大学、地方自治体、軍のようなところで接種の義務化が進むと言われています。そうなれば、さらに接種率は上がり、米国全体で抗体保有者が増えた状態にすることで、懸念されるているコロナ拡大を今後抑えられるのではないかとの期待から、さらに株価が上がりました。

ここでポイントになってくるのは、前半はコロナ拡大懸念からの低金利政策継続を期待した株高で、後半はコロナ拡大を抑え、経済が復興することを期待した株高となっていることです。

ですが、コロナの鎮静化とコロナ拡大という両方の材料から、いいとこ取りをしている状況は非常に不安定といえます。リーマンショック時もそうでしたが、こういった両方のいいとこ取りをする状況は少しリスクがあります。

米国の現状

米国のCOVID状況

アメリカのコロナの感染状況はとても良くないです。一時期は、1日の感染者数は1万人近くまで減っていましたが、現在は15万人近くまで上がっています。入院患者の数も大きく増えてきています。

次に、消費に関する指標が悪化しています。米国外出活動に対する消費者の快適さは下落し、消費者の現状指数も、右肩上がりで良くなってきていたものが下がってきています。これは、コロナ拡大によるものだと言われています。

確かに、これはコロナによる下落の可能性もあります。しかし、一時期リベンジ消費が盛り上がったものが落ち着いてきている可能性もありますし、経済先行き見通しが不透明で、消費をコントロールしている可能性もあります。

つまり、ファイザー製品が承認されたからといって、回復するとは限らないと言えるかと思います。

米国の経済状況

米国のビジネス条件も悪化しています。今後1年間もそうですが、1年〜2年以降も悪化していることが左側の表からは読み取れます。右側の図表では、家計所得の期待で見ると、特に緑線で表した1~2年後は期待できないということで、将来の先行きに関する不安感もあると分かります。

このように悪化した指標が、コロナが収まったからといってすぐに戻るかどうかは、確信が持てません。こういった重要指標のトレンドが戻ってこなければ、高かった期待がはがれて、期待で買ったモメンタムトレーダーがすぐさま売りに回ることも十分あるとお考え下さい。

市場関係者の今後の見通し

これを裏付けるように、ウォール街で米国株の予想が困難になってきているとの記事があります。

21人のストラテジストに調査すると、12人がS&P500が年末に向けて下落すると予想しました。約半数が下落すると予想しています。予想値の幅も24%も開いていて、ここ10年近くで3番目の大きさになってきています。

なぜここまでばらついているかというと、新型コロナの流行が今後どんな影響を与えるかがなかなか読めず、見通しが大きく上下にぶれているためです。

これは、コロナ拡大が進んだとき、コロナが鎮静化したときの金利の影響や経済の戻りが、過去あまり事例がなく、マーケット関係者もなかなか読めない状況になっていることがあります。

頼りのものとしては企業業績等になってきますが、企業業績に対するPERは20倍を超えてきて、決して歴史的に安い水準ではありません。ですから、経済が予想通りにいかなかった場合には、当然株価にマイナスの影響が出るということで、21人中12人が今の水準から下がって年末を迎えると予測しています。

今日のまとめ

今週1週間の動きとしては、タカ派だったFRBメンバーが、コロナの悪化で経済状況が悪くなるようなら、テーパリングのスタートを1~2カ月遅らせるかもしれないとにおわせただけで、それを材料視して株価が上がっている状態です。

皆さんに打たれているワクチンがFDAで承認されたから、さらに広がるだろうとの予測を材料視した買いも、あまりにも都合がいい可能性があります。

私たちが確認すべきことは、今、コロナが再拡大する中で落ち込む経済や、消費者、投資家の心理状態が戻るかどうかを冷静に確認することです。そこで改めて上昇トレンドに戻れば買いですが、今の上昇を支えているモメンタムトレーダーといわれる、動きだけを捉えるトレードに惑わされると、思わぬ高値をつかむ可能性があるような状況に、今はあると思われます。

もちろん、ファイザーのワクチンの承認が下りたことで、さらに接種が進み、感染が抑えられれば、経済にとってプラスとなり、株は上がっていきます。ただ、今のデルタ株がコントロールできるかは、まだまだ不透明です。

今はモメンタムが非常に強くなり、リスクオンムードが強くなってきていますが、こういうときだからこそ、ぜひ慎重に見ていただきたいと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事