【米国株】米ファンドマネージャー調査を分析。株式買いスタンスはまだ継続か?

【米国株】米ファンドマネージャー調査を分析。株式買いスタンスはまだ継続か?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

9月14日に、バンク・オブ・アメリカのファンドマネージャー調査が発表されました。これはバンク・オブ・アメリカの232人のファンドマネージャーに調査したものです。その運用合計金額は、89兆円と巨額のマネージャ達への調査です。

内容は、経済動向、株式や債券へのスタンスを聞いたものです。この中から、皆さんに投資のヒントになるものを抽出して、お伝えしていきたいと思います。

今週の経済指標

9月14日、CPI消費者物価指数が発表されました。こちらは物価上昇に注目が集まる中、注目されていましたが、発表された数字もさることながら、発表後のマーケットの動きが今後のヒントがありました。CPI発表後のマーケットの動きをお伝えした後に、それと関係するファンドマネージャーの調査内容を続けて分析してみたいと思います。

今週一番の注目指標CPIについて

今週、一番注目されるCPIの発表がありました。結果としては、前年同月比+5.3%、前月比で+0.3%となっています。先月の結果が前年同月比+5.5%、前月比が+0.5%でしたので、インフレ率が少し落ち着いてきたという内容です。

これを受けたマーケットの反応は、日本時間9時半に発表され、その一時間後のマーケットの寄り付きでは、ダウでは200ドル以上高で寄り付く展開になりました。

なぜ200ドルも上げたのか? これまでは、FRBメンバーのタカ派が主張しているように、インフレ指標が高止まりしているのだから、早めの利上げとテーパリングの開始を早くやろうではないかという声が強くなりつつありました。

それが、今回の物価の落ち着きで、今後はインフレがある程度鎮静化し、FRBの言及通りとなり、ハト派が言うようなゆっくりとしたペースでの利上げになるのではないか、出口戦略の先送りが起こるのではないかとマーケットは都合良くとらえました。引き続き低金利政策が続くということで、株価の上昇となりました。

CPIの発表を受けたマーケットの反応

そういったこともあり、インフレは一時的、利上げは先送りになるという期待感で株価は高く寄り付きました。しかし、数時間後には、右のチャートのようにS&P500が下落するような展開になりました。

ここには、左の米国10年金利動向が影響していると思われます。アメリカの午前中までは、金利上昇だったのですが、それから大きく金利が低下しています。

理由は、CPIの中身を見ると、あまり良くなかったからです。航空運賃は9.1%も下落しているし、ホテルの宿泊料金も2.9%も下落している。中古車価格も1.5%下落しているということで、今までインフレが懸念材料だと大騒ぎしていたのですが、いざ、航空運賃、ホテル宿泊、中古車価格が下がってくると、景気が悪くなっている、減速しているのではないかと考え始めたのです。

これだけ数値が落ちてくると、この景気減速はかなり激しいのではないかということで、金融政策で低金利政策が続くことによるマーケットの期待よりも景気減速懸念の方が強くなり、リスク回避の債券買いが起こり、株式からお金が移行していったという流れです。

低金利が続けば、基本的に株を買いたいという、マーケット前の反応があったものの、中身を吟味していくと、これは避難しておくべきだと、株式から債券に移った状況です。

つまり、景気減速があれば、これまでは景気減速=低金利の継続=株高となっていたものが、今回は景気減速=低金利、しかし景気減速による株安という展開になったというのが、昨日見られた今までにない大きな特徴だったと思われます。

ファンドマネージャー調査

BOAのファンドマネージャー調査について(1)

今の前提をお伝えしたうえで、バンク・オブ・アメリカのファンドマネージャー調査をお伝えします。

バンク・オブ・アメリカのファンドマネージャー調査において、まずは、株を消去法的に買っていることが分かりました。濃い青線は株式をオーバーウェイトしている、10年以上の歴史においても、現在はかなり高い株式保有比率の状況です。

では、積極的に買っているのかというと、実は違います。水色の線は経済の見通しです。下がってきていますので、経済見通しは鈍化するのではという見通しを立てていることを表しています。つまり、経済見通しはあまり明るくないものの、株を買っていることになります。

この調査結果について、低金利が長期化することによって、消極的に、景気が悪くても株を買っておこうかという買いがあるという解説がなされています。

皆さんには、バンク・オブ・アメリカの調査が行われた1カ月前は、景気減速が起こることで低金利が続き、それによる消去法的な株の買いの動きがありました。それが、たまたま9月14日に発表があったのです。

そして、9月15日には、CPIでインフレが収まってきているから低金利が続くと考え、株が上がった瞬間がありました。しかし、後半からは、中身を見ると少し景気減速感があるから、株価を支えるには少しきついと、低金利を理由とした株高は起こらずに、今度は景気減速懸念に対する株売りが起こりました。

15日は、ファンドマネージャーの思っていた消去法的な投資は否定され、リスクマネーから債券に資金が移ったことを意味しているとも考えられます。

CPIの発表をもって、それまでのファンドマネージャーのスタンスが、もしかしたら大きく変わってきているかもしれないということで、潮目が変わったかもしれないと考えることができます。ぜひ、今日からマーケットの動きを見ていただきたいと思います。

BOAファンドマネージャー調査(2) ヘッジポジションについて

こちらは、ヘッジポジションと言われるものです。株価が大きく下落するかもしれないと思ったときは、株価が下がったときでも、損を出さないようにヘッジをかけます。そのヘッジをかけている割合が下の方に行くと少ないことを表しますが、2018年以来の低さになっています。つまり、下落に対して無防備な状態に入ってきていると言えます。

本日のまとめ

皆さんにお伝えしたいのは、ファンドマネージャー調査をベースにすると、今までは低金利政策が続くから、景気が少し減速していても株を買えることが前提でした。

ただ、CPIの物価の下がり方を見ると、普通は物価がどうなるかを見ますが、航空などの減速感が確認でき、景気減速が続くことになります。いくら低金利が続いても、株価は持ちこたえられないと考えたのです。

その中で、ヘッジポジションを作っているのが、2018年以来低い状態になっています。そうなると、我先にと株から債券にお金が移ってくる可能性が、今後起こり得るのではないかと、バンク・オブ・アメリカの調査から分かってきたと言えます。

今晩以降、いろいろな経済指標が出てきますが、そういったものが今後、ファンドマネージャーの動向にどういった影響を与えるかという観点で見ていただければ、中期的なお金の動きが見えてきます。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多く …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

本日は、月曜日から株式市場を大きく揺るがしている、 エバーグランデ(中国恒大集団)の今後の見通しについて見てい …

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

9月のFOMCの焦点は、経済見通し・インフレ見通し・利上げ時期の3点

今月1番のビックイベントと言っても過言ではない9月21~22日のFOMC。さらに、その後に開かれるパウエル議長 …

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

米国株、海外投資家が2007年以来の大幅売り越し。今後も継続するのか?

アメリカから見た外国人投資家が、7月に米国株を売り越しています。今回は、その背景を分析し、現在の米国株式市場の …

おすすめ記事