9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。

FOMCが非常に注目を集めていたのは、今回、テーパリングにどういった言及があるのか、2022~2023年以降の利上げがどうなってくるの2点でした。

6~9月にかけていろいろな経済イベントがありましたので、3カ月に一度発表されるSEP(経済見通し)についても注目が集まりました。

結果から言うと、パウエル議長の声明としてはハト派が継続し、前回と変更なしでした。一方、ドットチャートと言われるFOMCメンバーの予測については、基本的にタカ派に傾斜しました。2022年度利上げの可能性がより近づいてきたという内容です。

通常はドットチャートがタカ派の内容になったとして、米国株式市場が下がる展開が予想されますが、結果として主要3指標とも約1%近く上昇、発表後も上昇で終えています。今回の声明文をマーケットは好感したと思われます。

FOMC総括

パウエル議長の声明内容について

繰り返し申し上げていますが、パウエル議長の声明はハト派的な内容でした。経済の進展が予想通り広く続くならば、との前提は付きますが、次回FOMCでテーパリングを決定するとのことです。

11月にテーパリングを決定し、12月からスタートするというマーケットのメインシナリオ通りのコメントとなります

次回11月2日~3日のFOMCでテーパリングを開始し、2022年半ばに資産購入を終える可能性となっています。半ばを終えた後は、いつでも利上げができる状況が整ってきているのかということが、ここから分かります。

ただ、テーパリング開始と利上げ開始は別と、今回改めて示しています。テーパリングが来年中盤に終わるからといって、利上げに即つながらないと、しっかりとハト派を強調した内容はマーケットに大きな安心感を与えたのではないでしょうか。

ですから、テーパリングは織り込まれていましたが、議長声明としてはサプライズがなかったことになります。

経済見通し(SEP)について

続いて、SEP(景気見通し)です。景気見通しは上方修正、インフレ見通しは若干の上方修正です。

前々回の記事では、FEDが出しているSEPの資料を確認しました。右を今回の9月に差し替えています。

注目点は、9月の見通しがどうなるのかです。前々回の記事では、経済見通しが下方修正になっていなければ良く、マーケットはスタグフレーションを非常に懸念しているから、コアPCEデフレーター(物価上昇)が大きく上方修正していなければいいとお伝えしました。つまり、経済が上方修正となり、インフレがあまり進んでいないことがベストだということです。

GDP経済成長率

今回の内容を見ると、赤掛け部分、2021年の予想は6月で7.0%の成長としていたものを5.9%と下方修正しています。ただ、2022年は6月に3.3%としていたものを、3.8%に上方修正しています。2023年も2.4%から2.5%に上方修正していますので、FEDは経済見通しをかなり強気に見ていることが確認できます。

デルタ株がまん延している中においての見通しなので、マーケットとしては安心感が出たことになります。

インフレ率について

黄色網掛け部分は、コアPCEインフレーション(インフレ率)です。今年は3.0%から3.7%と、物流の値詰まりもあり、今年はインフレが進みました。ただ、2022年は、6月予測より0.2%上がったものの、2.3%と落ち着いています。2023年も2.2%、今回新たに追加された2024年も2.1%ということで、ここも安心感がありました。

つまり、インフレーションは落ち着いている一方、経済は伸びているとして、スタグフレーションの懸念が一旦払しょくされました

失業率について

もう一つ、青網掛けをご確認ください。これはFRBの二つの使命に含まれる雇用です。前回までは4.5%の失業率を見ていたものが、今回は4.8%としています。今年は雇用が厳しい状況が続くので、緩和的な政策を続けていくという意思表示と捉えられ、マーケットは好感しました。

ドットポイントについて

次にドットポイントです。景気見通しはスタグフレーションを払しょくし、マーケットが好感した中で、ドットポイントはかなりタカ派的な内容です。

2022年の利上げありと言っている人数が前回の7名から9名まで増え、そのうち3名は複数回の利上げをすると言っています。前回までは複数回が2名でしたので、2022年の利上げムードが高まってきています。

一方で、利上げなしは前回11名から9名と減っています。半分が利上げあり、半分が利上げなしと、中間値が利上げあり、利上げなしの中間に位置する内容となり、中身としてはタカ派的な内容だと言えるでしょう。

2023年に関しては、さらに利上げの可能性が高まっています。2023年以内の利上げは前回13名でしたが、今回は17名と、1人を除いた全員が利上げを見込んでいます。複数回の利上げに関しても、前回11名から13名まで増えています。

2022年利上げの可能性がかなり高まってきて、2023年には間違いなく利上げが行われているだろうとの確信に変わりつつあり、しかも、複数回の利上げとなってきていることが、ドットポイントの中間値となります。

市場反応はどうだったか

それを踏まえた市場反応はどうだったかです。株価は、先ほどお伝えしたように3指標とも上がっているため、好感していると思っています。

FOMCメンバーは今起こっているインフレーションを認めており、そのための積極的な行動として、2022~2023年に利上げがあるかもしれないとの意思表示を示しています。

インフレを放置し、雇用を優先して、緩和を続けるような政策を行うことなく、きっちりと世の中の状況に対応すると、マーケットは好感したのでしょう。

ここ数カ月、インフレが起こるのか、起こらないのかに対するFEDのスタンスがどうなるのかが不透明でした。今回ドットポイントで少しタカ派になったものの、きっちりと対応してくれるのだということが好感されたと考えられます。

もう一つが経済見通しです。インフレが上がっていて、経済見通しが下がってくると、それは駄目だとなります。しかし、経済見通しに関してはかなり強く見ています。

シティのエコノミックサプライズ指数で、経済見通しが予想よりも下回る内容があり、経済見通しに不安感があった中で、FEDとしては経済見通しを強く見ていると出ました。今後出てくる指標に関しても少し安心感が出てきたと、マーケットは好感しています。

終わりに

今回、内容としては非常にマーケットに安心感を与えるものとなりました。ただ、これで今後も株価が大きく上がるかというと、これは別問題です。

これから、金融の利上げが直前に迫っている、テーパリングがほぼ確定しているということは、金融相場がいよいよ終盤にかかり、今後業績相場に入ってくることになります。

EPSがちゃんと伸びてくるのか、PER(バリエーション)適正か、債券と株のイールドスプレッドが適切な状態か、グローバルの中において国々の株式や債券が優位な状況にあるのか。通常ムードに入ってきた中で、株価や債券が選ばれることがこれから進んでいくでしょう。

24日以降、経済見通しだけでなく、バリエーションや時給にも注目が移ってきます。改めてそういった観点で見ながら、リスク管理を進めていただければと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事