9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。

FOMCが非常に注目を集めていたのは、今回、テーパリングにどういった言及があるのか、2022~2023年以降の利上げがどうなってくるの2点でした。

6~9月にかけていろいろな経済イベントがありましたので、3カ月に一度発表されるSEP(経済見通し)についても注目が集まりました。

結果から言うと、パウエル議長の声明としてはハト派が継続し、前回と変更なしでした。一方、ドットチャートと言われるFOMCメンバーの予測については、基本的にタカ派に傾斜しました。2022年度利上げの可能性がより近づいてきたという内容です。

通常はドットチャートがタカ派の内容になったとして、米国株式市場が下がる展開が予想されますが、結果として主要3指標とも約1%近く上昇、発表後も上昇で終えています。今回の声明文をマーケットは好感したと思われます。

FOMC総括

パウエル議長の声明内容について

繰り返し申し上げていますが、パウエル議長の声明はハト派的な内容でした。経済の進展が予想通り広く続くならば、との前提は付きますが、次回FOMCでテーパリングを決定するとのことです。

11月にテーパリングを決定し、12月からスタートするというマーケットのメインシナリオ通りのコメントとなります

次回11月2日~3日のFOMCでテーパリングを開始し、2022年半ばに資産購入を終える可能性となっています。半ばを終えた後は、いつでも利上げができる状況が整ってきているのかということが、ここから分かります。

ただ、テーパリング開始と利上げ開始は別と、今回改めて示しています。テーパリングが来年中盤に終わるからといって、利上げに即つながらないと、しっかりとハト派を強調した内容はマーケットに大きな安心感を与えたのではないでしょうか。

ですから、テーパリングは織り込まれていましたが、議長声明としてはサプライズがなかったことになります。

経済見通し(SEP)について

続いて、SEP(景気見通し)です。景気見通しは上方修正、インフレ見通しは若干の上方修正です。

前々回の記事では、FEDが出しているSEPの資料を確認しました。右を今回の9月に差し替えています。

注目点は、9月の見通しがどうなるのかです。前々回の記事では、経済見通しが下方修正になっていなければ良く、マーケットはスタグフレーションを非常に懸念しているから、コアPCEデフレーター(物価上昇)が大きく上方修正していなければいいとお伝えしました。つまり、経済が上方修正となり、インフレがあまり進んでいないことがベストだということです。

GDP経済成長率

今回の内容を見ると、赤掛け部分、2021年の予想は6月で7.0%の成長としていたものを5.9%と下方修正しています。ただ、2022年は6月に3.3%としていたものを、3.8%に上方修正しています。2023年も2.4%から2.5%に上方修正していますので、FEDは経済見通しをかなり強気に見ていることが確認できます。

デルタ株がまん延している中においての見通しなので、マーケットとしては安心感が出たことになります。

インフレ率について

黄色網掛け部分は、コアPCEインフレーション(インフレ率)です。今年は3.0%から3.7%と、物流の値詰まりもあり、今年はインフレが進みました。ただ、2022年は、6月予測より0.2%上がったものの、2.3%と落ち着いています。2023年も2.2%、今回新たに追加された2024年も2.1%ということで、ここも安心感がありました。

つまり、インフレーションは落ち着いている一方、経済は伸びているとして、スタグフレーションの懸念が一旦払しょくされました

失業率について

もう一つ、青網掛けをご確認ください。これはFRBの二つの使命に含まれる雇用です。前回までは4.5%の失業率を見ていたものが、今回は4.8%としています。今年は雇用が厳しい状況が続くので、緩和的な政策を続けていくという意思表示と捉えられ、マーケットは好感しました。

ドットポイントについて

次にドットポイントです。景気見通しはスタグフレーションを払しょくし、マーケットが好感した中で、ドットポイントはかなりタカ派的な内容です。

2022年の利上げありと言っている人数が前回の7名から9名まで増え、そのうち3名は複数回の利上げをすると言っています。前回までは複数回が2名でしたので、2022年の利上げムードが高まってきています。

一方で、利上げなしは前回11名から9名と減っています。半分が利上げあり、半分が利上げなしと、中間値が利上げあり、利上げなしの中間に位置する内容となり、中身としてはタカ派的な内容だと言えるでしょう。

2023年に関しては、さらに利上げの可能性が高まっています。2023年以内の利上げは前回13名でしたが、今回は17名と、1人を除いた全員が利上げを見込んでいます。複数回の利上げに関しても、前回11名から13名まで増えています。

2022年利上げの可能性がかなり高まってきて、2023年には間違いなく利上げが行われているだろうとの確信に変わりつつあり、しかも、複数回の利上げとなってきていることが、ドットポイントの中間値となります。

市場反応はどうだったか

それを踏まえた市場反応はどうだったかです。株価は、先ほどお伝えしたように3指標とも上がっているため、好感していると思っています。

FOMCメンバーは今起こっているインフレーションを認めており、そのための積極的な行動として、2022~2023年に利上げがあるかもしれないとの意思表示を示しています。

インフレを放置し、雇用を優先して、緩和を続けるような政策を行うことなく、きっちりと世の中の状況に対応すると、マーケットは好感したのでしょう。

ここ数カ月、インフレが起こるのか、起こらないのかに対するFEDのスタンスがどうなるのかが不透明でした。今回ドットポイントで少しタカ派になったものの、きっちりと対応してくれるのだということが好感されたと考えられます。

もう一つが経済見通しです。インフレが上がっていて、経済見通しが下がってくると、それは駄目だとなります。しかし、経済見通しに関してはかなり強く見ています。

シティのエコノミックサプライズ指数で、経済見通しが予想よりも下回る内容があり、経済見通しに不安感があった中で、FEDとしては経済見通しを強く見ていると出ました。今後出てくる指標に関しても少し安心感が出てきたと、マーケットは好感しています。

終わりに

今回、内容としては非常にマーケットに安心感を与えるものとなりました。ただ、これで今後も株価が大きく上がるかというと、これは別問題です。

これから、金融の利上げが直前に迫っている、テーパリングがほぼ確定しているということは、金融相場がいよいよ終盤にかかり、今後業績相場に入ってくることになります。

EPSがちゃんと伸びてくるのか、PER(バリエーション)適正か、債券と株のイールドスプレッドが適切な状態か、グローバルの中において国々の株式や債券が優位な状況にあるのか。通常ムードに入ってきた中で、株価や債券が選ばれることがこれから進んでいくでしょう。

24日以降、経済見通しだけでなく、バリエーションや時給にも注目が移ってきます。改めてそういった観点で見ながら、リスク管理を進めていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事