年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多くの量的緩和が進む中、株式に向かっていた資金が出て行ったことになります。

これは株式と相関の高い動向です。今後流出が続くようであれば、株式市場にとってはとても大きなマイナスの影響となるでしょう。

この記事では、今の状況が今後も続くのかどうかを分析します。

今年初の資金流入超

こちらのチャートが示すのは、2021年に入って初めて資金が出て行ったことです。丸い点線で示した通り、日本円で約2.6兆円の流出超です。

赤矢印は、4週間平均のお金の流出入を表します。2018年以降資金流出が続いていましたが、コロナショック以降の量的緩和も影響し、資金流入が増えていました。

ただ、今年中盤ぐらいからは資金流入のスピードが鈍化しはじめています。今後も鈍化が続き流出超となれば、株価にマイナスの影響がありますから、今後流出し続けるかどうかが注目されます。

この資金はどこに流れたのか?

ちなみに、今回流出したお金は、75%近くが現金に向かったと確認できています。地域別ではアメリカが3.1兆円規模と、2018年2月以来の大きな流出となっています。一方、受け入れ先は、日本とエマージング・マーケットとなっています。

ただ、8週間のうち、最も日本へ流出した週でも500億円程度とのことです。アメリカから出たお金のほとんどはキャッシュに収まっています。つまり、リスク回避の傾向が強いということです。

資金はどのセクターから流出したか?

次に、どこから資金が出て行ったのかをセクターごとに確認しましょう。

インフラファンドからの流出が、史上2番目に大きかったとのことです。

インフラファンドから流出した理由は、27日に開かれた約1兆ドルのインフラ法案と、3.5兆ドルのビルド・バック・ベター法案の二つに対し、マーケットが悲観的になっているからです。インフラからお金を抜こうとする流れが生まれていますので、法案が通れば、流入が再スタートすることとなります。これについては短期的な影響が大きいと言えるでしょう。

また、テックファンドからは6月以来の資金流出が起こりました。今まで全く流出がなかったわけではありませんから、サプライズではありません。ただ、テックファンドから資金が流出するのは、恐らく、業績よりも中国との絡みが関係していると思います。

エバーグランデの問題があって、今後テック企業にも若干の影響があるとして、資金流出が起こったと考えられています。

短期的・中期的の動向はどうなるか

このように、資金流出の元を見ると、中国の問題が片付いたり、インフラ法案が通ったりすることで流出超はいったん止まると思われます。先週1週間の動きは、あくまでも短期的な動きの可能性があるということがポイントです。

ニュース等では、これからどんどんお金が流出するとしていますが、そうではないと、短期的に見ていただければと思います。

ただ、中期には流出が多くなってくる可能性が高いと、ゴールドマン・サックスも含めてレポートが出ています。

ちなみに、ゴールドマン・サックスは最も強気でしたが、9月24日からトーンが変わってきました。先物の売り越しをかなり行い、かつ、レポートでも中国恒大集団の問題が今後どうなるかは分からないとしています。さらに、今後のアメリカ市場が資金流出に伴い、少し予定が狂ってくる可能性があるいくつかのポイントもまとめています。中期的には、若干弱気の傾向があると言えます。

弱気筋が増えてきた理由を分析

理由(1)

一つ目です。資金流入が、そもそもファンドに対して超過傾向にあったと言われています。ファンドに対するequity flows (お金の流入)と、MSCI ACWIT(MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス)という世界株の連動性は、2002年からで見ると93%もありました。

ただ、今年1年間を見ると、流入が90%も増加したにも関わらず、MSCI ACWITは12%しか上昇していません。つまり、相関が崩れるぐらい株の流入が増えてきており、株価がついていっていないと言えます。

この資金流に株価が追い付かなかった理由は、お金が入りすぎていたことを示し、バリエーションがついていけていないことを表している可能性があります。ですから、今後は流入が減ってくる可能性がある、株価の重しになる可能性があるのです。これが、ゴールドマン・サックスが弱気になっている一つ目の理由です。

理由(2)

二つ目です。恒大集団を含めた中国の問題が、いろいろなところで出てきています。GDPに占める民間債務が約2.2倍になってきているから危ないという方もいらっしゃいますが、国際金融まで大きく絡んでいないとの見方が多数を占めています。今の時点では、心配しすぎずに冷静に見ていこうとするのが、正しいトーンでしょう。

一方で、事実として知っておいてほしいことがあります。それは、世界の成長率の約35%が、中国の成長によって支えられていることです。

エバーグランデが倒産するかどうかという問題とは別に、中国経済が影響を受けて鈍化し、世界の経済成長も滞ることになれば、株価にマイナスではないかとマーケットが考え始めています。これが、ゴールドマン・サックスが弱気になっている二つ目の理由です。

理由(3)

三つ目です。FOMCで、来年以降はサプライチェーンが改善し、インフレ率が低下するとの発表が出されました。世界経済のリサーチで評価をされているOxford Economicsが出した、サプライチェーンの混乱が、会社に対していつまで影響を与えるかを聞いたものです。

FRBは2022年前半としましたが、半数以上は2022年の第3~4四半期、もしくは2023年まで影響が残るだろうとしています。企業を含めたマーケットの考えと、FRBの間に乖離があることにマーケットは懸念を持っていることが分かります。

理由(4)

次に、こちらは今後の世界経済についての認識を、2021年7月と9月でそれぞれ調査したものです。比較すると、少し悲観的に考えていると答えた人が増えていることが分かります。経済見通しに対して、ネガティブな見方が増えてきているとも言えます。

理由(5)

最後に、私が一番注目している内容です。そういった状況にも関わらず、世界の中央銀行であるFed(米国FRB)、ECB(欧州中央銀行)、BoJ(日銀)、BoE(英国中央銀行))による量的緩和が、来年中盤以降からマイナスに転じる、量的緩和を回収に入るのではないかとの予測が出ています。つまり、世界スタンダードで見ると、緩和ムードがいよいよ来年夏場以降から減ってくるとされているのです。

今日のまとめ

今日はファンドからの資金流出を取り上げました。短期的にはインフラ法案に対する懸念と、中国に絡むテック企業からの流出ですから、この二つの問題が解決すれば、短期的な流出は止まると考えられます。今後流出超のトレンドに変わるとまでは考えていません。

ただ、中期的に見ると、流出超となる要因はかなりあります。それは経済の観点もそうですし、エバーグランデとは関係なく、中国GDP成長率に対する不安感が台頭してくれば、株への流入は恐らく減ってくるでしょう。さらに、量的緩和のサポートは来年中盤以降減ってくるとの予測が、確実性を増してきています。

この状況では、今後資金流出が起こり、世界株の上値が重くなってきて、この1週間で起こったような株から現金、株から債券という動きが加速する可能性があります。今後の経済動向を見ながら、しっかりと判断する必要があります。

マーケットには楽観ムードを提唱する方も増えてきていますが、実際にはそういった要因があることをぜひ覚えていただければと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事