年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

年初来初めて、世界の株式市場から資金が流出超過。短期と中期で今後の市況分析。

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

2021年に入って初めて、世界の株式市場から資金が流出したとのニュースが9月23日に流れました。世界全体で多くの量的緩和が進む中、株式に向かっていた資金が出て行ったことになります。

これは株式と相関の高い動向です。今後流出が続くようであれば、株式市場にとってはとても大きなマイナスの影響となるでしょう。

この記事では、今の状況が今後も続くのかどうかを分析します。

今年初の資金流入超

こちらのチャートが示すのは、2021年に入って初めて資金が出て行ったことです。丸い点線で示した通り、日本円で約2.6兆円の流出超です。

赤矢印は、4週間平均のお金の流出入を表します。2018年以降資金流出が続いていましたが、コロナショック以降の量的緩和も影響し、資金流入が増えていました。

ただ、今年中盤ぐらいからは資金流入のスピードが鈍化しはじめています。今後も鈍化が続き流出超となれば、株価にマイナスの影響がありますから、今後流出し続けるかどうかが注目されます。

この資金はどこに流れたのか?

ちなみに、今回流出したお金は、75%近くが現金に向かったと確認できています。地域別ではアメリカが3.1兆円規模と、2018年2月以来の大きな流出となっています。一方、受け入れ先は、日本とエマージング・マーケットとなっています。

ただ、8週間のうち、最も日本へ流出した週でも500億円程度とのことです。アメリカから出たお金のほとんどはキャッシュに収まっています。つまり、リスク回避の傾向が強いということです。

資金はどのセクターから流出したか?

次に、どこから資金が出て行ったのかをセクターごとに確認しましょう。

インフラファンドからの流出が、史上2番目に大きかったとのことです。

インフラファンドから流出した理由は、27日に開かれた約1兆ドルのインフラ法案と、3.5兆ドルのビルド・バック・ベター法案の二つに対し、マーケットが悲観的になっているからです。インフラからお金を抜こうとする流れが生まれていますので、法案が通れば、流入が再スタートすることとなります。これについては短期的な影響が大きいと言えるでしょう。

また、テックファンドからは6月以来の資金流出が起こりました。今まで全く流出がなかったわけではありませんから、サプライズではありません。ただ、テックファンドから資金が流出するのは、恐らく、業績よりも中国との絡みが関係していると思います。

エバーグランデの問題があって、今後テック企業にも若干の影響があるとして、資金流出が起こったと考えられています。

短期的・中期的の動向はどうなるか

このように、資金流出の元を見ると、中国の問題が片付いたり、インフラ法案が通ったりすることで流出超はいったん止まると思われます。先週1週間の動きは、あくまでも短期的な動きの可能性があるということがポイントです。

ニュース等では、これからどんどんお金が流出するとしていますが、そうではないと、短期的に見ていただければと思います。

ただ、中期には流出が多くなってくる可能性が高いと、ゴールドマン・サックスも含めてレポートが出ています。

ちなみに、ゴールドマン・サックスは最も強気でしたが、9月24日からトーンが変わってきました。先物の売り越しをかなり行い、かつ、レポートでも中国恒大集団の問題が今後どうなるかは分からないとしています。さらに、今後のアメリカ市場が資金流出に伴い、少し予定が狂ってくる可能性があるいくつかのポイントもまとめています。中期的には、若干弱気の傾向があると言えます。

弱気筋が増えてきた理由を分析

理由(1)

一つ目です。資金流入が、そもそもファンドに対して超過傾向にあったと言われています。ファンドに対するequity flows (お金の流入)と、MSCI ACWIT(MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス)という世界株の連動性は、2002年からで見ると93%もありました。

ただ、今年1年間を見ると、流入が90%も増加したにも関わらず、MSCI ACWITは12%しか上昇していません。つまり、相関が崩れるぐらい株の流入が増えてきており、株価がついていっていないと言えます。

この資金流に株価が追い付かなかった理由は、お金が入りすぎていたことを示し、バリエーションがついていけていないことを表している可能性があります。ですから、今後は流入が減ってくる可能性がある、株価の重しになる可能性があるのです。これが、ゴールドマン・サックスが弱気になっている一つ目の理由です。

理由(2)

二つ目です。恒大集団を含めた中国の問題が、いろいろなところで出てきています。GDPに占める民間債務が約2.2倍になってきているから危ないという方もいらっしゃいますが、国際金融まで大きく絡んでいないとの見方が多数を占めています。今の時点では、心配しすぎずに冷静に見ていこうとするのが、正しいトーンでしょう。

一方で、事実として知っておいてほしいことがあります。それは、世界の成長率の約35%が、中国の成長によって支えられていることです。

エバーグランデが倒産するかどうかという問題とは別に、中国経済が影響を受けて鈍化し、世界の経済成長も滞ることになれば、株価にマイナスではないかとマーケットが考え始めています。これが、ゴールドマン・サックスが弱気になっている二つ目の理由です。

理由(3)

三つ目です。FOMCで、来年以降はサプライチェーンが改善し、インフレ率が低下するとの発表が出されました。世界経済のリサーチで評価をされているOxford Economicsが出した、サプライチェーンの混乱が、会社に対していつまで影響を与えるかを聞いたものです。

FRBは2022年前半としましたが、半数以上は2022年の第3~4四半期、もしくは2023年まで影響が残るだろうとしています。企業を含めたマーケットの考えと、FRBの間に乖離があることにマーケットは懸念を持っていることが分かります。

理由(4)

次に、こちらは今後の世界経済についての認識を、2021年7月と9月でそれぞれ調査したものです。比較すると、少し悲観的に考えていると答えた人が増えていることが分かります。経済見通しに対して、ネガティブな見方が増えてきているとも言えます。

理由(5)

最後に、私が一番注目している内容です。そういった状況にも関わらず、世界の中央銀行であるFed(米国FRB)、ECB(欧州中央銀行)、BoJ(日銀)、BoE(英国中央銀行))による量的緩和が、来年中盤以降からマイナスに転じる、量的緩和を回収に入るのではないかとの予測が出ています。つまり、世界スタンダードで見ると、緩和ムードがいよいよ来年夏場以降から減ってくるとされているのです。

今日のまとめ

今日はファンドからの資金流出を取り上げました。短期的にはインフラ法案に対する懸念と、中国に絡むテック企業からの流出ですから、この二つの問題が解決すれば、短期的な流出は止まると考えられます。今後流出超のトレンドに変わるとまでは考えていません。

ただ、中期的に見ると、流出超となる要因はかなりあります。それは経済の観点もそうですし、エバーグランデとは関係なく、中国GDP成長率に対する不安感が台頭してくれば、株への流入は恐らく減ってくるでしょう。さらに、量的緩和のサポートは来年中盤以降減ってくるとの予測が、確実性を増してきています。

この状況では、今後資金流出が起こり、世界株の上値が重くなってきて、この1週間で起こったような株から現金、株から債券という動きが加速する可能性があります。今後の経済動向を見ながら、しっかりと判断する必要があります。

マーケットには楽観ムードを提唱する方も増えてきていますが、実際にはそういった要因があることをぜひ覚えていただければと思います。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

米テック企業の決算発表に警戒感高まる。市場反応はいかに?

今週は注目を集めるGAFAMの決算発表が集中してあります。 先週まで、アメリカの企業決算は総じて中身が良く、S …

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

ファンドマネージャー調査、債券投資配分が過去最低。今、個人投資家は債券投資は避けるべきか?

毎月1回発表されるバンクオブアメリカのファンドマネージャー調査で、2000年以降、債券に対して最も弱気な状況で …

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

「ツイストフラットニング」発生。米イールドカーブが示唆する今後の株式市場の見通しとは

米国イールドカーブに、 ツイストフラットニング(金利が横になる状態)が現れました。 これは、10月16日と18 …

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

米国株の決算が本格化。今後の株価動向は3つのセクターの決算内容次第。

10月12日から米国決算発表がスタートし、金融機関を中心に発表されました。バンクオブアメリカ、JPモルガンなど …

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

NY株が短期リバウンド。それでも機関投資家の71%が年末までに5%以上の調整を予想している2つの理由。

10月14日、米国株式市場は3指標全てが上昇しました。1.5%を超える大きな上昇です。この短期のリバウンドは続 …

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

スタグフレーション懸念。今後のS&P500に対するマイナスの影響を分析。

本日はスタグフレーションについてです。最近、ニュースや記事等でスタグフレーションという言葉を頻繁に見かけます。 …

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

雇用統計。今後も不安定な相場の継続を示唆

10月8日金曜日、雇用統計が発表されました。雇用者数が伸びておらず、内容もインフレ懸念を示すなど、今後の波乱要 …

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

S&P500の2022年見通し。プロ投資家の長期金利とEPS成長率の見通しから分析。

最近、米国市場のボラティリティが上がっています。2022年は、株価がどう動いていくのか。2021年10月時点で …

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

10月末まで米国株への重石となる3つの懸念材料

米国株式市場は、10月に入ってからも不安定さが続いています。この不安定な状況は、10月末まで続く可能性がありま …

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減速。S&P500と米国債のパフォーマンスを分析。

世界のマネー供給量が減っています。過去、このような環境下で米国株のS&P500、米国債券がどのようなパ …

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国債券ETFと米株ETFが同時に下落。相関関係が崩れる中で、今後も債券ETFはポートフォリオに有効なのか?

米国株式ETFと債券ETFが同時に下落する傾向が、最近多く見られます。 通常であれば、株と債券は逆相関の関係に …

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

米金利が急上昇中。米国株、中国経済にも及ぶマイナスの影響を分析

アメリカの長期金利上昇が止まりません。10年金利が1.5%を超えた影響が、大きく株価にも出てきています。 本日 …

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

FOMC後にS&P500大幅反発。それでも上昇の継続を確信できない5つの理由

9月21~22日のFOMC後、S&P500などの米国株が大幅に反発しています。この上昇がこれからも続く …

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

9月FOMC終了後にS&P500上昇。株式市場がFOMC内容を好感した理由。

日本時間23日の午前5時からFOMCの声明発表がありました。その内容と今後の見通しをお話します。 FOMCが非 …

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

中国エバーグランデ社のデフォルト懸念がFOMCに影響を与えるのか?

本日は、月曜日から株式市場を大きく揺るがしている、 エバーグランデ(中国恒大集団)の今後の見通しについて見てい …

おすすめ記事