2022年、マーケット関係者の懸念はインフレ対応を「FRBが間違える」こと

2022年、マーケット関係者の懸念はインフレ対応を「FRBが間違える」こと

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今週は、Big Techの企業決算、GDPの発表、PCEコアデフレーターの発表があります。26日もGoogle、Microsoftの決算発表があり、予想を上回る結果となりました。

残すところ数社の大きな決算発表と、GDPとPCEコアデフレーターに注目が集まっている状況です。

マーケットとしては、予想を上回る結果が企業決算で出ていますから、高値更新を続けています。一方で、決算発表の中身を見ると、アナリストの予想を上回る数は、平年よりも高い80%少しとなっています。

一方、企業業績の伸び率はかなり低調に推移しました。収益の鈍化が供給、インフレの問題から非常に懸念されている状況です。高値を更新しているものの、上抜けが大きくできていないのは、ここに理由があると言われています。引き続き、企業決算の中身はしっかりと見ていきたいと思います。

今日のテーマについてです。少し気が早いですが、2022年、機関投資家や投資家がどういったところにテーマを持っているか、バンクオブアメリカのリサーチ内容からお伝えします。結論としては、インフレとFedの政策がどうなってくるのかに注目が集まっています。

市場関係者の2022年の懸念事項

2022年、何がマーケットに影響を与えると思うかです。1番がインフレーション。2番がFed。3番がProfitsとなっています。

インフレーションがかなり注目を集めています。FRBは基本的に、一時的な物価上昇を認めているものの、長期的には落ち着いてくると再三言っています。

2週間ほど前、FRBメンバーは400名近くのアナリストが参加する世界最強のアナリストチームだから、インフレ見通しは間違えることがなく、一時的なものだと発言。なるほどと思った方も多かったかと思います。

ただ、長くマーケットに関わる方は「Fedもよく間違える」と言います。Fedも間違えると言っても、僕らは間違えないと言っているわけですから、一体どっちが正しいのか。そこで、「Fedも間違える」と言っている人は何を根拠に言っているのかを考えました。

1977年~1980年のFedによるインフレ見通し

1970年~1980年にかけてインフレが非常に大きい時期がありました。その間もFedはFOMCを開いていましたが、その開催毎にインフレ見通しを次々と上方修正していることを表したのが、こちらのチャートです。

例えば、一番低い青線。77年9月には1年後6%と言っていたのが、78年9月となると急に見通しを上方修正し、79年3月、79年9月、80年3月と、開催するたびにインフレ見通しを上方修正しています。

このように、Fedが自信を持ってそこまで物価が上がらないと言っていても、実際にはこのように開催のたびにインフレに追われるような形で上方修正をして、金利を急激に上げ、株価に大きな影響を与えました。

彼らだって間違えることはあります。ですから、マーケットは向かい合ったときに、インフレ確率が高くなることを最も心配しているとお考え下さい。

民間のインフレ予想について

民間から出ているレポートでも、来年1月前半にかけては年率換算物価上昇が6%程度。その後は落ち着いてくるものの、3%台を軽く維持する状況が23年まで続きそうだと出しているところがあります。

最近の金利・インフレ動向

5年金利は2008年以来の水準へ

さらに、政策金利動向を最も表す5年金利のスワップレートを見ると、2008年水準に迫る勢いです。2008年は原油、金、インフレ率、景気高揚感が高く、リーマンショックが起きました。そのときの金利水準に肉薄するほど上がっているのです。

マーケットのインフレ懸念はますます強く

今日は、こういったインフレ状況を踏まえ、バンクオブアメリカが一時的なインフレと長引くインフレを指標化したものを確認し、今のインフレ、将来のインフレがどうなるかをお伝えします。

こちらはバンクオブアメリカが出した一時的なインフレーションと長期的インフレーションを表した指標です。100に行っていれば、かなりインフレーションが高まった状態となります。直近では振り切れんばかりの高い状況です。

細かく確認します。薄い青線が長引くインフレ、濃い青線が一時的なインフレです。

1995年からの統計を見たとき、最も問題となるのは、一時的なインフレーションと将来のインフレーションが一緒に上がっていることです。これまで、このような状況となることはありませんでした。

例えば、一時的なインフレーションが起こった場合、金融政策が引き締まることで長期的なインフレーションが下がります。一緒に動くことはなく、相関は低かったのです。

しかし、今は一時的にも持続的にもインフレーションが続くことを表しています。この状況はかなりレアです。昨日発表されたカンファレンスボードの1年先期待インフレ率が、6.5~7%まで上がっています。

また、ニューヨーク連銀が出したマーケット見通しも、インフレ率が非常に高まっていると10月中旬に発表しています。かなり多くの指標で、インフレがあり得ると言っていることとなります。

将来のインフレと一時的なインフレを併せたものが黄色線です。ITバブル前、リーマンショック前を超えてきています。当然ながら、インフレが上がった後は金融政策の急速な引き締めに伴い、景気減速、株価下落があったことをグレー網掛けで表しています。

皆さんに知っていただきたいのは、来年以降、Fedの政策の取り方、インフレーションに対して、マーケットがかなり興味を持っていることです。バンクオブアメリカのリサーチによると、短期的にも長期的にもかなりインフレーションが高まる状況が続いていると、各種指標が発表しています。

直近で出たインフレ指標でも、引き続き高止まりしている状況です。

一方、経済が伸びているいいインフレであれば問題ないとするレポートもあります。もちろんそれは正しいです。しかし、GDP予想結果が今週出てきます。アトランタ連銀のGDPNowでは0.5%の低成長です。S&P500は確かに上方修正する企業が多いものの、企業の伸び率は鈍化しています。この事実はあまり報道されていません。

経済がいい状況が本当に維持できるのであれば、緩やかなインフレはウェルカムです。そうではない場合、単独のインフレによって企業業績や経済成長が留まってくると、これは大きな株価下落、マーケットの混乱を招きます。来年もインフレをしっかりと見る必要があります。

終わりに

今週もPCEコアデフレーターやGDPが発表されます。企業業績も今週は注目でしたが、引き続き経済指標も来週以降見ていくことが大事です。決算発表が続いている途中ではありますが、ぜひ参考にしていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

欧州中央銀行(ECB)は18日、主要政策金利を据え置き、市場の予想通り9月までの様子見を決め込みました。市場の …

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

  6月結果 市場予想 前回 米小売売上高 0.00% -0.30% 0.30% 米国の6月小売売上高が7月1 …

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

米国株式のS&P500は、絶好調な状況が続いています。本日は、この状態で注目すべきS&P500 …

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

米CPI 6月結果 市場予想 総合CPI前年同月比 3.0% 3.1% 総合CPI前月比 -0.1% 0.1% …

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

7月10日のS&P500種株価指数は7営業日続伸となり、初めて5,600を上回りました。ハイテク株比率 …

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

多くの富裕層が、より効果的な運用方法を求めて日々悩んでいます。本記事では、富裕層のためのポートフォリオ戦略、特 …

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。先週1週間、ISMの製造業指数やISM非製造業指数、雇用に関する多くの経済指標が発表 …

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

 米雇用統計 6月結果 市場予想 非農業部門雇用者数 20.6万人増 19.0万人増 失業率 4.10% 4. …

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

ISM景気指数(製造業・非製造業)   結果 市場予想 前回 製造業 48.5 49.1 48.7 非製造業 …

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

富裕層にとって、資産運用は一層重要な課題です。そして、安定したリターンを確保しながらリスクを適切にコントロール …

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリー(Summer Rally)は、株式市場におけるアノマリーの一つで、特に夏季に株価が上昇しやすい現 …

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

富裕層の投資戦略において、リスクとリターンのバランスを考えることは大切です。適切なポートフォリオを構築すること …

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターは、米国の個人消費支出(PCE)の価格変動を測定する重要な経済指標です。特に、食品とエネルギ …

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

21世紀になって、金の価格が上昇しています。2000年末から金の投資リターンは8倍強に達し、米国株や世界債券の …

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

先週、米経済で景気減速傾向が見られました。しかし、S&P500は堅調に推移しています。ただ、今週材料次 …

おすすめ記事