米国、カナダ、オーストラリア、そして欧州でも。イールドカーブが示す不吉なサイン。

米国、カナダ、オーストラリア、そして欧州でも。イールドカーブが示す不吉なサイン。

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

イールドカーブのフラットニング化が世界各国で進んでいると、注目を集めています。本日は、その背景と影響について考えます。

また、為替がどういう影響を受けるのか。今後各国の金融政策がどうなっていくのかも、併せてお話しします。

世界各国で進むイールドカーブのフラット化

こちらは、10月29日にブルームバーグで出されたものです。世界各国でイールドカーブのフラットニング化が進んでいます。黒線がアメリカ、赤線がドイツ、青線がイギリスです。

縦軸のBasis Pointsは、30年金利と5年金利の差を表します。例えば、米国では去年末に160 Basis=1.6%だったのが、80Basis=0.8%まで狭まっています。各国で30年と5年の金利差が縮まっている状況だと言えます。

イールドカーブのフラットニング化は、政策金利を引き上げることで将来の景気が腰折れして金利が低くなる、経済減速を示すあまり良くない兆候です。これが世界各国に広がっていると、ブルームバーグが示したのです。

これは当然ながら不吉な兆候です。世界全体がこうなっていることを把握する必要があります。

イールドカーブのフラット化の背景

なぜそうなっているかというと、世界的にインフレが進行しているからです。ここでは10年の期待インフレ率を取り上げました。

薄い緑のアメリカ、青線のオーストラリアを初め、カナダ、ドイツ、イタリア、韓国などでも急激に物価が上がっています。紫の日本は本当に物価が上がらないことが分かる低さですが、先進各国では物価が上がっています。2%程度は当たり前になってきていますので、インフレのリスクがかなり高まっているとお考え下さい。

インフレが高まったことで、政策金利を引き上げる必要が出て、将来に対する腰折れ懸念が全世界で広まっているとお考え下さい。

米国ではツイストフラットニングが進行中

以前の記事で、アメリカでツイストフラットニングが起こったとお伝えしましたが、この一週間で再度発生しました。

左のグラフ、ピンクの線が今、青線が一週間前です。長期の金利(20年~30年)が下がり、一方で短期金利(1~2年)が上がっています。

以前の記事でも伝えましたが、ツイストフラットニングは、金融政策を引き上げたことで将来の景気が腰折れていることを表します。株価にとってもあまりいい影響がありません。

カナダでも発生するツイストフラットニング

その状況は、アメリカだけではありません。28日、カナダでも発生しています。

27日、カナダ中銀は、エネルギー価格上昇を背景にして2022年もインフレが続くため、従来の予想よりも3カ月前倒し、来年4~9月に利上げを行うと正式に発表しました。

元々今年7月の発表では、インフレ見通しを2021年が3.0%、2022年度が2.4%と予想していました。これを共に3.4%まで引き上げ、インフレが続くと示したのです。

11月1日から買入プログラムの終了も発表していますから、いよいよ出口戦略にカナダが向かっていることとなります。

ツイストフラットニングが発生し、特に短期が急激に上がり、長期が下がっている状況です。その結果、キャンドル(カナダドル)とUSドルの関係では、カナダドルが上がっています。

元々物価の変動を受けやすいため、資源通貨とも言われるカナダドルです。資源価格の上昇も影響していますが、それに加えて短期金利も上がっていることで、ドルに対してカナダドルが上がっていると覚えておいてください。

オーストラリアでも強まるインフレ傾向

続いて、オーストラリアでも金利が上がりました。コアインフレに当たるCPI中銀トリムは、3カ月前0.5%の物価上昇を予想していました。それが今回は0.7%。相当物価上昇が進んでいると考えられ、金利は0.6%から1.4%まで急上昇しました。

オーストラリアでは切り上げ観測

この結果、豪ドルも値上がりしています。チャートは、ドルに対して豪ドルが移動平均を超えてくる水準まで進んでいることを表しています。

インフレ対策は通貨高?通貨高戦争が始まるか。

では、通貨高が目的としているのは何でしょうか?

今、オーストラリアのインポートプライス(輸入物価)が強烈に上がっています。これは2008年水準に近づく勢いです。ここで通貨高を行えば、輸入物価は抑えることができます。

一方、輸入物価が上がっているときにさらに通貨が安くなれば、価格はどんどん上がっていきます。その状況から考えると、豪中銀は輸入物価を抑えるために早めに政策転換することで豪ドル高にし、輸入で発生するインフレを抑えようとしている可能性があります。

カナダ、オーストラリアを含む各国でイールドカーブがフラット化し、経済が疲弊しているにもかかわらず、通貨を高くすることでどうにかインフレを抑えようとする意図が見えるのです。

通貨を高くしようとする背景

なぜ、そこまで通貨を高くしようとしているのでしょうか? 

先進国5年先インフレレートは、資源価格と連動するように上がります。言い換えれば、エネルギー価格が上がるとインフレになりがちです。先進国はエネルギーに関して輸入に頼っていますので、どうにか通貨を高くしたいとの思いがあるとお考え下さい。

ドルインデックスが低下中

その上で、米国ドルインデックスを確認すると、10月12日をピークに下がり始めています。これはオーストラリアやカナダといった先進国が、アメリカ以上に利上げのスピードを前倒しにしてきていることで、ドルが弱くなったためです。

アメリカは今、原油の貯蔵率がすごく下がっていて、輸入に頼っている状況です。原油価格が上がる中、さらにドルが安くなれば、輸入物価は全体的に上がると言われています。

その意味では、ドルが安くなると、アメリカにインフレが輸入されることになります。アメリカは予定以上にインフレに苦しむ可能性があると、ぜひ覚えておいてください。

ここまでのまとめと注意点

今まで、アメリカのインフレが進んでいることを中心にお伝えしていました。しかし、それ以上に世界各国でインフレが進んでいます。結果として各国で通貨が高くなる傾向が出て、米ドルが安くなってきています。

アメリカは輸入国ですから、どんどん輸入価格が上がり、さらにインフレが加速すれば、FRBはインフレが長期化すると考えて政策金利を前倒しするでしょう。そうなればマーケットにとってサプライズとなります。

29日晩、来週にかけてインフレ指標が出てきますが、特に注意を持って見る必要があります。

ブラジルで急激に上昇するCPI

最後にブラジルの状況をお伝えします。一番懸念すべきはこの状況です。

ブラジルでは物価が急上昇しています。10%を超える上昇となり、政策金利を引き上げざるを得ない状況です。

2年国債の利回りが12%まで急上昇。去年は4%まで下がっていたところが、なんと12%まで上がっています。結果として、2年金利の方が高く10年金利が低くなる、逆イールドになりました。

この逆イールドの発生は非常に不吉で、100%株価が下がると言われ、株価に対して大きなマイナスインパクトを与えます。

ブラジルまではいかなくとも、このようにインフレが進んでくると、政策金利を引き上げて、先の金利が下がることで逆イールドになる可能性も0ではありません。

先進国にこのムードが出始めれば、マーケットは一斉にお金を引き上げます。債券にお金が向かい、株からはお金が逃げます。金利動向をこれからもしっかりと見ていただきたいと思います。アメリカのみならず、世界の金利動向も併せて、週末の金利動向をご覧いただければと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

27日、ザラ場中S&P500が直近高値から20%以上下落し、ベアマーケット相場入りと盛り上がりました。 …

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

19日も米株式市場は3指標そろって下落しました。前日の5%ほどではありませんでしたが、下落トレンドが続くという …

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

17日、米株式市場が上昇しました。17日は小売売上高、鉱工業生産、パウエル議長のコメントと、かなり注目度の高い …

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

13日、インフレの懸念が少し後退したということもあり、若干の金利低下と大きく株高になりました。特にNASDAQ …

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

今週PPI、CPIという物価に関する重要な指標が発表されました。この結果は皆さんもご存知だと思います。CPIが …

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

今月に入っての最注目材料といっても過言ではない、アメリカのCPI、消費者物価指数の発表が日本時間の夜9時半に発 …

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

5月6日雇用統計が発表されました。内容を受けてマーケットは賃金インフレ懸念で、FRBが再びタカ派となり、前回0 …

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

4日にFOMCが開催されました。その後のパウエル議長の記者会見において0.75%の利上げは考えておらず、0.5 …

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

先週1週間で、メガテック企業と呼ばれる大手ハイテク企業の決算発表が出揃いました。ご存知の通りまちまちではありま …

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

4月26日、NASDAQが4%近く大きく下落をしています。そして年初来安値を更新しています。3月に付けた安値を …

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

今週一番の注目点は、米メガテック企業の企業決算です。メガテック企業以外もかなり多くの企業決算が予定されています …

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

この1週間、株価があまり堅調ではありません。 3月の年初来安値を目指すようなトレンドになっているのではないかと …

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

先週から米10年長期金利が大きく上昇してきています。19日は2.9%を超え、ゴールドマン・サックスの年末予想2 …

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

アメリカの決算発表がいよいよスタートしました。前半戦は金融機関の発表となります。金融機関の今期決算内容は、債券 …

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

JPモルガンの決算発表が始まり、いよいよ本格化する決算内容について取り上げたいと思います。 その前に、注目材料 …

おすすめ記事