スイス留学 のおけるボーディングスクールのメリット・デメリット

スイス留学 のおけるボーディングスクールのメリット・デメリット

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

渋谷:留学サポートのエキスパートである天野さんをお招きして、留学についてお話をお聞きします。よろしくお願いします。

天野:よろしくお願いします。

スイス留学のメリット・デメリットとは

渋谷:前回に続き、元スイスラーニングの日本代表、スイスのエキスパートの天野さんに、スイスについてお聞きします。ずばりスイス留学のメリット、デメリットは何ですか?

メリット

天野:メリットからお話します。スイスは元々多文化、多言語、共存の国です。学校は留学生が基本で、30~120カ国程度と世界各国から留学生が集まります。そんな環境は、スイスのボーディングスクール以外ありません。

そういうところで寝食を共にし、みんなで勉強し、日々過ごすだけで国際感覚が身に付きます。それがスイスのボーディングスクールに行く大きなメリットの一つです。

また、スイス自体が多文化で、外国の方を受け入れてきた国なので、外国人にそもそも優しいです。

イギリスやアメリカに行ってしまうと、今はいじめられることこそ少なくなりましたが、視線が気になることがあります。スイスでは、そういうことがないのもメリットだと思います。

渋谷:寝食を共にするというお話がありました。私たちは留学と聞くと寮に入るイメージがありますが、100%が寮ですか?

寮生活について

天野:スイスのボーディングスクールは100%が寮です。学校によって、全寮制、通学生と寮生が半々、通学生の方が多い場合もあります。ただ、日本人がスイスのボーディングスクールに留学をすると、学校があるときはずっと寮にいます。

渋谷:寮生活というと、イメージとしては厳しいルールのある寮と、すごく自由な寮があったり、もしくは2人部屋、4人部屋、1人部屋を使えないイメージがあります。現実には点呼があったり、厳しいなどの差はあるのですか?

天野;学校の中で寮によってルールが違うことは、基本的にないです。一つの学校でルールが違うとすれば、小さい子の寮は就寝時間が早いとか、1人で出かけちゃいけないとか、そういう年齢によった少しの差は出てきます。ただ、それ以外にはルールは一緒です。

寮生活に6歳から行ける学校もあり、6~18歳ぐらいまでの子どもたちが寮で生活しています。安全に、安心に暮らしていける場所を提供しなければいけません。基本的なルールは、結構厳しいです。

自分の生活をちゃんとしなきゃいけないとか、朝はベッドメイキングするのは絶対当たり前。自分の身の回りのものを整理整頓するのは当たりまえ。寮母さんがチェックして、それができていなかったら、夜の勉強時間に部屋の外に出てはいけないなどの罰があります。

そういった基本の生活がきっちりとできないといけないというルールは、すごくしっかりしています。

渋谷:厳しいというのは、子どもの年齢に合わせた就寝時間や、外出してはいけないときに外出しないようにとか、掃除、洗濯、片付けなど、日本でいうしつけのようなものだと。

留学していると、6歳にして両親と離れる方もいるでしょう。たまにはお父さん、お母さんに連絡に取りたくなることもあるでしょう。厳しいとなると、連絡を取ってはいけないとか、スマホは禁止とか、お菓子は全く食べてはいけないとか、そういうルールはありますか?

節度の有る厳しさと自由さ

天野:厳しい=子どもたちが安全に暮らすための、基本の厳しさです。

例えば、お菓子は自分の部屋で食べさせると際限なく食べてしまいます。特に小さい子にとって、それはよくありません。親御さんも、それは望みません。そのため、持ってきたお菓子はコモンルームという、寮にあるリビングのようなところに置き場所があって、そこで食べることになっています。そういう厳しさです。

あとは、いろいろな国の人たち、違う文化の人たちが一緒に住むので、お互いに迷惑を掛けない、危ないことをしないといったことが守られるような厳しさです。

渋谷:自分の国とのコミュニケーションは、時差も含めて許可されているのでしょうか?

天野:このご時世だと、学校も「スマホを持たせてください」としています。これは親御さんとすぐに連絡が取れるからです。特に、小さい子はホームシックにかかります。すぐに親御さんとビデオ電話ができるように何かを持ってきてくださいとは言われます。

ただし、依存してはいけません。年齢によってルールは違いますが、夜寝る時間には部屋にスマホ、ゲーム、iPadを置いてはいけません。みんな預かります。そういったルールはあります。

もっと大きくなれば、勉強をする必要があります。高校2~3年生となるともう少し緩くはなりますが、そんな感じになっています。

親とコミュニケーションは自由

渋谷:日本から出張がてら、もしくはお子さんに会うためにスイスにわざわざ行った。でも、学校が厳しくて会わせてくれないということは? 例えば、両親のいるホテルに泊まることも、許可を取れば大丈夫なのですか?

天野:もちろんです。基本的には大丈夫です。親御さんが来るときは、もちろんいつでも会ってください。ただ、勉強する時間とかそういったことを遮ってはいけないので、必ず誰が何日に、何時に来るかを伝えた上で、じゃあ、この時間にお迎えに来てください。土日は親御さんと一緒にホテルに泊まりますと、事前に学校に伝えたら、学校は喜んで許可を出してくれます。

渋谷:寮というと厳しいしつけがあり、なかなかコミュニケーションも取れず、うちの子どもは元気にしているのかな? と思うケースが多いイメージがありましたが、そんなことはなく、成長も確認できるし、16~18歳のお兄ちゃんお姉ちゃんたちにも指導をいただける感じですか。

天野:親御さんとの連絡も、もちろん自分でも取れますが、このご時世なので学校からのコミュニケーションもいっぱいあります。寮母さんが1カ月に1回ほどこういうことをやったと書いたメールが来たり、ペアレントポータルという保護者サイトがあり、お子さんの成績や、「今日の2時限目にサボりました」という情報がすぐに入ってきたり時代です。

そういう意味では、私が行っていたFAXしかなかった時代とは異なり、四六時中親御さんがちゃんとお子さんを見ていられる時代になりました。

渋谷:じゃあ、日本からかっぱえびせんを送ってあげても大丈夫なのですね?

天野:大丈夫です。お友達と仲良くなるツールとして日本のお菓子を持っていくと、リビングでみんなで食べることもできます。それは意外とお勧めです。

渋谷:他のメリットは何かありますか?

語学の習得

天野:前回もお話ししましたが、例えば、フランス語圏の学校に行ったら、フランス語を聞く、話す機会が学校の外で出てきます。もしかすると、第3言語、第4言語を習得できるかもしれません。

もちろん、ペラペラになるにはそれだけの時間が必要なので、絶対習得できますとは言えません。ですが、英語以外の言語にも触れる機会があるのは、大きなメリットの一つだと思います。

渋谷:詳しい方だと、スイスはドイツ語圏、フランス語圏があると何となく聞いたこともあるかと思います。ドイツ語、フランス語を使う人は、どっちが多いですか?

天野:スイス国内では、ドイツ語圏がほとんどです。その次がフランス語、イタリア語、ロマンシュ語です。ただ、世界的に、他の国を見ればフランス語の方が多いでしょう。

渋谷:学校の場所を選ぶとき、学校外でフランス語をより多く使っているところの方がいいと、ピンポイントで狙う手もあるということですよね。

天野:そうです。私からどっちがというお勧めは特にしませんが、ご家族からご相談を頂いたとき、「フランス語圏がいいです」と最初から絞ってくる方もいます。ですから、その辺はすごく大きなポイントになると思います。フランス語圏の方が、数で言うと多いです。

120カ国ほどが集まる、他の国にはない多文化と言いました。これだけ世界中にネットワークが広がるというのは、スイス以外にありません。他の国では絶対にないことなので、かけがえのない財産になるかと思います。

デメリットの話

渋谷:次に、デメリットを簡潔にお願いします。

費用が高い

天野:デメリットはお金が高いことです。学費、寮費を含めた基本的な費用で1,000万前後で、プラスアルファの飛行機代、お小遣いを入れると年間1,200~2,000万円かかります。それがデメリットに入るかと思います。

世界からの富裕層が来るので、正直金銭感覚が狂う可能性があります。親御さんが望んでいない方向に行ってしまう可能性もあるので、そこは可能性として考えておかなければいけないです。

あとは、英語力、英語の発音では英語圏に行くより、スピードも劣ってしまう可能性も無きにしも非ずです。必ず遅いとは言いません。ただ、可能性はあります。

進学目的に合わせた選択が必要

イギリスやアメリカの名門大学、オックスブリッジ、アイビーリーグっていうところに進学するのは、スイスから進学するのは簡単ではありません。

渋谷:進学だけを中心に考えるより、スイスは国際的な感覚や人脈を作ることに適していると捉えていいですか?

天野:もう少し言うならば、もしゴールがアメリカのアイビーリーグ、あるいはイギリスのオックスブリッジなのであれば、スイスではなく、その国のエリートが通うボーディングスクールに行くべきです。

渋谷:スイスが、目指すゴール全てへの近道ではないということですね。

天野:そういうことです。

渋谷:よく分かりました。今回はメリットデメリットについて聞きました。スイス留学を検討されている方は、ぜひ、これを参考にしていただければと思います。今日はありがとうございました。

天野:ありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

27日、ザラ場中S&P500が直近高値から20%以上下落し、ベアマーケット相場入りと盛り上がりました。 …

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

19日も米株式市場は3指標そろって下落しました。前日の5%ほどではありませんでしたが、下落トレンドが続くという …

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

17日、米株式市場が上昇しました。17日は小売売上高、鉱工業生産、パウエル議長のコメントと、かなり注目度の高い …

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

13日、インフレの懸念が少し後退したということもあり、若干の金利低下と大きく株高になりました。特にNASDAQ …

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

今週PPI、CPIという物価に関する重要な指標が発表されました。この結果は皆さんもご存知だと思います。CPIが …

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

今月に入っての最注目材料といっても過言ではない、アメリカのCPI、消費者物価指数の発表が日本時間の夜9時半に発 …

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

5月6日雇用統計が発表されました。内容を受けてマーケットは賃金インフレ懸念で、FRBが再びタカ派となり、前回0 …

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

4日にFOMCが開催されました。その後のパウエル議長の記者会見において0.75%の利上げは考えておらず、0.5 …

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

先週1週間で、メガテック企業と呼ばれる大手ハイテク企業の決算発表が出揃いました。ご存知の通りまちまちではありま …

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

4月26日、NASDAQが4%近く大きく下落をしています。そして年初来安値を更新しています。3月に付けた安値を …

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

今週一番の注目点は、米メガテック企業の企業決算です。メガテック企業以外もかなり多くの企業決算が予定されています …

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

この1週間、株価があまり堅調ではありません。 3月の年初来安値を目指すようなトレンドになっているのではないかと …

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

先週から米10年長期金利が大きく上昇してきています。19日は2.9%を超え、ゴールドマン・サックスの年末予想2 …

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

アメリカの決算発表がいよいよスタートしました。前半戦は金融機関の発表となります。金融機関の今期決算内容は、債券 …

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

JPモルガンの決算発表が始まり、いよいよ本格化する決算内容について取り上げたいと思います。 その前に、注目材料 …

おすすめ記事