【スイス留学】高い教育費に見合うスイスのボーディングスクールならではのメリットとは

【スイス留学】高い教育費に見合うスイスのボーディングスクールならではのメリットとは

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

渋谷:本日は留学のエキスパート天野さんをお招きして、留学についてのお話をお聞きします。よろしくお願いします。

天野:よろしくお願いします。

渋谷:天野さんはスイスのエキスパートで、元々スイスラーニング日本代表です。今回もスイスの留学について、お話を聞きたいと思います。

スイスのボーディングスクールの学費について

前回、スイス留学には1年間で、下は1,200万、上は2,000万という話をお聞きしました。高いお金を払って行く価値があるのかを、聞いてみたいと思います。どうでしょうか? 

天野:前回はデメリットとお話をしましたが、これだけ高いお金を払う価値はあります。実際、その価値を見出してたくさんの方が行かれています。

渋谷:具体的には、どういったメリット、価値があると思われますか?

高い学費に見合った国際感覚が身につく

天野:前回も申し上げましたが、スイスのボーディングスクールは30~120カ国から生徒が集まる、多文化、多言語が共存する環境です。こういった環境で真の国際感覚が自然に身につくことは、他の国に行ったら絶対にありえないです。

スイスのボーディングスクールに行くからこそ培えるため、そこは価値の一つだと思います。

それと同じで、アメリカやイギリスのボーディングスクールに留学した場合、その国の富裕層、その国の人たちがほとんどです。例えば、イギリス人が90%を占め、留学生が10%で、さらに日本人は1人などです。

そういったところに行くよりは、みんなが留学生で、ストレスなく留学を始められる、寮生活を始められることも、この価値の一つになると思います。

渋谷:スイスというと、映像で見るのどかで、古い町並みのイメージがあります。他の有名どころでは、アメリカ、イギリスを中心にカナダ、オーストラリアなどいろいろあります。そういったところと比較しても、治安はいいのでしょうか?

スイスの治安

天野:治安はもちろんいいです。永世中立国ですし、EUにも入っていないので、独自の文化、経済を貫き通している国ではあります。ですが、国自体が豊かなのでテロなども起こっていません。国民の平均年収がすごく高いので、国全体の心が安らかなのではないでしょうか。国の70%が山ですから空気がきれいですし、湖もあります。カナダももちろんきれいはきれいですが。

渋谷:他の国として圧倒的に安全だというわけではないものの、安全性が高い部類には間違いなく入るということですね?

天野:自然のきれいさでは、よりいいところはたくさんあると思います。しかし、安全性ではピカイチだと思います。

渋谷:高い費用を払ってでもという話は、他にありますか?

設備は最新

天野:学校もそれだけお金をもらっているので、きっちりとした使い方をします。例えば、最先端の学校施設です。少し古いですが、スマートボードも入ったときはすぐ使っていますし、今だとiPadやパソコンは絶対に支給されています。もちろん、自分で持っていくことも可能ですが、ITなど最先端のものをいつも取り入れています。

去年、学校が3月に閉じてしまったことがあったのですが、学校が閉じた次の週ぐらいには、どこの学校もオンライン授業が始まっていました。他の国では、それはなかったです。それだけの基盤を構築していることは、払った分だけ返ってくる証ではないかと思います。

渋谷:何となく、テックに強いというとアメリカ西海岸のイメージがあります。そこは全然遜色なくということですか?

天野:とにかくバランス良くいろいろなテクノロジーを入れているので、ITだけに限らず、音楽の練習部屋を何個も持っていたり、アートの美術室も整備されていて、3Dプリンタがあることも当たり前だったりします。ファッションをデザインする場所もあります。数学のビルディングやライブラリが別にあったり、シアターがあったりと、施設のすごさはスイスならではです。これだけのお金を払えば、それだけいい環境で勉強ができる、何かに打ち込むことができるというのはあると思います。

富裕層の英才教育

渋谷:出てきた中に、富裕層の話がありました。英才教育の一環で、目的を持って来る人が多いということですよね?

天野:何をもって英才教育というかも大きな違いです。これだけ高いお金を出してスイスにお子様を送るご家庭は、ただただいい大学に進み、いい就職先に入ってくださいという人はそこまでいません。

どちらかというと、いろいろな経験をしてほしい。いろいろな国を知ってほしい。国際性を身に付けることももちろんとして、その中で自分がしたいことを、自分の国でするのではなく、いろいろなことを知った上で、きっちりと自分のことを見つけてほしい方が多いと思います。

それはファクトですが、スイスの学校はそういう方の集まりです。ですから、そういう意味での英才教育を求めるご家庭が多いです。

優秀な人材とのネットワークがすごい

渋谷:以前、私がお子さんのスイス留学をお手伝いしていたとき、お父さんがおっしゃっていたのは、ネットワークがすごく期待しているところにあり、卒業生からもネットワークがあると聞いたことがあるということでした。

スイス以外の、アメリカ、イギリスもトップクラスのインターであり、人脈もすごいと思います。そういうところと比べても、スイスの人脈はすごいのですか?

天野:一言で言うと、すごいです。ビジネスをされているご家庭が多いのです。自分の会社があって来る家庭が多いので、大体卒業して大学に行って、その大学を卒業した後も自分の家業を継ぐ人がすごく多いというのは一つです。

120カ国でビジネスをやっている人たちとつながっているわけです。もちろん、アメリカやイギリスでビジネスをしている方も世界中にネットワークを作ってはいらっしゃいますが、ベースはその国です。だから、そこの違いはすごく大きいと思います。

渋谷:ネットワークのすごさは、来ている層より、国の広がりが圧倒的だということが源泉にあるのでしょうか?

天野:層の高い人たちが世界中にいます。

渋谷:今、2,000~2,100万払っても、すごくメリットがあるという話を聞いていましたが、こういう人はそこまで払わなくとも、イギリスやアメリカに行った方がいいこともあるかと思います。そこはどうですか?

目指す目標でスイス以外の留学先が良いことも当然あります

天野:もちろん、大体の方は大学進学を目的とされていますが、行きたい大学がアメリカのハーバード、イギリスのオックスブリッジと決まっている方に関しては、スイスではなく、アメリカのボーディングスクールに行く方が同じお金を出しても価値があります。それに、アメリカやイギリスの方が、スイスよりも多少安いです。

渋谷:アメリカ、イギリス、スイスと目的に応じて使い分けをしないと、万能ではないということですね?

天野:どのタイミングで留学するかも大きな違いになります。お金を払ってでもスイスに行った方がいい場合も、実はあります。

例えば、小学生で留学する場合です。ハーバードに行きたいからアメリカに行くべきかというと、意外とスイスに行って生活力、英語力、あわよくばフランス語、ドイツ語といった第3言語を身に付けて中学校、高校に入るタイミングで、そっちの国のいいボーディングスクールに転校するルートもあります。

その意味では、スイスは非常にお勧めできます。お金を払っても小さいうちに行かせておけば、それだけイギリスなり、アメリカなり次につなげます。実際、そういう方はいますし、問題なくできます。

渋谷:では、最終的なルートは決まっているものの、日本からアメリカに行くよりスイスからアメリカに行く方が簡単になる可能性があるということですよね?

天野:例えば、ハーバードに行く人が多いボーディングスクールに入るには、それなりの英語力とそれなりの学力が必要です。日本にいると、日本でどういった教育を受けているか、英語力がどのくらいかにもよってきますが、簡単ではありません。

それを考えたとき、スイスという国際的な中でいろいろな力を身に付けてから、難関にだんだんステップアップしていく道もあるという話です。

渋谷:将来の可能性を考え、いろいろな人脈を作るためにスイスに行って、その後で選ぶことも可能だということですね?

天野:そうです。

渋谷:分かりました。今日は高い費用を払ってまでスイスに行く価値はあるということがよく分かりました。

天野:良かったです。

渋谷:参考にお聞きいただければと思います。ありがとうございました。

天野:ありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

今週は、企業業績の悪化や経済指標の軟化の発表を受け、株価が下落しています。最近のマーケットコメントでは、今の株 …

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

本日は、米国のハイイールド債券を取り上げます。ハイイールド債券は炭鉱のカナリアと呼ばれ、下がるようであれば株式 …

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

今年に入り、株式市場が徐々に上昇をしています。今後も上昇が続くのかどうかが、皆さんの関心事だと思います。では、 …

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

1月6日の雇用統計、ISM非製造業指数を受け、3~5月の利上げ停止の期待が高まった結果、株価が上昇しています。 …

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

今週に入り、米国の株式市場の方向感はあまり定まっていない印象です。一方、マーケットでは警戒感が高まっている印象 …

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

本日は、2023年の米国株式市場のボトム時期について考えてみますが、リセッションに入った場合を想定していますの …

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

今年もいよいよ終わりに近づき、23年の投資戦略を立てている方も多いのではないかと思います。今年、22年に関しま …

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

20日、日銀の金融政策決定会合が開かれ、大きなサプライズとなりました。日本の長期金利の誘導目標を±0.25%か …

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

本日のテーマは、15日に開催されたFOMCです。市場予想よりもタカ派的な内容と評価されていますが、その日はあま …

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

今、マーケットでは2023年のリセッション入りが懸念されています。14日に開かれるFOMCにおいて、マーケット …

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

12月FOMCが、13~14日に開催されます。0.5%の金融引き下は、マーケットのコンセンサスなので、恐らく間 …

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

先日、米国で金融関連のカンファレンスが開かれました。ウォールストリートの重鎮と言われるような金融大手のCEOが …

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

今年も12月に入りました。金融機関各社から、2023年のS&P500の年末予想が出てきました。本日は、 …

【米国株】パウエル議長のハト派的な発言の真意は景気後退懸念を示唆したものか?

【米国株】パウエル議長のハト派的な発言の真意は景気後退懸念を示唆したものか?

11月30日、FRBのパウエル議長が、ブルッキングス研究所で経済見通し、雇用に関する講演を行いました。前回のF …

【米国株】長期金利が低下しても株価の上値が重たい理由

【米国株】長期金利が低下しても株価の上値が重たい理由

先週から、FRBメンバーの要人発言が続いています。かなりタカ派的な発言内容であるにもかかわらず、FFレートの先 …

おすすめ記事