加速するインフレ。金価格の今後の見通し

加速するインフレ。金価格の今後の見通し

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今日は金価格の見通しについてお伝えします。

先週、ニューヨーク、フィラデルフィア連銀の製造業指数、アメリカの小売売上高、鉱工業生産などで、インフレに対して強い指標が出そろいました。

また、週末にも要人発言で、かなりタカ派的な発言が続いています。例えば、来年夏ごろに終わると言われているテーパリングを4月に終わらせ、春以降から利上げを開始すべきだとタカ派が述べるなどです。

インフレならば金価格が上昇するのではないかと、注目されている方も多いかと思います。そこで、今日は金についてお話しします。

後半には、今週の重要指標やマーケットの大事なポイントもお伝えします。

今日の話はあくまで、半年間で金がどうなるかという話です。

金自体は資産運用において、アセットアロケーションを組んでいる方とって欠かせないと、これまでからずっとお伝えしてきました。

およそ5~10%の金を保有すべきだという統計も複数あるように、インフレ以外にも、株や債券と相関が薄いなどの理由で欠かせないものとなっています。

ですから、今回見通しをお伝えしたからといって、金自体をポートフォリオから外したり、さらに積んだりすべきと言いたいわけではありません。あくまでも中期的な流れがどうなるかをお伝えするものです。そういった点をご理解いただければと思います。

インフレに強い金価格

インフレに強い資産として評価される「GOLD」

1972年から取ったGOLDの年リターンは7.58%で、かなりいいパフォーマンスだと言えます。価格推移を見ると、激しく上がるところと平坦なところがあるのが特徴です。ですから、短期資産として上がるというより、長期で持って値持ちのいいものだと言えます。

下のグラフは、年次ごとのパフォーマンスです。赤掛けしたところでは、かなりいいパフォーマンスを示しています。1972~1979年後半までのかなりインフレが強い時期と、2000~2010年のリーマンショック直前まではいいパフォーマンスを発揮し、25%近く上がったときもあったことが確認できます。

CPI(消費者物価指数)と相関が高いGOLD価格

次に、米国CPIと比較してGOLDがどう上がったかです。赤い網掛け部分、CPIが急激に上昇しているところでは、GOLDのパフォーマンスがいいことが分かります。例えば、1972~75年や1980年までです。

それ以降も、随時パフォーマンスのいいときにはCPIが上昇傾向にあることが確認できます。緑掛け部分でも表したように、CPIが31年ぶりぐらいに高い水準を付けています。

本来であれば、GOLDのパフォーマンスはグッと上がるべきところにも関らず、なぜパフォーマンスが上がっていないのかと疑問に思う方も多いでしょう。

2020年以降の「GOLD」価格

これは、2000年以降のGOLD価格推移を表したものです。

2020年夏場にかけて、GOLDはとても大きく上昇しました。資金が余っていることで株や債券だけではなく、金にもお金が流入したり、インフレがいずれ起こるだろうと金が上がる傾向があったりしましたが、夏場以降値段を取り戻してきたものの、下落トレンドが続いています。

今後の見通し

金の上値が重たい理由(1)

なぜ金の上値が重いのでしょうか? その理由を三つ挙げてみました。

一つ目は、実質金利のマイナス縮小を警戒する向きがあるからです。チャートを見ると、赤線がGOLD価格、青線が株や債券、金に大きな影響を与える実質金利です。

GOLD価格と実質金利は逆相関の関係です。実質金利がマイナスの状態は、現金で持っているとインフレに負けて現金価値が下がる状態を指します。そこで、元々通貨の裏付けだったGOLDにお金が流れやすいと言われています。

一方で、例えば名目金利、10年金利が上昇するときやインフレ率が下がってくるときには、実質金利のマイナスが縮小します。

現在、来年夏、もしくはタカ派が言うように春以降に利上げを開始することがあれば、名目金利が上がってくるのではないか、実質金利のマイナスが縮小するのではないかと、マーケット関係者は警戒しています。

また、名目金利を予定よりも早く上げることで、将来の高いインフレ率が緩和されて下がって、実質金利のマイナス幅がさらに縮小することも考えています。そうなれば、GOLD価格は上値が重くなると言えます。

去年の夏、実質金利がマイナスを付けたときにはGOLD価格が最も高くなりました。実質金利はマイナスをその後さらに広げましたが、GOLD価格は夏の高値を上抜けできませんでした。

これは将来的に名目金利が上昇する、インフレ率が緩和されることを警戒してGOLDを買い上げられないためです。

金の上値が重たい理由(2)

次に、こちらのチャートは前回テーパリング時の反応を表したものです。前回テーパリング後、実質金利は急上昇したこともあり、金価格が大きく下落しています。

特に2013年バーナンキ発言以降、黄色の点線で表したように実質金利は急上昇しました。結果金価格がだらだらと下落を初めます。

2014年1月テーパリング開始以降、一瞬金価格は上がりますが、実質金利が高く推移したこともあり、テーパリングが終了するまで金価格は下落します。この下落は、利上げを開始するまで続きました。

今後、利上げを開始するまでは金価格が下がるのではないかと考えている方が多いです。ただ、今回テーパリングを開始した後も、実質金利は急上昇していません。前回と同じような形で金価格が下がることはないと言っている方も多いです。

実質金利はプラスに向かうとするマーケット見通しの方が強いので、その意味では金価格がなかなか上がりにくい状況が続いています。

金の上値が重たい理由(3)

三つ目のポイントです。GLD(SPDRゴールドシェア)というETFがありますが、この残高は減少傾向です。昨年夏以降残高は減ってきていますが、金も実需がなければなかなか上がりません。世界で一番大きい金のETF、SPDRの値段は5兆円を超える残高がありますが、この残高が増えなければ難しいと言われています。

昨年夏まで増えた後、なぜ残高は減り続けているのでしょうか?

インフレに強いのは金だけではないからです。時期によっては株の方が強くなります。好景気でインフレ傾向のときは金よりも株が強いです。

一方、不景気でインフレの場合は、金が強く株よりもパフォーマンスが良くなります。共にインフレに強い資産ですが、今は経済指標が比較的良くインフレ傾向です。金に投資するよりも、株に投資するリターンの方がいいと考えられ、金になかなかお金が入ってこないという実需の問題があるとお考えください。そういったこともあり、なかなか金価格が上がっていません。

それ以外にもFRB資産がテーパリングで徐々に減ってきますが、FRB資産と金価格は連動しやすいと言われています。そのため、金価格が重たくなるという話もあります。

もう一つ、テーパリング終了後の利上げを見越していることで、ドル高が強くなっています。ドルと逆相関の関係にある金は、今後のドル高見通しから価格がなかなか上がりにくいです。

こういったいくつかの要素が絡み、なかなか金が上がりにくい状況となっています。短期的には金価格の上がりにくい状況がそろっていますので、来年利上げが確定するまでは、金価格が軟調に推移するだろうというのがメインシナリオになっていることを覚えておいてください。

もし、今の話と異なることが起こった場合。例えば、実質金利がマイナス幅を縮小すると思っていたらしなかったり、株の上昇が少し鈍り不景気感が出てきたので金にお金が入り、GOLDシェアの流入が増えてきたりすることがあれば、今のシナリオとは異なってきて、金価格は上昇します。しかし、それがない限りにおいては、金価格は軟調だとお考えください。

市場の想定を超えるインフレでは価格高騰の可能性も

そんな中、金を持つ意味はあるのかです。ポートフォリオにおいては必ず必要なものですが、もしも今のメインシナリオが外れるとすれば、こういうケースが考えられます。

金のパフォーマンスが圧倒的によく、株式を大きく上回ったときが赤掛け部分です。インフレが相当強かった場合、GOLDよりも青の株式よりも大きくオーバーパフォームしています。

一方、メインシナリオでないケースとして、想定を超えるインフレが続くときには、金にお金が流入することがあります。そういったことが起こった場合、短期的には金が強くなることをサブシナリオとして覚えておいてください。

今週の注目点

最後に、インフレなどに影響する今週の指標を見ていきましょう。

22日には中古住宅販売、23日にマークイットPMIが発表されます。PMIが60を下回り50に近づいていく過程においては、株価が上がりにくくなる傾向があります。こちらが予想を大きく下回ると、株価にとっては少し先行き懸念となる可能性があります。注意深く見たいと思います。

24日水曜日は、FOMCの議事録です。どういった話し合いがあったかがはっきりしてくるので、これはすごく大事です。

この頃ぐらいまでには、恐らく次期FRB議長も決まっているでしょう。今後どういうFOMCの運営がされるのかにも注目が集まりますので、ここは見逃さずに確認が必要です。

同じく24日、個人所得とPCEコアデフレーターが発表されます。共に、前月比で改善する予定となっています。所得、PCEコアデフレーターが強いということはインフレ傾向を指します。予想を大きく上回るかどうかに注目が集まっていますので、欠かさずに確認したいと思います。

他の注目点としては、次期FRB議長です。今週前半に決まるだろうと言われていますが、これだけ多くの時間がかかっているということは、パウエル議長の再任ではなくブレイナード氏である可能性も高いと、マーケットは思い始めています。

ブレイナード氏はよりハト派色が強いとされ、来年の利上げはあり得ないと言っている人もいます。

一方で、金融規制に関してはパウエル議長よりも厳しい方なので、マーケットは少し警戒心を高める可能性があり、いったんのボラティリティ上昇もあり得ます。どういったことを大統領から要請されているかを考えながら行動する可能性があります。その意味では、ブレイナードさんとなった場合、波乱となり得るので要注意です。

1.75兆ドル法案についても、年内に可決するかは分からないと言われています。12月15日に向けて債務上限問題など、いろいろなことをクリアしなければなりません。その駆け引き材料となるため、来年頭の可決となるとも言われています。注意が必要です。

最後に原油価格です。今は1バレル75ドルまで下がり、戦略的な備蓄放出をアメリカ、中国、日本、インドに呼びかけていますが、ゴールドマン・サックスのレポートによると、戦略的備蓄の放出は2~3ドル程度しか下げる効果がないと言われています。

原油価格が75ドルまで下がり、インフレ傾向が収まったと判断するのは少し早いです。今後原油価格が上がる可能性も十分にあります。インフレ価格に影響がある原油価格動向についても、しっかりと見ていきたいと思います。

インフレ傾向を示す指標が先週、今週以降も続きます。その中で新しくFOMCの議長がブレイナードさんとなって、より緩和姿勢が強まれば、さらにインフレが強まる可能性があります。

そこで、本日は金に注目してお話をしました。残念ながら短期的には、金は需給関係を含めてあまり強くない可能性がありますが、長期的には欠かせない資産です。どういうふうに皆さんの売買や資産運用に生かしていくかを、お考えいただければと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事