12月のFOMC開催までボラティリティが上昇する可能性が高い背景について

12月のFOMC開催までボラティリティが上昇する可能性が高い背景について

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

インフレに注目が集まる中、12月15~16日のFOMCを目前にして、FOMCがどのような政策を取るか、どのようにマーケットが変わってくるかに、マーケットの関心は向いています。

一方で、今週の経済指標も含めてタカ派の意見が優勢になってきている状況です。FOMCでは来年以降の利上げを含めた検討が進むというのがメインシナリオとなってきています。

その中で、何がリスクシナリオとなるのか。この2~3週間はボラティリティが上がる可能性があることをお伝えします。

インフレ期待は高まる一方

ミシガン大学消費者マインド指数

11月25日はサンクスギビングデーだったこともあり、24日に重要指標が並びました。その中の二つを、本日は取り上げます。

一つ目は消費者マインド指数です。数値としては10年ぶりの低水準で、かなりマインドが低下していることが分かりました。

低下の背景には、インフレ率が高いことがあります。5~10年先のインフレ率は3%と、かなり高い水準が維持されています。また、1年後のインフレ率は4.9%と、2008年以来の高水準です。かなりインフレを懸念し、消費者マインドが下がっていることが確認できます。

個人消費支出

二つ目は、個人消費支出です。FRBが政策判断を行う際に最も重要視する、インフレ率を表したPCEコアデフレーターは、前年同月比5%と、1990年以来の大幅高となっています。

どちらの指標も明らかに高いインフレを示したことで、12月以降のFOMCにおいても、来年以降利上げを行うことに話がどんどん進んでいくことは、マーケットも皆さんも予想するところかと思います。

実は、政府もFRBもそのような動きをしてくるのではないかと確認できたことがあります。

政府、FRBのインフレ対策

米政府は原油価格を下げてインフレ率を下げる目論見

まずは政府からです。バイデン大統領は日本、インド、中国も含めて石油備蓄を放出することで原油価格を下げようとしています。その効果もあり、85ドルだった原油価格が今は75ドル台まで下がってきています。

なぜ原油を下げようと思ったのか。青線は原油価格(WTI)、赤線が10年期待インフレ率です。

原油価格と期待インフレ率はかなり連動性が高いです。原油価格が下げることができればインフレ率が下がってくるだろうと考え、インフレに困る国民生活を少しでも助けようと、中間選挙を含めて考えていることが確認できます。

ただ、原油価格を押し下げた備蓄の放出は効果が薄いことは、以前の記事でもお伝えしました。備蓄放出は、いずれ備蓄のために買い戻すことを意味します。

また、12月1~3日に開かれるOPECプラスの会合では、高い価格を維持することで話し合いが行われる予定です。

石油を売る原産国は高い値段で売りたい、消費する国は値段を下げたいという思惑の中でやりとりをしていますので、原油価格が下がっていくかどうかは疑問で、価格が高止まりする見通しが強いです。その意味では、インフレ率が高く続くと言えるかと思います。

政府はFRBにはインフレ率の引き下げを期待?

高いインフレが続く場合、政府はFRBに何を期待しているのでしょうか。パウエル議長を指名した理由の一つでもあるのでしょうが、自分たちの意味をくみ取ってある程度政策に反映してほしい、中立であることは分かっているもののどうにかしてほしいということを、ミーティングの中で伝えたのではないかと憶測されています。

緑線が10年名目金利、赤線が期待インフレ率、青線が実質金利です。今回、政府もアメリカ国民も、期待インフレ率を抑えることを期待しています。

では、期待インフレ率を抑えるためには何が必要なのでしょうか? 10年名目金利が期待インフレ率を上回っていないと、なかなかインフレを抑制できません。

アメリカの過去を見ると、ほとんどの時期において名目金利が上で、結果として期待インフレ率が抑えられてきました。

しかし、コロナショック以降は名目金利が下で、期待インフレ率が上になった状態が続いています。原油価格でどうにか期待インフレ率を下げたいという思いが政府にある一方、効果に限界があるとなれば、FRBに名目金利を上昇させてインフレ率を抑えようとするでしょう。

12月以降は、恐らくFOMCもタカ派的なスタイルに変わってくるだろうとニュースになっています。マーケットはそこまで織り込んでいるとお考え下さい。

市場予想とボラティリティをが上がる別要因

ゴールドマン・サックスが3回利上げ&テーパリング加速予想

ゴールドマン・サックスが、最も新しいレポートでかなりタカ派的内容を発表しました。元々、今年に入ってゴールドマン・サックスはかなりハト派なトーンで来ていたため、レポートを出すたびにタカ派になっていましたが、今回は特にタカ派です。

ゴールドマン・サックスが言うには、今テーパリングの減額が月間150億ドル進み、8回にわたってテーパリングを終了させることがシナリオになっています。

今回12月の会合において、月間300億ドル、現在の倍の減額でスタートし、来年3月にテーパリングを終わらせるのではないか。そして、終わらせた後は早速利上げ準備に入り、6・9・12月の3カ月で利上げを行ってくるのではないかというレポートを出しています。

今まで、ゴールドマン・サックスがここまでレポートを出したことはありませんでした。かなりタカ派に転じたことをマーケットは織り込んだというのが、11月24日段階となります。

今のマーケットのメインシナリオは、政府も名目金利上昇を期待しているし、FRBも恐らくそういう動きをしてくるのではないか。さらに、ゴールドマン・サックスのように金融機関を中心として、来年3回の利上げを織り込み始めている、織り込んでいる状況のため、12月15~16日のFOMCに向かっていこうと考えていたことが前提となります。

南アフリカの変異種株が与える影響

みんなが理解して金利が上がっていく状況は、それなりにポジションを備えているので、ボラティリティが上がる可能性は低いと考えられていました。

しかし、今回問題になっているのは、南アフリカの新しい変異種です。それが出てくることで、経済に対してかなりのダメージが出てくるのではないか、感染者が増えるのではないかと言われ始めています。

それが起こってきたときリスクシナリオになるのは、経済の落ち込みもですが、低金利を続け、量的緩和を行わなくてはならないというハト派的主張が改めて出てくることです。

タカ派の方が少し優勢だったので、マーケットはそれを素直に織り込みに行っていた最中に、またハト派的な要素が出てくれば、どっちがどうなのかとマーケットが迷い、不確実性が出てきてしまいます。これが一番ボラティリティが上がりやすいことがポイントです。

そんな中で12月15~16日のFOMCに向けて、12月上旬からFRBメンバーがコメントすることを禁止されるブラックアウトに入ります。

マーケット関係者は、本当に1月以降にテーパリング額を増やすのか、もしくは利上げが3回あるのかのヒントも得られず、さらに迷いが増えてきます。

25日からサンクスギビングデーが始まったように、12月24日まではクリスマスシーズンに入ります。元々商いが薄くなる、参加者も減ってくることで、ボラティリティが上がってくる中、メインシナリオに対してリスクシナリオが出てくることで、さらにボラティリティが上がる可能性があることに、非常に注意が必要です。

そんな中、VIXなどが今後どんどん上がってくれば、よりマーケットの変化の割合が増えてくるでしょう。

マーケットが上に行くとメインシナリオで考えている方も多いと思います。ボラティリティが来週以降も上がってくることはしっかりと踏まえた上で、価格変動が起こったときに自分のポジションはどうなのか、ボラティリティが上がりやすいことを頭の片隅に置いて、マーケットに臨んでいただければと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事