シニア世代の「初めての投資」における大原則

シニア世代の「初めての投資」における大原則

iDecoやNISA、積立NISAへの認知が広がってきたこともあり、50歳以降のシニア世代の方々が初めて投資を行うケースが多くなっています。はじめて投資を行うシニア世代に知っていただきたい「大原則」と「それを実行する方法」を本日はお伝えいたします。

リスクが高い商品

リスクの高い商品とは

本日、お伝えする大原則は「リスクの高い商品を回避する」です。とても単純な大原則だと思われる方も多いかと思いますが、実はこの原則を守れていない人が多い実感があります。その一例として、「リターン」を重視して投資信託や株や債券などを購入していませんでしょうか。

具体的には、新興国の債券、格付けの低い社債、テーマを絞った投資信託などです。もちろんこれ以外にも多くの避けるべき商品はあります。このような金融商品は、販売用資料などでとても成長性が高く、パフォーマンスが高いことが強調されており、ついつい投資をしたくなると方が多いと思いますが、実際には「リスク(年間の価格のブレ幅)が大きいケースが多く、シニア世代には向いていないことが注意点です。

リスクとリターンは常に同居している

成長性が高い=リスクが高い商品だと考えても大きな間違いではないと思います。価格の上下幅が大きいことの裏返しとして成長=リターンが存在しており、シニア世代の一番の注意すべき点である、運用期間がある程度限られている場合に不適切になりえます。

シニア投資家の一番の弱点とは

投資の世界では、大きく世界経済が後退し投資した商品が長らくマイナスになることも残念ながらあります。若い世代であれば超長期投資としてマイナスからの反転の機会を待ち続けることも可能でしょうが、シニア世代はその点に限界があることが若い世代に対して少し劣る点だといえます。

これを避ける方法は、ずばり「リスクの低い商品」を選択することです。では、どのようにしてリスクの低い商品を選択するかお伝えしてきたいと思います。

リスクを知ることから始める

はじめは「標準偏差」から

リスクを知る手段は意外に難しく有りません。商品パンフレットにも掲載されている「標準偏差」と言われる情報を確認するようにしましょう。この標準偏差を投資の世界の用語にすると「リスク」になります。もし、パンフレットで「標準偏差」を見つけることができなければ、担当者などに口頭で確認をしてみてください。必ず教えてくれます。

標準偏差が分かったら

標準偏差が分かれば、その標準偏差を元にご自身の投資スタンスと合っているかを考えてみてください。例えば、リスク(標準偏差±10%、期待リターン+5%)と掲載されている商品は、1年間で購入した価格がおおよそ±10%程度、過去は変動した商品であることを示しています。一方で期待リターンが+5%の商品は、過去の平均リターンが5%であることを示しています。つまり、その商品は、年間で期待リターンに加えて±10%程度変動することを意味しており、結果、+15%〜ー5%の範囲内で収まる可能性が高い商品だといえます(ただし、難しくなりますが必ずこの中で収まるとは限りません。65%程度の確率だとお考えください)

これを踏まえた上で、100万円投資をした場合、年間で+15万円からー5万円程度の損益が生じる可能性がある投資をを受け入れることが可能であれば、リスクの観点からはその方に適した商品である可能性があります。もちろんそれ以外にも調べるべきことは多数ありますが、まずはリスクの観点だけに絞ればということになります。

ちなみに、リスク(標準偏差)が±30%と記載されていたらみなさんどの様に思いますか?おそらく、「リスクが高くて買えない」ということを考える方が多いと思います。

まとめ

このようにリスクを知ることからはじめていただくことが、シニア世代のはじめての投資において最も重要です。もし、上記の内容が難しいと感じた場合は、担当者に「この商品のリスクを説明して」とお願いしていただければ、詳しく説明してくれると思います。

ファミリーオフィスドットコムでは、このような悩みを解決するためのサポートとして、専門家の意見を第三者の意見とすることができるDr.Wealthという質問ができるサービスを開始しました。悩みの回避の切り札としてご活用下さい。

https://drwealth.fa3ily-office.com/

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

FOMC通過後も下落は継続。米株の下落トレンドが変わるとしたら時期の目処は?

FOMC通過後も下落は継続。米株の下落トレンドが変わるとしたら時期の目処は?

2022年6月16日も米株式市場は大きく下落しました。FOMCで0.75%の利上げが決まり、先行き見通しがある …

FOMC後の総点検。現在の株価バリュエーションと2022年の自社株買いの見通し

FOMC後の総点検。現在の株価バリュエーションと2022年の自社株買いの見通し

15日はFOMCの発表を控えています。市場予想では0.75%の利上げ確率が90%以上織り込まれている状況です。 …

米国株株式市場はCPIの高止まりで総悲観ムード。今後、見逃すことなく注目すべきベアマーケットの転換の手がかり

米国株株式市場はCPIの高止まりで総悲観ムード。今後、見逃すことなく注目すべきベアマーケットの転換の手がかり

6月10日、先週最も注目される指標だったCPIが発表されました。予想の数字を大きく上回ったことから、今後ますま …

米国株市場は高いCPIを警戒。通過後の展開は?

米国株市場は高いCPIを警戒。通過後の展開は?

10日のCPI発表を控え、マーケットはかなり神経質な展開となっています。9日に株価が大きく下落した背景も、CP …

米株の先行株価指数ラッセル2000が上昇中。まだ、本格的な上昇と言えない理由

米株の先行株価指数ラッセル2000が上昇中。まだ、本格的な上昇と言えない理由

10日にCPIの発表、14~15日にFOMCを控え、市場の材料もかなり薄くなってきていることから、マーケットは …

いよいよFRBがQT開始。米国株の下落は回避可能か?

いよいよFRBがQT開始。米国株の下落は回避可能か?

ついにFRBによるQT(資産縮小)がスタートしました。今回は2017年11月と比べても、かなり早いスピードで資 …

米国株と米国債が6ヶ月間で同時に大幅下落したのは1960年以降で6回目。その後のリターンは?

米国株と米国債が6ヶ月間で同時に大幅下落したのは1960年以降で6回目。その後のリターンは?

今年のこれまでの株と債権のパフォーマンスは、株と債券が共に下落しているような、苦しい5ヶ月でスタートしています …

【米国株】上昇継続への重要週。注目すべき経済指標

【米国株】上昇継続への重要週。注目すべき経済指標

先週、アメリカの3指標は6%超えと、かなり強く上昇しました。その理由は、インフレが鎮静化し、来年以降金融緩和政 …

経済指標は悪化も米株上昇の「謎」。来週以降も上昇が続くためのポイントとは?

経済指標は悪化も米株上昇の「謎」。来週以降も上昇が続くためのポイントとは?

今週1週間、経済指標で非常に悪いものが続いています。住宅関連、企業業績に関係するような製造業に関する指標も悪か …

米国株市場が総悲観の中、徐々に増えつつあるプラス材料

米国株市場が総悲観の中、徐々に増えつつあるプラス材料

マーケットは総悲観的になってきています。今まで強気派だった人も弱気派に転じるようなことで、ブル・ベアの指標で行 …

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

27日、ザラ場中S&P500が直近高値から20%以上下落し、ベアマーケット相場入りと盛り上がりました。 …

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

19日も米株式市場は3指標そろって下落しました。前日の5%ほどではありませんでしたが、下落トレンドが続くという …

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

17日、米株式市場が上昇しました。17日は小売売上高、鉱工業生産、パウエル議長のコメントと、かなり注目度の高い …

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

13日、インフレの懸念が少し後退したということもあり、若干の金利低下と大きく株高になりました。特にNASDAQ …

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

今週PPI、CPIという物価に関する重要な指標が発表されました。この結果は皆さんもご存知だと思います。CPIが …

おすすめ記事