米国株続落。この下落相場はいつまで続くのか?

米国株続落。この下落相場はいつまで続くのか?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

本日は、12月のFOMC開催後、話題になっているFRBの資産縮小についてお話しします。

パウエル議長が資産圧縮を今後も検討し、1~3月のFOMCで決めていくものの、まだ時期は決まっていないと発言したことでかなりマーケットに動揺が走りました。

そんな中、17日、ウォラーFRB理事がFRB資産圧縮について具体的な時期、具体的な規模についてかなりタカ派的発言をしました。

この発表を受け、今後金利、株価がどうなるのかを金融各社がかなりの懸念を持って見はじめています。そのため、恐らく今週もボラティリティの高い株価となるかと思われています。

今回ウォラー理事が言った内容がどういった影響を与えるかを見ていきたいと思います。最後までご覧ください。

資産縮小開始を示唆

ウォラー発言の内容

ウォラー理事は17日(日本時間18日朝)に、来年3月15~16日にFOMCでテーパリングが終わった後、すぐに利上げを開始した方がいいと言ったことが一つ目のポイントです。

ただ、来年3月15~16日のFOMCで利上げを即決定する確率は、40%後半台まで上がってきています。半々の確率で3月に利上げがあると織り込まれていましたから、さほどサプライズにはなりませんでした。

その後、かなりの時間をおいて資産縮小を始めると思われていたものが、実は来年夏に利上げした数カ月後資産縮小をすべきだと言ったことからマーケットに動揺が走っています。

ウォラーFRB理事は10月から、テーパリングを6月ではなく、3月で終わらせた方がいいと言っていました。この発言内容が実現したことで、資産縮小についてもただのタカ派発言ではなく、その可能性が十分あるとしてマーケットに動揺が走っています。

ウォラー理事はバランスシート縮小を前回3年間で行ったよりも早く行うことで、利上げ回数を減らせるかもしれない。バランスシート縮小を先送りすればするほど利上げ回数が多く求められるようになり、リスクが高いとして、バランスシート圧縮を早めようとしています。

また規模感についても、米国GDPの35%にも及んでいるFRB総資産を、15%程度売却して35%から20%にするのが好ましいと言っています。夏以降、今持っている総資産9兆ドルの15%を売った方がいいと言ったということです。

次回のFOMC議事録は1月5日

マーケットはこういったタカ派的内容が出てきていることで、前回のFOMCで何が話されたのかを確認したいと考えるようになっています。もしかすると少し話しただけではなく、相当数FOMCの中で資産圧縮について話し合いが行われた可能性があると思っているのです。

パウエル議長は、今までテーパリングと利上げは別だと言ってきました。しかし、議事録のふたを開けてみると利上げについてかなり語られていたこともありましたので、しっかりとした書面で確認したいと思うようになっているのです。

次回FOMC議事録の発表は1月5日です。本来であれば、今後はクリスマスラリー(サンタクロースラリー)と言われるような株価上昇局面に入ります。

しかし、議事録を確認して本当のタカ派だったらまずいとして、1月5日にFOMC議事録が出るところまでマーケットの上値は重そうな展開だとマーケット関係者は見ています。

資産縮小のマーケットへの影響は

資産圧縮で10年金利が2.4%方向へ

金融機関は、FRBの資産購入や資産売却がどのくらい金利に影響があるか事前に調査をしています。これが正しい数字かどうかは別として、こういった数字が中心値にあることを覚えておいてください。

FRBがGDPに対して資産を15%売却した場合、恐らく10年名目金利は0.8~1.0%上昇すると言われています。今の水準1.4%から近い将来2.4%に金利が上昇する可能性があるというのです。

黄色線は前回の資産圧縮状況です。この間は金利が2%から3.2%まで上昇していました。やはり資産圧縮は金利上昇を招いています。

金利が大きく上昇したこともあり、2019年1月5日、パウエル議長は資産圧縮をやめるかもしれないと発言し、金利が大きく下がっていました。

マーケットの頭の中にある「イールドスプレッド」

本日お伝えしたいのはこちらです。

ウォラー理事の資産圧縮プランをFRBが実際に取ってくるのであれば、来年以降10年金利が1.4%から2.4%に上がるのではないかと考えています。

そうなると株式に対する益利回りの期待が高まるとして、22年、23年はPERが低下します。そうなれば1株当たり利益が上昇しても来年以降は株が難しくなるのではないかとマーケットが懸念し、今買い控えをしていることをご説明しています。

投資家は金利が上昇すると、株式に対して高い益利回りを要求する傾向があります。

例えば米国債に10年間投資すると、1.4%の金利がもらえます。その状態から仮に2.4%の金利がもらえるとなれば、投資家は米国債のように一番信用が高いものに投資して、2.4%もらえるのなら米国債でもいいかと思います。

株式に投資する以上は2.4%よりもさらに大きな利回りが取れないと投資する意味がないとして、株式に対して今まで以上に高いリターンを期待する傾向が出てきます。

一方、1年前にあったように米国債金利0.7%となれば、株式の利回りが少しであっても何でもどんどん買っていきます。債券が上がれば、おのずと株式に対する要求が上がるということです。

この期待される差を、イールドスプレッドと言います。つまり、10年金利が上がると株式に対する期待が上がるとまずはお考えください。

現在のS&P500のPERは22.65倍あります。これを投資した金額が1年間でどのくらいの利益を出すか(益利回り)の計算式に当てはめると、1÷22.65倍=0.441=4.41%となります。つまり、株式に投資すると年率約4.41%の配当を含んだ利益が期待できるということです。

一方、米国債の水準は1.4%です。この株式から期待できる利回りから10年金利を引くと、4.41%-1.4%=3.01%分債券よりも株式に利益が出ることになります。3%ほどの投資差であれば期待できると考え、株式にお金が入っていきます。

ちなみに、2011年以降S&P500と米国10年債のイールドスプレッドの平均は2.779%。2.78%ほどとなっていることを覚えておいてください。

その上で、今回金利が上がってくるとどうなってくるかです。投資家の頭の中は、資産縮小で金利が1%上昇し、2.4%になるのであれば、10年金利2.4%+平均イールドスプレッド2.779%=5.179%。S&P500から出る益利回りは、5.179%程度がないと投資としては少し見合わないと考えるのです。

これをPERで表現すると19.3倍となります。今の22.65倍から19.3倍までPERが下がることを意味します。

皆さんもご存じのように、株価は1株利益×PERが株価となります。このPERが下がるということは、よほど1株当たり利益が上がってこないと株価は下がることになります。

金融各社が出したS&P500の来年、再来年予想EPSです。今のおよそ200ドルのEPS予想に対して、来年は222ドルと約10%の成長を見ています。さらにその1年後は244ドル、これも恐らく10%のEPS成長を期待しています。

株、業績自体は堅調なので毎年10%ほど1株利益は成長します。PERが一緒であれば、株価は10%の上昇です。しかし、1株当たり利益が上がっても、実際に期待が上がってくるので、評価が下がってきます。

そうなれば下のような計算をします。2022年が1株当たり220ドル×19.3倍=4,284.6ポイント、2023年は244ドル×19.3倍=4,709.2ポイント。今の水準4,600ポイントから見ると、来年は7.3%、23年までもっても今日の水準から1.9%しか上昇しないと投資家は頭の中で考えているのです。

今日のまとめ

今回お伝えしたいことは、ウォラー理事が金利を引き上げる資産圧縮プランを持っていて、FRBが金利を上げる回数よりも資産圧縮を来年夏以降選ぶのであれば、それを見越して株価が半年前に動くとなると、当然ながら軟調となる可能性があります。

本当に金利が上がるようなタカ派的政策を今後取ってくるかどうか。12月FOMCでどう語られたのか、1月5日のFOMC議事録の中身を見たいとマーケット関係者は考えるでしょう。

また、クリスマス休暇で商いが薄くなっていますから、ここで無理して取引しようと考えず、クリスマスラリーは今年なかなか期待できないと手を休めている投資家が多くなってきています。

もしくは、内容がすごくタカ派のものが出るのであればリスクヘッジでポジションを減らしている投資家が多いことから、先週末から株価が落ち着きませんし、今週以降も株価の見通しがあまり明るくない状況が続くかと思います。

今年以上に来年以降は資産圧縮のステージに入ってきそうですので、今後FOMCの政策が本当にどうなるのかをしっかりと見る必要があります。

雰囲気で売り買いをせず、こういった数字を使って投資家が分析しているものを知った上で、ご自身で判断材料としていただければと思います。本日もありがとうございました。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事