2021年末、ボラティリティが高くなる材料に引き続き要警戒

2021年末、ボラティリティが高くなる材料に引き続き要警戒

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

21日はニューヨーク3指標とも全て大きく上昇しました。特にNASDAQが2%を超える上昇を見せています。マーケット関係者は、いろいろな意味でホッとした方も多いのではないでしょうか。

今まで、ハイテク株が大きく売られていたこともありました。グロース株がいいのか、バリュー株がいいのかの議論も、改めてされるような物色も進んでいました。その中での大きな上昇だったので、良かったかと思います。

大きな側面としては、リバウンドがあるかと思われます。継続するのかどうかをまずは見極める必要があるでしょう。

今日は高いボラティリティが当面続きそうな背景を、三つのポイントからお伝えしたいと思います。クリスマスラリーが起こるかどうかもかなり難しい状況にあるかと思いますが、年明けどうなるかを見極めるかにあたり、この三つの材料が注目されていることをお伝えしていきます。ぜひ最後までご覧いただければと思います。

ボラティリティが高くなりそうな理由

理由1:PCEコアが高止まりする可能性

一つ目の材料のPCEです。これはFRBが物価指標として、最も重要視しているものと言われています。3カ月に一度行われるFOMCの経済見通しも、PCEコアデフレーターが最も重要視されています。

PCEコアデフレーターが右のチャートです。こちらは2022年末のPCE価格予想です。インフレーションが3.3%になると、ブルームバーグの調査を受けたプロ投資家たちが予想しています。6月以降大きく上昇してきたPCEが、まだまだ高止まりするだろうということです。

FRBは2~2.5%の物価水準に落ち着くと予想しています。それを大きく上回った状態で来年末を迎えそうだと、金融各社が考えていることが分かります。

参考までに、左はCPIです。これも4.2%と、マーケットの中では高くなると予想されています。

23日夜、PCEコアデフレーターの発表があります。これは個人がものを買うときの値段となるため、相当上がってくることがあれば、投資家、消費者の不満も高まってきます。バイデン大統領の支持率低下にも影響してきます。

こちらが高く出ると、来年1月末を予定しているFOMCにおいて、かなりタカ派的態度を取らざるを得ないとの予想が台頭してくるでしょう。その意味で、ボラティリティが高くなり得ます。

理由2:2兆円大型法案が苦戦中 財政出動も期待が低下

二つ目です。アメリカにおける2兆ドルの財政法案が、マンチンさんによって阻止されています。年内の成立はなかなか難しいです。

2兆ドルが1.7兆ドルとなるのか。それとも違う修正が入るのか。ここについては議会に委ねます。

こういった財政出動は、今まではプラスに作用してきました。しかし、ここに来てなかなかプラスに働かなくなってきていることをご覧いただきたいと思います。

米国、欧州、中国の財政出動とマネーサプライ量が、極端に前年比で減っています。2008年以降で最も低くなりました。

コロナショック後の伸びは、お金の供給量と財政出動によるものでした。それが大きくマイナスになったことで、下支えできない状況に入ってきています。

このチャートは、株価との相関も高いです。しかし、それ以上に相関が高いのはボラティリティです。

マーケットにおいては、財政出動やお金の供給量が多いときには下支えする傾向があります。逆に言うと、悪い材料はすぐに悪い材料として取られてしまいます。

今後ボラティリティが上がってくるのではないかと、マーケット関係者が見ていることのご紹介でした。

理由3:グローバルで減少する融資(クレジット・インパルス)

三つ目です。こちらはグローバル・クレジット・インパルスです。

有名なものにはチャイナ・クレジット・インパルスがあります。GDPに対する新規貸し出しの伸びを示しています。

緩やかに成長するGDPに対して、貸し出しは本来伸びるべきです。そこが伸びていないことは、その後の設備投資等に影響します。半年~1年後、経済が減速することを表すものとして注目されています。

また、クレジット・インパルスと株価の関係も実は深いです。こちらは後ほどご紹介します。

まずは、サクソンバンクが発表したグローバル・クレジット・インパルスを見てみましょう。こちらは世界のGDP69.4%を占める、18カ国の貸し出し態度を調べたものです。

先月はマイナス1.3%となっています。マイナスに突入する局面では、過去大きな相場転換が起こっていました。経済の成長に対して貸し出しが鈍化していることは、引き締めに向かっていることを表します。その後、経済の鈍化、株価の調整、およびボラティリティが高くなることを示します。

こういった貸し出し態度から見ても、今後マーケットはまだまだ落ち着かないと思われます。

また、来年の金融政策がどうなっていくか。高いインフレを踏まえて1月、3月にどういう判断をしてくるかを確認するまでは、まだまだボラティリティが高いと考える方は多いでしょう。

昨日の大きなリバウンドが続くかどうかについては、すごく慎重に見てほしいと思います。

最後にこちらをご覧ください。クレジット・インパルスが0になった局面で、S&P500がどうなったかを黄色い網掛けで説明しています。

全てが下がったわけではありません。しかし、かなり高い相関で株価がマイナスの影響を受けています。

即座に下がるというよりも、少し遅れて株価が反応するのがクレジット・インパルスの傾向です。過去の傾向から、貸し出し態度が厳しくなると株価にマイナスの影響があることは、機関投資家を中心に頭に入っている状況です。

その意味では、年末にリバウンドがあったからと言って、すぐに手を出してくることはありません。恐らく、昨日の上昇は個人投資家によるものだとお考えください。

また、このクリスマス期間中、投資家はほとんど休んでいます。来週以降どうなってくるかを、慎重に見ていきたいと思います。

本日のまとめ

今日はボラティリティが高くなるだろうということを、三つの観点からお伝えしました。

まず、近いところでは明日発表されるPCEデフレーターです。こちらが高止まりするようであれば、1月末のFOMCへの影響がどうなるのか、マーケットは疑心暗鬼になります。

アメリカの2兆ドルに及ぶ、大型の財政出動法案がどうなるのか。ただでさえ財政出動が世界的に減っている中で、これがさらに減ることとなればマーケットに対してはネガティブな材料となるでしょう。

最後に、銀行に貸し出し態度です。中国の貸し出し態度が今回緩和策を取ったとしても、マーケットがほとんど無反応です。逆に言えば経済が悪いでしょうと言ってしまうような相場となってきています。

世界的に引き締めに向かう相場において、過去S&P500は下げ局面でした。また、ボラティリティが非常に高くなったということも出ています。世界的に貸し出し態度が厳しくなってきている中では、ボラティリティが高い状態が当面続く可能性があります。

そのことをぜひ念頭に置いて、年末相場、クリスマスラリーを期待している方も含めて、望んでいただければと思います。本日もありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

FOMC通過後も下落は継続。米株の下落トレンドが変わるとしたら時期の目処は?

FOMC通過後も下落は継続。米株の下落トレンドが変わるとしたら時期の目処は?

2022年6月16日も米株式市場は大きく下落しました。FOMCで0.75%の利上げが決まり、先行き見通しがある …

FOMC後の総点検。現在の株価バリュエーションと2022年の自社株買いの見通し

FOMC後の総点検。現在の株価バリュエーションと2022年の自社株買いの見通し

15日はFOMCの発表を控えています。市場予想では0.75%の利上げ確率が90%以上織り込まれている状況です。 …

米国株株式市場はCPIの高止まりで総悲観ムード。今後、見逃すことなく注目すべきベアマーケットの転換の手がかり

米国株株式市場はCPIの高止まりで総悲観ムード。今後、見逃すことなく注目すべきベアマーケットの転換の手がかり

6月10日、先週最も注目される指標だったCPIが発表されました。予想の数字を大きく上回ったことから、今後ますま …

米国株市場は高いCPIを警戒。通過後の展開は?

米国株市場は高いCPIを警戒。通過後の展開は?

10日のCPI発表を控え、マーケットはかなり神経質な展開となっています。9日に株価が大きく下落した背景も、CP …

米株の先行株価指数ラッセル2000が上昇中。まだ、本格的な上昇と言えない理由

米株の先行株価指数ラッセル2000が上昇中。まだ、本格的な上昇と言えない理由

10日にCPIの発表、14~15日にFOMCを控え、市場の材料もかなり薄くなってきていることから、マーケットは …

いよいよFRBがQT開始。米国株の下落は回避可能か?

いよいよFRBがQT開始。米国株の下落は回避可能か?

ついにFRBによるQT(資産縮小)がスタートしました。今回は2017年11月と比べても、かなり早いスピードで資 …

米国株と米国債が6ヶ月間で同時に大幅下落したのは1960年以降で6回目。その後のリターンは?

米国株と米国債が6ヶ月間で同時に大幅下落したのは1960年以降で6回目。その後のリターンは?

今年のこれまでの株と債権のパフォーマンスは、株と債券が共に下落しているような、苦しい5ヶ月でスタートしています …

【米国株】上昇継続への重要週。注目すべき経済指標

【米国株】上昇継続への重要週。注目すべき経済指標

先週、アメリカの3指標は6%超えと、かなり強く上昇しました。その理由は、インフレが鎮静化し、来年以降金融緩和政 …

経済指標は悪化も米株上昇の「謎」。来週以降も上昇が続くためのポイントとは?

経済指標は悪化も米株上昇の「謎」。来週以降も上昇が続くためのポイントとは?

今週1週間、経済指標で非常に悪いものが続いています。住宅関連、企業業績に関係するような製造業に関する指標も悪か …

米国株市場が総悲観の中、徐々に増えつつあるプラス材料

米国株市場が総悲観の中、徐々に増えつつあるプラス材料

マーケットは総悲観的になってきています。今まで強気派だった人も弱気派に転じるようなことで、ブル・ベアの指標で行 …

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

27日、ザラ場中S&P500が直近高値から20%以上下落し、ベアマーケット相場入りと盛り上がりました。 …

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

19日も米株式市場は3指標そろって下落しました。前日の5%ほどではありませんでしたが、下落トレンドが続くという …

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

17日、米株式市場が上昇しました。17日は小売売上高、鉱工業生産、パウエル議長のコメントと、かなり注目度の高い …

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

13日、インフレの懸念が少し後退したということもあり、若干の金利低下と大きく株高になりました。特にNASDAQ …

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

今週PPI、CPIという物価に関する重要な指標が発表されました。この結果は皆さんもご存知だと思います。CPIが …

おすすめ記事