2022年米国株。S&P500とNASDAQどちらに投資すべきか?

2022年米国株。S&P500とNASDAQどちらに投資すべきか?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

来年2022年はS&P500、NASDAQのどちらに投資すべきかと、考えている方も多いかと思います。

ここ2年間は超低金利政策で、財政出動によってグロース株を中心とするNASDAQが大きく上昇をけん引しています。来年以降、NASDAQを買って大きく利益を狙おうと考える方も多いと思います。

その一方で、利上げによって金融相場から業績相場に変わってくる局面に入ります。その中では、やはりバリュー株の方がいいのではないかと過去の歴史上言われたりもしています。

その中で、どちらの方がいいのかと判断する材料として前回記事では、10年の名目金利とイールドスプレッドと呼ばれる株式の益利回りの差が、過去10年間このぐらいで推移をしてきているので、来年の見通しはこうだとお伝えしています。

本日取り上げる分析内容は実質金利です。この実質金利が、この1年以上大きく相場の下支えとなっています。実質金利がマイナスの状況、つまり投資をしないとインフレに負けてしまう状況が、多くのお金が株式市場に流れ込んだ背景にあります。

これが来年以降、出口戦略に向かっていく過程において、実質金利がマイナスからプラスに転じるのではないかと考えている方も多いと思います。

一方で、企業業績は引き続き堅調に伸びていきます。評価であるPERは下がるものの、EPSと呼ばれる1株当たり利益は上昇します。

これはどちらの方が強く作用するのかも含め、これをマトリックスとして来年の株価がこういうことをポイントに、こういう観点で数字が動いていくのではないかと分析しました。ぜひ最後までご覧いただければと思います。

2020年以降の株高の背景

2020年以降大幅な株高を支えた実質金利

ここ1年間、株価の上昇を大きく支えたのは実質金利だったということの説明資料となります。

こちらはソニー・フィナンシャル・グループが出している資料の中からもらってきたものとなります。まず、左メモリが実質金利の数字です。上がマイナス、下がプラスの逆メモリになっていることを、お気を付けください。

今はグレーのチャートが右上に上がっています。ここから、実質金利がマイナスになったことが分かります。

グレーのチャートが上がっていくことに連動して、右のメモリにあるPERが13倍から24倍まで上がる正相関(同じような動き)になっています。

つまり、実質金利がマイナスになれば、株価が上がりやすくなります。実質金利がプラスに転じれば、株価が下がりやすいということです。

量的緩和でお金がばらまかれたことで、インフレ率が上がってきています。そして、実質金利がマイナスになりました。

今は出口戦略、金利を上げてテーパリングを行い、持っているFRB資産を売却する流れに入っています。この流れは15~18年でも見られました。この間、実質金利が徐々に上昇する傾向にあり、グレーのチャートは右肩下がりです。

そういったこともあり、今後は実質金利がプラスに転じてくるのではないか、PERが下がって株価に大きな影響があるのではないかと懸念されているのが、今の状況です。

2022年に実質金利が上昇するとどうなるか?

さらに詳しく見てみましょう。

こちらは過去15年以上を取ったものとなります。緑線が米10年名目金利、赤線が10年期待インフレ率、青線が実質金利(名目金利-期待インフレ率)です。

ポイントは過去テーパリングや利上げ、持っている資産を売却したとき、実質金利がどうだったかです。2014年テーパリングを行い、利上げを行った黄色網掛け部分は、実質金利があまり変わっていません。

もし、同じようなケースが来年も続くのであれば、実質金利はマイナスからプラスに転じることもないでしょうから、株価にもマイナスの影響はないでしょう。

一方で、青い網掛け部分を見ると実質金利がプラスになっています。FRBの資産売却が加わった場合、このようになります。この場合インフレ率が低下し、10年金利が上昇します。

QTと呼ばれる資産売却をするのか、しないのか。ここがマーケットで話題になっている時点から、実質金利がプラスに転じる可能性が排除できず、年末にざわついた環境となりました。

来年以降も、これは随時話題になるでしょう。こういったことが起こり得ると念頭に置き、分析をする必要があるかと思います。

S&P500とNASDAQで異なる実質金利に対するPERの感応度

その上で、こちらをご覧ください。こちらもソニー・フィナンシャル・グループから頂いた資料です。

実質金利マイナス1%の水準から0%に向かっていく過程において、影響の受け具合はS&P500とNASDAQでは異なることを表しています。

右の表をご覧ください。今の実質金利マイナス1%から、マイナス0.9%に上昇したとします。そのときのPERの変動はS&P500がマイナス0.4倍となりますが、NASDAQはマイナス0.8倍です。

つまり、実質金利がプラス0.1%動くだけで、NASDAQは倍ほどPERの評価が下がると感応度分析から分かります。

実質金利が来年上昇する見通しがもしも本格的になってくれば、NASDAQの方が影響を受けやすくなります。これだけを聞くと、NASDAQが買えないのかとなります。

株価=PER×EPS(1株当たり利益)です。1株当たり利益の成長率はどちらが高いかというと、NASDAQの方が高くなります。

掛け算で言うと、PERの影響はNASDAQの方が悪い影響を受けやすいです。しかし、1株当たりの利益の成長はどうなのかを掛け合わせ、全体で見ていく必要があります。

実質金利とEPS成長からの株価分析

PERから見た予想パフォーマンス分析① S&P500の場合

次のチャートをご覧ください。左がS&P500、右がNASDAQです。一番左に実質金利を書いています。今のマイナス1%から、ずっと実質金利が上昇するとなると、下の方にスクロールするとお考え下さい。

今、S&P500のPERは約22倍となっています。先ほど言ったように、プラス0.1%実質金利が上昇すると、PERの倍数は0.4倍下がっていきます。もしもマイナス1%から0%まで行けば、PERは22倍から18倍まで下がることが過去ありました。これは絶対ではありませんが、そういう傾向にあるということです。

一方、EPSです。2022~2023年にかけて、1株当たり利益の成長率はS&P500でプラス9.9%というのが市場のコンセンサス、中間値となります。

予想EPSは1年後で考えています。2021年の年末段階では、22年の1株当たり利益222ドル、中間の6月は233ドル、年末が244ドルを予想しています。ここを中心に計算することになります。

EPSが徐々に成長する中で、実質金利がどう動くかを表したマトリックスが2022年リターンです。もし、今の実質金利マイナス1%でPERが22倍で維持されると、株価のリターンは今の4725ポイントから13.59%上昇することを意味します。

ただ、実質金利がマイナスに推移してくると、リターンはどんどん下がります。マイナス0.3%まで実質金利が上昇してくると、分岐点となるというのが見方となります。

・ここまでのまとめ

EPSが222ドルから244ドルに1年間で9.9%増えるという成長率を達成し、これを上回ってくると株価にはよりプラスになります。ただし、下回るとかなり厳しい状況となるというのが一つ目です。

そして、実質金利が今の水準近辺でとどまると、来年は10%近くのリターンが期待できます。しかし、インフレ率が低下して名目金利が上昇する、例えば、今の10年金利が1.4%から上がり、2.4%近辺にあるインフレ率が2%を切ってくると、実質金利は0に近づきます。そのときは、株価はマイナス推移する可能性も十分にあります。

ですから、名目金利、インフレ率、企業業績は注目せざるを得ないと言えます。

PERから見た予想パフォーマンス分析② NASDAQの場合

次に、右のNASDAQを確認します。実質金利の感応度は、プラス0.1%でPERの変動が0.8倍となります。もしも実質金利が0%まで上がると、PER32倍が24倍まで下がることとなります。かなり大きな低下です。

一方、EPSの成長はコンセンサスとして17.1%となっています。つまり、S&P500よりも7%近く企業業績が上回ることとなります。その期待値が入っている分、PERの低下が大きくてもEPSの成長がカバーします。

掛け算をすると、2022年EPSは495ドルですが、2023年末は580ドルとなります。今の金利水準では、18.57%のリターンが期待できることとなります。

ただ、実質金利がぐんぐん上がれば、実質金利によるPERの低下影響が大きくなります。もしも0.3%を割ってくると、マイナスです。

大きなポイントしては、仮に実質金利が0%まで行った場合。例えば、名目金利が2%でインフレが2%となると実質金利は0%になります。そのときは、S&P500であれば7.06%のマイナス、NASDAQとしては11.07%のマイナスとなります。

つまり、今の実質金利水準で維持できるのであれば、EPSの成長率の高いNASDAQの方がお金が入ってくる、期待されるということで大きく上昇する可能性があります。

一方で、仮に今のEPS予想を上回る成長があったとしても、実質金利が上昇すれば、NASDAQの方がS&P500を下回る可能性があります。金利の感応度はNASDAQの方が高いということは、来年以降も続きそうです。

来年以降を見る場合に注目すべきことは、予想されているEPSの成長が、S&P500は9.9%、NASDAQは17.1%となっているということです。

どちらが大きく上回ってくるか企業業績をベースに分析することが必要です。そして、名目金利とインフレ率がFRBのタカ派政策によってどのように推移してくるか。実質金利が今の水準なのか、上がってくるのかの掛け算により、株価の評価は大きく変わってくると改めて確認できました。

その意味では、来年どんどん前倒しになってくると、実質金利のマイナス部分解消が進む可能性があります。この局面においては、NASDAQの方が売られやすい可能性もあります。

一方で、金融政策がうまくコントロールできることで、実質金利がマイナスに仮にあれば、今度はNASDAQが成長性によりフォーカスされ、お金が入ってくることとなります。

モメンタムという、ちょっとした材料だけで株価が動くのではなく、投資の根本にある業績の成長と、金利の状態がどうなるのかで株価は大きく左右され、中長期的には大きく収れんしていくこととなります。

来年もボラティリティは高くなってくると思いますが、こういった目線をしっかりと持っていただければ、動揺することなくポジションを崩す、崩さないという判断もできると思います。

年末十分時間のある方は、こういったものを分析して、来年以降に備えていただければと思います。

終わりに

皆さんへのお知らせです。こちらが年内最後の記事となります。もちろん、クリスマス明けに大きく相場が動くことがあれば、そこをお伝えする内容をお伝えする可能性はあります。

ですが、基本的にはこれで最後にしたいと思っています。今年1年間、月・水・金とお伝えさせていただき、多くの方にご覧いただけましたこと、本当に感謝しています。少しでもお役に立てればと思っています。

来年以降も、ぜひそのペースで伝えていきたいと思っています。

また、この1週間で来年1月1日~3日に2022年の見通しを準備して、もしもお伝えしたい内容があれば、3日間に分けて分析を出させていただこうと思っています。正月にお時間があるときに開いていただければと思います。来年もぜひご覧ください。引き続きよろしくお願いいたします。

よいお年を皆さんお迎えください。本日もありがとうございました。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事