FOMC通過後も米国の景気後退懸念に注意

FOMC通過後も米国の景気後退懸念に注意

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

FOMCについて、日本時間27日朝4時半にパウエル議長が記者会見を開き、今後の見通し、今回話し合った内容、決めた背景を伝える予定です。

QTについて、テーパリングの早期終了があるのか、利上げについてのヒントがあるのかにとても注目が集まっています。引き続き注意してFOMCを見ることが必要です。

ただ、1月から大きく株価が下がった原因はFOMCに対する警戒感だけではありません。他にもいくつかの要因があると考えています。

そこで本日は、FOMC後にも大きく影響を与える、本質的に今回の下落局面を作っている背景を取り上げます。ぜひ最後までご覧ください。

2年金利の動向

FEDウォッチャーが利上げ年7回と発言

今日皆さんに注意していただきたいのは、2年物の金利の動きです。

ジェイミー・ダイモンさんが1月14日ごろ、決算発表後に今年7回ほどの利上げをする必要があると伝え、金利が上がりました。

また、FEDウォッチャーとして有名な人たちも、今年7回ぐらい利上げをしないと追いつかないと言っていることで、かなり警戒ムードが漂っています。

しかし、FOMCの開催直前になると、2年物の金利は1.03%程度で落ち着いています。

通常であれば、もっと2年物金利が上がってもおかしくない状況です。にもかかわらず、2年物金利は落ち着いています。

およそ1%ということは、今日から2年間で2%ほどの金利上昇予測となります。ですから、約0.25%の利上げを8回、もしくは2%近くの利上げを何回かに分けて行うというのが市場の中心となっているのです。

しかし、FEDウォッチャーが今年7回と言っているのですから、もっと利上げムードは高まってきそうなものです。その中でも1%に落ち着いているというのが、今回警戒すべきことになります。

米国2年債券入札好調

今月1月25日、米国2年国債の入札がありました。2年国債の入札には詳しくない方もいらっしゃるかと思いますので、チャートを使って簡単に説明いたします。

まず、2年国債の入札金額は540億ドル(日本円で約5~6兆円程度)でした。

入札された金利は、2年国債を0.99%でした。2年間保有すると1年ごとに0.99%、トータルで2%近くの金利をもらえる国債を入札で買ったということです。

WI(直前に2年国債を今ならどのくらいで買うかを聞いたもの)は1.002%でしたから、国債の人気が事前調査より高かったことを意味しています。

また、応札倍率(買いたいと言った人の倍率)は、過去6回の平均が2.5倍のところ、今回は2.81倍でした。前回の2.55倍よりも高く、2020年のコロナショック以降1番買われたことになります。

アメリカのインフレが留まらずに金利が上がってくると分かっているのであれば、恐らくここまで強い需要はないはずです。

2年間で2%の利上げが精いっぱいで、債券を2年間保有するのであれば年1%ほどで十分ではないかという入札が多かったことが、この数字からは分かります。

もう一つ、緑の部分に書いてある内容です。間接入札者(外国人投資家のこと)は、通常米国債に対して平均54%の人が買いますが、今回は61.39%でした。緑部分が外国人の応札です。2009年6月以降最高の購入となります。

米国内に留まらず、海外からも2年間で1%近辺の金利だったら十分買いだと思われているのです。

ここから、海外投資家も含めて金利に詳しい人たちは、FOMCで利上げがどんどん進んでくるとは考えていないことが分かります。

そのこともあり、2年金利がなかなかFOMC直前になっても上がっていないのです。

景気減速懸念

景気減速を警戒する金利

非常に重要なポイントです。なぜ懸念をしなければならないかです。

こちらのOISのスワップレートをご覧ください。

これは2年後、2024年1月時点に立って考えたとき、2年間の金利と10年間の金利がほぼフラットになっていることを示しています。

2024年1月には2年と10年の金利がほぼ同じなので、イールドカーブがフラット化している可能性があると、金融マーケットは考えているのです。

記事をいつもご覧いただいている方はお分かりかと思いますが、イールドカーブのフラット化は、景気後退局面に入る逆イールドの直前に起こります。そのため、2024年初頭にはかなり緊張感の高まっている可能性があるのです。

前回2年と10年の金利スワップがフラット化したのは、2018年2月でした。その後、イールドカーブは2019年9月、1年半後に逆イールドに突入しています。

このチャートは2年、10年のイールドカーブの差を表しています。ですから、赤丸部分は2年物より10年金利が低くなる逆イールドです(通常は10年金利が2年金利よりも高くなる)。

赤丸の後のグレー網掛けは不景気になっています。株価、GDPも大きく下がる局面が過去3回ありました。このマイナス部分が今回も起こり得るのです。

前回フラット化した緑掛け部分から1年半後に、リセッションが起こっています。

今はほぼフラットのため、ここから1年半~2年後ぐらいで逆イールドに入るのではないかと、金融関係者、債券関係者は考えています。そのため、株に対して大きくお金を振り分けることができなくなっていると思われます。

2年間で2%の利上げを行うだけでも、景気後退すると金利は考えています。2%を超えて3%、4%の利上げがあるから景気後退するのではありません。織り込んでいるような2年間で2%の利上げでも、景気後退が2年後ぐらいで訪れるのです。

10年金利は最近1.8%を超えたぐらいで重くなり、1.7%まで下がっています。10年金利がなかなか上がらないことから、株価はいいのではないかと思っている方も多いかと思います。

しかし、2年後に10年金利が2%であっても、景気後退が起こる可能性はあります。金利が上がれば株価が下がるという絶対条件ではなく、仮に2%近辺で10年金利が留まっても、景気後退局面が来れば株価は下がります。

私もこれまでお伝えしてきたように、つい最近までは実質金利上昇が株価マイナスの大きな要因だと金利中心に見ていました。

しかし、もしかしたら2%の金利に留まったとしても、それ以外の景気後退要因で株価が下がる可能性があると、マーケットが見始めているというのが非常に大事なポイントです。

この状況は、FOMC後に解消されるわけではありません。経済指標が景気後退に至らないとしっかり示してこない限り、なかなかこの状態は解消されない可能性があります。

FOMC通過後、ハト派発言で株価が上がったとしても、経済指標が良くなっていなければフラットニングがどんどん進む可能性があります。

それは、いずれ株価に対して非常に重くのしかかる可能性があります。ぜひFOMCの中身だけではなく、しっかりと経済指標を見ていただきたいと思います。

PMIが景気の分かれ目の50に接近

最後にこちらをご覧ください。

そんな中、米国PMIが発表されました。景気の分かれ目の50に近付いています(実際の指数は50.8)。50を割ってくると株価が大きく下落します。

製造業PMIだけではなく、今年に入って大きく予想を下回る経済指標を右下に取り上げました。

1月4日のISM、14日の小売売上、鉱工業生産、ミシガン大学消費者信頼感指数、18日NY連銀、20日中古住宅販売も落ち込みました。

25日のIMF経済見通しでも、米国22年は5.2%から4.0%と、1.2%も下げています。

同日発表されたカンファレンスボードも予想を下回っています。

今年に入って、FOMCに対する懸念感から株価が下がったとよく言われています。金利上昇によって株価が下がったと、私も含めてお伝えしてきました。

これまでのFOMC開催26日まではそういったテーマで移ってきましたが、実は根本部分には経済減速、もしくは後退懸念が根強くあります。

金利を見ると、2年後には2年金利、10年金利の差がほとんどなくなるフラットニングが進んでいます。

フラットニングが進み10年金利が下がれば、逆イールドになります。逆イールドになったときには100%漏れることなく景気後退が直後に訪れます。

マーケットは金利動向をしっかりと見ながら、株価が今後不安定だということを念頭に置いています。

ですから、FOMC通過後にハト派だから良かったと買うのではなく、経済指標が底堅くなってくる、確実に予想を上回ってくるような、国としての経済成長があってこそとお考えください。

企業業績、金利動向も大事ですが、同じぐらい経済動向も今まで以上に注目されることが、FOMC前に確認できています。ぜひ、本日の結果も踏まえて経済動向をミックスして考えていただき、今後の戦略を作っていただければと思います。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

S&P500がベアマーケットに接近。金利動向に変化の兆しも

27日、ザラ場中S&P500が直近高値から20%以上下落し、ベアマーケット相場入りと盛り上がりました。 …

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

年初来でパフォーマンスが好調な米国高配当株。今後の注意点

19日も米株式市場は3指標そろって下落しました。前日の5%ほどではありませんでしたが、下落トレンドが続くという …

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

今後の株価は今まで以上に景気指標に左右されそう

17日、米株式市場が上昇しました。17日は小売売上高、鉱工業生産、パウエル議長のコメントと、かなり注目度の高い …

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

金曜日のリバウンドは続くのか?今週注目すべき重要経済指標

13日、インフレの懸念が少し後退したということもあり、若干の金利低下と大きく株高になりました。特にNASDAQ …

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

下落が続く米国株。2018年下落局面と比較した今後の見通し

今週PPI、CPIという物価に関する重要な指標が発表されました。この結果は皆さんもご存知だと思います。CPIが …

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

【米国株】S&P500が年初来安値を更新。今の株価は割安か?

今月に入っての最注目材料といっても過言ではない、アメリカのCPI、消費者物価指数の発表が日本時間の夜9時半に発 …

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

【米国株】雇用統計で賃金インフレへの懸念高まる。米CPIが予想通り鈍化でも上値の重さが続く可能性。

5月6日雇用統計が発表されました。内容を受けてマーケットは賃金インフレ懸念で、FRBが再びタカ派となり、前回0 …

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

【米国株】FOMC後に乱高下。金利上昇をもたらしたパウエル議長の一言とは

4日にFOMCが開催されました。その後のパウエル議長の記者会見において0.75%の利上げは考えておらず、0.5 …

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

【米国株】米国株大幅下落。決算内容から今後の見通しは?

先週1週間で、メガテック企業と呼ばれる大手ハイテク企業の決算発表が出揃いました。ご存知の通りまちまちではありま …

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

NASDAQが年初来安値を割り込む。反転のきっかけはメガテックの動向次第

4月26日、NASDAQが4%近く大きく下落をしています。そして年初来安値を更新しています。3月に付けた安値を …

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

【米国株】米国メガテック企業の決算。発表後の動向で今後の展開を見極めよう!

今週一番の注目点は、米メガテック企業の企業決算です。メガテック企業以外もかなり多くの企業決算が予定されています …

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

【米国株レビュー】下落トレンドは続くのか?今後の見通し

この1週間、株価があまり堅調ではありません。 3月の年初来安値を目指すようなトレンドになっているのではないかと …

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

【米国金利】米国長期金利が急上昇。金利の上限目処は?

先週から米10年長期金利が大きく上昇してきています。19日は2.9%を超え、ゴールドマン・サックスの年末予想2 …

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

2022年1Q、米国企業の決算は強弱まちまち。今後の株価はどうなるのか?

アメリカの決算発表がいよいよスタートしました。前半戦は金融機関の発表となります。金融機関の今期決算内容は、債券 …

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

決算発表シーズン突入。株価の動向を決める売上高利益率(Profit Margin)に注目!

JPモルガンの決算発表が始まり、いよいよ本格化する決算内容について取り上げたいと思います。 その前に、注目材料 …

おすすめ記事