FOMC後に株価が上がってもまだ安心できない背景とは

FOMC後に株価が上がってもまだ安心できない背景とは

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

1~3月で一番のビッグイベントと言えるFOMCの決定内容が、日本時間の3時半に発表されます。

以前はタカ派的内容になるのではと、かなり警戒感が高まっていました。しかし、最新のウクライナ情勢を踏まえ、ハト派的内容に変わってくるのではないかとの声も上がってきています。マーケットはどうなるのか、非常に注目が集まっています。

0.25%の利上げや、QTについてコメントすることは既に織り込み済みです。しかし、さらにハト派的な内容となった場合には、株価は一時的に好感する可能性があります。

その持続性はどこまであるのか。過去の利上げ局面におけるインフレや失業率といった観点から見ると、今回ハト派的な内容だったとしても安心できない可能性があります。ぜひ最後までご覧いただければと思います。

FOMCの見通し

市場の織り込みは年7回に

FOMCでは、SEPと呼ばれる経済見通し、ドットポイント(ドットチャート)に注目が集まります。

※ドットポイント・ドットチャート:参加者が投票した年間利上げ回数を示したもの

市場予想では、昨年12月には2022年利上げ回数を3回とされていました。しかし、今回は2022年における利上げ回数が4回、2023年は3回となっています。計7回の利上げが、マーケットのコンセンサスになっています。

一方、左のチャートからは、2022年における利上げ回数が6.88回だと、マーケットが考えていることが分かります。

右のチャートを見ると、7回の利上げおよび、1.75%の利上げをマーケットは織り込んでいます。マーケットは7回の利上げと1.75%までの利上げを織り込んでいるわけですから、FRBが今年4回ほどの利上げになると言えば、ハト派的内容だとしてマーケットが好感する可能性があるかもしれません。

もしも好感しても、それは安心できるものなのでしょうか? 実は過去の利上げ局面でのインフレ率・失業率を見ると、7回で終わるかすら疑問に思えるような内容になっています。そちらを見ていただきたいと思います。

今回異例の状態で金融正常化へ突入①

こちらをご覧ください。こちらのチャートは、現在懸念されているビハインド・ザ・カーブについてです。

※ビハインド・ザ・カーブ:高インフレ、完全雇用が起こっているにもかかわらず利上げを遅らせた結果として、景気に悪影響を及ぼすこと。

過去5回の利上げでインフレがあったか、そうでなかったか。完全雇用だったか、完全雇用でなかったかをマトリックスにしています。

こちらの図で、現状は黄色の箇所となります。

縦軸は、FRBが掲げるインフレ目標2%を、どれだけ上回っているかを表しています。2022年3月時点で、基準の2%のインフレを4%上回っていることを示しています。過去の利上げでは、緩やかなインフレだった緑以外、全て2%を下回っていました。

横軸は完全雇用との差を表しています。アメリカでは4%、もしくは4.5%が完全雇用と定義されています。この数値を下回っていれば完全雇用、上回っていれば雇用が追いついていないことを示します。

※完全雇用が4%か4.5%かは、状況によって変動します。

今回(黄色箇所)は、目標の4%を雇用が下回っています。完全雇用と言えます。過去完全雇用だったのは、99年ITバブル直前でした。このときは利上げが遅れています。

2015年12月(赤箇所)ではインフレ率が2%を下回っていて、雇用も埋まっていない状態でした。このときは前もった対応ができたため、景気が大きくは崩れていません。しかし、今回は赤箇所とは真逆にあるような高インフレ、完全雇用状態での利上げです。

そもそも、なぜ完全雇用が問題になるのでしょうか? 雇用が進んでいる状態では、賃金のインフレが起こります。利上げが遅れれば遅れるほど物価が上がりやすくなります。ですから、完全雇用が満たされる前に見切り発車で利上げを行うことが、インフレ抑制にはいいと言われているのです。

今のような高インフレ、完全雇用が進んだ後の利上げは、ビハインド・ザ・カーブとなります。過去5回とは比べられないほどの、異例の状況下での利上げと言えます。これまでと同じ経緯をたどるかは、比較すること自体難しい状況にあります。

今回異例の状態で金融正常化へ突入②

次にこちらをご覧ください。こちらは過去5回の利上げ局面を分析したものです。緑で示したのは、緩やかなインフレです。CPIが2%を上回っていて、完全に雇用が進んでいない状態です。

青は低インフレ、雇用が進み過ぎた状態です。今後インフレ兆候が出てきそうな状況です。赤は低インフレ、非完全雇用。早めの利上げを示しています。

今回は高インフレ、完全雇用です。その中でマーケットは7回の利上げを予想しています。もしもFRBが今回「4回利上げで大丈夫だ」と言ったとします。本当に大丈夫なのでしょうか?

過去の利上げでは、緩やかなインフレで非完全雇用(緑色)であっても、1年間あたりの利上げは1986年で1.7%、94年は2.6%、2006年は2%です。

現在予想されている、1年間に7回(1.75%)の利上げと同じ、もしくは上回っていることが分かります。緩やかなインフレ、非完全雇用でも7回以上の利上げが行われているのです。

一方、低インフレ・完全雇用(青)時の利上げです。雇用が進み、今後インフレが起こるとされる際には、1.7%の利上げを行っています。

低インフレ・非完全雇用(赤)では、1年間に0.8%です。今回はこれと真逆の状況ですから、市場が読んでいるような7回(1.75%)の利上げは、かなり低い織り込みだと言えるでしょう。

FRBが今年4回、来年3回の利上げと発表し、一時的にマーケットが好感したとしても。過去のインフレ、失業率の統計から見ると、今年7回の利上げでも少ないと、マーケットが考える可能性があります。

結果として、ウクライナ情勢に配慮して0.25%の利上げとしていても、5月・6月のFOMCに跳ね返ってくるのではないかと、マーケットが懸念する可能性があります。

今置かれている状況は前例のない状況です。7回利上げしてもおかしくない状況にあります。一喜一憂することなく、インフレが下がってきたとしっかりと確認できるまでは、今後の金融政策は引き締めスピードを上げてくる可能性があるとの感覚をお持ちください。そうしてマーケットに臨んでいただければと思います。

本日も最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事