米株と金利のイールドスプレッドが割高を示唆。今後注意すべきポイントとは

米株と金利のイールドスプレッドが割高を示唆。今後注意すべきポイントとは

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

先週1週間、米株式市場は堅調に推移しています。年初来から見ると、まだマイナス圏ではあります。しかし、3月上旬からの上昇を見ると、かなり強烈に上昇している状況です。

主な原因は、ショートカバーと言われる買戻しです。長期機関投資家、年金基金のお金はあまり動いていません。

それでも、今後この上昇が続くのかどうか興味をお持ちかと思います。今の状況は株の益利回り、金利状況から見ると、少し割高感が出ています。今週以降要注意だとお伝えしたいと思います。

S&P500益利回りと米国10年利回りのスプレッドが縮小

イールドスプレッドが縮小

こちらをご覧ください。真ん中のチャートから確認します。これはS&P500の益利回り、米10年金利のイールドスプレッド(金利差)です。

緑の網掛けは、益利回りから米10年金利を引いたものとなっています。益利回りはS&P500のPERが20倍だった場合、1÷20=0.5%となります。

※益利回り:今の株価に対して、毎年のEPS(利益)が何%に相当するかを表したもの。

この益利回りと10年の金利差が縮まってくると、金利に対して株価が大きく変わり過ぎていて割高だ。金利差が広がってくると、金利に対して株が売られ過ぎているので割安だとなります。

この真ん中のチャート、緑の部分は売られ過ぎた状態にあります。ピンクの部分は債券に対してイールドが縮まった状態のため、株が買われ過ぎていることを表します。

スプレッド2.522%は2021年4月以来の水準

具体的に見ると、3月8日はスプレッドが3.63%まで広がった状態でした。

S&P500が4,170ポイント、PERが18.2倍でした。そのため、益利回りでは5.47%となります。このときの10年金利は1.84%ですので、スプレッドは3.6%。アメリカの10年金利に比べるとS&P500は少し売られ過ぎだったと、今になってみれば分かります。

今回はどういう状況でしょうか。3月25日金曜日の段階でS&P500が4,543ポイント、PERが19倍なので、益利回りは5.01%となります。10年金利は大きく上昇し2.488%。スプレッドは2.522%まで縮まっている状態となっています。

つまり、金利に対して株がすごく買われている状況です。21年4月以降の出口戦略に向かっていく過程においては、これだけ縮まった状況はかなり珍しいと言われています。

スプレッド縮小に必要な三つの条件

スプレッドの縮小を今後解消するためには、何が必要なのでしょうか。三つの条件があると言われています。まずは金利が低下すること。そして、株価が下落すること。EPSが上昇することです。

金利低下の可能性はあるのか?

では、割高な状況は解消するのでしょうか? 最初に金利が低下するのかを考えます。左下10年金利のチャートを見れば分かるように、強烈に10年金利が上昇しています。

先週急激に金利が上昇した背景には、アメリカ金融大手が利上げ見通しをかなり強気に見始めたことがあります。

バンク・オブ・アメリカは6~7月に0.5%の利上げ見通しと、大幅に上方修正しました。さらに、年0.5%の大幅利上げを複数回行う可能性があるとしています。6~7月の0.5%の利上げは、5~6月に前倒しになる可能性も十分あるとも伝えています。

次にシティ・グループです。5~9月に0.5%の利上げ、10~12月には0.25%の利上げを行うとしています。今後インフレの急激な上昇が伴えば、0.75%の利上げも十分にあるとのことです。こちらも金利見通しを大幅に上方修正しています。

ゴールドマン・サックスも同じように言っています。22年には最大7回、23年には最大5回の利上げとして、かなり強烈な利上げを考えています。5~6月の0.5%の利上げは当然とのニュアンスで伝えています。

ウォール街で一番信頼されているJ.P. MorganのダイモンCEOは、今回の利上げサイクルで合計12~15回の利上げを予想しています。前回までの12回にさらにプラスしての予想となっています。

ですから、スプレッドが縮小する、金利が低下するとは少し考えづらいでしょう。

EPSの上昇可能性について

では、EPSの上昇はどうでしょうか。

左下に書いたように、2022年末に228ドルとなっています。しかし、4月中旬から出る決算発表では、ウクライナ情勢により下方修正を出す企業が多いとも、一部で言われています。EPSが下がることがあれば、さらにスプレッド解消が難しくなるでしょう。

株価の下落について

そうすると、スプレッドを解消するのは株価の下落だけとなります。今後、株価下落が十分に起こり得ることに注意が必要でしょう。

今回、赤矢印で示したように、昨年4月にマーケットで出口戦略が意識されて以降イールドスプレッドは広がっています。金利が上昇するものの、それ以上に株価のPERが下がっています。株価に対する高すぎる期待値が、徐々に修正されてきた局面でした。

それがここ1ヶ月で急激に元に戻っています。その背景は何でしょうか? 3月上旬まで、原油価格は急激に上昇していました。しかし、かなり投機的なお金が入っていたことで、100ドルを割るほどの急激な原油安が急激に起こります。今後も原油が上がるだろうとショートポジションを作っていた人たちが、ポジションの巻き戻しに株を買ったと言われています。

冒頭で言ったように、長期の投資家の買いは非常に消極的です。ただ、今週は3ヶ月の末でもありますので、リバランスによって株式に振り分けるお金が十分に入って来るとも考えられます。そのため、今週1週間はまだ株にショートカバー、リバランスのお金が入ってくる可能性はあります。

ただし4月に入ると、リバランスのお金がある程度落ち着いてくることもあります。4月7日のFOMC議事要旨でQTの話が出てきて、金利が上がることへの警戒感も出てくるでしょう。4月中旬から始まる企業業績EPSが下方修正になることへの警戒感も高まるでしょう。

ショートカバーが落ち着いてくる時期も重なることを考えれば、かなり消極的になっても仕方がないと、マーケットは予想しています。

今回イールドスプレッドが縮まったことで株価が上昇しましたが、この割高感の修正は近い将来起こるのではないでしょうか。

そして、長期的に見るとイールドスプレッドはかなり縮まった状態です。歴史的に見ても株が買われ過ぎている水準だと確認されています。長期投資家から見ても、なかなか手出しできない状況です。慎重にイールドスプレッドを確認いただければと思います。

明日明後日の見通しを決めるものではありませんが、長期的には趨勢は収斂する可能性があります。その意味で、しっかりと分析しながら、今後のマーケット見通しに生かしていただければと思います。

本日も最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】‌米国のソフトランディング説が優勢。ただし、今後は失業率がそのシナリオに大きな影響を与えるかもしれない理由【12/6 マーケット見通し】

【米国株】‌米国のソフトランディング説が優勢。ただし、今後は失業率がそのシナリオに大きな影響を与えるかもしれない理由【12/6 マーケット見通し】

本日は、アメリカの経済見通しについてお話しいたします。ここ最近までは、来年アメリカ経済がソフトランディングする …

【米国株】‌米国株の上昇を支える24年6月利下げの市場予測。予測が的中するための条件。【11/24 マーケット見通し】

【米国株】‌米国株の上昇を支える24年6月利下げの市場予測。予測が的中するための条件。【11/24 マーケット見通し】

11月に入ってからの株式市場の大幅な上昇の背景には、2024年6月に利下げが開始されるという市場予想による、緩 …

【米国株】‌23年4Q予想EPSの下方修正が続く背景と今週の注目点【11/20 マーケット見通し】

【米国株】‌23年4Q予想EPSの下方修正が続く背景と今週の注目点【11/20 マーケット見通し】

23年の第4Qの予想EPSが下落をしています。下落した背景、そして今後も続くのかどうかを、今週のスケジュール等 …

【米国株】‌米メガテック株が好調な中、Russell2000にチャンスは訪れるか?【11/10 マーケット見通し】

【米国株】‌米メガテック株が好調な中、Russell2000にチャンスは訪れるか?【11/10 マーケット見通し】

米国のメガテック企業、「M7」と呼ばれる企業の株価が好調である一方、小型株のラッセル2000は軟調に推移してい …

【米国株】‌バフェット氏が債券を積み増し。今後は株式と債券のどちらが優位なのか?【11/8 マーケット見通し】

【米国株】‌バフェット氏が債券を積み増し。今後は株式と債券のどちらが優位なのか?【11/8 マーケット見通し】

11月3日、バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが決算発表を行いました。同社が米国株の保有割合を減らし、 …

【米国株】‌今週も米長期金利の低下は維持できるのか?【11/6 マーケット見通し】

【米国株】‌今週も米長期金利の低下は維持できるのか?【11/6 マーケット見通し】

今回のテーマは『今週も米国の長期金利の低下が持続できるのか』について見ていきます。 長期金利の動向は、今後の株 …

【米国株】‌3Q決算発表を半数が終了。今後の株価見通しへの影響について【11/1 マーケット見通し】

【米国株】‌3Q決算発表を半数が終了。今後の株価見通しへの影響について【11/1 マーケット見通し】

10月27日時点で、S&P500の約半数の企業が第3Qの決算発表を終えました。この結果を見ながら、今後 …

【米国株】‌今週は中銀ウィーク。注目は政策金利よりも量【10/30 マーケット見通し】

【米国株】‌今週は中銀ウィーク。注目は政策金利よりも量【10/30 マーケット見通し】

今週は中銀ウィークです。日銀の金融政策決定会合、米FOMCの開催が予定されています。先週、ECBが終了しました …

【米国株】‌決算が良くても株価続落。この流れはいつまで続くのか?【10/27 マーケット見通し】

【米国株】‌決算が良くても株価続落。この流れはいつまで続くのか?【10/27 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株式市場です。この1週間、多くの方がご存知のように、メガテックの決算発表が続きました。決算内 …

【米国ETF】‌もし、長期金利が低下しはじめたらハイイールド債券も買い時か?【10/25 マーケット見通し】

【米国ETF】‌もし、長期金利が低下しはじめたらハイイールド債券も買い時か?【10/25 マーケット見通し】

もし今後、長期金利が低下するような状況が訪れたら、ハイイールド債券は買い場なのかどうかを本日は見ていきたいと思 …

【米国長期債券】‌1923年以降、米10年債券は過去最大の下落。パウエル議長長期金利に言及で長期金利はどうなるか?【10/20 マーケット見通し】

【米国長期債券】‌1923年以降、米10年債券は過去最大の下落。パウエル議長長期金利に言及で長期金利はどうなるか?【10/20 マーケット見通し】

本日は、アメリカの長期債券について見ていきます。前回の記事でも、長期金利について確認しましたが、今回は2つのポ …

【米国債券】米国債への投資タイミングを見定めるポイントは?【10/18 マーケット見通し】

【米国債券】米国債への投資タイミングを見定めるポイントは?【10/18 マーケット見通し】

本日は、米国債投資についてお伝えします。17日、米10年金利が4.85%を超えてきました。2週間前には4.88 …

【米国株】米決算シーズン突入。今週の3つの注目ポイント【10/16 マーケット見通し】

【米国株】米決算シーズン突入。今週の3つの注目ポイント【10/16 マーケット見通し】

10月13日から、アメリカの決算発表が本格的にスタートしました。今週の注目材料もアメリカの決算発表となりますが …

【米国株】FRB要人のハト派発言で長期金利の上昇は終了するか?タームプレミアムの動向に注目【10/11 マーケット見通し】

【米国株】FRB要人のハト派発言で長期金利の上昇は終了するか?タームプレミアムの動向に注目【10/11 マーケット見通し】

先週末に起こったイスラエルとパレスチナの紛争により、今週のマーケットは警戒感が高まりました。しかし、まずは初期 …

【米国株】逆イールドの解消が進む。米株に不吉なシグナル。【10/6 マーケット見通し】

【米国株】逆イールドの解消が進む。米株に不吉なシグナル。【10/6 マーケット見通し】

昨年、特に話題になった逆イールドについて取り上げます。ここ最近の長期金利上昇によって、10年-2年の逆イールド …

おすすめ記事