4月にマーケットの潮目が変化する可能性。注目材料は6日のFOMC議事要旨

4月にマーケットの潮目が変化する可能性。注目材料は6日のFOMC議事要旨

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

3月FOMC以降、株価が堅調に推移してきました。

しかし、4月には6日のFOMC議事要旨、12日のCPI発表、1日の雇用統計、ISM製造業指数と、かなり重要な経済指標が並んでいます。こういった指標は今後の株価の流れを変え得るのに十分な内容だとも考えられますので、マーケットは警戒をしています。

どういったことを警戒しているのかを本日はお伝えします。今後のマーケットのリスク管理にお使いいただければと思いますので、最後までご覧ください。

米国の住宅ローン金利と株価

住宅ローン金利は急上昇、住宅価格も高止まり

まずは住宅価格です。今週ケースシラーと言われる、アメリカ住宅関連指標が発表されました。これは前年比でどれだけ住宅価格が上がったかを示したものとなります。事前予想では昨年対比18.6%の上昇と言われていましたが、結果としては19.1%と引き続きアメリカ住宅価格が上昇していると分かってきました。

そんな中、そういったものの引き締めをFRBが考えていることもあり、マーケットでは住宅ローン金利が敏感に反応しています。4.93%まで上昇しており、2018年水準まで近づいています。いずれ5%を超えてくるでしょう。

住宅ローン金利の上昇は、住宅価格を鎮静化する効果があります。今後住宅価格はどうなってくるのかに注目が集まっています。住宅価格が落ち着けばいいのではないかと思われる方も多いと思いますが、実はアメリカは住宅価格が個人消費に与える影響が非常に大きいです。住宅価格が落ちることがあれば、景気の先折れ懸念が高まることがあります。ですから、住宅価格は非常に重要なポイントとなります。

ということで、金利上昇を受けて住宅関連株価がどうなっているかを見ていきたいと思います。

住宅関連の株価は上昇せず

アメリカ住宅関連株価がパッとしない状況が続いています。青チャートがS&P500、ピンクが住宅関連株価の指標です。FOMC以降S&P500は上昇していますが、住宅関連株価はその上昇についていけていません。これは金利上昇の影響もありますし、今後住宅に関する需要が伸びないのではとの懸念が出てきているとも言われています。

住宅金利の上昇は住宅関連株と連動性が高い

では、こういった状況は今後のマーケットにどのような影響があるのでしょうか。こちらをご覧ください。

オレンジのチャートはアメリカ30年住宅ローン金利となります。青チャートはS&P500に対して先ほど見たような、住宅関連指標がどのようになっているかを表したものです。

オレンジの住宅ローン金利は、下の方に向かえば向かうほど上昇している逆メモリとなっています。青チャートが下に向かうのは、S&P500よりも住宅関連株価が大きく下落しているときです。

こちらから見ても分かる通り、オレンジの住宅ローン金利が下に行くと、住宅関連株価が大きく下落していることが分かります。今後も住宅ローン金利が上がるような政策が進めば、アメリカ住宅関連株価はS&P500に対して下がっていくと、このチャートからは読み取れます。

S&P500を先行する住宅関連株の動向に注目

ITB(住宅建設ETF)がS&P500にアンダーパフォームする場合には要警戒

そういった動きがどういったマーケットに影響があるかを確認するため、次にこちらをご覧ください。住宅関連ETFにITBを、S&P500のSPYと比較しどういうふうになっているかを見てみます。

2018年の下げ相場だったころ、住宅価格が下がっていることが網掛け箇所からは読み取れます。現在も住宅金利上昇もあり、SPYよりもITBの下落率が大きくなっています。

このように住宅関連株価の方が、S&P500よりも大きく下落している局面は、今後のマーケットにどういうことを示唆しているのでしょうか。

住宅関連株はS&P500に先行

繰り返しになりますが、アメリカにおける住宅価格は経済に大きなインパクトを与えます。青いチャートは住宅関連ETF、オレンジがS&P500です。こちらからも分かるように、住宅関連の株価が下落を始めると、それに少し遅れてS&P500が下落していることがオレンジ箇所から分かるかと思います。

現在は青丸でピークを付けた後、下落に入っています。S&P500は上昇していますが、恐らく住宅価格に収れんしてくると過去の経験則からは分かります。S&P500に下押しの可能性が出てくると懸念されているのです。

では次に、今後FOMC議事要旨でどういった影響を受けるのかを見ていきたいと思います。

FOMCの議事要旨でMBSの売却はどうなるのか?

こちらはFRBが保有している資産残高です。青が米国債、緑がMBSと言われる米住宅関連債券となります。

今回のFOMC議事要旨では、徐々に売却して資産を圧縮するQTについて発表されると言われています。パウエル議長は「FOMCの後にQTについて話し合いをしました。次回の議事要旨で中身をしっかり確認してください」との含みを持ったコメントをしていることもあり、MBSをどのように売ってくるかを含め、マーケットはかなり注目しています。

住宅価格の鎮静化のため、MBSを優先的、もしくは大きく売却してくることがあればどうなるのでしょうか? 先ほど確認した通り、住宅株の下落はS&P500に先行します。いずれS&P500が下がってくるのではないかと、マーケットは来週以降反応する可能性がありますので、その意味ではこちらをしっかりと見る必要があります。

住宅関連がどうなるか、金利がどうなるかは非常に重要な判断となります。4月以降、3月の上昇が続くかどうかに大きな影響を与えますので、注目いただければと思います。

このようにFOMC議事要旨において、住宅関連のMBS売却、QTをどのように行うかがマーケットに対して非常にインパクトを与える可能性があると思っています。

また、12日には発表CPIが発表されます。先日もPCEコアデフレーターが発表され、1980年代以来の大きな上昇を見せるなど、まだまだインフレが収まる兆候はありません。

その中で、CPIがさらに高い数字になるようなことがあればどうでしょうか。住宅価格を抑えるために住宅金利を上げるだけではなく、債権全体の売却を含めて金利を上げる可能性も十分考えられます。そういったものをマーケットは本当に織り込めているのか。そういったものに耐えられないのかを、マーケットは今後反応してくる可能性があります。

その意味では、4月に入ってFOMC議事要旨を控え、マーケットでは警戒感が高まっています。今晩以降マーケットが少し軟調になってくる可能性があることに、注意が必要かと思います。ぜひ来週以降もマーケットを見ていただければと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

【米国株】今の米国株は、今後の景気後退と企業業績の悪化をすでに織り込んでいるのか?

今週は、企業業績の悪化や経済指標の軟化の発表を受け、株価が下落しています。最近のマーケットコメントでは、今の株 …

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

【米国債券】米ハイイールド債券上昇。今後も上昇は続くのか、今は買い時なのか。

本日は、米国のハイイールド債券を取り上げます。ハイイールド債券は炭鉱のカナリアと呼ばれ、下がるようであれば株式 …

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

【米国株】今の株価水準は割安か、それとも割高か?

今年に入り、株式市場が徐々に上昇をしています。今後も上昇が続くのかどうかが、皆さんの関心事だと思います。では、 …

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

【米国株】いよいよ利上げサイクルの後半戦。株価は過去どのように動いたのか、また、今後の注目点について

1月6日の雇用統計、ISM非製造業指数を受け、3~5月の利上げ停止の期待が高まった結果、株価が上昇しています。 …

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

【米国株】年明け後から軟調な経済指標。ベアマーケットは続くのか?

今週に入り、米国の株式市場の方向感はあまり定まっていない印象です。一方、マーケットでは警戒感が高まっている印象 …

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

【米国株】2023年、米株の株価はいつごろ底打ちするのか?

本日は、2023年の米国株式市場のボトム時期について考えてみますが、リセッションに入った場合を想定していますの …

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

【米国債券】2023年の債券投資戦略。米国債と適格社債のどちらがパフォーマンスを期待できるか?

今年もいよいよ終わりに近づき、23年の投資戦略を立てている方も多いのではないかと思います。今年、22年に関しま …

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

【米国株】日銀サプライズで米国の長期金利上昇。上昇の背景と今後への影響

20日、日銀の金融政策決定会合が開かれ、大きなサプライズとなりました。日本の長期金利の誘導目標を±0.25%か …

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

【米国株】マーケットはFOMCの内容をミスリード?不確実性によるリスク上昇に要注意

本日のテーマは、15日に開催されたFOMCです。市場予想よりもタカ派的な内容と評価されていますが、その日はあま …

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

今、マーケットでは2023年のリセッション入りが懸念されています。14日に開かれるFOMCにおいて、マーケット …

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

【米国株】今後の流れを決定づける重要なFOMC。FOMCで確認すべき5つのポイント

12月FOMCが、13~14日に開催されます。0.5%の金融引き下は、マーケットのコンセンサスなので、恐らく間 …

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

【米国株】米大手金融機関CEOが23年の厳しい経済見通しを示唆。23年の株価への影響について

先日、米国で金融関連のカンファレンスが開かれました。ウォールストリートの重鎮と言われるような金融大手のCEOが …

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

【米国株】金融各社の2023年株価見通しに大きなブレ。個人投資家動向はソフトランディングシナリオ?

今年も12月に入りました。金融機関各社から、2023年のS&P500の年末予想が出てきました。本日は、 …

【米国株】パウエル議長のハト派的な発言の真意は景気後退懸念を示唆したものか?

【米国株】パウエル議長のハト派的な発言の真意は景気後退懸念を示唆したものか?

11月30日、FRBのパウエル議長が、ブルッキングス研究所で経済見通し、雇用に関する講演を行いました。前回のF …

【米国株】長期金利が低下しても株価の上値が重たい理由

【米国株】長期金利が低下しても株価の上値が重たい理由

先週から、FRBメンバーの要人発言が続いています。かなりタカ派的な発言内容であるにもかかわらず、FFレートの先 …

おすすめ記事