米国株と米国債が6ヶ月間で同時に大幅下落したのは1960年以降で6回目。その後のリターンは?

米国株と米国債が6ヶ月間で同時に大幅下落したのは1960年以降で6回目。その後のリターンは?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今年のこれまでの株と債権のパフォーマンスは、株と債券が共に下落しているような、苦しい5ヶ月でスタートしています。

株と債券の両方が下落するケースは非常にまれです。1960年以降、株と債券が6ヶ月にわたり4.5%と大きく上回る下落するケースは、今回を入れて6回しかないと分かりました。

さらに調べると、6ヶ月間で4.5%株と債券が下がった後は、その後株と債券のリターンが良くなることも分かっています。これだけを見ると、すぐに株と債券を買わなければならないと思われます。

ただ、中身を細かく見るといくつかの条件があると分かりました。その条件を、ぜひ皆さんに知っていただきながら、今後の投資判断、マーケット見通しにお役立ていただきたいと思います。ぜひ最後までご覧頂ければと思います。

米国株と米国債券が同時に下落

同時に大幅に下落のリターンは?

こちらをご覧ください。1960年代以降から米国債、米国株が6ヶ月間同時に4.5%下落した回数は、今回も入れて6回だと分かりました。古いものから1969年、1979年、1981年代に2回、90年代に1回、そして今回です。かなりレアなケースだと言えます。

対象期間は開始月から6ヶ月後の終了日で、その間にどのぐらい下落したかを青い部分に書いています。S&P500の平均下落率は9%で、10年国債の下落率は8.3%です。

今回のケースは昨年11月から下落した場合、S&P500が-8.4%、10年国債が10.9%のマイナス。過去の平均と同じ程度下落していると言えます。

さらに右に目を移すと、下落後6ヶ月間のリターンが載っています。平均で、S&P500は5.5%、10年国債のプラスのリターンが10.9%です。6ヶ月間下落した後、株や債券を買えば、ある程度のリターンが狙えるとして、マーケット見通しを立てる方もいらっしゃるのではないかと思います。

こういった下落幅から見た水準感で買えるのではないかということと、6ヶ月間下落が続いたことで、日柄的に買えるのではないかと考える方がいらっしゃるかと思います。

ただ、こういったリターンがあること、債券が下がって株が下がるということは、金利上昇によって株が下がったと言い換えることができます。

金利の上昇が株の足かせとなったということです。金利の上昇がある程度止まらないと、株価が戻らなかったのではないかということで、例えばFRBの利上げが影響しているのではないかとの仮説を立て、分析をしてみました。

リターンの源泉は利上げのピーク

こちらをご覧ください。FRBの過去の政策金利チャートです。今回を別にして、過去5回、6ヶ月下落したときのFFレート、政策金利がどうだったかを見たものです。

1969年のケースは、この後FRBの政策金利が下がり、80年は6ヶ月が過ぎた後金利が下がり始めています。81年のケースでは、既にFRBが政策金利を引き下げています。84年に関しても、6ヶ月間大きく下落した後は、FRBの政策金利が頭打ちしています。

一番古いところから4回分というのは、下落が同時に始まり6ヶ月間、株と債権が大きく下落した後は、利下げがスタートする、もしくは利上げピークの直前だったと分かります。

一方、94年に関しては例外になります。6ヶ月間で株と債権が大きく下落した後も、利上げが続いています。利上げ途中で起こったというのが、今回の大きな特徴です。

このように過去の6ヶ月間で10%も下落したケースでも、二つに分類できるのです。では、二つに分類するとどういうパフォーマンスがあったのでしょうか。

同時下落後の利上げまでのピークの影響

こちらをご覧ください。資料の右に、赤網掛けが入っています。利上げのピークが下落した後、いつ来たのかを確認したものです。

古い方から4回分は、6ヶ月間下落した後、いつ利上げが止まったか、もしくはどうなったかです。1969年は6ヶ月間下落した同月、FRBの政策金利がピークアウトしています。1979年も同じように6ヶ月間下落した後、その月に政策金利引き下げがスタートしています。そして、1981年に関しては6ヶ月間下落した2ヶ月前、利下げがスタートしています。1983年は、6ヶ月間下落した後の3ヶ月後に利下げがスタートしています。

6ヶ月間下落した後、利下げがスタートしているのです。そして1983年に関しては、6ヶ月間下落した後の3ヶ月後に利下げがスタートしています。6ヶ月間下落した後リターンが良かったというのは、利上げの終盤、もしくは利下げがスタートしている場面でパフォーマンスが良かったと分かっています。

一方、直近のケースはどうだったのでしょうか。6ヶ月間下落した後、8ヶ月後に利上げが終わりました。S&P500のリターンは3.4%、10年国債のリターンは0.2%となっています。過去6回平均の5.5%のS&P500のリターン、米国債の10.9%のリターンに対し、大きくアンダーパフォームしている状況です。

今回も6ヶ月間大きく株と債権が下落していますが、過去4回のケースと直近1回のケースどちらが近いかと言うと、実は直近のものと近いです。

今、市場の織り込みとしては利上げのピークが、来年2023年5月だとマーケットは織り込んでいます。その意味では、1年後まで利上げが続きそうだと考えられます。その意味では、今回6ヶ月間大きく株と債権が下落してきたわけですが、今後6ヶ月のパフォーマンスが大きく改善するかというと、過去の金利動向から見るとあまり期待できないと思っています。

31日、株、債券が下落し、金利が上昇する状況となりました。これはNY連銀のウォーラーさんが、9月以降の利上げについても、必要であれば0.5%で行うとのニュアンスのコメントをしたためです。

先週までは、9月以降は0.25の利上げ、もしくは利上げを見送るのではないかとの見方が出ており、株価は大きく上昇していました。しかし、ピークは1年後に来て、株も債権もすぐには上昇しないのではないかと考えられ、株価が下がり、金利が上がったのではないかと思われます。

水準感で言うと、10%近く下落している状況です。6ヶ月間下落が続いたわけですから、水準感、日柄から見ても大きく株と債権が持ってくるのではないかと思う方も多いでしょう。しかし、前回の事例からも分かるように、FRBの利上げが終わった後、リターンは高まってきます。

金融政策だけで見ると、この1年間は株も債権もそれほど焦らなくとも、大きくリバウンドすることはないのではないか、大きくリターンするというより、経済状況、企業業績の影響を受けながら、もみ合うような状態が続くのではないかと金利面からは言えます。

引き続きEPSの成長、インフレ動向のマーケットに注目しながら、ただ、1年後に利上げが終わることになれば、株や債券も売られた分を大きく買われる可能性もあります。その意味では、しっかりと仕込みをすべき時期でもあると考えられます。その意味では、前向きにマーケットに向き合いながら、金融政策が前倒しになるかどうかを判断していただければ、今後の投資材料になるのではないかと思っています。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベア …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

おすすめ記事