予想EPSの下方修正が続く。株価に大きな影響を与える下方修正はいつ終わるのか?

予想EPSの下方修正が続く。株価に大きな影響を与える下方修正はいつ終わるのか?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

5日、NY株式市場において、NASDAQが1%後半の上昇を見せました。S&P500、NYダウに比べると大きな上昇幅となっています。

上昇の背景には不景気の台頭によって、米10年金利が低下し、グロース株にとってプラスではないかとして買われてきたわけです。そういった理由がいつまで続くのか。株価の中では金利低下要素だけではなく、1株あたり利益、業績が大きな構成要素となっています。

今日は各社からEPS、1株あたり利益の下方修正が多く出ている状況です。これが続くようであれば、株価の上値に対する上昇を抑える圧力となってきます。EPSの下方修正がいつまで続くのか。下方修正がいつ反転するのか。金利動向から見ていきたいと思いますので、ぜひ最後までご視聴いただければと思います。

株価を大きく左右する金利とEPS

金利低下を株価が好感

5日を含め、ここ1週間は米10年金利が低下しています。それを受け、結果的には株価にプラスに作用しています。

まずは左のチャートをご覧ください。実質金利、S&P500を出しています。濃い青がS&P500のPERです。下に向かうとPERが低下し、株価が下落することとなります。水色は米10年の実質金利です。10年実質金利は逆メモリのため、下に向かえば10年実質金利が上昇、上に向かえば米10年金利が低下することとなります。

実質金利、S&P500は非常に連動性が高いです。今後米実質金利が低下する、水色の線が上に向かうと、S&P500のPERは上昇し、株価の上昇に寄与することとなります。

右のチャートは、5日までの動きです。青い線をご覧ください。6月中旬以降、下落トレンドに入っています。米10年金利-米10年期待インフレ率が、実質金利となります。景況感の悪化により、米10年金利が低下し、インフレも鎮静化するのではないかとの期待感から、赤、黄色のチャートが共に下落しています。それにより、実質金利が低下していることとなります。

左のチャートに目を戻すと、実質金利がマイナスに向かっていくことで、PERを押し上げることが、株価が少し底堅くなってきた背景となります。

PERが仮に支えられてもEPSには懸念が続く

とはいえ、株価はPERですべて決まっているわけではありません。PER×EPS、1株あたり利益となりますが、2023年度EPSは、各社から下落と予想されています。

左のチャート、今年前半までは、23年度末のS&P500の1株当たり利益は250ドル台まで上がるとして、今年約10%程度成長すると言われていました。ですが、赤丸で囲ったように250ドルを大きく切るような流れとなっています。

一方、右をご覧ください。こちらはゴールドマン・サックスが出したEPS予想です。グラフの真ん中、トップダウンと言われるグローバルマクロ、世界経済を見た結果、23年EPSをどうなるか確認すると、239ドルとかなりの下方修正が入っています。

右はボトムアップ、企業アナリストが集めた数字を積み上げた結果のEPS予想です。こちらは249ドルとなっています。いずれも徐々に低下傾向にあります。

株価にとって、実質金利がマイナスに推移する、下がることでPERが上昇するプラス面と、EPSが低下することは皆さんも念頭にある中で、さらに進んでいる状況が続いています。EPSの下方修正が、今後も続くようであれば、株価に対しては上値圧力が出てきます。

では、EPSがいつまで下がり続けるかを判断するヒントは、どこにあるのでしょうか。

EPS低下のヒントはハイイールド債券にあり

ハイイールド債券の金利上昇はEPS予想を引き下げる

こちらをご覧ください。世界企業の利益率が、クレジットのストレスによって生まれているというものです。世の中における不景気により、企業の信用が下がっていく局面においては、企業EPSも大きく下落すると説明したものとなっています。

両方似ていますが、茶色のチャートがHY-IGと書かれています。こちらは、ハイイールド債券の利回りから、適格社債の利回りを引いたものとなっています。

茶色のチャート、右目盛りが上に行くと、金利差がどんどんと広がり、適格社債よりもハイイールド債券の方がより売られていることとなります。低格付けのものを売却したい、信用の低いものにお金を入れたくない状況で、上に向かうようになっています。

企業に対する信任が落ちているときは、どうしてもEPSが下方修正されやすいです。緑のチャートはEPSピークからの下落率です。茶色いチャートが上昇する局面では、EPSの下落はどうなっているのでしょうか。こちらは逆メモリのため、上に行くほど大きくEPSが低下していることを表します。

例えば、リーマンショック時はHY-IGが、14%まで広がった際は、EPSが最高値から40%も下方修正されました。今の状況は、HY-IG、つまり、ハイイールド債券から適格社債のスプレッドが広がっている状態が続くようであれば、EPS低下が続くというのが、一つ目のヒントとなります。

さらに、ハイイールド債券と適格社債のスプレッドが縮小する、チャートが右肩下がりに変わってくるまで、EPSの下落は続いている、ピークアウトが同じということになります。HY-IGの転換点がいつ頃なのか、しっかりと見なくてはなかなかEPSの下落は留まらないと言えます。

では、アメリカにおいてはどうでしょうか。

IG-HYの上昇が収まるまで株価は下落が続きそう

こちらはハイイールド債券から、適格社債を引いたものが濃い青線です。NASDAQが茶色いチャート、緑の薄い色がS&P500です。

ここからも分かるように、スプレッドが広がっている、チャートが大きく上に上昇している局面においては、NASDAQ、S&P500も共に大きく下落します。

先程のPERの実質金利の連動と同じように、金利のスプレッドが広がったときは、NASDAQの方が大きく感応度が下落します。もしもこの傾向が続くようであれば、NASDAQの昨日の上昇は続かないことを意味しています。注意が必要です。

Investment Grade BondとHighYield Bondのスプレッドは拡大中

最後に、こちらのスライドをご覧ください。ハイイールド債券から適格社債を引いたスプレッドは、今年に入ってどういう動きをしているかを表したのが、左のチャートです。拡大の一途をたどっています。

5日も10年金利が下がった状態、米国債が買われたような状況においても、ハイイールド債券、適格社債は共に売られている状況です。国債は買えるものの、企業に対してはまだまだ信認が置けない、不安定な状態が続いていると左のチャートからは確認できます。

さらに、右に目を移すと、97年以降のスプレッドの拡大を表したものです。現行水準のスプレッドは4.2%程度と、過去から見てもまだまだ拡大していない状況です。今後もハイイールド債券が十分に売られる可能性があります。そうなれば、EPSが下がってくる可能性があることに注意が必要です。

EPSの下方修正がいつまで続くのか見ていくには、ハイイールド債券のような格付けの低い箇所にしっかりお金が入るような、マーケットの落ち着きが出てから、初めて株価は大きく反転します。

今回の下落トレンドにおけるあや戻しのようなものは、あくまでノイズだと考え、しっかりとお金がリスクの高いものに入る状況がいつ来るのか、しっかりと確認するようにしていただきたいと思います。

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】パウエル議長のハト派的な発言の真意は景気後退懸念を示唆したものか?

【米国株】パウエル議長のハト派的な発言の真意は景気後退懸念を示唆したものか?

11月30日、FRBのパウエル議長が、ブルッキングス研究所で経済見通し、雇用に関する講演を行いました。前回のF …

【米国株】長期金利が低下しても株価の上値が重たい理由

【米国株】長期金利が低下しても株価の上値が重たい理由

先週から、FRBメンバーの要人発言が続いています。かなりタカ派的な発言内容であるにもかかわらず、FFレートの先 …

【米国株】タカ派的な要人発言を受けた市場反応と今後への影響について

【米国株】タカ派的な要人発言を受けた市場反応と今後への影響について

先週発表されたCPI、今週発表されたPPIと、インフレに関する経済指標が市場予想を下回り、一時期のインフレ懸念 …

【米国株】インフレ緩和期待が高まる中で、今後注目すべきポイント

【米国株】インフレ緩和期待が高まる中で、今後注目すべきポイント

15日、アメリカにおいて、PPI生産者物価指数が発表されました。先週のCPIに続き、予想を下回る結果となり、イ …

【米国株】株価ラリーが続く中、重要な局面を迎えたFRBの覚悟に注目。

【米国株】株価ラリーが続く中、重要な局面を迎えたFRBの覚悟に注目。

先週、米10月CPIの結果が発表され、インフレ減速期待が高まり、株価が大きく上昇、金利が大きく低下しました。今 …

【米国株】CPI低下で株価急騰。株価上昇継続の注目ポイント

【米国株】CPI低下で株価急騰。株価上昇継続の注目ポイント

10日に米10月のCPIが発表されました。結果が、市場予想を下回ったことで、まだCPIは高水準ではありますが、 …

【米国株】米住宅ローン金利が2007年以来の高水準。CPIと株価に与える影響について

【米国株】米住宅ローン金利が2007年以来の高水準。CPIと株価に与える影響について

本日は、米住宅ローン金利が与える影響についてお話をしたいと思います。米国の住宅ローン金利が、7%を超え、住宅価 …

【米国債券】今年、歴史的な下落を続ける米国債券。今後の債券市場の見通しについて

【米国債券】今年、歴史的な下落を続ける米国債券。今後の債券市場の見通しについて

本日は、米国債券について取り上げます。今年に入り、米国債券は大きく下落しています。歴史的に見ても大幅な下落で、 …

【米国株】FOMC後、株価は再び下落トレンドへ。どうなる今後の米国株!

【米国株】FOMC後、株価は再び下落トレンドへ。どうなる今後の米国株!

日本時間で11月2日朝、FOMCの結果が公表されました。結果、0.75%の利上げとなり、それを受けて株価は大き …

【米国株】2023年に続き2024年の予想EPSも下方修正が続く

【米国株】2023年に続き2024年の予想EPSも下方修正が続く

最近、2024年EPS予想が低下しています。いつもは2023年のEPS予想が低下しているお話をしていますが、今 …

【米国株】金利低下期待による上昇はFOMCも続くのか?

【米国株】金利低下期待による上昇はFOMCも続くのか?

今週は注目の11月FOMCが開催されます。先週は、アメリカの政策金利がやや頭打ちになるのではないかという金利低 …

【米国株】実質イールドスプレッドから現在の米株水準は割高であるかどうかを分析

【米国株】実質イールドスプレッドから現在の米株水準は割高であるかどうかを分析

10月21日のウォールストリートジャーナルのニック氏の記事により、米国市場では、12月以降にFRBがハト派に転 …

【米国株】FRBの利上げ減速観測で株価上昇。上昇は持続するのか?

【米国株】FRBの利上げ減速観測で株価上昇。上昇は持続するのか?

21日金曜日に株価が大きく上昇しました。先週は約5%近く株価が上昇していますが、その半分を21日の上昇が占めて …

【米国株】FRB要人発言と先物金利の動向が2023年の景気後退入りを示唆

【米国株】FRB要人発言と先物金利の動向が2023年の景気後退入りを示唆

10月10日の週は大きく株式市場が動きました。CPI、PPIの発表とインフレに関する指標が多く、金融政策ではマ …

【米国株】CPI発表後にショートカバーで大幅上昇。今後も上昇は続くのか?

【米国株】CPI発表後にショートカバーで大幅上昇。今後も上昇は続くのか?

10月13日、米株式市場は大きく上昇しました。今週最も注目されていたCPIが発表されました。発表前は、もしもC …

おすすめ記事