【米国株】パウエル議長が重視する金利間で逆イールドが発生。株価はまだリセッションを織り込んでおらず下落余地に注意。

【米国株】パウエル議長が重視する金利間で逆イールドが発生。株価はまだリセッションを織り込んでおらず下落余地に注意。

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

パウエル議長が最近の記者会見で、「アメリカの経済は強い、リセッションは回避できる」と発言しました。パウエル議長以外にも、FRBメンバーは同じようにリセッションが回避できると伝えています。

実際には、皆さんもご存じのようにアメリカのGDPは1~6月期で、2期連続マイナスとなっています。テクニカルなリセッションとなっている一方、FRBメンバーがリセッションではないと言っていることで、リセッション入りするかどうか、マーケットは非常に悩んでいます。

しかし、パウエル議長は3月、自ら話す機会がある場において、私たちFRB、もしくは私自身はリセッションの基準をこのように見ていると、あるイールドカーブを示しました。その示されたイールドカーブが、今回リセッション入りを示唆する水準まで来ています。今後株式市場にどのような影響を与えるのか、見ていきたいと思います。

パウエル議長自ら示したリセッションのシグナル

逆イールド発生、市場は警戒姿勢もパウエル議長は景気は強いと主張

まず、左のチャートをご覧ください。今、市場では2年と10年の逆イールドが発生している状況です。右の方は、最近アナリストたちに注目されている10年-3ヶ月です。逆イールドが発生寸前まで来ていることが分かります。10年-2年の逆イールドより、10年-3ヶ月の逆イールドの方が、景気後退をより示すとして注目をしているわけです。

10年-2年の逆イールドは、3月に発生しました。多くのニュースでご覧になられたと思いますが、実はそのときFRBのパウエル議長は、10年-2年の逆イールドは、リセッションを示すものではない。自分たちは別の物差しで見ているとコメントしました。

3月21日の、「FRBはイールドカーブで注意信号がまだ点滅していない部分を重視している」というものです。10年-2年のイールドカーブが逆転したことは、景気後退のシグナルとしては判断していないと公の場で言い、10年-2年で景気後退となるとのマーケットのざわつきを鎮静化させました。

パウエル議長が認める逆イールドによるリセッションシグナルが発生

では、具体的にどういったイールドカーブを見ていたのでしょうか。こちらをご覧ください。

パウエル議長の発言です。「率直に言って、イールドカーブの短期の部分である最初の18ヶ月を注目するよう指摘したFRBスタッフの優れた調査がある」とのことです。簡単に言えば、10年-2年の期間ではなく、最初の18ヶ月、今から18ヶ月後までの金利に注目するようにしているというのです。

「それがイールドカーブを100%説明する力を持つ」つまり、イールドカーブがリセッションを示すところでは、そこの部分を見なければならないと言っているのです。具体的には、「18ヶ月先3ヶ月イールドと3ヶ月イールドの部分で長短金利の逆転が起これば、景気悪化のリスクが高まっていることを意味」ていると、自ら発言をしています。

これはどういうことかと言えば、3ヶ月間の金利、18ヶ月後の3月金利。つまり、18ヶ月先の3ヶ月金利と、今の3ヶ月金利を比較した結果、18ヶ月先の3ヶ月金利が今の3ヶ月金利を下回ることがあれば、景気後退としてFRB、もしくはパウエル議長は判断するということです。

また、赤文字で書いた箇所が重要です。「FRBが利下げに転じるサイン」と認識しているということですが、3月21日の段階では、「現状ではまだ金利差は開いている」、余裕だと発言しています。

下のチャートをご覧ください。こちらは18ヶ月先の3ヶ月金利と、今の3ヶ月金利の差です。赤い線を下回ると逆イールドの発生を意味しますが、パウエル議長が発言された3月21日の段階では、229bp、つまり2.29%の金利差が開いた状況でした。これが縮まらない限りは、リセッションとして認めないと言っていたわけですが、下のチャートからも分かる通り、逆イールドが4ヶ月後には発生しています。

この根拠は、誰もが見ることができます。2018年6月にFRBエコノミストが公表した論文があります。リセッションを考えるにあたって、FRBは10年-2年のスプレッドよりも短い期間のスプレッドを見ていると言っています。

過去3回のリセッションは、毎回先行して逆転して逆イールドになっているため、それを注視しているとしています。今回も、もちろんFRBメンバーを含めて把握しています。7月27日、FOMC後に記者会見をしたとき、恐らくパウエル議長は金利差が逆イールドに近付いている状態を踏まえ、いずれ利上げペースを落とすことになると発言したのではないかと思っています。

なぜなら、ここに書かれているように、これは利下げに転ずるサインだと言っているからです。利下げするとまでは言わなくとも、利上げペースを落とすこととなるだろうと発言したのだと思われます。

しかし、この発言で金利が低下し、パウエル議長がハト派に転じたのではないかと株価が大きく上昇したのです。株価が大きく上昇し、資産価値上昇に伴った消費欲減退がしないことでインフレが長引くのではないかと、マーケットは今後どうなってくるのかとの懸念を持っていたのです。

パウエル議長の発言がハト派と取られたことで、7月29日、カシュカリさんが間違いだと伝えた後、今週に入ってもFRBメンバーが修正をかけています。

パウエル議長発言を修正するFRBメンバー

こちらをご覧ください。セントルイス連銀のブラード総裁、クリーブランドのメスター総裁、サンフランシスコ連銀のデーリーさんといった方々がいろいろなコメントをしています。共通して言えることは、市場が予想している年内3.3~3.5%の金利を打ち止めとして、その後下落に転じるということに対して否定的コメントをしています。

例えば、タカ派で有名なブラードさんは、今年末まで政策金利は3.75~4%と市場を上回る利上げを示唆しています。さらに、ややタカ派として有名なメスター総裁は、FRBは需給バランスを取るためにさらに仕事をしなければならないと、インフレ抑制に意欲を示しています。

デーリーさんというハト派の方も、金利引き上げの公約を実行する必要があると言っています。これはSEPとして発表しているターミナルレート、金利をどこまで上げるかを示したものを、4%まで持っていくことを暗に伝えています。

そういったこともあり、10年金利が発言を受けて上昇し、株価の上値が少し重くなってきています。恐らく今後も、こういった要人発言を通じてパウエル議長が与えた印象を修正してくる可能性があるでしょう。

今週以降、株価が少し軟調になってくることも大事です。しかし、それ以上に大事なのは、FRBメンバーもイールドカーブの形状を見て、リセッションを意識し始めた、もしくはリセッションに入る可能性がある状況だということです。本来であれば利下げしなければならない状況にもかかわらず、利上げをしなければいけない。かなり苦しいかじ取りを求められていると思っています。

過去リセッションに入るとどのような状況だったのか。パウエル議長も認める、イールドカーブが示すようにリセッションに入ったならば、今の株式市場はそれを織り込んでいないことを、お伝えしたいと思います。

リセッションとEPS予想の関係

リセッション時におけるEPSの下方修正(22年5月20日動画より)

こちらはゴールドマンサックスの資料をベースにしたものです。過去4回のリセッションにおいて、EPSがどのくらい低下したかです。1990年、2000年、2008年、2020年の4回のリセッションで、EPSはアナリストによってどれだけ引き下げられたかです。

リセッションに入る前の6ヶ月間は、EPSが10%下がりました。不況に入った、リセッションに入った後の6ヶ月間は、EPSが-13%まで下がりました。不況入りの前後12ヶ月間、それを挟んだ結果、アナリストのEPS予想は22%下落しました。

リセッションに入れば、EPSは約20~22%の下方修正が大きくされる状況です。では、今のEPSはどういう状況なのでしょうか?

まだアナリストの23年EPS予想はリセッションを織り込んでいない

こちらはFACTSETが出している資料です。23年度末のEPS予想は、今年に入って、まだ2%しか下落していない状況です。23年末のEPS予想は、6月30日~7月28日の1ヶ月間で245.61~250.59ドルまで減少しましたが、減少幅は約2%にしかなっていません。

先ほどお伝えしたように、過去4回の不景気時のアナリストによるEPS予想は、22%も下落しています。そこから考えれば、リセッションに入ると、まだ20%近くの下落余地が十分にあると言えます。

では、今の株価はリセッションを織り込んだのでしょうか? EPSからは、リセッションを織り込んでいない状況です。

過去4回のリセッションと同等のEPS低下が起こるとすれば

横軸に2023年のEPS予想、縦にPERを表しています。現状、EPS23年末は245ドル、過去10年近くにおけるPER平均は約16倍近くです。現在の株価、ピンクで示したように245ドルのEPSに対して17倍であれば、S&P500で4,165。一方、16倍となると3,920、15倍だと3,675と、PERが17倍近くあるため、4,100ポイント近くにS&P500がなっている状況となります。

過去4回のリセッションと同じように、仮にEPSが20%近く下がってくると、245ドルから195ドルまで赤矢印まで下がる可能性があります。

一方、PERについてもリセッションに入ると、過去16倍だったものがさらに引き下がり、13~15倍に推移すると過去の歴史からは確認できます。195ドルのEPS×PER13~14倍で考えると、S&P500は2,925ポイントから2,535ポイント。今の価格から見ても、28%~38%と、リセッションに入ると大きく下落する可能性があります。

これは、あくまでも過去のEPS低下であって、過去のPERの平均を表したものです。今回リセッションとなったからと言って、必ずEPSが20%下がるというわけではありません。ただ、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスがいまだにレポートに書いているように、マーケットはリセッションを織り込んでいません。

もしもリセッションを織り込んだ場合、EPSの低下が20%近く起こるとずっと言っています。今回パウエル議長が認めているように、イールドカーブがリセッションを示唆すると、20%EPSが下がり、PERが14~15倍程度まで下がります。今のマーケットの株式市場はまだ織り込んでいないと言えます。

ですから、皆さんにはそういった可能性があることを踏まえた上で、一括で買うのではなく徐々に積み立てて買っていく、リセッションが1年長引くようであれば急に焦って買う必要はないといった、資金をコントロールしながらリスクをコントロールしていただければと思います。

マーケットがもしリセッションに入らなければ、リセッションを警戒した動きからの買戻しで大きく上がることもあります。しかし、超保守的にお金を守っていくことにこだわるのであれば、下落の可能性と上に伸びていく可能性を見比べたとき、まだリセッションのリスクが残っている、株価の下落余地があることを念頭に置いていただき、今年後半のマーケットに臨んでいただきたいと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

日米金利差が招く円安リスク〜日本経済への影響と日銀の舵取り〜 今後の見通しと注目ポイント

1990年6月以来、34年ぶりの1ドル=154円台に到達した力強い動きが続く米ドル円の今後の見通しは? [ 目 …

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格の高騰がインフレ再燃の引き金に?米国経済への影響は

原油価格が再び上昇傾向にあり、米国を中心にインフレ再燃への懸念が高まっています。2022年後半から下落傾向にあ …

【米国株】‌‌米大手金融機関が決算悪化。今後への影響が大きそうだと思われる理由。【4/15 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米大手金融機関が決算悪化。今後への影響が大きそうだと思われる理由。【4/15 マーケット見通し】

12日からアメリカの決算発表がスタートし、アメリカのJPモルガン、シティグループ、ウェルズ・ファーゴなど大手金 …

金価格が史上最高値を更新!急騰の背景と今後の見通しを解説

金価格が史上最高値を更新!急騰の背景と今後の見通しを解説

金(ゴールド)の国際価格が急上昇し、1トロイオンスあたり2,300ドルを超える史上最高値を記録しました。金は従 …

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

最近、中東情勢の緊張と原油価格の上昇によってリスクオフムードが高まり、日経平均ボラティリティ・インデックス(日 …

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。12日から米国金融機関を中心に、2024年度第1Qの決算発表がスタートします。 今年 …

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

2024年に入ってから、NISA(少額投資非課税制度)の利用が大幅に拡大しました。本記事ではまず、NISA口座 …

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

2024年4月から新年度に入りました。2023年度のマーケットを振り返ると、改めて日本の株式市場は記録的な1年 …

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

本日は、米国株投資を取り上げます。今年に入り、米国小型株、ラッセル2000に注目する人が増えています。最近は、 …

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

先週のFOMCを受け、6月の利上げ可能性が高まってきました。その影響で、今後の長期金利低下などが期待される中で …

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

先週の経済指標のいくつかは、アメリカの経済に、いよいよ変調の兆しがありと考えさせられるものでした。本日は、先週 …

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

先週金曜日、アメリカの雇用統計が発表されました。それ以外にも、先週は、JOLTSやISM非製造業の雇用など、雇 …

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

本日は堅調に推移する米国株式市場ですが、目先にある市場リスクについて考えてみたいと思います。 先週までの企業決 …

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

本日は、米国REITを取り上げます。ここ最近はアメリカの株式市場が強く、債券やREITへの注目が薄れがちです。 …

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

本日のテーマは、『米国株投資家が2024年に米国債投資を検討しておくべき理由』です。 昨年から今年にかけて、米 …

おすすめ記事