【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

【米国株】ベアマーケットで堅実にリターンを上げる「投資戦略と考え方」

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

本日は、過去のブル・ベアマーケットを分析し今後の投資戦略立案のヒントにしていきたいと思います。今年に入ってベアマーケットが続いていますが、一般的には利益を確保するのが難しいといわれているベアマーケットにおいて、どのようにして、確実に、そして堅実にリターンを得ていくことができるか、これをテーマに「戦略と考え方」をお話ししたいと思います。

ベアマーケットにおけるブルトラップの厄介さ

ボトムを狙う投資家心理は投資家であれば誰でも同じ

こちらをご覧ください。

1975年以降のS&P500のチャートを表したものとなります。基本、右肩上がりで上昇していますが、途中でベアマーケットが複数回含まれています。

投資家であれば誰でも赤矢印のようなベアマーケットにおけるボトムで株式を買いたいと考えるでしょう。しかし、ベアマーケットでは緑矢印のような「ブルトラップ」と言われる買場を誤るような仕掛けがあります。そこで投資を仕掛けるとスルズルと赤矢印まで大きく下落し、大きな含み損を抱えることとなります。これがベアマーケットにおけるブルトラップの恐ろしさです。

市場から退場する事態も

しかも、この時に「勝負だ!」と大きくレバレッジを掛けていれば、場合によっては市場から退場となることもあり得ます。このようにベアマーケットは、ベアトラップに注意する必要がある難しい相場と言えます。

とはいえ、ベアトラップを恐れて買わないことで機会損失になったり、絶好の買い場を逃すことの恐れもあるでしょう。そこで、このように「大底で買いたい、ボトムピックだ!」と、焦ってフライング気味で購入してブルトラップにはまる場合と、ボトムをしっかりと確認して少し遅れて購入した場合どういった買い方がパフォーマンスが良いのか。過去のベアマーケットを踏まえて分析してみました。

ベアマーケットで堅実に成果を残す投資戦略

ベアマーケット終了前にボトムを探り株を買う難しさ

こちらの図表は、過去のベアマーケットのパフォーマンスを表しています。

ここでは、ベアマーケットの期間中に最安値を付けた月をボトム月とします。

さて、オレンジの投資はというと、ボトムを付けた6ヶ月前から株式100%に投資し、その後12ヶ月も同じく株式を投資を続け、合計18ヶ月間投資した場合のリターンを表したものとなります。

一方で青色はボトムを付ける前の6ヶ月からボトムを付けた後の6ヶ月の合計12ヶ月は現金で保有し、ボトムを付けた6ヶ月後から100%株式に投資を開始した、合計18ヶ月間投資したリターンを表しています。

この投資スタイルを比較すると、青のスタンスはボトムを付けてから6ヶ月も経過して投資を行うため、出遅れ感があると感じてしまいますが、実際は「過去10回中7回」が、ボトムの6ヶ月前から投資しているオレンジの投資スタイルよりもオーバーパフォームしていると確認できます。つまり青の投資スタンスは、出遅れたわけではなく、しっかりとボトムを確認して投資した方が、パフォーマンスが良いことが分かりました(赤で囲った箇所)。

ボトムハンティングが出来なくても・・・

一方赤で囲っていない、オレンジの6ヶ月前から株式投資した方がパフォーマンスが良かったケースにおいても、6ヶ月間ボトムを確認して投資をスタートしたパフォーマンスは、すべてプラスになっています。つまり、ボトムを確認して6ヶ月後に投資を開始したケースは、過去10回中10回プラスになっていると確認できます。

このことから、こういったベア相場においては、しっかりとボトムを確認して投資することが、ベアマーケットにおいてブルトラップに引っ掛からないで「堅実に利益を得る」ポイントだと確認できます。

では、なぜこのようなパフォーマンスになるのでしょうか。

1942年からのブルベア相場

強気相場には「見逃し三振」はありません

こちらは1942年からブル・ベア相場を調べたものです。青がブル相場となります。1942年以降、ブル相場の平均期間は4.4年間、トータルリターンは155.7%も上昇しています。かなり長い期間、上昇率が続くのがブル相場の特徴です。

一方、オレンジはベア相場です。平均期間が11.3ヶ月、騰落率がマイナス31.5%と、期間も短く下落率も低いことが分かります。

このことから、ボトムを確認して、少し遅れてブル相場に乗っても、上昇期間が4.4年もあるわけですから、決して出遅れではないということになります。

では、ボトムの6ヶ月前から株を持った場合、なぜ乗り遅れた投資家よりパフォーマンスが悪いのでしょうか。図表の下の方をご覧ください。

オレンジのベア相場には、多くの場合においてグレー網掛け、つまりリセッションが伴っています。ベア相場にはだいたいリセッションが絡んでいますが、特に注意したいのは、ベア相場においてグレーゾーン、リセッションに入った後に株価の下落が加速していることですベア相場における本格的な下落局面はは、リセッションに入ってからとなります。

では現在の状況はといえば、各国のPMI、ISM製造業・非製造業指数、各連銀の製造業景況感指数、新規住宅販売件数、住宅在庫数といった、ソフトデータの先行指標がリセッションを示している瀬戸際の状況です。この状況を踏まえると今のマーケットの先にボトムがあるのではないかと考えることができます。

FOMOを恐れない考え方

しかし、このような経済指標にもかかわらず、後に振り返れば6月がボトムだった場合もあるかと思います。しかし、その場合はしっかりとリセッションが回避できた、ボトムが来なかったということを確認して、12月に市場にエントリーしたとします。それでも、「年初から投資していた場合よりもパフォーマンスが良いといった大きな考え方」、ゆとりを持って接していただけると自ずとパフォーマンスが付いて来るかと思います。

まだまだボトムを確信できないような市場環境です。これからも経済指標の悪化、FRBのタカ派的な金融政策、コモディティ価格の再上昇など、不安定な相場が続いていきます。今回、ベアマーケットにおいて、守るべき鉄則は、「あまり焦って投資することは得策ではない」と、過去のブル・ベアマーケットから確認できました。

最近、マーケットで頻繁に使われている、FOMO(Fear of Missiong Out)という言葉は皆さんご存知かと思います。出遅れ感という意味です。出遅れて焦って買ってしまうケースでは、ベアマーケットにおいては高値を掴むケースがあります。

過去の歴史から見ても分かる通り、情報に流されて「出遅れた、出遅れた」と焦るのではなく、ボトムが確認できてからスタートしても、しっかりとリターンはついてきます。今後も、あまり焦らない、ボトムがしっかりと確認できるまで、経済指標で確認できるまで冷静に対処し続ければ、米株のような成長性の高いマーケットでは自ずとリターンが得られます。

ぜひ焦ることなく、いろいろな経済指標を見ながら、今後もマーケットに向かっていきましょう!

続きを読む

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

【米国株】米国株に売られすぎサインが点灯も、市場がまだまだ強気になれない理由

先週、ビッグイベントのFOMCを通過しました。通過後に株価は大きく下落。週間でNASDAQでマイナス5%、S& …

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

【米国株】FOMC後、上昇から一転大幅下落。今後もベアマーケットは継続するか?

日本時間9月22日朝、9月のFOMCが終わりました。この会合において0.75%の利上げを決定され、S& …

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

【米国株】景気敏感株のフェデックス大幅下落。米国株の企業業績悪化が今後も続きそうな理由

16日、フェデックスという超大手物流会社が業績見通しを取り消しました。米株式指標は大きく下落すると思われました …

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

【米国株】CPIサプライズで米株急落。特に下落が大きかったNASDAQ指数の今後の見通しは?

13日、市場で注目されていた米CPIが発表されました。予想よりも高く、今後もインフレが続きそうだということで、 …

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り …

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

【米国株】FRBの大幅利上げ継続は確実視。株価のボトム時期の目処はいつ頃か?

9月20日~21日に、次回FOMCが予定されています。その10日前からFRB高官、要人が発言できないブラックア …

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

【米国株】いよいよQTが9月から本格化。世界で同時に進む金融緩和縮小の影響について

9月に入り、アメリカのQTが月間950億ドルと前月の倍になりました。今後、マーケットにインパクトがを与えるので …

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

【米国株】米長期金利上昇は雇用統計後も続くのか?株価の動向にも大きな影響

本日は米国の長期金利の見通しについてお話ししたいと思います。株式投資家も、債券投資家にも大きく関係のある米10 …

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

【米国株】米国株の焦点は金利から企業業績へ。2023年予想EPSの見通しについて

今後、株価に大きなインパクトを与える2023年の米国の企業業績、EPS(1株当たりの利益)は今後どうなっていく …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長発言で株価急落。どうなる?今後の米株市場の見通し

8月26日23時に、ジャクソンホール会合でパウエル議長が講演を行いました。その発言に今後の金融政策を示す、多く …

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

【米国株】ジャクソンホール会合、パウエル議長コメント次第では波乱要因にも

日本時間の8月26日23時から、パウエル議長がジャクソンホール会合にて公演予定です。23時というのは、アメリカ …

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

【米国株】FRBはハト派的なスタンスに方向転換をしたのか?金融市場の「緩み」に注目。

17日、FOMC議事要旨が発表されました。その中身を受けて、マーケットではFOMCがハト派に転じたのではないか …

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

【米国株】8月末に向けて金利上昇の可能性。FOMC議事要旨とジャクソンホール会合で注目すべき点。

17日から、今月末にかけて金利が動く可能性があります。それがなぜか、お話ししたいと思います。 17日晩には、F …

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

【米国株】株価の上昇局面が続く中で慎重派は何を警戒しているのか?

6月中旬からS&P500が18%程度、NASDAQが22%程度上昇したとして、強気相場入りとのニュース …

注目のCPI発表後、8月後半に向けた米株市場の注目ポイントとは?

注目のCPI発表後、8月後半に向けた米株市場の注目ポイントとは?

8月前半戦の一番の山場と言われる、7月CPIが発表となります。このCPIは巡っては、事前予想より少し弱く出るの …

おすすめ記事