【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

【米国株】CPIの低下が株価に与える影響と注意しておくべきポイント

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

先週、株価が大きく上昇しています。背景は二つあると言われています。年内FOMCにおける利上げ幅が、ある程度織り込まれただろうというのが一つ。もう一つが今週発表されるCPIが予想を下回る、沈静化するとの期待感から、株価が上昇したというものです。

一方、FOMCが重要視している期待インフレ率、長期にわたるインフレ率はまだまだ改善の余地がある水準で高止まりしています。高止まりした期待インフレ率が今後株価にどういった影響を与えるのか、簡単に分析しました。最後までご覧ください。

株価上昇の背景

政策金利引き上げは年内までFRBの意向を織り込み済み

先週大きく株価が上昇した背景には、年内の政策金利の利上げ幅がある程度織り込まれたことがあります。ご覧になって分かる通り、9月FOMCでは0.75%、11月では0.5%、12月には0.25%が100%織り込まれていることを示しています。

年内1.5%と利上げ幅自体は大きいものの、大きな幅をマーケットが認識したことで、それを大きく上回る利上げがない限り、マーケットにはこれ以上のマイナスのインパクトはないと安心感の株買いに繋がったと説明されています。

2年期待インフレ率は低下

今年の前半から利上げをスタートし、今年も残り3回大幅な利上げを行うなど急激に引き締めをおこなった結果、2年の期待インフレ率は大きく低下しています。こちらのチャートは、アメリカにおける2年間の期待インフレ率を表したものです。3月は年5%近くまで上昇していましたが、今は2.26%まで下がっています。

マーケットとしては、2021年1月水準まで期待インフレ率が低下したことで一定の利上げ効果があったとして、安心感が広まっています。

こういった二つの材料を踏まえ、今後も安定的に株価が上がっていくかと言えば、まだまだFRBは警戒感を高めた状態です。こちらをご覧ください。

FRBが注目する期待インフレ率

期待インフレが低下するまでタカ派姿勢は続く

こちらは長期の期待インフレ率を表したものとなります。緑が5年期待インフレ、青が10年の期待インフレ率、赤が5年先5年期待インフレ率です。このようにFRBは、長期にわたるインフレ率を2%にコントロールしたいと言っています。前述の通り2年間のインフレ率が下がること自体は喜ばしいことではあります。

しかし、FRBが目標としている物価水準は2%です。それに対して、5年、10年、5年先5年期待インフレ率全てが上回っている状態にあるため、FRBが目指している長期の物価安定という目標は、まだ達成できていません。

また、5年先5年期待インフレ率は、これから5年先までの一時的要因を排除した、5年~10年後までのインフレ率です。FRBは特にこの赤いチャートを重視しているのですが、2%に近付いていないことから、長期の物価が安定していないと確認できます。

こちらのチャートを拡大したものをご覧ください。

5年先5年期待を2%まで下げようとすると名目金利高&期待インフレ低下

こちらは短期間で三つのチャート、同じものを表したものです。見ていただきたいのは、7月以降の各インフレ率の動きです。7月までFRBがずっと利上げを行ってきたことで、インフレ率の低下は三つ全てで起こってきました。しかし、なぜかマーケットは来年以降景気後退の可能性もあるため、利下げに転じるのではないかと考えられ、三つのインフレ率は上昇に転じました。

8月中旬のジャクソンホール会合において、パウエル議長がタカ派的発言をし、改めて期待インフレ率は低下しています。しかし、実は5年、10年、5年先5年期待インフレ率の三つで、動きに変化が出てきています。

まず、緑の5年期待インフレ率をご覧ください。5年期待インフレ率は、7月の期待インフレ率が下がっていた状態まで来ています。2年期待インフレ率と同じように、短期の政策金利の引き上げ効果が及んでいると確認できます。

一方、10年に関しては7月水準まで下がりきっていません。10年はまだまだインフレ率が高い状態です。さらに、赤の5年先5年期待インフレ率に関して言えば、その二つよりもさらに高い状態にとどまっていると分かります。つまり、短期の政策金利のコントロールによって、短期的なインフレ率はコントロールできているものの、5年~10年後にかけてのインフレはまだまだコントロールできていない、そこまで影響を及ぼしていないとインフレ率からは分かります。

今後FRBがこういったインフレに対して、今後、緩めるような姿勢に転換するかと言えば、かなり期待が薄です。引き続きタカ派的姿勢を続ける可能性が、高いと言えます。

実質金利が拡大する環境に注意

その上で、皆さんに見ていただきたいのは実質金利の動きです。青が10年の実質金利です。下に行けば行くほど、実質金利上昇を示します。黄色のチャートはS&P500です。上は株高、下は株安を表しています。

10年実質金利、S&P500は非常に相関が高い関係です。FRBがインフレに対して警戒感を高めてきたことから名目金利が上昇し、実質金利も0.8%まで上昇しています。S&P500が本来の相関であれば、3,700程度まで下がってもおかしくない状況です。ですが、現在は4000近くまで上がってきています。今後、乖離がいつ収れんするかに注目が必要です。

今後のポイントは、10年実質金利が先ほど見ていただいたように期待インフレ率が低下する動きから、さらに上昇する可能性がある、このチャートで言えば下に向かう可能性があることです。そのことで、S&P500が下がってくる可能性があることをご説明したいと思います。

今後QTが行われること、また、9月のFOMCで中立金利引き上げが行われる可能性があることから、名目金利は今の3.2~3.3%から、3.5%に上がる可能性があることが一つ目のポイントです。

もう一つは、今週のCPI予想です。前月比でも下がってくると考えられます。CPI下落は、期待インフレ率低下に直結します。もしも予想通りCPIが低下すれば、期待インフレ率が低下することとなります。名目金利は上昇し、期待インフレ率が低下するということは、実質金利=名目金利-期待インフレ率のため、0.8%と言われる実質金利が1%に向かって上昇する、このチャートで言えば下に向かう可能性があります。そうなれば、S&P500は下がる可能性があるということです。

今週に入ってCPIが予想よりも下回るという結果は、インフレ率の低下ということでマーケットにとって喜ばしいことです。株価は上昇する可能性があると思います。しかし、FRBの考える期待インフレ率2%まで長期が下がるまで手を緩めないとなれば、名目金利は上昇し、CPI低下に伴い期待インフレ率が低下します。結果として実質金利が上昇すれば、株価にとっては逆風の結果になります。

CPIが下落したからといって、株価が大きく上昇すると端的に考えると、意外と実質金利上昇ということで、株価が足を引っ張られる可能性があります。CPIの結果だけではなく、その後のマーケットの反応に注目していただかなければ、CPIが下がって良かったというものと異なる結果が出る可能性があります。、今週のマーケットを見ていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事