【米国株】株価の逆張り指標が上昇を示唆。それを受けて今後上昇に転じるのか、それともベア市場継続になるか?

【米国株】株価の逆張り指標が上昇を示唆。それを受けて今後上昇に転じるのか、それともベア市場継続になるか?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

9月28日水曜日、バンクオブイングランド(BOE)の突然の債券購入宣言、つまり引き締めから緩和に向かうというサプライズがあり、マーケットは1日大きく上昇しました。しかし、それまでの6日間は下落、また、29日も再び大きく下落に転じるなど、いまだにベアトレンドが続いている状況です。さらに、現在の株価が6月の安値を割ったことから、マーケットの方向感としてはさらに下目線を見ている状況です。

一方、一部では、株購入のシグナル、逆張り指標がボトムを示しています。投資家としてはボトムを見つけて投資したいのは全世界共通です。それでは、今回逆張り指数が示すボトムは本当に当たっているのか、どうなのかを過去の事例を踏まえて見ていきたいと思います。

2つの有名な逆張り指数はリバウンドを示唆

逆張り指標として有名なPCRはリバウンドを示唆

二つ逆張り指標をご紹介します。一つ目は、プットコールレシオです。

青いチャートがS&P500、黄色がプットコールレシオです。プットコールレシオがこのチャートで上に向かえば向かうほど(0.9や1に向かうことは)、売る人の割合が買う人の割合と同じぐらいになっていることを示します。つまり、上に行けば行くほど売る人が多くなるという、総悲観的にマーケットがなっていることを示します。さて、総悲観的になれば、株価が下がるわけではありません。逆に、何かいい材料が出てきたり、何かきっかけがあれば、売っている人が損をしないために買い戻す、大きく株価が上昇するきっかけになります。プットコールレシオが1に向かって上昇するということは、今のような状況では底打ち懸念、大きなリバウンド期待で買われるようになってもおかしくありません。

この図表から分かるように、2019年、2020年も同じように0.9を超えるPC レシオになった場合、大きくボトムをつけて、その後大きく株価が上昇しています。そのようなことから今のプットコールレシオの水準は、そろそろ買ってみたいとの意見が出始めているようです。

もう一つの逆張り指標インベスターインテリジェンス・ブルベア指数も上昇を示唆

さらに、こちらをご覧ください。もう一つの逆張り指標、インベスターインテリジェンス社が出してるブルベア指標です。こちらは、強気派と弱気派の割合を示したもので、赤いチャートが下に向かえば向かうほど、弱気派が増えていることを表しています。

黒いチャートはS&P500ですが、ブルベア指数が大きく下に行った後は、株価が反転するきっかけになっていることが確認できます。このように弱気派が増えているときには、強気派が活気づくような材料が出たときに弱気派が急に強気転換し、株価が大きく買われるようになります。

赤丸で囲ったのは過去大きく反転したときです。現在は、2009年と2015~2016年と同水準まで弱気派が増えている、総悲観的な水準のため、投資家から見ると非常にチャンスだと映るようです。

では、今の状況を踏まえ、逆張り指標が出していることに乗っていいかどうかです。つまり株を買って良いかということですが、結論から言えば、少し慎重に見てほしいと思います。

マーケットの緊張感が低いという違和感

ハイイールドのイールドスプレッドはまだ緊張感の高まった状態ではありません

こちらは、いつも皆さんに見ていただいているハイイールド債券のイールドスプレッドです。ハイイールド債券のイールドスプレッドは、炭鉱のカナリアとマーケットでは言われています。イールドスプレッドが大きく上昇すると、マーケットは大きく下落します。逆に言えば、青いチャートが大きく上昇していると、マーケットで極度の緊張感が高まった状態です。大きく緊張感が高まり、緊張感がほぐれる赤丸のような状況では、株価は上昇します。

では、ブルベア指数で見ていただいた2009年、2015~2016年は、ハイイールド債券はどういった状況だったのでしょうか。

青いチャートのHYのハイイールドのスプレッドは、赤丸の箇所のように大きく上昇しました。今の状態はというと、まだまだ低く、緊張感が高まっていないことが分かります。この市場反応を見ていると、この連日の下落はセリングクライマックスのような動きというより、通常の下落トレンドの最中だと言えそうです。ハイイールド債券からは、ボトムであるとこの状況からは判断できません。

本当に緊張感が高まるとハイイールド債券からは資金が流出

次にこちらをご覧ください。本当に緊張感が高まると、低格付け債券から高格付け債券に資金が流出することを表しています。LQDと言われる適格社債のETFと、HYGと言われるハイイールド債券のETFを割ったもの(レシオ)です。適格社債の方がハイイールド債券よりも格付けは高いです。赤い網掛けのように、適格社債の方がハイイールド債券よりパフォーマンスがいい状況は、世の中でリスクが高まった状態であることを示しています。

この赤網掛けは、前述のブルベア指数がボトムを示した2009年、2015~2016年を指しています。このときはマーケットに極端な緊張感が高まっていました。そのことで、ハイイールド債券が償還されない可能性がある、お金が返ってこない可能性があるという市場の緊張感がありました。その結果、適格社債の方がまだ倒産確率は低いとして、適格社債にお金が流れ、ハイイールド債よりも適格社債の方がパフォーマンスが良くなっています。

このように、過去の二つのケースにおいてブルベア指数で弱気派が極端に多かったときは、適格社債が大きく上昇したことでわかるように、悪材料の出尽くしとなりボトムを形成しました。

では、現在はどうでしょうか。まだまだ、適格社債よりもハイイールド債券の方が買われている状況です。つまり、適格社債の利回りの低さよりも、ハイイールド債券の利回りの方が高くて魅力的だとしてお金が流入しているということは、マーケットが本当の意味でマーケットは厳しい局面に向かってきているとは感じ取っていないことを示しています。つまり、あまり緊張感が高まっていないと言えます。いくらブルベア指数、プットコールレシオがボトムを示したとしても、悪材料が出尽くした状況ではありません。そのため、大きなリバウンドに繋がらない可能性があると、ハイイールド債券の動き、適格社債の動きから確認することができました。

このようなことからボトムを示すような逆張り指数をそのまま信用して乗ることは、厳しいかと思います。では、それ以外の面で、今のマーケット状況は、株式に投資していいタイミングなのでしょうか。こちらをご覧ください。

今の株式市場は買い?

BOEの債券買い入れ、QT一時停止で米国の緩和期待(9/29日時点)

9月28日、大きく株価が上昇しました。その背景には、冒頭でお伝えしたように、バンクオブイングランドが政策を一時的に転換し債券買い入れを発表したことがあります。バンクオブイングランドの置かれている状況は、とてもインフレが強く、金利を引き上げながら、QTを行いインフレを抑えなければいけないとても苦しい状況です。そんな中、イギリス政府は経済対策として緩和的財政政策を示したことから、英国長期金利は大きく上昇となりました。

その結果、この金利上昇をどうにかコントロールしたいとBOEは考え、急遽QTを止めてQEを行うことにしました。これを受けて、アメリカでも同じように、パウエルプットやFRBプットが期待できるのではないか、もし、景気が悪くなったり、金利が大きく上昇した場合には債券を買い入れてくれるのではないかという市場の淡い期待感で、マーケットは大きく上昇したと言われています。

その結果、水曜日は、赤いチャートがターミナルレートが、来年利上げの最高到達点が4.8から4.4%に下がるという予測になり、来年の利下げ期待が0.9%と言っていたものが、マイナス1.1%まで利下げしてくれるのではないかとの期待感となり株価が大きく上昇しました。

水曜日の上昇はショートカバー(9/29時点)

では、この上昇をけん引したものは何だったのでしょうか。黒いチャートはS&P500、青いチャートはショートの割合が多い銘柄を表しています。

ショートの多い銘柄がS&P500を大きく上回るパフォーマンスだったことから、28日の大きな上昇はショートカバーだったことが分かります。ちなみに、29日は大きく株価が下落していることから、ショートカバーは短命で終わったといます。FRBの要人発言から考えても、目先、BOEの件を材料としたショートカバーは、あまり期待ができないでしょう。

このようにブルベア指数でボトムが形成されているかと言えば、まだまだ疑問が残ります。また、ショートカバーが今後マーケットをけん引するかといえば、それも期待が薄くなっている状況です。そんな中、マーケット全体が29日を含めて下がってきている背景には、こういったことがあるのではないでしょうか。最後のスライドをご覧ください。

CEO Confidence Surveyで企業業績の見通し悪化を示唆

こちらは、CEO Confidence Surveyです。アメリカの大企業のCEOが、自社の業績、見通しを含めてどう考えているかアンケートを取ったものです。赤いチャートは、アンケートの結果ですが、下に向かえば向かうほど、将来に対して不安がある状況です。赤いチャートと黒いチャートは非常に相関性が高いです。黒いチャートは会社のEPS、業績見通しが昨年対比でどうかを表したものです。

こちらをご覧いただいても分かるように、CEOが業績や見通しに自信を失った、赤いチャートが下に向かったときは、結果としては昨年対比でのEPS、一株当たり利益がマイナスに転じ、リセッションに入ると確認できています。

今置かれている状況は、1990年から見てもCEOが一番自信を失っている水準です。これからEPSが追いかけるように低下することを考えると、業績の下方修正が今後大きくなるのではないかとマーケットが考えています。そんな中、2~3日間何が起こったのでしょうか。

業績見通しとしては、アップルが工場の生産を一部止め、NIKEで在庫が余っているなど、細かい中身を見ると、これから先はあまり明るい内容はないとの業績発表が続いています。また、メタやゴールドマンサックスのような、将来の不安をある程度先通りした形で採用を見送るところも出てきています。

このように、雇用も悪くなっていますし、業績見通しも悪化してきているということは、恐らくEPS低下が見込まれます。ファンダメンタルズに連動した動きに株価がなってくると考えると、これから株価は引き続き今週のような流れが、来週以降も続く可能性が高いと言えます。

ブルベア指標、プットコールレシオは逆張りチャンスを示していますが、過度に期待するのは、まだまだ難しいと思われます。このような指標で判断するよりも、今までの通り、29日のPCEコアデフレータや、来週以降の経済指標をしっかりと見ながら、マーケットに臨んでいただく方がいいと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事