【米国株】来週、米決算シーズンスタート。業績見通しの下方修正が急増しそうな理由と今後の見通し

【米国株】来週、米決算シーズンスタート。業績見通しの下方修正が急増しそうな理由と今後の見通し

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

来週から、いよいよ7~9月期の米企業決算が本格的にスタートします。7-9月期の決算内容も重要ですが、今後の業績予想(ガイダンス)がどのようになるかに注目が集まっています。というのは、現在の経済環境や金利高の環境下においては、経験則的には企業業績が悪化するのではという予測が高まっています。一方で、意外と景況感が悪くないことから業績は悪化しないという意見もあります。その意味で、かなり注目が必要です。

そんな中、今週は前半に大きく株価が上昇し、後半は下落が続く、方向感がなかなか出ていない状況です。今回は、今週の要人発言、金利動向を踏まえると来週以降のガイダンスが厳しくなる可能性があることをお伝えしたいと思います。

根拠のない期待先行相場を要人発言が一蹴

要人発言が市場期待を一蹴、23年の利下げ期待後退

9月5日以降、株価が下落に転じています。今週は9月3日、4日と2日間で7%も株価が上昇しましたが、5日以降は株価が下落しています。週前半の上昇要因は2023年5月にFRBが利下げに転じてくれるのではという期待感だけで上げ、5日以降は反対に利下げ期待が剥がれ、現実に戻されて、株価が下がっている状況です。

では、なぜ現実に戻されたのでしょうか。経済指標で、5日のISM非製造業指数の雇用指数が50.2から53と雇用が堅調、また、6日にはADP雇用統計が発表され、こちらは予想の20万人に対し、20.8万人と予想を上回っています。前月も上方修正となり、雇用は引き続き強いことが確認されました。週前半は雇用が弱かったことが来年の利下げに繋がるのではないかとの期待が膨らみましたが、週後半は一気に期待が剥がれた形になっています。

タカ派一色の要人発言

また、このような経済指標だけではなく、上に書いてあるような要人発言が総じてタカ派となりました。今後も、FRBが利上げをブレずに進めインフレを退治し、来年以降も簡単には利下げに転じないと強い意志表示したことで、利下げ期待が大きく後退しました。

簡単に見ていきます。まず一番上のボスティク・アトランタ連銀総裁です。市場の期待として、23年の利下げを予想しているものの、それほど速く利下げに転じることはないと、市場の期待を真っ向から否定しています。

また、メスター・クリーブランド連銀総裁は、「米国は受け入れがたいほどの高インフレ環境にあり、来年の利下げはないと、明確に来年の利下げを否定」しています。

最近は、タカ派的発言が一番多くなってきている元ハト派、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁の発言です。「基礎的なインフレがピークに到達した証拠はほとんどない、インフレはまだまだ高止まりする」と言っています。

エバンス・シカゴ連銀総裁は、「FRBはより早く金利を引き上げるべきだ」と、スピードアップを言っている状況です。かなりタカ派と内容と言えますね。

クックFRB理事は、「米労働市場は非常に力強い」と、週前半の労働が弱ってきている、減速してきていることに対し、非常に力強いとコメントしています。「FRBは、しばらくの間制限的な政策を続ける可能性」、マーケットを締め付けるような政策を行う、高い金利を続けたいとの意思を示しています。

最後にウォラーFRB理事です。金融安定への懸念が利上げを遅らせるとの予想はしていないとのことです。「マーケットでは、金融システムへの不安が一部話題になってきています。そういった不安があるとしても、インフレを退治するために利上げを続ける、金融システムに配慮して利上げを遅らせることは想定していない」とのことでした。

このように、非常にタカ派的発言がたった1日で揃い、事前に示し合わせたかのように全員がタカ派的な発言となっています。

これを受けてマーケットがどのような反応を示したのかというと、下のチャートをご覧ください。赤がターミナルレート、これは、今後の利上げにおいて、どこまで金利を引き上げるかを示したものです。一番強かったときで、以前は4.8%まで利上げすると予想されていました。

しかし、今週に入ってからは来年の利下げ期待もあり、ターミナルレートは4.4%までしか上がらないとのハト派的な予想がまん延しました。しかし、前述の要人発言やISM非製造業指数やADP雇用統計において雇用の強い内容を受け、来年以降もやはり利上げは続くとなり、利下げの根拠ない期待は剥がれ、今は4.6%近くまで来年の利上げが戻ってきています。一時期よりも少し下がった状態ですが、今後は時間とともにターミナルレートは上がっていくと、要人発言などから考えられています。

緑のチャートは、来年の利下げがどれくらい進むのかという予想です。下に行くと、利下げ進むことを表します。今週に入って利下げ期待が高まったところから見ると、利下げ期待が剥がれました。一時は、1.4%は程度利下げしてくれるのではないかという予想が、1%程度しか利下げしないというところまで変化している状況です。このようにマーケットの利下げに転じるとの期待を、一蹴した要人発言となりました。

今後もベアマーケットは続く公算が高い

結局、10年金利も10年実質金利も元に戻る

今までお伝えの通り、今週のマーケットは、前半と後半で全く反応が異なりました。では、10年金利はどのようになったか、簡単にご覧ください。

こちらは10年金利、実質金利、10年のインフレ率を見ています。青いチャートが10年名目金利です。一時期4%まで上昇していたものが、利下げ期待で3.6%近くまで下がりました。しかし、結局は、3.8%台まで回復しています。今後は、恐らく、4%に向けて上昇する可能性が、先ほどの発言を踏まえると高そうです。それに伴い、タカ派的な政策で金利が上がることにより緑のインフレ率は低下しています。その結果、10年実質金利(オレンジ)は、名目金利である10年金利-インフレ率で上昇しています。

現在は、今年の最高水準の1.6%近辺まで再び上昇していますから、今後も実質金利が上昇する状況に戻ったということが言えます。その結果、今後PERの上昇による株価の回復を期待するのは難しい状況です。PER面では上昇しづらい状況に再び戻ったというのが、一つ目のポイントとなります。

要人発言によって、今後もタカ派を続けていくことが分かったことで、今後はどのような事象が続くのでしょうか。今後も金利が高止まりする、もしくは早いスピードで上昇することが分かりました。その結果、今後ドル高が続くということ、また、金利が高くなることで金融の引き締められた状態がさらに続くことを表しています。

では、こういった二つの要素が、来週以降の企業決済にどういう影響があるか。簡単に見ていきたいと思います。こちらをご覧ください。

リビジョンインデックスの低下が株価を大きく低下させる可能性に注意

来週の決算を控えリビジョンインデックスの低下が懸念されます

こちらは、Fidelityの資料です。1枚目は、リビジョンインデックスが低下するというものです。リビジョンインデックスは、最近よく聞かれ、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

簡単に説明しますと、当初のアナリストによる業績予想から上方修正されたものと、下方修正されたものの銘柄数をもとに算出し、比率として出したものがリビジョンインデックスです。リビジョンインデックスの低下は、下方修正が多くなったことを示します。業績予想の下方修正が出てくるということは、業績が下がることを意味します。

リビジョンインデックスを、下のチャート、オレンジの色で表しています。オレンジが下に向かうことは、下方修正が増えることとなります。上の黒いS&P500を見ていただければ分かる通り、オレンジのチャートが下に向かえば向かうほど、S&P500は大きく下落します。

オレンジと正相関、相関が高いものは青いチャートとなります。こちらはGSUSFCI、ゴールドマンサックスUSのフィナンシャルコンディションインデックスです。フィナンシャルコンディションインデックスは、こちらの記事をよくご覧になっている方は、ご存じの通りです。金融の調達サイドから見た場合、調達がなかなかままならない状態となる、タイトな状態になることを言います。

こちらの青いチャートは、逆メモリとなっています。つまり、下に向かえば向かうほど、タイトな状態となってくると分かります。金利が上昇する状況においては、FCIは悪化する、下に向かう可能性が高いです。こういった状況から見ますと、来週以降も青いチャートが下に向かう可能性が高いです。そうなってくると、リビジョンインデックスも下に向かいます。既に下方修正の割合が多くなってきていますが、これからもどんどん下方修正の割合は多くなっていくと、PERが上昇しない中、EPS低下につながる下方修正が起こると、PER×EPSで形成される株価は、今後さらに下落が加速する可能性が高そうです。来週以降の決算は、注意が必要です。

ドルインデックス(DXY)の上昇はまだまだ続くことで

続いて、同じくリビジョンインデックスを見ていきます。リビジョンインデックスには、青いチャートのDXY、ドル高が相関しています。短期の金利が上がると、2年金利は上昇します。ドルの上昇を支える2年金利がますます上昇すると予想されています。その結果、DXY、青いチャートは下に向かう、ドル高がさらに進みそうな状況になっています。

先程のフィナンシャルコンディションインデックスと、リビジョンインデックスは、ほぼ同じ数値になっていましたが、注目すべきはドルインデックスがこれだけ下げているにもかかわらず、まだまだリビジョンインデックスの下落はそこまで大きくないと見て取れます。

今後もDXYが上昇すると考えると、黄色のリビジョンインデックスはさらに下がる可能性があります。過去と比べても分かる通り、ドル高の状況はかなり深いです。今後はリビジョンインデックスが相当大きく下落する可能性が、来週以降出てきたことが一つのポイントとなります。

このようにリビジョンインデックス、アナリストの下方修正が増えてくる状況が、今週の要人発言において、来年以降も利下げに転じないとのタカ派発言、10年金利の戻り歩調を見ると、かなり確率が高まっていると言えます。つまり、リビジョンインデックスが下がる確率が高まっている状態です。

そんな中、来週以降の決算発表を迎えるわけですから、決算内容次第で株価が下がり得る状況です。来週以降、またボラティリティが上がることには注意が必要です。

Bad news is good newsからBad news is Bad newsへ

最後にこちらをご覧ください。今週前半にお伝えした記事で、Bad news is good newsとお伝えしました。こちら、黄色のチャートがISM製造業指数、紫のS&P500が前年比で何%上昇したかを表しています。ISM製造業指数が下がる、景況感が悪くなってくると、当然S&P500も前年比で大きく下がってきます。

ただ、今週前半はISMが下がったことで、構成要素の雇用が悪化したことで、FRBが来年の利下げに転じるのではないかという期待感で株価は上がりました。それを要人発言で否定したので、今回のISMの低下はそのうちにBad news is Bad newsに変わってくる可能性があります。そうなると、黄色のISMの低下が50を割ってくることになると今以上にS&P500が下がる可能性があります。

これまでのBad news is good newsから、来週以降は、経済指標についても、企業業績についても、Bad news is Bad newsとなる可能性があります。来週以降、今週前半とは違った見方をしていかないと、マーケットに翻弄されることとなります。ぜひ、ルールが変わったという目線でマーケットを見ていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事