【米国株】注目のCPIが予想を下回ったら相場の潮目は変わるのか?

【米国株】注目のCPIが予想を下回ったら相場の潮目は変わるのか?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

10月11日、ニューヨーク連銀が期待インフレ率を発表しました。結果、期待インフレ率が低下し、インフレ率が徐々に鎮静化していることが確認されました。

12日以降、米国PPIとCPIの発表を控えていますが、インフレ率が低下するのではという期待が、マーケットでは高まっています。では、もしも、PPI、CPIがマーケットの予想を下回る、インフレ傾向が鈍化した結果になった場合、株式市場は大きく反転するのか、転換点になるかを考えていきたいと思います。

現在の市場環境

失業率の低下はFRBの利上げ継続を支持しています

11日のニューヨーク連銀の期待インフレ率を見る前に、7日の雇用統計における、失業率の低さを見てほしいと思います。7日、株式が大きく下落した背景には、雇用統計の数字の大きさもありましたが、失業率の低さが話題になっています。

3.5%という失業率の低さは、かなり衝撃的ですが、中身的にも相当に雇用が強いことが確認できます。例えば、左のチャートをご覧ください。こちらは、失業率における会社都合の失業が何%あるかを示したものです。こちらが43.9%まで低下しています。

これは20年来の低レベルです。ほとんどが自主的な退社など自らの都合で辞める人が増えており、会社の景況感が悪く解雇になっているわけではありません。数字以上に雇用が強いと確認できている状況です。

さらに右をご覧ください。赤いチャートが自然失業率です。自然失業率とは、景気動向、インフレに関係なく自然発生的に出る失業率です。今の失業率はそれを大きく下回っている状況です。これだけ雇用が強いということは、いずれ失業率は上昇することが考えられます。網掛けは景気後退ですが、失業率上昇後はいずれは景気後退にも入っていくことがわかります。このことを踏まえると、改めて今が本当に強い雇用状態だということが確認できました。

こういった雇用が強い状況であれば、今後もFRBが態度を軟化させることは難しいと言えます。来年以降も高い政策金利を維持するのではないかと懸念され、大きく株価が下落しました。そのような中、11日に期待インフレ率がニューヨーク連銀から発表され、大きく低下していることがわかりました。通常であれば、インフレ低下を受けて株価が大きく上昇するところですが、なぜそうならなかったのでしょうか。こちらから解説します。

NY連銀の期待インフレ率は低下も利下げ期待にはつながらず

ニューヨーク連銀の期待インフレ率のチャートです。赤が1年間の期待インフレ率、青いチャートが3年間の期待インフレ率です。1年のインフレ率が5.4%と、前月の5.7%から大きく下落しています。1年間のこれからのインフレ率が大きく低下する期待感が大きく高まっています。

一方、3年間のインフレ率は少し上がっていますが、それでも以前に比べると低水準です。12日以降発表される各種インフレ指標も低下するのではとの期待が高まっています。

さらにこちらをご覧ください。ニューヨーク連銀の3年間のインフレ率はオレンジのチャートです。それ以外の三つの指標も、総じてインフレ率低下を表しています。例えば、赤いチャートはフィラデルフィア連銀の景況感指数10年間のインフレ率です。過去から比べても、そこまで高い状態ではありません。

さらに、青いチャートは5年先5年期待インフレ率です。こちらも目標の2%までは下がっていないものの、一時期に比べるとかなり落ち着いてきていると分かります。

緑のチャートは、ミシガン大学の消費者信頼感指数です。5年-10年のインフレ率についても、一時期より低下してきています。このように各指標から見ても、期待インフレ率は低下していると分かります。今晩以降のCPI、PPIが低下する可能性が見えてきたことで、本来であればマーケットがグンと上がるべきところです。しかし、実際には上昇していませんでした。その背景には、重要な要人発言があったからです。こちらをご覧ください。

超人発言にヒントあり

クリーブランド連銀メスター総裁

クリーブランド連銀のメスター総裁が発言した内容です。ここには2つの大きなポイントがあります。

一つ目は、クリーブランド連銀のメスター総裁は「慎重であるべき」と言っていることです。これは、あくまで利上げを停止することに対してのコメントです。市場の希望的観測でインフレ率が下がったから、利下げしてくれるのではないかという期待に対して利下げに転じることはない。説得力のある証拠をもってして、インフレに対応できたと確認できてから利下げを行うという意味です。

慎重の意味を履き違えないでほしいとコメントしたことで、仮に12日のインフレ率低下を受けても即座に行動することはないのではないかと、しっかりとメッセージを送ったことで、マーケットが上昇しきれなかった一つ目の背景です。

二つ目のポイントです。こちらが非常に大事なのですが、インフレ率を低下させるためには何が必要かです。トレンド以下の経済成長が必要で、景気鈍化、景気後退が必要だということと、失業率の低い状態ではなく、雇用が減少した状況まで持っていかなければいけないとのことです。雇用が減少するということは、失業率が上昇します。リセッションに入る可能性が高まるということです。そういった状況にならないと、インフレ率は下がりません。

さらに、もう一つ金融市場のボラティリティの高まりを期待しているとのことです。金融市場のボラティリティが高まると、インフレ率が低下すると言っています。下のチャートをご覧ください。

OFR(Office of Financial Reserch)のFinancial stress Index

OFR(Office of Financial Reserch)という会社が出した、Financial Stress Indexというものです。これは金融市場におけるストレスがどのくらい高いかを表し、チャートが上に行くとストレスが非常に高まっていることが分かります。

このチャートの構成は、水色が企業の信用、青が株の評価、黄色が調達コスト、緑が安全資産、オレンジがボラティリティとなっています。この五つで構成されるFinancial Stress Indexが上昇すると、どうなるのでしょうか。

今回、メスター総裁はオレンジのボラティリティが高まることで、インフレ率が低下するのではないかと期待していると言っています。では、今の置かれた状態はどうでしょうか。

下のチャートにあるように、今、既にストレスが4を示しているぐらい、ストレスがかかっている状態です。オレンジがさらに積み増しになると、5、6、10とストレスが上がると想定されます。過去5を上回った部分を赤矢印で示しました。2000年以降のITバブル、2008年のリーマンショック、2012年の欧州機器、2020年のコロナショックと、5を超えるストレスがかかった状態は、過去大きく株価が下落した局面までいかなければならないと分かります。

クリーブランド連銀のメスター総裁が言っているように、今後インフレ率が下がるためには、経済成長が鈍化しなくてはなりません。雇用も減少しなくてはなりません。ボラティリティも高まらなければなりません。我々が慎重であるべきというのは、よほどの材料がそろわない限り、利下げに転じることはないとしています。これだけ明確に言われると、12日のCPI、PPIがいかに予想を下回る数字があったとしても、株価の転換に移ることはできないのではないかと感じ、11日、マーケットは上昇できませんでした。

12日以降注目となるCPI、PPIが発表されます。低下する結果となれば、これからのインフレ鎮静化の第一歩となりますが、それを受けて、即座に株価が転換する状況ではないと、先程見た要人発言からも分かります。さらにボラティリティが上がる状況が待っていることを考えますと、株価は引き続きベアマーケットが続くことをベースシナリオとして考える必要があります。ぜひ、そういった目線で今晩以降のインフレ指標を注目していただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

欧州中央銀行(ECB)は18日、主要政策金利を据え置き、市場の予想通り9月までの様子見を決め込みました。市場の …

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

  6月結果 市場予想 前回 米小売売上高 0.00% -0.30% 0.30% 米国の6月小売売上高が7月1 …

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

米国株式のS&P500は、絶好調な状況が続いています。本日は、この状態で注目すべきS&P500 …

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

米CPI 6月結果 市場予想 総合CPI前年同月比 3.0% 3.1% 総合CPI前月比 -0.1% 0.1% …

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

7月10日のS&P500種株価指数は7営業日続伸となり、初めて5,600を上回りました。ハイテク株比率 …

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

多くの富裕層が、より効果的な運用方法を求めて日々悩んでいます。本記事では、富裕層のためのポートフォリオ戦略、特 …

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。先週1週間、ISMの製造業指数やISM非製造業指数、雇用に関する多くの経済指標が発表 …

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

 米雇用統計 6月結果 市場予想 非農業部門雇用者数 20.6万人増 19.0万人増 失業率 4.10% 4. …

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

ISM景気指数(製造業・非製造業)   結果 市場予想 前回 製造業 48.5 49.1 48.7 非製造業 …

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

富裕層にとって、資産運用は一層重要な課題です。そして、安定したリターンを確保しながらリスクを適切にコントロール …

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリー(Summer Rally)は、株式市場におけるアノマリーの一つで、特に夏季に株価が上昇しやすい現 …

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

富裕層の投資戦略において、リスクとリターンのバランスを考えることは大切です。適切なポートフォリオを構築すること …

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターは、米国の個人消費支出(PCE)の価格変動を測定する重要な経済指標です。特に、食品とエネルギ …

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

21世紀になって、金の価格が上昇しています。2000年末から金の投資リターンは8倍強に達し、米国株や世界債券の …

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

先週、米経済で景気減速傾向が見られました。しかし、S&P500は堅調に推移しています。ただ、今週材料次 …

おすすめ記事