【米国株】2023年に続き2024年の予想EPSも下方修正が続く

【米国株】2023年に続き2024年の予想EPSも下方修正が続く

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

最近、2024年EPS予想が低下しています。いつもは2023年のEPS予想が低下しているお話をしていますが、今回は2024年のEPS予想も低下していることをお伝えしたいと思います。下落の背景と、今後も下落が続くかという2点をお伝えしたいと思います。

その前に、2日(本日)、FOMCの結果が発表されますので、その内容に簡単に触れます。マーケット予想としては0.75%の利上げが予想になるとされ、この利上げは幅にはサプライズは無いと思われますが、その後で開かれるパウエル議長のコメントに注目が集まっています。

12月以降の利上げを0.5%に緩めるのか、0.75%を維持するのかに関するヒントが出るかどうか、マーケットは興味を持っています。ただし、これ自体を予測することは難しく、予測したところでなかなか動きづらいところもあります。

FOMCなどにおいては、短期トレードの方以外、中長期の投資家は、内容、コメントを受けたうえで中長期の金利がどう動くかを見ながら、今後の戦略を立てることが正しいと思っています。

今晩のパウエル議長のコメントによって10年金利が上下する可能性があります。その動きを元に、金利動向から今後のPERがどうなるか、実質金利などを基に考えることが、今晩以降の重要なヒントとなります。

一方、株価の大きな構成要素であるEPSが、2023年、2024年にどうなるか、この時点で把握しておけば、今晩の発表に合わせて株価のバリエーションに生かしやすいと思います。そこで今回は、あえてFOMC前にこのようなテーマを取り上げてみました。

2024年EPS予想

23年に続いて24年EPS予想も低下中

結論から言うと、2024年EPS予想は既に低下を始めています。下のチャートをご覧ください。白線が2020年のEPS予想です。オレンジは2023年のEPS予想です。2024年は青いチャートで、3月から予想の数字が出始めています。

見ていただきたいのは、夏場以降、全ての年のEPS予想が低下していることです。22年6月時点においては、22年EPS予想は228ドルだったものが、23年に248ドル、24年に269ドルと、1年ごとに8~9%成長するシナリオでした。

それが直近11月には、22年EPSが228ドルから223ドルに低下しています。これの下落は現在の株価に反映されています。24年は253ドルと、6月時点からかなり下落しています。注目すべきは、22年度予想から23年予想が4%の成長となり、24年は9%の成長になっていることです。

注目すべきは、ここ直近の22~24年の成長率予想が、2年間を通して累計13.4%に低下していることです。一方、6月時点では17.9%もありましたので、2年間を通したEPS成長率は約4.5%の下方修正が入っていることが分かります。

24年EPSの低下傾向がさらに続く可能性があると、ISM製造業指数を基に簡単にご説明したいと思います。こちらをご覧ください。

ISM製造業指数は拡大から縮小に近づく

ISM製造業指数は、50を割ると景気後退に入る可能性が高く、株価が大きく下落する可能性があります。1日に発表の内容は、前月の50.9から50.2と、景気の分岐点まで近づいてきています。

ご覧の通り、過去、IMS製造業指数が50を割ったからといって、必ずリセッションに入っているわけではありません。リセッションに入って、大きくISMが低下する傾向が2000年、2008年、2020年に見られましたが、その前にも何度かISMが50を切ることはありました。今回は、まだ50を切っていませんが、来月以降50を割り込んでリセッションに入るかどうかは、ISMからはまだ確定的ではありません。

とはいえ、ISM製造業日数は業績に非常に大きな影響があります。景気後退に入るかどうかは別にしても、EPS低下はこの流れから来ていることを、簡単に説明したいと思います。

ISM製造業指数が示す業績悪化の流れ

ISM製造業指数と営業利益成長率は相関が高い

こちらは、S&P500の営業利益成長率を表したものです。2008年から今年までを集めたもので、青丸、赤丸で示した箇所があります。2016~2018年まで、ISMは50割れから60まで上昇、その後2019年頭~20年まで、60から50割れまでマイナスに転じます。それから再び、ISMが50から60まで上がり、今は下落し60から50まで下がってきています。

さて、ISMが50から60に上がる段階を青、60から50に向かうところを赤で示しています。営業利益の成長率は、ISMが上がっているときには時間と共に上昇修正されますが、ISMが低下している局面においては、時間経過と共に営業利益率が低下する傾向があることが分かります。現時点において、23~24年の見通しでは、赤丸のようにISMが低下することが予想されており、今後、営業利益率の成長が低下する可能性があることが分かります。

ISM製造業指数が大幅に上昇するとEPS予想も上方修正される

これがEPSにどう影響するかです。青丸は、ISM製造業指数が50から60に向かっているところ。赤丸が60から50を切る方に向かっていくところです。EPSが発表された後、どう推移したかを表したチャートで、2016~2018年にかけてISMが上昇した局面においては、時間経過と共にEPS予想が上方修正されました。一方、19~20年にかけてISMは60から50に向かいます。この差はEPS予想が時間と共に下落し、最後はコロナショックで大きく下落します。

その後、非常に緩和的な姿勢になり、ISMがプラスになったときは、21~22年のEPS予想も時間と共に上がります。今回、50に向かって50を割るかという段階に来ていますから、23~24年予想は今後下がっていくだろうと、十分に考えられます。

ISM製造業指数がリセッションに入るか、入らないかの判断ではなく、今後のEPS予想がさらに下がることから考えると、現段階からEPS予想の成長はそもそも下がっています。今後下がってくるとなれば、EPSの低下は株価に大きなマイナスの影響があります。

今、マーケットの関心事としては、インフレ、金融政策に中心になっていますが、根本となる企業業績の悪化、成長性の鈍化は、株価に上昇のインセンティブが働かなくなります。中期の投資家から見ると、株価はいまだ上値が重たい状況が数値として続いていると認識してください。

日々の株価動向ばかりを見ていると、EPS低下はなかなかインプットされにくいですが、23~24年という直近2年間のEPSは低下する可能性が高そうです。そして、それを支えるISM製造業指数は、これからも下がっていく可能性が示されています。

では、EPS低下をさらに深める可能性のあるISMは、今後どうなるのでしょうか。

ISM製造業指数とトリム平均PCEコア

来年リセッション入りの確率が高くISM製造業指数は低下に向かう公算

冒頭のチャートに戻ります。ブルームバーグでは、12ヶ月以内にリセッション入りする確率が100%になったと、ニュースとして流れました。さらに、数日前アメリカの金利、3ヶ月と10年の逆イールドも発生しています。これが発生すると、12ヶ月以内にリセッション入りする確率が相当高くなります。

先ほど見た図表の右側、グレーの網掛けを入れさせてもらいました。このグレーの網掛けは、リセッションに入るとISMがさらに加速度的に下落することを示しています。今の50を割るかどうかの水準から、さらにディープニングすることが予想されるため、その意味では、リセッション入りした後はISMが低下します。EPS予想もさらに低下する可能性があります。

さらに、そういった中において、リセッションに入らないようFRBが今晩、景気に配慮したような金融政策を取ってくるのではないか、ハト派に転じてくれるのではないかとの期待感も、マーケットではあります。市場としては、インフレ低下が見られたということですが、本当でしょうか。最後にこちらをご紹介します。

ダラス連銀トリム平均PCEインフレが低下するには結局リセッションだより

以前1回ご紹介したかと思います。ダラス連銀トリム平均PCEインフレーションです。トリム平均PCEとは、PCEコア、PCEが、青いチャート、赤いチャートです。

ちなみに、赤いチャートがエネルギー等を含めたPCEコア、青いチャートが、エネルギー、食料品を除いたPCEです。それに比べ、今ご紹介しているトリム平均PCEは、価格変動がとにかく大きな物品、サービスを除き、変動が大きな上位31%と、下位21%を取り除き、真ん中がどうなっているかの推移を表したものが、緑のチャートです。

トリム平均PCEは、FRBがすごく重視している指標と認識されています。その数字が、実は今6ヶ月平均で5%まで上昇しており、この水準は1980年まで遡らなければならないほど、トリム平均PCEコアが高い状態になっています。

ここでお伝えしたいことは、FRBが重視しているインフレに関する指標、グレー網掛けからも分かる通り、リセッションに入らないと結局は下落に転じることが無いということです。過去、1980年前半、90年、2001年、2008年、2020年と、全てトリム平均が下落したのは、景気後退に突入した後だと確認できています。

FRBがインフレを抑えようとした場合、金融政策だけではなく、ある程度のリセッションを覚悟し、あるいはそれを受け入れないとインフレが収まらないことがあります。マーケットで言われるような景況感に配慮した政策を取るのではないかというのが、マーケットの過剰な期待ではないかというのが、今晩以降分かってくるかと思います。

パウエル議長のコメントは、そういったところまで言及するのか。それとも、景気後退やむなしの内容かを見極めながら、EPS予想はリセッションに入ったとき、下落していくことを改めて確認していただければと思います。2023年のみならず、23年のEPS予想も既に低下を始めています。2年間の成長率も低下している現状を踏まえると、株価に対してどういうアプローチすべきかの判断となります。ぜひご参考にしていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事