【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

【米国株】市場に景気後退懸念。FOMCでFRBは懸念を払拭できるか?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今、マーケットでは2023年のリセッション入りが懸念されています。14日に開かれるFOMCにおいて、マーケットの懸念を払しょくできるかを見ていきたいと思います。

FRBとマーケットに経済見通しにギャップ

市場の経済予測はFRBよりも厳しい

左の図表をご覧ください。9月のFOMCで発表されたSEP、FOMCでの経済見通しです。赤枠はGDP見通し、黄色枠は失業率です。ご覧頂きたいのは、右の図です。こちらは、FRBの予測、民間企業のNWの予測に、どれだけギャップがあるかを示したものです。

薄い水色がFRBの予測、濃い青色がNWの予測です。右図表も、三つに分かれています。まずは、一番左のPCEインフレーションをご覧ください。こちらを見て分かる通り、FRBとNWの見通しがほとんど変わっていません。昨日のCPIの結果も市場予想を下回り、市場コンセンサスとしては、来年緩やかに物価が下がっていくとある程度固まってきているため、FRBとNWの予想があまり変わらないとして、今晩の材料にはあまりならないと考えられます。

一方、問題となるのは真ん中です。GDP予測が全く異なった結果になっています。FRBは、来年1.2%の成長を見ていますが、NWは、1%を超えるマイナス成長としています。

さらに、失業率も異なります。FRBは来年4.4%としていますが、NWは5%を超えるとしています。FRBは来年ソフトランディング、景気後退を伴わない状況を目指していますが、NWなどの民間金融機関は来年失業率が上昇し、GDPも大きく低下すると予測していることが分かります。民間金融機関を中心に、来年はリセッション入りするのではとの懸念が高まっている中、今晩、FRBがどのように押さえることができるかに注目が集まっています。

バンクオブアメリカも23年度は民間需要の崩壊を予測

さらにこちらをご覧ください。こちらは、バンクオブアメリカのリサーチです。来年2023年、2024年の経済見通しを表したものです。23年は第1~第3四半期とマイナス成長を予測しています。背景には、需要の崩壊とコメントしています。具体的に見ていきましょう。

濃い青はPCE、個人消費です。個人消費が第1~第3クオーターでマイナスです。水色の民間の設備投資、黄色の住宅投資、紫の企業の抱える在庫もマイナスと、経済先行き見通しが悪い、あまり在庫を抱えないでおこうとして、GDPにマイナスとなっています。

個人消費、設備投資、在庫といった需要サイドがかなり減速し、来年のGDPはマイナスになると、バンクオブアメリカが予測しています。これから分かる通り、FRBはプラス成長を見ている一方、民間金融機関はマイナス成長を予測しています。では、予測の根拠は何でしょうか?

景気後退懸念の背景

民間の設備投資の先行指標は減少の見通し

まずは民間の設備投資を見てみます。左のチャートは、設備投資が来年頭ごろから低下する事を表しています。赤いチャートは、ISM製造業指数の新規受注、New Orderです。前年比でマイナスと、新規受注が伸びていないことが見て取れます。それに遅れて3ヶ月、設備投資が減少すると、黒いチャートからは分かります。

ISM製造業指数を基にすると、来年前半から設備投資が減少するということで、バンクオブアメリカの設備投資マイナスと同じ状況を表しています。

さらに右側をご覧ください。こちらは、銀行の貸し出し態度です。赤いチャートがマイナス0を割っている状況は、前年比で貸し出しがマイナスとなっていることを示します。

マイナスになった局面は、グレーの網掛けで分かる通り、必ず景気後退に入っています。銀行の貸し出しも渋くなり、新規受注も減っている、設備投資が減ってくるということで、来年の民間設備投資はかなり厳しいのではないかとの予測が、成り立っていると分かってきました。

住宅投資も減少の見通し

さらにこちらをご覧ください。住宅投資も来期はマイナスの予測です。左のチャート、住宅部門のGDPマイナスは、景況感とかなり大きく連動していると分かります。グレー網掛け、景気後退局面では、かなり住宅ローンがマイナスになるとして、失業率上昇、今後の生活設計を考えると、住宅投資を控える傾向があります。来期も、住宅投資、経済が悪化するということで、住宅部門のマイナスの影響が続く可能性が高いと考えられています。

さらに、右をご覧ください。こちらは住宅ローン金利です。現在、6.5%まで下がったと言われています。秋先には7.5%近くまで上昇したことを考えると、確かに低下していますが、2000年以降3~4%だった住宅ローン金利を考えると、3%以上高い状況です。金利状況から見ても、住宅部門が来年回復するとは、少し期待しづらいと言えるでしょう。

住宅投資、設備投資が減速する中で、民間金融機関が予測するGDPのマイナスが正しいのではないかと思われます。そういった予測を払しょくするには、14日のFOMCでどういったことがあればいいのでしょうか。こちらをご覧ください。

FRBは市場のリセッション懸念を払拭できるか

こちらのチャート、黄色部分は、9月におけるターミナルレート予測です。一方で、赤いチャートは直近のターミナルレートの予測です。9~12月にかけて、インフレがまだまだ鎮静化できていなかったこと、FRBメンバーのタカ派的姿勢を受けて、5%の金利を超えるとは予測されていませんが、5%近くまで金利が上昇すると確認されています。

14日、4%が4.5%に上がり、来年2月には0.25、もしくは0.5利上げを行い、恐らく5%近くまで上がると、赤い丸の点線で予測されています。その結果起きることは何でしょうか。赤いチャートと黄色いチャートの違いは、利上げの到達点が高くなったことで、その後のリセッションが早く起こると、赤いチャートは予測しています。赤いチャートが黄色のチャートを下回っているのは、利下げスピードがより速いことを表します。ターミナルレートの上昇で、利下げに追い込まれるような景気後退に入る可能性が、今は高いとマーケットが感じ取っているのです。

今晩出てくる0.5%の利上げ、来年2~3月の0.25、もしくは0.5と発表される限り、市場におけるリセッション懸念は払しょくされない可能性があります。例えば、ターミナルレートが4.5%で止まる、もしくは来年には景気後退を見据え、ターミナルレートが高止まりすることなく、政策金利を柔軟に引き下げることを検討するとパウエル議長がコメントすれば、赤いチャートは緩やかな下落に留まり、ソフトランディングとなれば、マーケットのリセッション懸念は払しょくできる可能性があります。

一方で、今の資産価値上昇、株価や債券価格の上昇を踏まえると、インフレ鎮静化ができる状況ではないと、タカ派的発言をする可能性があります。タカ派発言が出てくると、さらにターミナルレートが上昇したり、来年の利下げが遠のいたりすると、マーケットのリセッション懸念はより高まり、今後の株価の上値は重くなります。

今晩のFOMCの声明文、パウエル議長のコメントによっては、今後の株価が大きく影響を受けます。民間金融機関が出しているリセッション可能性が、より高まるやもしれません。ぜひ慎重にマーケットを見定めながら、今後の戦略を立てていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事