【米国株】もし、米国がディスインフレになった場合に有望な株式セクターは?【1/23 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

2023年がディスインフレーションになればというテーマで、本日はお伝えします。ディスインフレーションとは、金融政策で物価の上昇が沈静化しつつも、デフレにはならないことを指します。

このテーマを選んだのは、20日セントルイス連銀のブラード総裁が「2023年はディスインフレーションの年になるのではないか」とコメントしたからです。ブラード総裁は、急激な利上げで物価を沈静化する、タカ派です。彼は、昨年からディスインフレーションの可能性を指摘していました。今までも急激な利上げの結果、ある程度CPIが下落基調に入っていることから、ディスインフレーションに入る可能性があると、マーケットは意識し始めています。

では、ディスインフレーションが起こった場合、アメリカの株式市場で有望だったのは、過去どういったセクターだったのでしょうか。分析しましたので、最後までご覧ください。

・マーケットではディスインフレへの意識がされています

今回の記事は、ディスインフレーションになると伝えるものではありません。ディスインフレーションになるため、このセクターを買いましょうと示すものでもありません。

セントルイス連銀のブラード総裁は、タカ派として有名な、マーケットにインパクトを与える存在です。その彼がディスインフレについてコメントした結果、マーケットはディスインフレを意識しています。こちらの記事は、仮にディスインフレになった時、どういうセクターが有望かをご説明するものです。あくまでもケーススタディとして、ご確認いただければと思います。

それを踏まえて、左の図表をご覧ください。M2といわれるマネーサプライで、市中に出回るお金がどの程度かを示したものとなります。前年比で、マイナスの水準まで引き上げられています。市中に出回るお金の減少は、インフレの鎮静化とも関係します。実際にはどうか、右の図表を見てみましょう。

右の図表は、赤いチャートがM2、青いチャートがCPIです。M2が前年比で低下すると、CPIが高い連動性を示すことが確認できます。しかも、M2はCPIに対して16ヶ月先行します。今のM2の下落は、今後CPIがある程度コントロールできる状況まで下がることを示していると考えられたことが、ブラード総裁がディスインフレに入ると言った背景にあるのでしょう。

・まだインフレが完全に鎮静化できたとはいえない状況

次にこちらをご覧ください。CPIにおいて、コアのグッズとサービスがどうなっているかを示したものです。左のチャートは、青がCPIコアのグッズ、赤がCPIコアサービスです。グッズが下がってきている一方で、CPIの58%と大部分を占めるサービスは上昇しています。そのことから、サービスでのインフレ鎮静化は確認できていない、CPIがまだまだ簡単には下がらない可能性があると、マーケットでは認識されています。

次に、右のコアスティッキープライスインフレーションをご覧ください。下方硬直性がある粘着性の高いもので、なかなか鎮静化しないことを表しています。粘着性が高いこと、サービスが高いことから、インフレが完全に鎮静化できたとは言えません。しかし、今回はあくまでディスインフレーションになれば、インフレが鎮静化できた場合としてご覧いただければと思います。

・インフレ後退期にはトレーリングEPS低下(業績悪化)

こちらをご覧ください。過去アメリカで起こった、大幅なディスインフレーションを取り上げました。緩やかな物価下落ではなく、ある程度スピーディーな物価下落が起こったとき、株価にどういうインパクトを与えたかを分析したものとなります。

今回取り上げたのは、S&P500のトレーリングEPSです。株式予想では、通常12ヶ月EPSを使用します。しかし、ディスインフレ時にどのくらい業績が悪化したかを分析するため、過去12ヶ月実績であるトレーリングEPSを、今回は使用します。

大幅なディスインフレのサイクル中は、平均19%の下落です。ディスインフレーションが起こる状態では、物価が下がる中で業績も下がります。業績下落の影響を受けやすいセクターが株価としては軟調となり、影響が少ないものはアウトパフォームすることが分かります。

・実際のディスインフレ期に強いセクター

こちらをご覧ください。アメリカの強いディスインフレーションにおいて、強かったセクター、弱かったセクターを分析したものです。強いセクターは成長セクター、弱いものはシクリカル、景気敏感系が弱かったと確認できました。

青い棒チャートはアメリカです。こちらが上に向かっているものは、赤丸で囲ったヘルスケア、情報技術(IT)、通信、一般消費財サービス、公共事業、素材です。素材はシクリカル要素がありますが、ほとんどが成長セクターにお金が入っていることが分かります。一方でディスインフレーションに弱いセクターは、不動産、生活必需品、金融、資本財、エネルギーです。

強いディスインフレーションが起こると見込まれる場合、ヘルスケア、情報技術、通信、一般消費財サービスが有望な投資先と分かります。

・金融機関の資産配分の最適化モデルでは

次に、UBSが出した最適な資産配分モデルを見てみましょう。ディスインフレーションが起こった場合、どういったセクターにオーバーウェイとするか、アンダーウェイトするかを出したものです。ディスインフレーション時にいいパフォーマンスを出すものに、振り分けていることが分かります。

欧州の金融機関を含め、大手機関投資家たちはディスインフレーション時、こういったことを分かったうえで行動しています。こういったセクターが有望になりやすいと認識しておく必要があるでしょう。

なぜこういったセクターが有望なのでしょうか? 営業レバレッジが関係しています。

・ディスインフレ時期は営業レバレッジがマイナス要因へ

こちらの営業レバレッジを表した図表をご覧ください。インフレが強い時、営業レバレッジの高いセクターがアウトパフォームしています。一方でディスインフレ時、インフレが下がるときには、営業レバレッジが低い方がプラスになると分かります。今年、もしディスインフレーションになるようであれば、図表の下のものの方が上がりやすく、成長セクターであることがポイントになるでしょう。

ちなみに営業レバレッジとは、売上高変動に伴い利益額が大きくなるセクターかどうかを表したものです。営業レバレッジが高い企業ほど、固定費が高い傾向があり、売上が伸びるときに利益率が上がりやすいです。一方で、物価が下がる局面、売上が落ちる局面では固定費の負担が大きくなり、マイナスになるとお考えください。

22年初期、マーケットでは、インフレがここまで進むとは思われていませんでした。そのためインフレが進んでも、営業レバレッジの高いエネルギー、金融に対するプラスの影響は最初、過小評価されていました。

23年、インフレが鎮静化できるかどうかは分かりません。ただ、ディスインフレが進むようであれば、営業レバレッジの大きなセクターは、大きくマイナスの影響を受けます。そして、緑のようなグロースかつ営業レバレッジの低いところには、フォーカスが当たる可能性があると認識いただければと思います。

そのことを踏まえると、先ほどの最適なアロケーションも、こちらに準ずる形となっています。もしディスインフレとなれば、こういったセクターが選ばれやすいことが確認できました。

・2022年のパフォーマンスと資金流入

最後に、2022年のパフォーマンスと資金流入を見てみましょう。左のチャートは、2022年の米株式における、セクター別パフォーマンスです。最も大きく売り込まれているのは、通信、一般消費財サービス、情報技術のセクターでした。

一方、エネルギーは大きく上昇しています。大きくインフレが進んだ2022年は、営業レバレッジの高いところにお金が集まりました。営業レバレッジが低く、成長性が損なわれる恐れのあるセクターは売られたのです。ディスインフレになると、有望なセクターが売られていたといえます。

次に、右のチャートをご覧ください。株価のパフォーマンスはマイナスでしたが、各セクターにどのくらいのお金が入っていたのでしょうか。

昨年は株価が大きく下落しました。しかし、テクノロジー、ヘルスケアのようにディスインフレーションに有望なところには、着実にお金が入っていました。今年、もしもディスインフレーションが進むようであれば、こういった株価は純流入が期待されます。今後ディスインフレーション、物価が下がってきた場合、セクターの資金流入がどうか確認すると、その資金の流れが本物かどうか確認できるでしょう。

本日は、ディスインフレーションについて確認しました。冒頭でもお伝えしたように、ディスインフレーションに入ると決まったわけではありません。あくまで、ブラード総裁の「2023年はディスインフレーションの年になるのではないか」という発言を受けたものです。

インフレが下がったとき、ディスインフレーションで買われやすいセクターが買われているのであれば、マーケットがディスインフレーションを期待していると分かります。逆に、買われやすいセクターが売り込まれるのであれば、まだインフレが続くとマーケットが考えていると分かります。今後の決算、2月のFOMCの政策を見ながら判断ください。ディスインフレーションになるのか、インフレはまだ鎮静化されないのかで、セクターの有望性は変わります。参考にしていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事