【米国株】景気先行指数が悪化。いつ株価に影響を与えるか?

【米国株】景気先行指数が悪化。いつ株価に影響を与えるか?

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

23日、カンファレンスボードによる景気先行指数(LEI)が発表されました。今後の先行きを見通すものとして注目されていましたが、結果は予想を上回るマイナスとなりました。米企業決算においても、テキサス・インスツルメンツや3M、マイクロソフトの決算ガイダンスはあまり良くありませんでした。

ということで、本来であれば株価が下落する局面でしたが、株価は下がることなく、上昇をしています。本日は、景気指標、ガイダンスが悪化する中でも、なぜ株価が大きく下がらないのか、また、いつ影響が出てくるかを見ていきたいと思います。

景気先行指数は景気後退を示唆

カンファレンスボードの景気先行指数はリセッションを示唆

こちらは、カンファレンスボードによる景気先行指数です。事前予想マイナス0.7%が、結果はマイナス1%。景気先行指数が10ヶ月連続でマイナスと、非常に厳しい状況です。

10項目からなる景気先行指数は、今後の景気動向に先駆けて動く指標を加重平均して算出しています。具体的な10項目の内訳は、製造業の週平均労働時間、週平均失業保険申請件数、消費財新規受注、入荷遅延率、非国防資本財受注、新規住宅着工件数、S&P500(株価)、実質マネーサプライ(M2)、長短金利スプレッド、消費者期待度指数。

では、この指標が10ヶ月も連続でマイナスになったとき、景気にはどういう影響があるのでしょうか。

右のチャートをご覧ください。縦軸は、過去何回連続でマイナスになったかを表しています。今回は10回連続ですから、10回に赤線を引かせていただきました。過去10回以上連続でマイナスとなった月は、100%リセッションに入っています。10回連続マイナスという結果だけでも、本来は株価にはマイナスの材料といえます。

景気先行指数は低下率でもリセッションを示唆

さらに、こちらをご覧ください。景気先行指数の6ヶ月間の変動率です。6ヶ月の移動を年換算で示したものが青いチャートになります。カンファレンスボードによると、黒線は危険水域で、赤線はリセッションのシグナルです。現在は、危険水域の-5%を下回り、今の水準は約10%です。危険水域を下回ると、過去は全てリセッションに入っています。

10ヶ月連続でマイナスとなったこと、また、-5%のマイナス率であることから、リセッション入りの可能性はかなり高いと言えます。この指標は、月曜日に発表されたため、本来は株価が大きくマイナスに反応しても良いところでしたが、実際には株価は大きく上昇しています。

2024年のEPS予想が影響している

FRBが最も注目しているイールドスプレッドもマイナス拡大中

さらに、こちらをご覧ください。FRBが最も重要視しているイールドスプレッド、3ヶ月-18ヶ月後の3ヶ月金利です。マイナスに入ると、過去リセッション入りしていることが確認されています。

このイールドがマイナスになれば、リセッション入りすると認識して利下げすると、パウエル議長は過去言及していました。しかし、これだけマイナスになっているにもかかわらず、2月は0.25%の利上げ予想。今後も抑圧的な金利状態が続けば、さらにリセッション入りする確率は高まると考えられます。

今後は23年EPSに加えて24年のEPSの動向に注意

こういった状況がそろっているにもかかわらず、株価が上がっている背景は何でしょうか。こちらの2023年、2024年のEPS予想をご覧ください。23年のEPS予想が緑のチャート、24年のEPS予想が赤い点線です。今年に入ってからも、EPS予想は下がっています。しかし、リセッションに入ったような下落率ではありません。リセッションにおけるEPSは、過去平均で15~20%近く下落しています。

今年に入り、23年、24年EPSは確かに低下しています。しかし、過去平均の下落割合から見ると、まだ小さなものに留まっています。このことから、現在のマーケットのEPS予想は、リセッションを織り込んでいません。

注目すべきは、アナリストによる企業のEPS予想です。3M、マイクロソフト、テキサス・インスツルメンツといった、影響の大きな決算ガイダンスが悪化しました。そのことで企業EPS予想が低下すると、S&P500のEPS予想も低下を始めますが、まだ企業のEPS予想の低下は始まっていません。そのため、なかなか株価が下がりにくいというのが、一つ目のポイントです。

二つ目のポイントです。1年間のEPS予想の期間は、本日時点では23年1月25日~24年1月25日になります。このように、日が進むにつれて徐々に1年後のEPS予想に24年EPS予想が組み込まれていきます。24年EPS予想がもし高止まりするようであれば、予想EPSも上昇することになります。つまり、時間の経過と共に、24年EPS予想が下がるかどうかも注目で、もしEPS予想が下がらなければ、株価が崩れにくい状況が続くと言えます。

今後の注目点は、企業決算ガイダンスが、23~24年EPS予想にどう影響するのかです。株価のバリュエーションに大きな影響を与えます。今後の決算発表については、ガイダンスを見ながら判断いただければと思います。

業績悪化が長くなるようであれば、24年EPS予想は下がります。一方で、業績悪化が短期的なものになり、年後半には回復トレンドに入るとなれば、24年のEPS予想は高止まりし、今後、株価は下がりにくくなります。今後は、23年、24年EPS予想の両方を見ていただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

日経VI:今後の日経平均や株式市場への影響と注意点

最近、中東情勢の緊張と原油価格の上昇によってリスクオフムードが高まり、日経平均ボラティリティ・インデックス(日 …

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

【米国株】‌今週末から米国企業決算が本格的にスタート。S&P500の現状分析と注目点。【4/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。12日から米国金融機関を中心に、2024年度第1Qの決算発表がスタートします。 今年 …

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

【2024年最新】NISA口座開設・利用状況から見える投資家動向 

2024年に入ってから、NISA(少額投資非課税制度)の利用が大幅に拡大しました。本記事ではまず、NISA口座 …

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

バブル期の高値を更新し、44%の上昇率を記録した日経平均株価:2023年度のマーケットを振り返る

2024年4月から新年度に入りました。2023年度のマーケットを振り返ると、改めて日本の株式市場は記録的な1年 …

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

【米国株投資】‌なぜ今年は米国小型株に注目する人が多いのか?【4/1 マーケット見通し】

本日は、米国株投資を取り上げます。今年に入り、米国小型株、ラッセル2000に注目する人が増えています。最近は、 …

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

【米国債券投資】‌6月利下げの可能性が高まる中、利下げ開始後の債券ETF投資戦略について【3/25 マーケット見通し】

先週のFOMCを受け、6月の利上げ可能性が高まってきました。その影響で、今後の長期金利低下などが期待される中で …

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

【米国株】‌いよいよ米国経済に変調の兆し。3月FOMCが米国株へ与える影響に注意【3/18 マーケット見通し】

先週の経済指標のいくつかは、アメリカの経済に、いよいよ変調の兆しがありと考えさせられるものでした。本日は、先週 …

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

【米国株】‌米国の雇用は本当に強いのか?それとも弱いのか?株価に与える影響大【3/11 マーケット見通し】

先週金曜日、アメリカの雇用統計が発表されました。それ以外にも、先週は、JOLTSやISM非製造業の雇用など、雇 …

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

【米国株】‌堅調な米国株式相場。目先の市場リスク要因は?【3/4 マーケット見通し】

本日は堅調に推移する米国株式市場ですが、目先にある市場リスクについて考えてみたいと思います。 先週までの企業決 …

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

【米国REIT】‌商業不動産への懸念がある中、今後の米REITの見通しについて【2/26マーケット見通し】

本日は、米国REITを取り上げます。ここ最近はアメリカの株式市場が強く、債券やREITへの注目が薄れがちです。 …

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

【米国株】‌米国投資家が2024年に債券投資を検討しておくべき理由【2/19 マーケット見通し】

本日のテーマは、『米国株投資家が2024年に米国債投資を検討しておくべき理由』です。 昨年から今年にかけて、米 …

【米国株】‌節目を突破したS&P500。このような時こそ注意しておきたい2つの死角【2/13 マーケット見通し】

【米国株】‌節目を突破したS&P500。このような時こそ注意しておきたい2つの死角【2/13 マーケット見通し】

本日のテーマは、節目を突破した強いアメリカの株式市場についてです。S&P500が5,000という節目を …

【米国株】‌上昇相場が続く中でトレンド転換の見定め方【2/5 マーケット見通し】

【米国株】‌上昇相場が続く中でトレンド転換の見定め方【2/5 マーケット見通し】

本日のテーマは、上昇相場が続く中でトレンド転換をどのように見定めるかについて見ていきたいと思います。 先週、注 …

【米国株】‌今回のFOMC以降に市場が注目するポイントとは【1/29 マーケット見通し】

【米国株】‌今回のFOMC以降に市場が注目するポイントとは【1/29 マーケット見通し】

本日のテーマは、今週最大の注目イベントであるFOMCです。FOMCはハト派的な内容になるとマーケットでは予想さ …

【米国株】‌米国大型株と小型株、2024年に期待できるのは?【1/15 マーケット見通し】

【米国株】‌米国大型株と小型株、2024年に期待できるのは?【1/15 マーケット見通し】

本日のテーマは、米国の株式市場において、米国大型株と小型株のどちらの方が2024年に期待できるかについて考えて …

おすすめ記事