【米国株】ISM製造業指数の低下が、S&P500の予想EPSに与えるマイナスの影響はどのくらいか?【4/5 マーケット見通し】

【米国株】ISM製造業指数の低下が、S&P500の予想EPSに与えるマイナスの影響はどのくらいか?【4/5 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今週に入り、米株式市場が軟調に推移しています。その背景には、3日発表されたISM製造業景況感指数の結果が予想を下回ったこと、製造業の経済活動の急減速への懸念が挙げられます。これは今後のマーケットに対してとても重要な指標結果です。本日は、ISM製造業指数の中身を簡単に見て、今後のS&P500の予想EPSに与える影響度合いについて見ていきたいと思います。

ISM製造業景況感指数は5ヶ月連続で収縮

米国製造業の活動は5ヶ月連続で収縮

まずは左下、ISM製造業指数の結果をご覧ください。

ISM製造業数は結果が46.3と、予想の47.5を下回りました。製造業の活動が停滞しています。前月比でも-1.4となり、内容としてはかなり厳しいです。左のチャートで見るべきは、グレーの網掛け部分です。過去11回、景気後退直前の、ISM製造業指数の数字を表しています。過去11回の景気後退の前月の数値は、42.1~66.2。大きなブレ幅ですが、過去11回の平均49.7を現在の46.3は下回る水準です。また、過去5ヶ月もこの水準を下回っている状態ですから、水準感としてもかなり景気後退の可能性が高まっているとマーケットは警戒する内容でした。

右のチャートをご覧ください。アメリカの10年金利は、この結果発表を受けて金利が大幅に低下。典型的な質への回避です。さらにサブインデックスを見ていただくと、景気後退がそこまで近づいていることが見えてきます。

サブインデックスも活動の減速を示唆

左のチャートは新規受注です。47.5の予想に対して44.3。予想を大きく下回り、新規受注が減っていることが分かりました。続いて真ん中は、サプライヤーの納期です。サプライヤーの納期が短くなっています。つまり、以前に言われていた供給サイドの根詰まりは解消されつつあります。

この根詰まり解消は、本来は明るい材料にも関わらず、残念なことに、右図表の製造業者の在庫は減少しています。今は、根詰まりがなくなっていますので、製造業者が在庫を増やしたいという意向があれば、いくらでも在庫が増やせる状態なのですが、需要が低いことから、企業は在庫を増やしたくないという意向がここに現れています。今後の製造業の活動が減速してくると、改めて認識させられるような結果でした。

今後もISM製造業指数の低下予想で景気後退懸念が高まる

この結果を受けて気になるのは、ISM製造業数の低下が、今後も続くかどうかです。結論から言えば、ISM 製造業数の低下が続く公算は高いと考えます。

左のチャートは、ISM に先行する新規受注-在庫です。マイナス幅が拡大していることが分かります。ちなみに、現在の新規受注ー在庫のマイナス水準は、過去に景気後退に入ったゾーンです。現在のように在庫の減少よりも新規受注が大きく低下している状況は、悪いシグナルです。

それを表したのが右側です。昨年7月の記事でお伝えしたものと、同じものをあえて使用しています。こちらのチャートは、緑のチャートが新規受注-在庫。左のチャートと同じものを表しています。白いチャートは、ISM 製造業指数の総合景況感指数です。これは、新規受注-在庫が、ISM製造業総合指数を3ヶ月先行することを示しています。

今の環境では、新規受注-在庫のマイナス幅は今後も広がりそうです。つまり、3ヶ月遅行するISM製造業指数も、今後も低下する可能性を示しています。現在の水準でもリセッションの確率が相当に高いのに、今後、ますます景気後退の可能性が高まったと言えます。これを材料にし、株式市場が軟化したことが1つ目のポイントです。

S&P500の予想EPSはここから10%程度低下する可能性も

ISM新規受注の低下が予想ESPに与える影響は大きい

次に、今回のISM製造業数の結果が、S&P500のEPS予想にどのような影響を与えるか、まずは左をご覧ください。

こちらはISM製造業指数のお客様の在庫が不足になります。チャートが上昇しているということは、在庫不足が徐々に解消されていることが分かります。つまり、顧客の在庫不足が徐々に解消しているということは、今後の新規の受注の回復はすぐには難しいことを意味しています。

新規受注の回復への望みが薄いことは、S&P500のEPS予想にどのような影響を与えるのでしょうか。右をご覧ください。赤いチャートは、ISMの新規受注(NEW Order)の3ヶ月平均を表しています。前年対比で10%近く新規受注が減っていることが分かります。

ポイントになるのは、ISM新規受注が、S&P500のEPS成長率を10ヶ月先行する傾向が見られていることです。ISM新規受注の前年比での下落が-10%ですから、約10ヶ月後にはEPS予想も昨年比で-10%になる可能性が、過去からは想像されます。そうなると、22年のS&P500のEPS実績である220の-10%、約198ドルまで下がってきてもおかしくありません。現在の2023年のEPS予想は、約220ドルで推移していますが、その水準から見ると、大きく下落することとなります。

さて、ISM製造業数の先行きの暗さが、今後の決算ガイダンスで出てくるようであれば、EPSの低下が始まる可能性があります。

銀行信用リスク懸念の回避先であるグロース株も利益の成長鈍化が示唆されている

最後に、こちらをご覧ください。ISM製造業指数の低下を表したものが赤いチャート。青いチャートは、グロース株の利益の成長率です。

ISM製造業指数の低下は、6ヶ月後のグロース株の利益低下を表します。今後もISM製造業指数の低下が続く公算が高いことから、今後はグロース株のEPSが低下してくることに警戒が必要です。

そこで注意しておくべきポイントとしては、今回の金融機関の信用危機において、信用の高いグロース株に資金が移っていることです。それによる株価の上昇が先月のマーケットを牽引してきたわけですが、グロース株の成長は今後鈍化し、利益率が低下し、資金の行き場を失ったらどうなるでしょうか。受け皿の大手グロース株の利益が低下すれば、さすがに株価から債券へFTCの流れが強まります。

今後は決算発表のガイダンスでは、ISM製造業数が示した利益の低下、収益力の低下を確認する作業になってきます。ISM非製造業指数にも注目していただきながら、今後の決算発表に向けて準備をしていきましょう。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事