【米国株】相場転換点のシグナル、米失業率の今後の動向に注目【4/10 マーケット見通し】

【米国株】相場転換点のシグナル、米失業率の今後の動向に注目【4/10 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

4月7日、マーケットで注目されていた雇用統計が発表されました。雇用統計の中身を見ると雇用者数、失業率の低下と、引き続きアメリカの労働市場が強いことが確認できました。

とはいえ雇用統計は、遅行して発表される統計であり、今後の株価の転換点を判断するには材料としては弱いことも知られています。本日は、雇用統計の中でも失業率に注目し、失業率が今後の株価の転換点のシグナルになることをお伝えします。

3月の雇用統計

3月の雇用統計はおおむね強い内容

簡単に雇用統計を振り返ります。3月の雇用者数は、予想の23万人を上回る23.6万人。雇用者数は、大きくは崩れていないことが確認できました。

失業率は前月3.6%から3.5%まで下がっています。FRBの次回利上げを正当化する内容だと言えるでしょう。

労働参加率は62.6%。前月の62.5%から、僅かですが上昇しました。労働参加率はここ数ヶ月連続して上昇していますから、こちらも次回のFOMCの利上げを正当化する内容になっています。

平均時給も前年比で+4.24%。前月比では+0.27%と、前月の+0.21%に比べても上昇スピードが上回っています。労働参加率、失業率から見ても、雇用はおおむね好調で、次回のFOMCで0.25%の利上げが実行されるのではという市場の折り込みに沿った内容のため特に大きな波乱もない結果となりました。

次に下のチャートをご覧ください。こちらは失業率を表しています。3月は3.5%という結果が発表されましたが、1940年代から見ても3.5%の失業率はとても低い水準です。

失業率が上昇する局面は、景気後退の開始時期と重なります。今回、失業率が3.6から3.5に下がったことで、まだ景気後退が先ではないかという期待感がもたれています。では、失業率が低いままでこのまま続くのでしょうか? こちらをご覧ください。

失業率の上昇は株価の下落転換のシグナル

失業率と株価の関係です。結論から言いますと、失業率を表した黄色いチャートが上昇したときは、グレーのS&P500のチャートが下がっていることから強い相関関係にあると言えます。

黄色いチャートの失業率が大幅に上昇したときには、S&P500は大幅に下落しています。そのため、今後、失業率が上昇するのかしないのかが、とても注目されているわけです。先月3.6%から3.5%に下がったことで、まだ株価はそんなに大崩れしないと考えるマーケット関係者もいるでしょう。

金融機関の貸出態度に注目

貸出態度の厳格化傾向が強まる

次に、失業率が今後どうなるかを確認します。まず実は失業率に関係があることから見ていきます。こちらの資料は、銀行の貸出態度を調査したものです。

40%を超える水準というのはグレー網掛の景気後退局面では貸出態度が厳しくなることが分かっています。その意味では、今後景気後退に突っ込んでいくような貸出の厳格化が進んでいると分かります。

実際の貸出も大幅に減少

さらにこちらをご覧ください。こちらは貸出のボリュームがどうなったかを表しています。

3月下旬の2週間、アメリカの商業銀行のローンとリースの残高、貸出が大幅に減少したと報告されています。減少の幅は、ITバブルやリーマンショックを上回るほどの急激な信用収縮とのことです。貸出態度もさることながら、実際の貸出も減ったことが確認されました。

では、貸出態度はS&P500に大きく影響する失業率に、どのような影響があるのでしょうか。こちらをご覧ください。

こちらのチャート、黄色いチャートが失業率で、上昇は失業率の上昇を表します。青いチャートは銀行の貸出態度を表しています。貸出態度が上に向いた後、失業率は遅れて上昇する傾向があります。1999年も貸出態度が2000年に向かうにつれて上昇し、2000年に入って失業率が上昇する。リーマンショック時も2006年から貸出態度が厳格化し、その後2007年から失業率が上昇しています。コロナショック時も同じように、まず貸出態度が厳格化し、失業率が上昇する傾向がありました。今回も40%を超える貸出態度の厳格化の水準となっています。今後おそらく失業率が上昇してくるというのが、1つ目のポイントです。

2つ目のポイントです。失業率は確かに貸出態度に遅れて上昇しますが、過去を見ると、かなりタイムラグがあると確認されています。まだ失業率は低いまま推移するのではないか。株価はそんなに大きく崩れないのではないかと、お考えの方もいるかと思います。しかし、よくよく見ると、貸出態度が40%を超える水準の後は、早々に失業率が上がる傾向があります。今回、貸出態度が40%を超えてきましたので、来月以降の失業率は、もしかしたら上昇に転じる可能性があると意識しておく必要があります。今回3.6%から3.5%に下がったので、株価にはそんなに影響がない失業率水準だと考えると、そろそろ転換点を迎える可能性があることには、注意が必要でしょう。

新規失業保険申請件数に注目

さらに失業率が上昇するかもしれない背景として、こちらもご覧ください。下のグラフはジョブレスクレーム、新規失業保険申請件数を水色のチャートで表しています。これは逆メモリですから、チャートが上に行くほど失業率の申請件数が少なく、下に行くほど失業保険申請件数が多いことを表します。

これと相関が高いのが、濃い青のチャート、融資の貸出態度です。貸出態度が下に向かう(厳格化する)ようであれば、失業保険の申請件数が増えると確認されています。こういったギャップが生まれている状態ではありますが、引き締めが続くとなれば、いずれ失業保険の申請件数が増えてくるのではないかと言われています。

新規失業保険申請件数に注目する理由です。新規失業保険の申請は、失業率とすごく相関が高いです。そのため、月に1回発表される雇用統計よりも、毎週発表される新規失業保険件数に、今後マーケットがさらに注目する可能性があります。4週移動平均の23.7万人という数字が上昇するようであれば、失業率上昇につながると、今後見ていただければと思っています。

では、実際に上昇してくる可能性があるのでしょうか。インディードの求人件数は減少傾向にありますし、チャレンジャーが公表している人員削減の数字もかなり増えています。労働需給は改善してきている状況で、申請件数が増えてくる可能性が高いというのが1つです。

さらに、雇用統計で発表された週平均の労働時間は34.4時間。前月から、さらに減少しています。20年4月以来の低水準と、仕事をもらっている方の平均時間は34.4時間まで減っています。雇用主は人員削減を行う前に、従業員の勤務時間を短縮することで、まずはコスト削減を行う傾向があります。Indeed、チャレンジャーが公表している人員削減計画に加え、雇用統計で出た週間平均労働時間の減少、短縮は、今後の雇用者数減、失業率上昇の兆候にも見られます。今後の失業率には、注目が必要です。

7日に発表された雇用統計で、ある程度の顕著な数字が確認でき、安心材料になりました。ですが、失業率が3.5%に下がったことで、失業率上昇の材料も徐々に増えています。

銀行の貸出態度は、これから厳格化が進むと予想されます。そうなると、失業率上昇は株価にも大きなインパクトを与える可能性があります。毎週の新規失業保険申請件数、雇用に関するニュースが、これから注目される局面になってきます。今後もそういったところの情報を収集していただきたいと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事