【米国株】決算通過後、S&P500の予想EPSが上昇。今後の株価見通しについて【5/8 マーケット見通し】

【米国株】決算通過後、S&P500の予想EPSが上昇。今後の株価見通しについて【5/8 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

5月5日までにS&P500の85%の企業が決算発表を終えました。マーケットの事前予想がかなりネガティブに下方修正され、警戒されていましたが、事前予想を上回ったことで2023年のEPS予想が若干上昇しています。

今後もEPSが上昇していき、株価が上昇するとのマーケット予想がある一方で、先週から続く地銀の問題や景気後退などの懸念が下押し要因として両立する状況です。

そこで今回は、2023年のEPSの上昇見通しが今後も継続できるかどうかを分析してみました。ぜひ最後までご覧ください。

S &P500のEPS予想はやや上昇

決算後、S&P500の予想EPSは緩やかに上昇

事前予想で第1Qの決算はかなり悪いのではないかとの警戒感から下方修正がされていましたが、予想を馬回りましたよという結果が左の図表になります。白いチャートは2023年の第1Q、オレンジが第2Q、青が第3Q、そしてピンクが第4Qです。第1Qが予想を上回ったことで上昇しています。一方でオレンジ(Q2)以降のチャートはほぼ変わりはありません。

次に右のチャートです。2023年予想EPSは少し上昇しています。これがマーケットの安心材料となり、先週、市場の不安が和らいだ要因です。

今回のEPS低下はピークから-4%程度に収まるとのコンセンサス

左の図表は、今後12ヶ月、5月5日から来年の5月までの12ヶ月予想EPSです。

S&P500の(黒チャート)も上昇していますし、NASDAQ100(紫チャート)も上昇しています。今後1年間、予想EPSが上昇したことで警戒感が一時期よりも薄れてきています。

その結果、右側のようなEPSの推移がコンセンサスになっています。濃い青のチャートが実際の結果で、水色のチャートがこれからの予想です。2023年のピークから、EPSの下落は-4%に留まると予想されています。過去の大きなリセッション、ドットコムバブルでは-28%、リーマンショックでは-34%、そしてコロナショックが-15%でした。今回は-4%程度で終わるというコンセンサスになっています。

このような明るい見通しがある一方で、景気動向に対する警戒感が高まっている面も忘れてはいけません。

今後EPS予想が低下する可能性

M2マネーサプライが急激に減少中

先月末に発表された報告によれば、M2(マネーサプライ)が急速に減少していることがわかります。左側の図表は、緑がM2の前年比のチャートです。M2が大きく前年比マイナスに転じています。緑のチャートが前年比でマイナスになると、ご覧の通りその後グレー網掛け、リセッションに入ることが確認されています。

リセッションに入るのは、橙色チャートのリアルGDPがマイナスに転じているからです。マネーサプライが前年比で減少すると確実に経済の減速を引き起こし、GDPがマイナスとなり、結果としてリセッションに突入します。現在のM2の状態から見ると、今後リセッションに突入する確率が高まっていることは間違いありません。

次に、右の図表をご覧ください。ウェルズ・ファーゴは、2023年第3Qから2024年第1Qまでの3期にわたり、GDPのマイナス成長を予想しています。2期連続でGDPがマイナスになることは、テクニカルリセッションを意味します。3期連続でマイナスになると、全米経済研究所(NBER)がリセッション認定をする可能性が高いと言えます。このようにリセッションに入った場合、EPS(一株当たりの利益)が市場のコンセンサスの通りに本当に上がっていくのでしょうか。

GDPマイナス成長でも予想EPSの上昇予想は実現するか

ここで、次の図表をご覧ください。この図表は、左側に実質GDP、右側にS&P500のEPSを示しています。GDPがマイナスになる(赤い矢印)中で、マーケットはEPSの上昇(緑の矢印)を予想しています。

GDPが下がっていく中でEPSが上昇するというのが現在のコンセンサスですが、本当に実現できるでしょうか。マーケットの関心事です。そこで本日は、GDPがマイナスになる局面で、S&P500のEPSがどうなるのかを見ていきたいと思います。

GDPとEPSの関係

GDPがマイナス成長するとEPSは低下する

次の図表をご覧ください。過去のリセッション6回のケースを用いて、GDP、EPS、S&P500がどのように関係しているのかを簡単に見ていきたいと思います。まず1957年のケースから見ていきましょう。茶色のチャートがGDP、赤いチャートがEPS、青い点線がS&P500を示しています。青い矢印をご覧ください。GDPがマイナスに転じた点から、EPSも低下しています。GDPが低下すると、EPSも低下する傾向があると分かります。

次に、1973年のケースを見てみましょう。青い矢印でGDPがマイナスに転じた後、少し遅れてEPSもマイナスに転じています。このことからGDPがマイナスに転じると、それに遅れてか、あるいは同時進行でEPSが低下すると分かります。もしM2(通貨供給量)が減少し、それによりリセッション入りするとなれば、現在予想されているEPSの上昇に期待するのは少し無理があるかもしれないと、2つのケースからは推察できます。

また、注目していただきたい点が赤い矢印です。EPSの低下よりも、S&P500がどこでボトムをつけるかが皆さんの関心事だと思います。そこで、GDPがボトムをつけるポイント、S&P500がボトムをつけるポイントを赤い矢印で示しました。見ていただくと分かるように、GDPがボトムをつける前に、S&P500は既にボトムをつけています。これは1957年と1973年の両ケースで確認できます。

GDPがマイナスに転じている間にEPSが低下し、EPSが低下している最中はS&P500がボトムをつけています。ことは、マーケットの注目点であり、大きな関心を引いています。

次に、1980年と1989年のケースを見てみましょう。GDPが下落に転じた後に、EPSが低下しています。GDPが低下したときにEPSが上昇するケースは見られません。この2つのケースからも、リセッションに入る場合、EPSの低下は避けられないことが理解できます。

一方、赤い矢印を見てください。先ほどの2つのケースと同様、GDPがボトムをつける、マイナスが止まる前に、S&P500は既にボトムをつけています。

次に、2007年のリーマンショックと2019年のコロナショックのケースを見てみましょう。こちらも同じく、GDPがマイナスに転じた後にEPSが低下し、GDPがボトムをつける前にS&P500がボトムをつけていることが確認できます。

これら6つのケースから、M2や他の経済指標、各金融機関が示しているように、今年の第3Q、第4Q、そして来年の第1Qでリセッションに入るような状況になった場合、その間にEPSが下がると予想されます。現在のEPS上昇を前提とした株価の形成は、過去の事例からは少し誤っている可能性があるということが分かります。

GDPが大きくマイナスになっている間に株価がボトムをつけるかどうかですが、GDPがボトムをつける前に、S&P500が既にボトムをつけていることが確認できました。株式投資をされている皆さんにとっては、EPSがどうなるかも当然興味があるでしょうが、それ以上にS&P500のボトムがいつの時期に来るかに非常に興味があると思います。

そこで過去の8つのケースにおいて、GDPのボトムとリセッション、S&P500のボトムを見てみましょう。このためにリニューアルした資料がありますので、そちらをご覧いただきたいと思います。

景気後退とS&P500のボトムの関係

全米経済研究所(NBER)による米リセッション(1969年~1982年)

こちらの資料は昨年7月にお伝えした内容を、少しリニューアルしたものです。全米経済研究所によるアメリカのリセッションが認定された、8つのケースを取り上げています。このページでは、1969年~1982年のケースを示しています。

先ほど見ていただいたように、青いチャートのGDPがマイナス成長になっているケース、赤い線を下回っているような状況は、赤い網掛けのようにリセッションになっているケースが多いことが分かります。

上の図表をご覧ください。リセッションと書かれています。一番上のケースでは、リセッションの開始が1969年12月、終了したのは1970年11月となっています。リセッションの期間、赤い網掛けは12ヶ月間続いていますが、S&P500がボトムをつけたのは1970年6月、7ヶ月目につけたことが分かります。

次に、2つ目以降のケースも簡単に見ていきましょう。1973年のケースでは、リセッションが17ヶ月続きましたが、ボトムをつけたのは11ヶ月目でした。1980年のケースでは、リセッションが7ヶ月続きましたが、ボトムをつけたのは2ヶ月目でした。そして、1981年にはリセッションの期間が17ヶ月ありましたが、S&P500がボトムをつけたのは12ヶ月目でした。

この4つのケースからも分かるように、リセッションに入った後にS&P500がボトムをつけています。ウェルズ・ファーゴのGDP予想等も考慮に入れると、夏以降にリセッションに入るのであれば、ボトムはそれ以降に来る可能性があるとマーケットの関係者は認識しています。ですから、皆さんもぜひそういった目線で、引き続きマーケットをご覧いただければと思っています。

全米経済研究所(NBER)による米リセッション(1990年~2022年)

次にこちらをご覧ください。1990年以降から現在までの、4つのリセッションのケースを取り上げました。

1990年のケースにおいては、リセッションが9ヶ月ありましたが、4ヶ月目にS&P500がボトムをつけました。2001年のITバブルの時はリセッションが9ヶ月間続きましたが、リセッションが明けた19ヶ月後に珍しくボトムをつけています。つまり、期間中ではなく終わった後にボトムをつけているケースになります。2007年のリーマンショックでは、リセッションが19ヶ月間続きましたが、S&P500のボトムは16ヶ月目。直近2020年のコロナショックの時は、リセッション3ヶ月で、S&P500のボトムが2ヶ月目となっています。

第1Qが予想を上回る結果になったので、23年のEPS予想は上昇しています。ただ、このEPS予想というのは、あくまでもリセッションに入らないことを前提に作り込まれているとマーケットでは認識されています。もしもリセッションに入るようであれば、EPSは低下してきます。

では、EPSが低下していく中において、S&P500、株価はどうなるのでしょうか。EPSが低下している最中にS&P500がボトムをつける傾向があると、チャートをご覧になって分かったかと思います。さらにGDPがマイナスを続けているリセッションの間に、S&P500がボトムをつけると分かってきました。

1つの条件としては、リセッションに入る前に、S&P500がボトムをつけることはないということです。過去8回のケースを見てもお分かりになった通りです。今回も絶対にそれが当てはまるとは言えませんが、過去の歴史は韻を踏むことを考えると、夏場以降にリセッションに入ることがあれば、もう1回、その段階でベアマーケットに入っていく可能性があります。23年のEPS予想上がってきたことはプラス材料ですが、今後の経済状況、インフレ鎮静化が進むのかどうか。地銀問題が経済にどういった影響があるのか。そういったものを加えてマーケットに臨んいく必要がありそうです。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事