【米国債券】ハイイールド債券。今年は不調も、今後上昇に転じるのか。【5/19 マーケット見通し】

【米国債券】ハイイールド債券。今年は不調も、今後上昇に転じるのか。【5/19 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今週に入っても、アメリカの株式市場は上昇を続けています。その背景には、アメリカの債務上限問題が今週末に決着もしくは進展すると報じられていることがあります。その結果、ムードが少し楽観的に変わり株価が上昇しています。

さて、本日は、アメリカ株式市場の炭鉱のカナリアと言われるハイイールド債券(高利回り債券)の動向に注目します。ハイイールド債券が下落すると、米国の株式市場が追随すると言われています。今年に入ってからは、ハイイールド債券のパフォーマンスはあまり芳しくない状況が続いています。

今回、債務上限問題が片付けば、ハイイールド債券のパフォーマンスが上がるのか。それとも引き続き軟調に推移するのかを考えていきたいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

年初来のハイイールド債のパフォーマンス

ハイイールド債券は年初来で低迷が続く

こちらはS&P 500と、ハイイールド債券のHYG(ETF)を表したものです。このチャートは年初からの動きを表していますが、配当は含まれていません。

S&P 500は年初から約9.7%上昇していますが、ハイイールド債券であるHYGは年初から0.47%しか上昇していません。3月には銀行の信用不安が高まり、S&P 500も大きく下落。一時的にHYGとのパフォーマンスの差が縮まりました。その後S&P 500は価格を上げ続けたのに対し、HYGはほぼ横ばいの状況が続いています。S&P 500の上昇にハイイールド債券が追随するのか、それとも引き続き横ばい、または、下落が続くのかを考えたいと思います。

・今後ハイイールド債券のデフォルト率が上昇する可能性が高い

次に、ハイイールド債券のデフォルト率を確認します。左のチャートは、ダラス連銀が出した地銀の調査で、融資の貸出がどうなっているかを表したものです。5月に入っても、融資の引き締めが加速していることが明らかになりました。融資が厳格化していることは皆さんもご存知だと思いますが、ますます厳格化が進んでいるようです。

そこを踏まえた上で、右のチャートをご覧ください。融資の厳格化を表したものが青い棒グラフ、デフォルト率は水色のチャートで示しています。

融資の厳格化が進むと、棒グラフが上に伸びていくわけですが、現在のグラフをご覧になっていただければ分かる通り、厳格化は既にかなり進んでいます。そこに9ヶ月(3Q)遅れて、デフォルト率が上昇するとドイチェバンクの資料には出ています。今回も厳格化が進んでいて、年初来デフォルト率が上昇に転じていることが分かっています。チャートを参考にすると、2023年以内はデフォルト率が上昇を続ける可能性が高いです。デフォルト率が上昇することは、HYGの価格に大きな影響を与えることになります。

ハイイールド債券とS&P500の現状

ハイイールド債券のスプレッドは上昇中

次のチャートは、赤がハイイールド債券(HYG)のスプレッド、青がHYGの価格を示しています。ハイイールド債券のスプレッドとは、HYGのようなハイイールド債券と米10年国債の金利差を指し、上に行くと拡大を表します。国債の利回りに対してスプレッドが広がっていると、HYGのリスクが高いと判断されます。このハイイールド債券のスプレッドは、デフォルト率と高い相関があることで知られています。銀行の貸出態度からは、年内にデフォルト率上昇の可能性があると想定されます。赤いチャートのハイイールド債券のスプレッドも、上昇する可能性があると言えます。

そうなったときには、HYGの価格が下落に転じる関係がチャートからは見て取れます。今後もHYGは引き続き横ばい、もしくは下落に転じる可能性が高いと想定されます。

HYGはSPXに先行する傾向が強い

その上で、こちらをご覧ください。ハイイールド債券は、米株式市場の炭鉱のカナリアと言われています。ハイイールド債券のスプレッドが広がり、ハイイールド債券の価格が下がる状況は、今後の景気後退、業績の悪化を予兆するとされ、それに釣られてS&P500が下がると言われています。

例えば、2008年をご覧ください。リーマンショックで大きく株価が下がるとき、HYGは先に下落に転じたと知られています。2016年、2020年もそうでしたが、HYGが大きく下落した後、S&P500のパフォーマンスはよくありません。ただ、今年に入って大きくS&P500とHYGの差が開いています。普段は相関しているにもかかわらず、今回は逆相関になっていますから、どちらかが間違えていると考えられます。もしHYGが炭鉱のカナリアとしての機能を果たすようであれば、S&P500の上昇はショートカバーなどによると考えられます。

一方で、S&P500が正しければ、炭鉱のカナリアが間違えていたことになります。ですが、銀行の貸出態度が厳格化する中で、ハイイールド債券のスプレッドが広がらないとは少し考えづらいです。S&P500に関しては、今後もHYGを見ながら検討する必要があるでしょう。

米株上昇でもHYGからは資金流出は続く

最後にこちらをご覧ください。1ヶ月間のSPYとHYGの資金流出、パフォーマンスを表したものとなります。左のチャートをご覧ください。1ヶ月のパフォーマンスがプラスに転じていると、上からは分かります。ですが、下のETFへの1ヶ月累計の資金流出入を見ると、前半部分でSPYが資金流出超となっています。後半にかけて資金流入が増え、プラスになっていることが分かります。

前半がマイナスだった背景には、第1Qの決算が悪いのではとの警戒がありました。ですが、無事に決算を通過し、予想よりも悪くなかったことで、改めて資金が流入していることが分かっています。

次に右をご覧ください。HYGは前半にお金が入っていましたが、後半にかけて資金流出が増えています。決算が通過し、S&P500が上がっているのであれば、普通は資金流入があってもおかしくありません。なぜ資金流出が続いているのでしょうか? その理由として、景気後退懸念、銀行の問題が解決していないことが考えられます。スプレッドが広がるのではないか、デフォルト率が上がるのではないかと考えられ、資金流出が続いていることが分かります。

HYGを見ると、米株式市場が上昇している状況でも資金は入っていません。マーケットは依然として、今後もデフォルト率が上昇すること、景気後退、銀行の貸出態度が硬化することを、懸念材料として持っていることが分かります。株式の上昇に隠れがちですが、HYGが低調に推移していて、年初来パフォーマンスが一向に上がっていない状況を踏まえると、マーケットがクレジットの問題については慎重に見ていることがわかります。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

【第7回】半導体銘柄への投資戦略 〜ロジックICとメモリIC、ファウンドリーの役割、市場動向と有望企業〜

半導体は現代社会を支える重要な電子部品であり、その種類と用途は多岐にわたります。今回は、半導体の中でも特に重要 …

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

【第6回】半導体銘柄への投資戦略〜半導体を支える材料産業~日本企業の強みと投資の着眼点

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

【第5回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体製造に欠かせない装置と部品『装置・部品メーカーの業績動向と投資のポイント』〜

半導体は現代社会を支える重要な基盤技術であり、スマートフォン、パソコン、自動車などさまざまな分野で使用されてい …

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インドへ世界が熱視線、株式市場はバブルか?それとも持続的成長か?

インド株式市場は、世界の投資家から大きな注目を集めています。若い労働人口の増加と旺盛な消費に支えられた力強い経 …

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

【米国株】‌‌好決算で株価好調も留意すべきポイント【5/7 マーケット見通し】

米国株の決算発表では好決算が続き、株価も好調に推移しています。先週、ナスダックは1.43%、ダウは1.14%、 …

ファミリーオフィスとは  〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ファミリーオフィスとは 〜 資産運用や資産管理で注目を集める理由 〜

ここ最近、「ファミリーオフィス」という言葉を、新聞や雑誌記事などで見かけることも多くなってきました。そこでは、 …

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

【第4回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程②後工程:日本企業はリードを保ち成長できるのか?今後の展望〜

半導体製造の工程は、ウェーハ上に電子回路を形成する「前工程」と、完成したウェーハを個々のチップに分割し、外部と …

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈を握る決算シーズン到来!注目セクターはココだ!

日本株の浮沈のカギを握る決算発表シーズンが始まりました。歴史的な賃上げと円安というコストアップ要因が企業にどの …

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

富裕層が資産運用で一番大切にしていること

資産運用においては、金額に限らずマイナスになるのは、誰でも避けたいものです。ただし、資産の額が大きくなればなる …

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

【第3回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体の製造工程①前工程。日本企業の将来は?今後の展望〜

半導体は現代社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしており、その複雑かつ高度な製造工程は、現代のテクノロジーの基 …

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

米国決算シーズンの前半を振り返り 〜今後、想定しておくべき市場展開について〜

今週の米国の主要企業の決算発表を踏まえて、今後の米国株式市場の見通しについて解説します。 [ 目次 ]1 &n …

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

グロース株急落!今買うべきか、それとも待つべきか?

東証グロース市場250指数(グロース250)が年初来安値を更新するなど、グロース株の下落が目立っています。4月 …

【第1回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

【第1回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体が切り拓く未来と投資機会 〜

近年、世界の株式市場の牽引役は間違いなく半導体企業でした。ただ、全ての半導体企業に対して広がった成長神話は、こ …

【第2回】半導体銘柄への投資戦略  〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

【第2回】半導体銘柄への投資戦略 〜 半導体業界の概要と市場動向 〜

今回は、半導体業界を理解するために業界の概要と市場動向を見ていきます。 [ 目次 ]1 半導体業界の概要と市場 …

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

日本企業を動かすアクティビストの台頭 – アクティビストが狙う銘柄の特徴と対策

近年、日本企業の株主構成が変化し、外国人投資家の保有比率が増加傾向にある中で、企業に積極的に意見を述べるアクテ …

おすすめ記事