【米国株】現在のS&P500のバリュエーションについて。金利上昇の影響は?【5/24 マーケット見通し

【米国株】現在のS&P500のバリュエーションについて。金利上昇の影響は?【5/24 マーケット見通し

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今週バンク・オブ・アメリカのストラテジストが、年末のS&P500の予想を4300ポイントに上方修正しました。マーケットでは楽観ムードが、高まっています。これまでもS&P500のバリュエーションついて定点チェックをしてきましたが、今回もお伝えしたいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

業績回復期待について

業績回復への期待が高まる

冒頭でバンク・オブ・アメリカの年末予想は、4300ポイントとお伝えしました。左のチャートでは、S&P500、TOPIX、エマージングマーケットの収益のセンチメントが上昇していることから、予想EPS1株が上昇するとの予想が増えてきています。

右のチャートは、S&P500の予想EPSについてです。2023年の予想EPSは219ドル、2024年の予想EPSは245ドル、今後52週間の予想EPSは229ドルまで上昇です。現在の株価の堅調さの背景には、EPSの上昇があります。

大企業向けでも融資態度の厳格化が進む

ただし、予想EPSが予想通りになるかは、まだ確定的ではありません。こちらの左のチャートは、ファクトセットの資料です。

今までは、中小企業を中心に貸出厳格化が進んでいましたが、現在は大手企業に対しても貸出態度が厳格化していることが分かります。ここまで融資厳格化が進むと景気後退になること(グレー網掛け)が分かります。この貸出態度から見る限りでは、景気後退を免れることは、市場の経験則としては難しいと言えるほど、厳格化が進んでいます。

次に、右のチャートをご覧ください。融資厳格化と、EPSの連動性をご覧ください。赤いチャートが融資貸出態度の厳格化。下に向かうほど厳格化していることが分かります。青いチャートはS&P500のEPSです。点線の予想では、下がることなく上昇に転じるとされています。しかし、先程もお伝えしたように、融資貸出態度が厳格化している状況では、EPSはマイナスに展開してもおかしくありません。経験則的には、今後EPSが低下する可能性も十分に考えておく必要があるでしょう。

バリュエーションはどうか

S&P500のPERはレンジを上抜けできるか

次に、バリエーションの中でも重要な役割を占めるPERです。こちらのPERは、2020年11月以降のものです。

Fidelityの資料を見ていただくと前半と後半のレンジが異なることがわかります。2020年11月~2022年5月まで、PER平均は20倍~22倍の間に収まっていました。しかし、その後の大幅な金利上昇を受けて、2022年5月以降は15倍〜18.5倍の間に収まっています。現状は18.6倍。このレンジを上抜けして、改めて20倍~22倍のレンジに戻る期待があるようです。では、その期待通りにPERが上抜けできる状況なのでしょうか。

PER上昇はエクイティ・リスクプレミアム的には容易ではない

PERが高いか低いかを判断するには、エクイティ・リスクプレミアムを見ていく必要があります。エクイティ・リスクプレミアムというのは、株式を益利回りに表し、そこからアメリカの10年国債のリスクフリーレートを引いたもの。この差が縮まれば縮まるほど株式の魅力が薄れ、広がれば広がるほど株式の魅力が高まるようになっています。つまり、国債の利回りと株式の益利回りが接近すると、株式に投資するインセンティブが働かなくなり、株が割高になると言われています。

2000年以降のエクイティ・リスクプレミアムをご覧いただくと、20年度平均が3%を超える水準にあるのに対し、現在は1.84%(5.52%(現在のS&P500の益利回り)- 3.68%(10年金利)=1.84%)。今年に入って縮まった水準が続いています。歴史的に見ても、リーマンショックと同じ水準まで株式が買われていることから、今後PERのが大幅に上昇するのは少し難しいと思われます。

もし、PERが20倍~22倍になる用であればエクイティ・リスクプレミアムが縮小するためです。10年金利は現在3.68%ですが、こちらの金利が現在上昇していることもあり、余計にその差は縮小してきます。

米10年金利が上昇中

こちらをご覧ください。赤いチャートの米10年金利が今は上昇に転じています。一時期は3.4%を割る水準まで低下しましたが、5月に入り3.7%近辺まで急激に上昇しています。この背景にはFRBメンバーのタカ派的発言もあります。

また、3月に入ってアメリカの地方銀行のETF(KRE)の信用不安が高まったことで、急激に株価が下がっています。地銀の株価が下がったことで、景気後退のリスクがあることもあり、米10年金利はリスク回避の買いを受けて大きく下落してきました。現在、極端に高まっていた地銀の信用不安がある程度落ち着いてきたことで、巻き戻しがあり10年金利が上昇していると考えられます。今後は、タカ派的な発言に加え、地銀の落ち着きを考えると、10年金利がさらに上がってもおかしくありません。

10年の金利が上昇するということは、PERがそのままでもエクイティ・リスクプレミアムが縮小します。それも踏まえるとここからPERがさらに上がっていくことは、少し難しいかもしれません。

メガテック株は地銀信用不安の受け皿?

最後にこちらをご覧ください。先程のチャート、アメリカの10年金利、地方銀行のETFに加え、NASDAQ 100とS&P500を加えたチャートです。赤網掛け部分は、地方銀行の信用不安が高まった後の動きです。地銀の信用不安が高まった後は、金利政策を引き下げるか、質への逃避で米国債が買われ、金利が大きく低下してきました。

信用不安が高まると、大手企業、特にGAFAMと言われているような企業はキャッシュポジションが高く安心感があるため、お金が流入します。これによりNASDAQ 100やS&P500は大幅に上昇します。地銀に対する過度な信用不安が落ち着いてきた後は、GAFAMを中心に高くなったバリエーションが、今後調整してくる可能性が考えられます。金利の上昇だけではなく、お金の動きが変わってくる可能性があると、今のバリエーションからも考えられます。

最近の金利上昇の背景には、FRBメンバーのタカ派的発言もありますが、それ以上に地銀の落ち着きがあり、過度に買われていた米国債が落ち着き、金利が上昇していると言えるでしょう。エクイティ・リスクプレミアムが低い状態ですが、金利が上がると、PER18倍を超えて、20倍~22倍に上がることは少し難しいと言えます。

また、もう一つの期待値であるEPSも、銀行の貸出態度を見ていくと、上方に修正されるとは考えにくいです。逆に下方修正の可能性があることを考えると、現在のバリエーションは割高ではないかとも考えられます。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀、国債購入減額へ舵を切る:7月会合で具体策を決定〜ドル買い・円売りトレンド再開か?〜

日銀金融政策決定会合(6月) 政策金利 据え置き 国債買い入れ 7月会合後に減額方針 市場は日銀金融政策決定会 …

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

6月FOMCで年内1回の利下げ示唆。今後の見通しへの影響は? 〜CPI減速で楽観ムードもその後のFOMCをどのように捉えるべきか〜

12日は米CPIとFOMCの発表があり、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数が過去最高値を更 …

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

時価総額でアップル超え!エヌビディアの驚異的な躍進とSOX指数

エヌビディアが驚異的な躍進を遂げ、時価総額で一時アップルを超えたというニュースが話題になっています。さらに、S …

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

【米国株】‌‌モヤモヤの市場展開が続く米国市場。FOMCで流れが変わるのか?注目ポイントを分析【6/10 マーケット見通し】

先週の米国市場は、モヤモヤした市場展開が続いています。米国では、企業決算が一段落し、先週の注目は景気動向はどう …

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

利下げ期待後退で金が急落!5月の米雇用統計が市場を揺さぶる

雇用統計 5月結果 予想 前回(4月) 非農業部門雇用者数(前月比) 27.2万人 19.0万人 16.5万人 …

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

【米国株は割高?】世界各国のPER・PBRでわかる!投資妙味がある国は?

世界の株式市場を見渡すと、国によってPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の水準に違いが見られます。本 …

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国経済指標が減速を示唆。相場が警戒する次の材料【6/3 マーケット見通し】

先週発表されたアメリカの経済指標には、幾つか経済減速を示す内容が確認できました。一方で、株式市場はさほど影響を …

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

激動の株主総会、企業と投資家の「対話」は深まるか

2024年6月の株主総会シーズンが近づいてきました。最近はアクティビスト(物言う株主)の動きが活発化しており、 …

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

圧倒的存在感!〜エヌビディアの最新決算後から約10日経過。市場反応から見えてきた今後の注目ポイントと投資家が知るべき半導体株のポイント〜

半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は2024年5月22日、2025年度第1四半期(2024年1月30日〜 …

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

【最終回】半導体銘柄への投資戦略 〜2030年1兆ドル市場へ!〜半導体産業の未来と投資戦略

半導体産業は、テクノロジーの進歩と現代社会の発展を支える重要な役割を担っています。スマートフォン、コンピュータ …

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

【第11回】半導体銘柄への投資戦略 〜半導体業界でリードする海外企業に注目!〜米国、欧州、アジアの有望銘柄と投資のポイント

半導体は現代社会に欠かせない重要な部品であり、スマートフォンやパソコン、自動車など幅広い分野で使用されています …

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

【第10回】半導体銘柄への投資戦略 〜日本の半導体株投資戦略~世界を席巻する日本企業の強みに迫る

半導体は、現代社会に欠かせない重要な電子部品であり、あらゆる電子機器に使用されています。スマートフォン、パソコ …

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

【第9回】半導体銘柄への投資戦略〜 ChatGPTを支える技術~半導体業界に訪れた「生成AI」特需

近年、生成AI(人工知能)が急速に発展し、私たちの生活に大きな影響を与えつつあります。生成AIは、テキストや画 …

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

香港ハンセン指数「強気相場」突入!中国株「復活」のシナリオと落とし穴

2021年以降、規制強化や不動産セクターの債務問題、ゼロコロナ政策などが中国株式市場に影を落としていましたが、 …

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

【米国株】‌‌最初の利下げ前後に取るべき投資戦略【5/20 マーケット見通し】

先週は、米経済指標があまり好調でなかったことを受け利下げ期待が台頭しました。今年9月の利下げ予想が60%を超え …

おすすめ記事