【米国株】上昇が続くNASDAQ指数。死角はないのか?【5/31 マーケット見通し】

【米国株】上昇が続くNASDAQ指数。死角はないのか?【5/31 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

本日は、今年に入り堅調な上昇を続けているNASDAQについてお伝えします。5月になっても月間で6%を超える上昇を見せています。この上昇に死角はないのか、過去の上昇をけん引したのが少数銘柄だった場合、何が起こったかをお伝えしたいと思います。

また、今週発表されたカンファレンスボードの影響と、政策金利の先行き見通しが変わった影響についても見ていきたいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

上昇を牽引するのは少数銘柄

少数銘柄が上昇をけん引するリスク

まずはNASDAQに死角がないかを見ていきたいと思います。これを説明するために、S&P500を用います。ここで示しているのは、S&P500の1970年以降の動きです。上の青いチャートはS&P500の指数の動き、オレンジはS&P500上位5社の時価総額全体に占める割合を示しています。

結論から言うと、5月25日時点でS&P500の上位5社の割合が24.4%と、1970年前半以来の高い水準に達しています。このように高い割合になった後は、赤い矢印で示したように大きく調整するきっかけにもなります。今のように24.4%まで上位5社が上がっている状況は、需給の歪みがあるため今後要注意です。

S&P500上位5社、アップル、マイクロソフト、アマゾン、NVIDIA、アルファベットが、NASDAQ100の中で占める割合は、なんと47.8%にも上ります。もしS&P500でも24.4%を占める上位5社で、需給の逼迫による今後の株価下落などが起こるとすれば、より比重の高いNASDAQ100は安泰ではない可能性があります。この情報を知っておけば今後の参考になると思い、ご紹介させていただきました。

「歴史は繰り返さないが、韻を踏む」という言葉があります。全く同じことが起こるわけではありませんが、韻を踏む可能性を警戒してもいい内容だと思っています。

ターミナルレートは上昇に転じる

次にこちらをご覧ください。冒頭にお伝えしたように、今週に入って金融政策の見通しに変化が出ています。こちらのグラフは、FFレートの先物見通しを示しています。グレーのチャートは今年5月8日時点での見通しで、今年の6月~7月にかけて利下げに転じると予想していました。しかし、わずか20日後に6月~7月にかけて利上げがあり、12月には初めて利下げに転じると、見通しは大きく上方修正されました。

現在、株価が大きく下落しているわけではありませんが、今後大きな影響が出てくる可能性があります。政策金利が上がるということは、抑制的な金融政策が長く続くことを表しますから、中期的には経済にはマイナスの影響があります。

背景には、アメリカの地方銀行破綻が一旦落ち着いたことがあります。地方銀行が破綻を続けていれば、インフレを抑制するマイナスの影響が出るため、利上げの必要がないとされていました。しかし、地方銀行の破綻が一旦落ち着いたことで、現在のインフレ状況を考えれば、利上げを行うべきという見通しに現在は変わっています。

今後の見通しへの影響

地銀信用リスクは倒産リスクから貸出態度厳格の影響が広がるリスクへ

では、見通しの変化は今後どう影響するのでしょうか。こちらをご覧ください。地方銀行の破綻リスクは一旦回避されたものの、銀行の貸出態度厳格化が広がる可能性があることをお伝えしたいと思います。

下のチャートは、青がFFレートで政策金利、赤は銀行の貸出態度。上に行くほど貸出厳格化していることを示します。現在の見通しでは、6月~7月にかけて利上げの可能性があります。それ以降も利上げが続くかどうかは未定ですが、いずれにしても利上げは終盤にかかっています。そういったときに銀行の貸出態度はどうなっているのでしょうか。また、マーケットは12月に利下げに転じると見ていますが、その後融資の厳格化はどうなるのでしょうか。この2つを見ていきたいと思います。

まず、利上げ終盤に貸出態度は厳格化するかです。結論から言うと厳格化は続きます。黄色い矢印をご覧ください。FFレートが利上げ停止直前まで上がっていく段階では、全ての場面で銀行の貸出態度は厳格化します。

そこから6月と7月に利上げが続くなら、融資の貸出態度は今後も厳しくなると考えられます。先ほどお伝えしたように、地方銀行の倒産リスクから貸出態度の厳格化リスクへと、市場の関心が移っていくとお考えください。

次に緑の矢印をご覧ください。こちらは利上げ停止、もしくは利下げに転じた後に銀行の貸出態度がどうだったかを示しています。グレーの範囲は景気後退を示していますが、利下げに転じた後も景気後退が来て、融資が厳格化すると分かっています。

現在はHYGを含め大きくは下落していないものの、今後融資の厳格化が進むと、企業の倒産へと関心が移ると考えられます。銀行の問題が片付いたからといって全てが終わったわけではなく、まだ警戒が必要だということを政策金利見通しが示しています。

米CB消費者信頼感指数は将来の景況感に悲観的

次にカンファレンスボードが発表した、消費者信頼感指数を見てみましょう。結論から言えば市場予想を上回っていますが、中身を見ると、景況感に黄色信号となっています。

5月に発表された消費者信頼指数は102.3。エコノミストの予想値は99でしたが、そこまで悪化はしていません。ただ、前月は103.7でしたから、やはり下がっていることが分かります。

カンファレンスボードの指数には、現況指数と期待度指数という6ヶ月先を表したもの2つに分かれています。現況指数は151.8から148.6と下がり、年初来で最も低い水準です。今年に入ってから、状況はどんどん悪くなってきていると言えます。

次に左をご覧ください。現況指数は緑です。右のチャートは雇用の逼迫度指数で、調査の中で「雇用が十分か」「職を得るのが困難か」を聞いた際の差を表したものです。雇用は十分ですかと聞いた際、十分だと回答した方が47.5%から43.5%まで下がっています。一方で、職を得るのは困難かを聞いたところ、10.6%から12.5%まで差が縮まっています。31という差は、21年の4月以来となります。JOLTSや2日に予定されている雇用統計などで、雇用の厳しさが徐々に表面化する可能性があると、30日の段階でマーケットは懸念しています。

期待度指数は71.7から71.5に低下しました。中身を見ると、将来の景況感は悲観的なものの、雇用と収入に関しては、これまで以上に大きく悪化するとまでは考えていません。この点は少しプラス材料でしたが、消費者信頼感指数では雇用が少し悪くなってきています。

では、どういった影響があるのでしょうか。新規失業保険の申請件数があまり伸びていないため、マーケットは景気後退がないのではと楽観視していました。しかし、カンファレンスボードの消費者信頼感指数でお伝えしたように、現在の雇用はあまり良くない状況になってきていますから、青いチャートの新規失業保険申請件数が上に推移する可能性があります。現在は24万人程度ですが、30万人を目指して上昇する可能性があると警戒しておく必要があります。

新規失業保険申請件数が増える、青いチャートが上に向かってくると、黄色のS&P500は大きく下落します。先ほどの現況指数は雇用悪化を示している可能性がありますから、警戒が必要と考えていただければと思います。

CB消費者信頼感指数と景気の連動性

最後にこちらをご覧ください。カンファレンスボードの消費者信頼感指数です。現在の数字は102.3ですが、景気後退に入る平均101.9に近づいてきています。いつ景気後退に入ってもおかしくない水準まで、消費者の信頼感指数は下がってきています。

消費者信頼感指数は、景気後退前に大きく下がる傾向があります。2021年6月以降大きく下落していることを考えると、今後、景気後退に入る可能性が高いと考えられます。

今日は消費者信頼感指数や、FFレートの先物見通しが銀行の貸出態度にどう影響を与えるかをお伝えしました。最初にお伝えしたように、上位の5銘柄がマーケットを引っ張るような株式相場は、バリエーションが正当化できない状況になり、大きく株価の調整につながってきた歴史があります。

S&P500では、上位5社が全体の24%近くを占めていますが、NASDAQ100においては、上位5社が全体の倍近くを占めています。リスクと隣り合わせの上昇であることを念頭に置いて、今後のマーケットに臨んでいただければと思います。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

欧州中央銀行(ECB)は18日、主要政策金利を据え置き、市場の予想通り9月までの様子見を決め込みました。市場の …

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

  6月結果 市場予想 前回 米小売売上高 0.00% -0.30% 0.30% 米国の6月小売売上高が7月1 …

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

米国株式のS&P500は、絶好調な状況が続いています。本日は、この状態で注目すべきS&P500 …

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

米CPI 6月結果 市場予想 総合CPI前年同月比 3.0% 3.1% 総合CPI前月比 -0.1% 0.1% …

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

7月10日のS&P500種株価指数は7営業日続伸となり、初めて5,600を上回りました。ハイテク株比率 …

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

多くの富裕層が、より効果的な運用方法を求めて日々悩んでいます。本記事では、富裕層のためのポートフォリオ戦略、特 …

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。先週1週間、ISMの製造業指数やISM非製造業指数、雇用に関する多くの経済指標が発表 …

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

 米雇用統計 6月結果 市場予想 非農業部門雇用者数 20.6万人増 19.0万人増 失業率 4.10% 4. …

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

ISM景気指数(製造業・非製造業)   結果 市場予想 前回 製造業 48.5 49.1 48.7 非製造業 …

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

富裕層にとって、資産運用は一層重要な課題です。そして、安定したリターンを確保しながらリスクを適切にコントロール …

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリー(Summer Rally)は、株式市場におけるアノマリーの一つで、特に夏季に株価が上昇しやすい現 …

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

富裕層の投資戦略において、リスクとリターンのバランスを考えることは大切です。適切なポートフォリオを構築すること …

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターは、米国の個人消費支出(PCE)の価格変動を測定する重要な経済指標です。特に、食品とエネルギ …

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

21世紀になって、金の価格が上昇しています。2000年末から金の投資リターンは8倍強に達し、米国株や世界債券の …

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

先週、米経済で景気減速傾向が見られました。しかし、S&P500は堅調に推移しています。ただ、今週材料次 …

おすすめ記事