【米国株】現況の米経済に強さも、少し気になるSOX指数【6/30 マーケット見通し】

【米国株】現況の米経済に強さも、少し気になるSOX指数【6/30 マーケット見通し】

超保守的な資産管理チャンネルで配信中

今晩、30日、アメリカのインフレ指標に重要なPCEが発表されます。発表後、どういったマーケットの反応があるのに注目が集まっていますが、今週1週間は多くの重要な経済指標の発表がありました。住宅関連、消費者信頼感指数、銀行のストレステストなど発表されましたが、全てにおいて現況の米経済は非常に強いと、改めて確認をできています。

パウエル議長もおっしゃるように、今のアメリカの経済は強いと裏付ける内容になり、株式市場も強い展開が続いています。ただ、今週いくつか注目すべき点がありました。その中の1つとして軟調な状態が続くSOX指数について、今後どうなるのかを見ていきたいと思います。

今週の注目指標の結果は?

米国の消費者信頼感指数は大幅に改善

最初に、消費者信頼感指数を細かく見ていきます。下の図表は、カンファレンスボードの資料です。青いチャートが現況指数、赤いチャートが、これからの期待指数です。注目すべきところは、今まで現況指数は強かったものの、期待指数は見通しが明るくないとされていました。しかし、今回の期待指数は5月の71.5から79.3と大幅に改善しています。労働市場がいい、所得が増えそうだという消費者の短期的な見通しが改善したことから、現況のみならず、今後も経済が強いのではないかということがマーケットの期待として高まっています。ソフトランディングできるのではと、マーケットは強く思ったような状況になっています。現時点での景気は引き続き強そうです。

米国の消費者信頼感指数は大幅に改善

次にこちらをご覧ください。消費者信頼感指数の中で調査があるのですが、今後12ヶ月でアメリカが景気後退に陥る可能性はどのくらいあるのか、質問したものになっています。5月は73.2%の方が景気後退に入るとしていましたが、今回は69.3%まで景気後退があるという方が減っています。

69.3%もあることも言えますが、以前に比べると景気後退に関する懸念は薄れてきていることから、プラス材料になったことは事実です。これに加えて、今週の住宅に関する指標がすごく強いということで、これから経済はソフトランディングするとの期待感から、今週の株式市場は支えられています。

FRBのバランスシートはどうなっているか

金利の上昇を受け手BTFPの増加が見込まれる

その中で注目していただきたいことは2つです。まずはFRBのバランスシートに関するものを見てみましょう。左の図表、バランスシートの残高を見ると、3月と再び同じ水準まで下がっています。FRBのバランスシートが少なくなっているということで、世の中に対するマネーの供給量が減っていることを「意味します。今後QTが続くことを考えると、FRBのバランスシートが減ってくるということで、マーケットとっては向かい風になる可能性があるというのが1つ目のポイントです。

次に右のチャートをご覧ください。BTFP、地方銀行が保有するアメリカの国債が金利上昇などを伴い、値下がりし、それを担保に短期資金を12ヶ月間、お金を借りられるというプログラムが3月からスタートしました。一時期のように大きくは伸びていないものの、利用額は増えています。今週に入っても、10年金利の上昇が見られていますから、今後も利用が増えてくると想定をされます。これが増えると、資金を調達できたことで信用不安面では安定を増しますが、BTFPの調達金利は非常に高く、地方銀行の収益性がさらに損なわれます。結果、今後金融株が重くなってくる可能性も十分にあります。現況の経済が強い一方で、こういったところも少し念頭においていただければと思います。地銀株の上昇がなければその懸念がある証拠です。

FRBの準備金は政府預金の増加に応じて減少する見通し

次にこちらをご覧ください。赤がFRBの準備金、青いチャートが米株式市場の時価総額です。FRBの準備金は、マーケットに対してお金を供給しているものです。こちらが低下すると、株式市場全体でも時価総額が低下しています。現在は乖離があるので、いずれは収れんするだろうというのが1つ目のポイントです。

さらにポイントになってくるのは、FRBの準備金は、FRBから見ると負債項目になるということです。政府預金が、債務上限問題が解決したことで今後増えていきます。政府の預金が増えると、FRBの準備金は減っていきます。赤いチャートは、これから下向きに向かう傾向が来月以降より強くなってくる可能性を表しています。アメリカの時価総額が下がった際に想定されることは、来月以降の注目点となるでしょう。

SOX指数が少し気になります

ゼネラルミルズ、NIKE、マイクロン等の企業決算はあまり芳しくない

冒頭でもお伝えしたように、SOX指数は今週、軟調な状況が続いています。その背景も含めて確認していきましょう。今週、企業決算の発表がありましたが、半導体関連で言えばマイクロンが、消費関連ではゼネナルミルズ、NIKEが発表されました。注目された決算3つの内容はあまり芳しくありません。例えば、ゼネラルミルズは在庫の積み上がりがあり、CEOは「うちだけではなく、他の企業も積み上がっている」と発言しています。NIKEは今後の売り上げガイダンスが期待を下回ったことで、今後の消費、特に北米の消費が落ち込むと言われています。マイクロンは、今後、半導体の米中関係において輸出が細るのではないかと言われていることもあり、今後のガイダンスへの期待を下回ったとして、売られています。

今週の企業決算はあまり良くない状況だったことで、来月以降に控えている企業決算に向けて、少し不安材料が多くなった状況です。

そんな中、先週から今週にかけて各地方連銀の製造業指数が発表されました。ニューヨーク連銀、フィラデルフィア連銀以外にも、リッチモンド、カンザスシティ、ダラスなどがありますが、そちらを全て平均化したものが左の黒いチャートです。若干改善しているものの、引き続きゼロを割り込んでいます。製造業は引き続き、あまり業況としては良くないことが地方連銀の調査では分かっています。7月3日に発表が予定されているISM製造業指数も、そんなに強い内容は出ないと言われています。前回の46.9から47.1に若干上昇する程度に収まると言われていますが、その上で右の方をご覧いただければと思います。

ISM製造業指数は、各地方連銀の製造業指数と連動性が高く、7月3日に発表されるものもあまり強くないと思われています。それを表したものが下の図表です。グレーのチャートがISMの製造業指数、赤いチャートはアメリカの株式市場の時価総額を表したもので、連動性がすごく高いと知られています。グレーのISMは、利益に対して10ヶ月間先行しますから、46.9が47.1と来週月曜日になってくるようであれば、50を割り込んだ状態ですから、業況としては悪いことが製造業では確認できます。NIKE、ゼネナルミルズだけではなく、製造業も悪いとなってくると、株式市場には向かい風になる可能性があるということには注意して、7月中旬以降の決算を見ていただければと思っています。

SOX指数が正しいのか、ISM New orderが正しいか

そして最後にこちらです。SOX指数について見ていただきたいと思います。SOX指数とISM新規受注は非常に相関が高いことで知られています。

左をご覧ください。青がSOX指数、半導体を集めたもので、赤いチャートがISMのPMIにおけるNew order、新規受注です。新規受注が大きく下落をしている中において、今回、マーケットを大きく引っ張っていたSOX指数は上昇しています。SOX指数とニューオーダーは非常に連動性が高いですが、赤い矢印のように、たまにSOX指数が先行することがあります。過去においては、現状に大きく乖離した場合、ISMのニューオーダーに引っ張られる傾向があります。こういった観点からいきますと、どちらが正しいのか。AIが成長することを考えてSOX指数が先行しているわけですが、ガイダンスが期待通りにいくかどうかも含めて来週以降の注目材料になります。もしも過去と同じようにニューオーダーのように引きずられることがあれば、株式市場にとっては材料される可能性があります。

次に右のチャートをご覧ください。SOX指数とS&P500です。青いチャートがSOX指数、S&P500はオレンジのチャートです。SOX指数が横ばい、もしくは下落すると、S&P500も下がります。赤い網掛けをご覧ください。今週に入り、SOX指数は下落しています。マイクロンの決算もそうです。米中の輸出関係も含めて、SOX指数に関する懸念が若干広がっている中においてS&P500は上昇していますが、来週以降も、こういった状況が続くのか、それともSOX指数が上昇するのか、引っ張られるのか。そういったところも来週以降の注目材料となるでしょう。

30日のPCEコアをしっかりと見つつ、物価がどうなるのか、政策金利が今後どうなるのかを確認いただければと思います。今週までに出てきた経済指標がすごく強いことが確認できたわけですが、7月中旬からは決算を控えています。決算の見通しにどういった影響があるのか。例えばISMの製造業やISMの非製造業など、来週はいろいろな経済指標が揃っています。

続きを読む

「資産を守るために、着実な資産管理を」

ファミリーオフィスドットコムでは無料で⾃信で⾏っていただける資産管理から、
エキスパートによるオーダーメイド型の資産管理まで、様々なサービスを提供しています。

メディアでご紹介いただきました

関連記事

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

ユーロ円、高値更新後の行方は? ECBの利下げ観測と米大統領選の影響

欧州中央銀行(ECB)は18日、主要政策金利を据え置き、市場の予想通り9月までの様子見を決め込みました。市場の …

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

米小売売上高は予想外の堅調さ~コントロールグループが牽引

  6月結果 市場予想 前回 米小売売上高 0.00% -0.30% 0.30% 米国の6月小売売上高が7月1 …

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

【米国株S&P500】‌‌S&P500は今後どうなるか?警戒すべき市場経験則【7/16 マーケット見通し】

米国株式のS&P500は、絶好調な状況が続いています。本日は、この状態で注目すべきS&P500 …

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

総合CPIは前月比でコロナ以来のマイナスに~今後のドル円に与える影響は?

米CPI 6月結果 市場予想 総合CPI前年同月比 3.0% 3.1% 総合CPI前月比 -0.1% 0.1% …

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

米企業決算が本格化!注目の企業は?S&P500の予想EPSの見通しは?

7月10日のS&P500種株価指数は7営業日続伸となり、初めて5,600を上回りました。ハイテク株比率 …

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

【第3回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ポートフォリオ戦略の極意・長期・積立・分散投資の重要性〜

多くの富裕層が、より効果的な運用方法を求めて日々悩んでいます。本記事では、富裕層のためのポートフォリオ戦略、特 …

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

【米国株】‌‌米国の景気減速傾向がさらに強まる中、まだ楽観論の継続で本当に大丈夫か?【7/8 マーケット見通し】

本日のテーマは米国株です。先週1週間、ISMの製造業指数やISM非製造業指数、雇用に関する多くの経済指標が発表 …

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

6月の米雇用統計は失業率が4.1%に悪化~サーム・ルールのシグナルが点灯?

 米雇用統計 6月結果 市場予想 非農業部門雇用者数 20.6万人増 19.0万人増 失業率 4.10% 4. …

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

米景気の先行き不安広がる〜ISM製造業・非製造業ともに50を割れ込み、週末の雇用統計に注目〜

ISM景気指数(製造業・非製造業)   結果 市場予想 前回 製造業 48.5 49.1 48.7 非製造業 …

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

【第2回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜ゴールベース運用・資産を守りながら増やす資産運用戦略〜

富裕層にとって、資産運用は一層重要な課題です。そして、安定したリターンを確保しながらリスクを適切にコントロール …

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリーと夏枯れ相場~投資家が知っておくべき夏季市場の動向と大統領選挙年の傾向

サマーラリー(Summer Rally)は、株式市場におけるアノマリーの一つで、特に夏季に株価が上昇しやすい現 …

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

【第1回】ファミリーオフィス型、絶対に知っておくべきポートフォリオ戦略 〜リスクとリターンのバランス・富裕層が考えるべき投資戦略〜

富裕層の投資戦略において、リスクとリターンのバランスを考えることは大切です。適切なポートフォリオを構築すること …

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターと金価格:インフレ率とFRB政策の影響を探る

PCEデフレーターは、米国の個人消費支出(PCE)の価格変動を測定する重要な経済指標です。特に、食品とエネルギ …

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

金の輝きが世界を魅了~中央銀行の金買いと価格上昇の真相

21世紀になって、金の価格が上昇しています。2000年末から金の投資リターンは8倍強に達し、米国株や世界債券の …

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

【米S&P500】‌‌景気減速傾向で堅調に推移するS &P500。ただし、今週流れが変わる可能性も。【6/24 マーケット見通し】

先週、米経済で景気減速傾向が見られました。しかし、S&P500は堅調に推移しています。ただ、今週材料次 …

おすすめ記事